こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

タグ:その他金融と投資

ブラックロックが運用するETFのファンドシリーズをiShares。世界最高レベルにメジャーなETFのシリーズから、バイオ関連テーマ株ETFを探してみたら、やはりこれでした。iShares Nasdaq US Biotechnology UCITS ETFです。

Screenshot at 2020-03-29 11-07-57投資の世界でコロナと戦うなら、やはりバイオ関連、メディカル関連ってことになります。既存投資家にとっては、大きく下げてちょっとヤケクソ気味な戦略に聞こえますし、新規投資家にとっても、それじゃ直球すぎなんちゃう?となりそうですが、私には、やはりこの考え方しか思いつきません。

まずは反撃の戦略としてですよ。

もちろん、その後は、食品、日配、流通などのセクターにも期待をそえています。

Screenshot at 2020-03-29 11-08-10とにかく、今引用させてもらえる2020年2月末のファクトシートでは状況が変わりすぎていて対応ができません。ISINはIE00BYXG2H39なので、ここから各自で検索してください。

ファンドサイズは、USD67Mとマダイ級で意外と小ぶりでした。と思ったら2017年10月スタートでこちらも意外と若いファンドだったんですね。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

PHSからOKグーグル付きのスマホに移行されて、便利な反面、電話としてはやはりガラケータイプがしっくりきますね。

external-content.duckduckgo.comNordea Investment Managementはもうその名を聞いてすぐに想像がつく通り、ノルウェーの運用会社です。その歴史は長く、19世紀の創業でもう200周年を超え、500以上もの支店をもつ銀行の運用部門です。 ただファンド自体はほぼ全てをルクセンブルク籍にしてい別のサイトも立てていますので、オフショアファンドの情報だけ知りたいときはルクセンブルクのサイトを参照してほうがよいでしょう。

でこのノルデアのファンドって、これはまた投資家には超人気な銘柄なんですよ。 ルクセンブルクで会社型投資信託を組成するために、Nordea 1という社名の特定目的会社を設立しています。 ノルデア・ワン ですって。随分単純な、いやシンプルな社名にしたものですが、どうやら表向き2,とか3はまだでてないようです。

ですので、いまのところ、ノルデアのオフショアファンドには全部のファンド名にNordea 1という冠が付いているとだけ考えておいてください。リスクリターンの度合いを示すとかではなく、あまり深い意味はないです。

Screenshot at 2020-03-19 22-55-42


Nordea 1 - Norwegian Bond Fund BP NOK は1996年5月から運用が続く歴史の長いノルウエーの公社債券ファンドです。ファンドサイズはNOK5.2M、最低投資額の設定はありませんが、直接投資したとしたら、販売手数料は3%かかるという目論見書の表示になっています。

Screenshot at 2020-03-19 22-55-57


直接投資は難しいので、各オフショアラップ口座を使って購入するのがよいでしょう。ISINはLU0087209911。Bloomberg tickerもあるので、RL360 PIMSからも行けると思います。

Screenshot at 2020-03-19 22-56-10


2015年以降でみると、一度もマイナスになったことがない、しっかり型の公社債投資信託ですが、なにしろ、原油価格に連動する性質のあるノルウエークローネ建てです。為替を考えると買いやすい水準になってきたと言えるでしょう。

モーニング・スター社格付けは星二つです。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

夜はえらい雨になりましたが、気がつけば寝室の窓があいたまま〜

グレーターロンドンの住宅つなぎ資金を融資しているノンバンクビジネスファンド、LendInvest Capital Management Limited、その旗艦ファンドになりつつある、2017年の結果がでました。メイン通貨のポンド建てのクラスで、+6.76%となっています。

このブログでは運用開始前から、このファンドをウォッチしており、もうそろそろ満五年経つから早期解約手数料も0%になるかもという成熟期を迎えています。


ファンドサイズはGBP206Mで、ニッチな融資を狙うノンバンクファンドとしてはまだそこそこですが、会社全体ではGBP1.3Bまで成長してきており、ここから先は融資先の質が問われるステージになってきたと言えるでしょう。

14


ま、ポンド安の分、活況を呈しているロンドンの不動産マーケットにおいて、LTVが68%ということで半年前から4%上がっています。まだあまり心配をする必要はないのかもしれませんが、このLTVがあまり上がってくると、市場価格が反転してしまっているか、無理して融資していることになりますのでウォッチが必要です。


13

もっとも、ファンド設立当初よりも、グレーターロンドンからさらに離れて、普通のイギリスの地方に進出してきていることが多いということだけは特筆しておきたいと思います。

直接投資はGBP10kから、各ラップ口座経由でも投資できますが、典型的後払い手数料の体系は免除されません。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

面倒な不景気。こう何回もなんとかショックがきたら、投資もそのたびに振り出しに戻ってしまうので、落胆はしませんが手間がかかります。

イメージ 1
Global Capital Solutionsは南アフリカのヨハネスブルグに拠点を置く、ポートフォリオ構築して一任勘定を行う投資助言業をメインの仕事とする金融取引業者です。しかし、どういう経緯か、FXや不動産取引も大得意なのだそうで、Clearance Camino Fundという、欧州不動産関連株+REITに投資するオフショアファンドも運用しています。

0010

いや~、これぞお宝発掘って感じで投資してからかれこれ3年近く経ちます。このファンドの最低投資額はUER50kと700万円近くかかるハードル高めのオフショアファンドなのですが、それがモーメンタム経由ならEUR7,000もあれば買えますし、販売手数料も全免です。そしてなりより、先月からモーメンタム投資家なら信託報酬年率1.0%の機関投資家クラス(個人投資家クラスは1.5%)がこの最低投資額で購入できるというのですから、手続面でもお宝です。


0009


ファンドのファクトシート、とプレゼン資料は直接ファンド会社に問い合わせて入手したのですが、残念ながら公開禁止で、おいそれとブログに転載できません(メールいただければ個人的には転送します)。パフォーマンスは他の情報サイトでもでているので、それだけ引用させてもらいました。

EPRAという欧州全体の不動産関連株477銘柄を採用したインデックスに比べても全く遜色ないというより、とにかく抜群のアウトパフォームをしています。

ファクトシートに付いてくるマーケットレポートも詳細で、欧州不動産REITマーケットに強くない日本人投資家にしてみたら、最低限の時間を割くだけで、大まかな状況把握ができるのがとても助かります。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ちょっと風邪気味。電車で咳でもしようものなら犯罪者扱いなので、必死で我慢してます。

0 (2)1978年創業、グループ全体でUSD2.8Tを預かる上場大手運用会社ステート・ストリート、State Street Corporation。そのファンドなかのETFのシリーズ名をSPDR ETFsと呼んでいます。cost-effective ETFsと銘打っているように、とにかく意識しているのは信託報酬というコスト。ローコスト運用を極める会社です。

最初にUS-listed ETFが世に出たのは1993年のこと。それから今では、私達のようなオフショア投資家はState Street Global Advisorsに飛んだ方がすぐに買えるETFを検索することができるので便利です。

Screenshot at 2020-02-29 23-41-11


Screenshot at 2020-02-29 23-41-49今日は、SPDR Portfolio Developed World ex-US ETFを取り上げます。どうしてかって? それはズバリ世界で一番安い信託報酬しかいただきません、というファンドの一つだからです。

特徴は、アメリカを除くグローバル株式。そして、ベンチマークとなるインデックスはS&P Developed Ex-U.S. BMI Indexというもので、アメリカを除けば日本が単品で首位ですから、23%の投資ウエイトを占めることとなり、その次にイギリス13%、カナダ、フランスとスイスが8%づつと続いていきます。

基本的にはアメリカ人が、自分の国の銘柄は直接投資なり、自分でもっと詳しく投資判断するけど、国外のものはザックリとおまかせしておきたいというニーズに応える設計になっています。

Screenshot at 2020-02-29 23-41-26

Screenshot at 2020-02-29 23-41-39大雑把な気もしますが、その分、ローコストでファンドが持てる、それはそれでいいことではないですか。

ファンドサイズは、USD5,518Mでクジラ級×5、アメリカのファンドなのに珍しくISINが明記されていて、US78463X8891となっています。











イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ちょっと太陽光発電での節税に詳しくなれました。

イメージ 2Momentum Global Investment Managementの別ブランドであり、むしろこっちの方が運用歴も長いmomentum harmony funds 、ハーモニーファンド。harmony fundsではHarmony Cautious Income Fundという株価も上昇しっぱなしなので、そろそろ怖いかも、でも投資は撤退したくないという相場観の方むけにローンチしたファンドがあります。

徹底したセオリー通りの分散投資を貫くファンドばかりを用意していることにかわりはありません。コーシャスと名付けるくらいですから、グロースの反対、要するに債券やオルタナティブを多めにしておくファンドです。

Screenshot at 2020-01-22 21-23-01


Screenshot at 2020-01-22 21-23-30では、そのハーモニーシリーズの中でも最もコンサバなワンストップ型ファンドのHarmony Cautious Income Fund USDのこの1年間の成績をみてみることにしましょう。

iSIN: LU1922158974の機関投資家向けのクラスEでみてみましょう。このクラスはモーメンタムのラップ口座経由だと、USD7,500で買えてしまうので、モーメンタムパーソナルポートフォリオの投資家はもれなくこのクラスを選択されています。

正確には2019年1月17日にスタートしたので、満1年おめでとさんというところで、NAVは1.11。1.00でスタートしますから、スタート当時から保有していたら単純に+11%上がったことになります。




Screenshot at 2020-01-22 21-23-52これはファンドオブファンズの形式をとっています。というのも完全なるワンストップ型ファンドをつくり上げるために、個別銘柄株式や債券を一つづつ仕込んでいたのでは、いくら銘柄を揃えても追いつきません。多少の信託報酬ロスがあっても、ここはファンドオブファンズ形式で望んだ方が、すぐに理想的なポートフォリオに近づけることができます。でなければとてもじゃないけど、左図のような、極めて細かい分散投資を完結させることはできません。パフォーマンスはリーマン・ショック以降、順調です。もちろん、これはほぼ当たり前のことですよね。


渡航不要の投資家紹介にて直接投資も可能ですが、分散投資を地で行くファンドであることから、モーメンタムのような一括投資型のラップ口座だけでなく、それこそハンサードアスパイアやRL360クァンタム、フレンズプロビデントプレミアなどのような、積立投資型のラップ口座の中でコツコツと増やしていくのにも向いています。

よくよく考えたら、各積立投資ラップ口座は最大10までのアロケーションしかできないわけですから、そのうちの一つをHarmony US Dollar Growth Fundにしただけで、考えようによっては一気に20以上のファンドやETFにも分散投資できることになります。この考え方って、特に毎月の動きはあまり気にしないけど、10年後や20年後の動向はとても気になるという積立投資には、とても有益だと思うのは私だけでしょうかねぇ~。



Screenshot at 2020-01-22 21-24-11現に上表の通り、主だったオフショア生保ラップ口座の積立投資に使うミラーファンドに多くがリストアップされていることからもそのニーズがどこにあるのかをうかがい知ることができます。
























イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

大阪、名古屋の新年会、めどが立たずにすみません。

イメージ 2Momentum Global Investment Managementの別ブランドがmomentum harmony funds です。harmony fundsではハーモニーなんていう名前をつけているだけのことはあり、徹底したセオリー通りの分散投資を貫くファンドばかりを用意しています。

このようなたった一つのファンドに投資するだけで、主要な金融マーケットに適切な割合で分散投資が完了するものを、私は名づけて「ワンストップ型ファンド」と称しています。完全なる造語ですから、ワンストップ型ファンドでグーグル検索してもこのブログしかでてきませんのであしからず。

キャプチャ9000


ただ、これは金融業界に勤務しているわけでもなく、マニアでもない、一般の個人投資家が資産防衛をするためにはとても重要なコンセプトです。投資信託というのは、販売手数料や信託報酬を払って、広義の一任勘定をしているわけですから、本来的にギョーカイでない人のためのものです。ですから、私はアフリカに興味あるとか、インドに入れ込んでいるとか明確な投資アイデアのない人が、ごく一般的な理論に基づいて分散投資を完結させてくれるファンドの存在は極めて重要です。こういったファンドがメイン投資になり、そこから自身の好みや相場感を肉付けするように、マネージドフューチャーズやビジネス系のファンドをオルタナティブ(代替案)投資として追加していくのが王道です。

キャプチャ9001


では、そのハーモニーシリーズの中でもワンストップ型ファンドの代表格とも言える、Harmony US Dollar Growth Fundについて調査してみましょう。


キャプチャ9002

これはファンドオブファンズの形式をとっています。というのも完全なるワンストップ型ファンドをつくり上げるために、個別銘柄株式や債券を一つづつ仕込んでいたのでは、いくら銘柄を揃えても追いつきません。多少の信託報酬ロスがあっても、ここはファンドオブファンズ形式で望んだ方が、すぐに理想的なポートフォリオに近づけることができます。でなければとてもじゃないけど、左図のような、極めて細かい分散投資を完結させることはできません。パフォーマンスはリーマン・ショック以降、順調です。もちろん、これはほぼ当たり前のことですよね。


キャプチャ9003渡航不要の投資家紹介にて直接投資も可能ですが、分散投資を地で行くファンドであることから、モーメンタムのような一括投資型のラップ口座だけでなく、それこそハンサードアスパイアやRL360クァンタム、フレンズプロビデントプレミアなどのような、積立投資型のラップ口座の中でコツコツと増やしていくのにも向いています。

よくよく考えたら、各積立投資ラップ口座は最大10までのアロケーションしかできないわけですから、そのうちの一つをHarmony US Dollar Growth Fundにしただけで、考えようによっては一気に20以上のファンドやETFにも分散投資できることになります。この考え方って、特に毎月の動きはあまり気にしないけど、10年後や20年後の動向はとても気になるという積立投資には、とても有益だと思うのは私だけでしょうかねぇ~。



現に上表の通り、主だったオフショア生保ラップ口座の積立投資に使うミラーファンドに多くがリストアップされていることからもそのニーズがどこにあるのかをうかがい知ることができます。










イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

忘年会第二弾席があいてます~

久しぶりにブログの記事にします。ヨハネスブルグ上場FirstRand Groupの
Ashburton International Funds。アッシュバートンの親会社である、ファーストランドグループはラップ口座モーメンタムの元の親会社でもあり、旧社名はRMBISと呼んでいました。

キャプチャ8888

今は昔、同じくヨハネスブルグ上場の保険会社グループMMIに身売りされたので、社名も変更してモーメンタムとなった経緯があります。その経緯からか、今でもファンドリストにアッシュバートンのファンドは充実していて、今日のファンドもしっかりリストインされてますよ。

キャプチャ8889

Global Leaders Equity Fundっていう名前のセンスも好きです。 いかにもグローバルなブルーチップにロングオンリーレバレッジなしで投資しているっていうイメージですよね。

キャプチャ8890


2013年9月スタートで、スタート当時からこのブログでウォッチを続けていましたが、6年経って、コツコツですが、上昇を続けています。いまどきのニューテック関連も多いですが、業界は分散されているので、同じブルーチップ株でも、セクターは分散しておきたいという投資家に向いています。

キャプチャ8891


アッシュバートンは直接投資のルートがないので、海外渡航不要の投資家紹介にてモーメンタムの口座を開設し、そこから乗り換え注文を入れることになります。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

明日からは肉体労働でまた生活費稼ぐぞ~おー

Mirae Asset Global Investmentsのグループに属し、2008年にニューヨークで創業し、今では70ファンド以上のETFを運用してUSD7.5Bもの預かり資産を抱える、ETF専門の運用会社、Global X Management Company, LLC

70を全部取り上げたくなるようなものばかりなので今日はどのETFでいくか悩んだのですが、2019年は年初来+43%ということもあり、きになってギリシャにしてみました。

Screenshot at 2019-12-07 22-21-072011年12月のスタートで投資銘柄数は32,ファンドサイズはUSD335Mもあることから、なにもマニアだけのものでもなさそうです。

とはいえ、ボラティリティはすごいものがあり、Hybrid Greece Indexという指標で、37%もあります。ロングオンリー、レバレッジなしの株式ファンドでこの数字ですから、これは多少マニア向けだと言っておかないと誤解が生じそうです。

2019年は+43.17%のパフォーマンスですが、2018年は-29.90%。2017年が+32.19%でしたから、来年ではなく、再来年の年初が投資のチャンスかもしれませんね。

なんて無責任な予想を立てちゃぁいけませんが。


Screenshot at 2019-12-07 22-20-51

モーニング・スター社の格付けは未取得で、Lipper Leader Scorecardは3ということで中間です。

気になったら、FPI リザーブなどの一括投資型ラップ口座を経由して少しづつ始めてみるのがよいでしょう。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

おかしだけで夕食を済ませてしまうなんて、なんて不健康。2日連続。

5c77fb38b2c73Natixis Asset Managementの新しいブランド、Ostrum Asset Management。2007年創業で、EUR274Bもの預かり資産を持ち、巨大なGroupe BPCEグループの中でも2番目に大きいグループ会社になっています。

NATIXIS INVESTMENT MANAGERS INTERNATIONAL自体は、1984年創業で、EUR308Bもの預かり資産をもつ、ピカイチのブランドだということは、このブログの読者の方ならもちろんご存じのことでしょう。

OSTRUM EURO CRÉDITは、モーニングスター社三つ星、2013年6月スタート、ファンドサイズはEUR208Mとマグロ級のLux. UCITS with Sub-funds形式のオフショアファンドです。

キャプチャ3333

キャプチャ3334基本は欧米の適格社債、かつ主に固定利回りの5年から10年の中長期債に投資します。Macaulay Durationは5.2年とその性格をそのまま表しており、ベンチマークである、BLOOMBERG BARCLAYS EUROAGG CORPORATE TOTAL RETURN INDEX VALUE UNHEDGED EURのそれとも大差はありません。

それにしても、Fund Standard Deviationつまり、ボラティリティーは3年間の年率換算で2.00%しかありません。もはや債券ファンドというよりも預金に近いでしょう。

ユーロ建て、かつ株価の動きから一時期退避させておきたい資金があるときにはぴったりのファンドです。

直接投資は無理でしょうから、素直にラップ口座経由でいきましょう。





























イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

おかしだけで夕食を済ませてしまうなんて、なんて不健康。













続きを読む

vanguard_source-5c5b4d5746e0fb0001849b55アメリカ、いや今では世界で最大手クラスのETF運用会社になっているヴァンガード。そのヴァンガードはアメリカだけでなく、欧州、アジアにも進出しており、
アメリカ、いや今では世界で最大手クラスのETF運用会社になっているヴァンガード。そのヴァンガードはアメリカだけでなく、欧州、アジアにも進出しており、Vanguard Global Advisers, LLCというオフショアのファンドも組成しています。

名称未設定
Vanguard Target Retirement 2015 Fundは、アメリカ籍のオンショアファンドですが、イギリス籍のものもあるので、USD建てでもモーメンタムはもちろん、各ラップ口座から購入することができます。

ファンドサイズもUSD15.7Bと、超大型の年金目的ファンドです。

Vanguard Target Retirement Funds offer a diversified portfolio within a single fund that adjusts its underlying asset mix over time. Once a fund has passed its designated date, such as the 2015 fund, its allocation is gradually adjusted to match that of the Target Retirement Income Fund and it may merge with that fund in seven years (2022 for this fund). The 2015 fund invests in 5 Vanguard index funds, holding approximately 45% of assets in stocks and 55% in bonds. You may wish to consider this fund if you’re planning to retire between 2013 and 2017. 


名称未設定2


名称未設定3Benchmark は、Target Retirement 2015 Composite Ix です。これも自分年金を意識したファンドの作りになっていることを示しています。

信託報酬は年率0.13%(激安です)とファクトシートにも明記されているので、This is 68% lower than the average expense ratio of funds with similar holdingsということです。

名称未設定4

モーニングスター社は最近、五つ星から四つ星に一つ落としてしまったようです。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

瀬戸うどんの朝定食は最高パフォーマンスです。

no titleJ O Hambro Capital Management Limitedがもっとも得意とするのがイギリス株です。それもそのはず、ロンドンが本社ですからね。が、ブログではどうしてもアジア向けファンドに傾注していたような気がするので、今日は、2008年のスタートでファンドサイズGBP1.67Bnを有する、巨大ファンドJOHCM JOHCM UK Dynamic Fundに焦点を当ててみます。モーニングスター社は四つ星です。


名称未設定いっとき、JOHCMだけでなく、どこのファンド会社もインカム系が人気でした。いや、今もそうです。キャピタルゲインよりもインカムゲインという投資手法はいつの時代にも有効ですから。


パフォーマンスのチャートを見てもらう通り。なんどか調整局面を経験はしていますが、基本的に、右肩上がりの上昇を続けています。

ただし、今年のパフォーマンスとしては米株に比べると低調だと言わざるを得ないでしょう。年初来、+0.83%で、かつベンチマークである、F
TSE All‐Share TRに対してもアンダーパフォームしているのですから。 

ただ、このファンドの面白いのが、Historic Yield (%)が3.84%もあることです。 そのへんのインカムファンド顔負けの高さです。


名称未設定2
 

JOHCMは既存投資家なら、四半期ごとのファンドマネージャーとの電話会議に参加することも可能ですから、有象無象の戯言セールストークではなく、本物のトレーダーの話を自宅にいながらにして聞いてみたいという方は、それだけでも投資する価値があると言えますね。

名称未設定3

 
渡航不要の投資家紹介にて、直接投資はGBP10Kから可能ですが、販売手数料は5%かかります。RL360PIMS経由にすると、ラップ口座の手数料はかかりますが、販売手数料5%は全免され0%になり、しかも信託報酬の安いクラスに投資することができます。

 


イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

忘年会の日程めちゃめちゃだったようで、大変失礼しました。修正しました。

legg-mason_416x416レッグ・メイソンと言えば、ニューヨーク上場で米系(本社はボルチモア)の大手運用会社ですが、私達のようなオフショア個人投資家が付き合うのは、アメリカ本社でも日本のレッグメイソンでもなく、Legg Mason Investments (Europe) Limitedです。ここにはアイルランド籍のオフショアファンドが満載です。

レッグメイソンの小型株は超魅力的なのですが、そればっかり報告していてもレッグメイソンの良さが伝わらないですし、今日は、矛先を変えてLegg Mason Clearbridge Value Fund にしてみました。投資対象は、アメリカの株式、時価総額で US$5 billionという大型株だけに絞ったバリュー株ファンドです。

投資銘柄数はちょうど50。ファンドサイズはUSD347Mとなっています。もちろんロングオンリーのレバレッジなし。でもファクトシートをみていると組み入れ銘柄の平均時価総額はUSD104Bを超えてますし、大型というよりも、もはやブルーチップがメインだと考えてもよいでしょう。そんなときはまず組み入れ銘柄トップ10を見ます。こりゃ確かにブルーチップがずらっと並んどりますな。

キャプチャ1122 - コピー


ところでクリアブリッジってなんでしょうか? 昔の記事でも少し説明しましたが、ClearBridge Investmentsという50年続く運用会社がシティグループの傘下に入り、今ではレッグメイソングループ入りしているものです。ただ、このクリアブリッジだけでも運用総額はUSD117.8Bと巨大で、レッグメイソングループの屋台骨を支える一社となっています。

クリアブリッジが運用しているスキームを、レッグメイソンが小売できるようにファンド化し、それをモーメンタムやRL360、ネッドバンク経由で購入するという流れです。

つまり血筋は良すぎて、私達のような個人投資家がとやかく言う必要はありません。投資判断は如何にベンチマークであるS&P 500 IndexやMorningstar GIFS Peer Group - US Large-Cap Blend Equity (USD)を上回ってくれるかにかかっていると言ってよいでしょう。

キャプチャ1123 - コピー


日本にも進出している大手運用会社のファンドですから、どんな手を使っても直接投資はまず無理です。日本の非居住者になって買えたとしても販売手数料は5%です。ならばラップ口座経由にして販売手数料は全免してもらって購入した方がずっとマシです。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

指先のしびれは危険な兆候だそうです。

ブラックロックが運用するETFのファンドシリーズをiSharesと言いますが、ひょっとしたら、アイシェアーズというブランドがすでに浸透しすぎて、ブラックロックのファンドだということすら、忘れてしまいそうなくらい、大きなETFになりました。

Screenshot at 2019-11-30 17-04-19

今日は、もう単純に、昨日がブラジルだったから、今日はチリにしてみただけのことです。マーケットでは、今週、チリ・ペソが史上最安値を記録したことで、中央銀行がUSD20Bものドル売りペソ買いの介入をしており、年間-14%もの下げからようやく一服してきているところです。

Screenshot at 2019-11-30 17-04-34

Screenshot at 2019-11-30 17-04-49株式市場においても、あまりいいところがなく、年初来パフォーマンスも-15%となっていてジリ貧状態であることは確かです。

ただ、ラテンアメリカって常に為替のボラティリティが高く、いつも為替介入のニュースを聞いているようなイメージでいるのですが、チリにおいては、中央銀行の介入は2001年、2002年と続いたあとは、その後2008年と2011年に介入をしてから、実に8年ぶりのこと。なかなか頑張っている通貨でもあったんですね。


















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

さて、 忘年会では為替ネタを中心にお届けしようと考えています。

hgam_logoHSBC Global Investment Funds (GIF)の評価について、私がブログでとやかく言う筋合いはありません。語るまでもないでしょう。しかし、投資信託の販売手数料がバカになりません。日本でも香港でもそれが窓販銀行員のノルマなのですから気持ちはよくわかります。

が、リーマン・ショック前の何を買ってもイケイケな時代ならともかく、今のマーケットは極めて選択的に上昇するだけであり、ETFやローコストファンドがすっかり浸透している今の時代に、最大5.54%の販売手数料を銀行や証券会社に支払っていたのでは、残念ながら元が取れないという状況です。

特に、優良だけど販売手数料が5%台に乗ってくるようなファンドにしかも分散投資したいとなると、Momentumのようなファンドラップ口座経由で行うほうが安くなることが多いでしょう。ただし、ラップ口座も年間口座維持手数料がかかりますから、投資期間によってはどちらが得になるか断言はできません。

Screenshot at 2019-11-30 16-32-36


さて、HSBC GIFと言えば、インドなのか?と誤解されるくらい、インドファンドばかり集中して調査報告してきた気がします。やはり1996年3月から、大型株専門とはいえ、あのインド株の売買を継続してきている、というだけで、プロとはいえ尊敬に値します。


Screenshot at 2019-11-30 16-32-51そういう私も、たいがいインドとの相性は合うらしく、3週間くらいの出張なら何ともありません(3食とも地元の食堂でくらしてもおなかをこわしたりしません)が、20年ずっとそこにおれって言われたら、高給もらってもさすがに引きますが、、、

ということで、今日は、ブログでも数年ぶりに取り上げることになろうブラジルの状況を確認してみることにします。HSBC Global Investment Funds - Brazil Equity


このところのLatin Americaでは、利下げや政情不安などから、ブラジル・レアルやチリ・ペソの下落が激しく、中央銀行の為替介入が盛んに行われているので、思い出したようにブラジルを調べてみたのです。

ドル建てで年初来+12%とベンチマークである、MSCI Brazil 10/40 Netにはおおきく差をつけられているものの、こじっかりとした上昇を続けています。


ただし、気になるのはファンドのサイズでUSD245Mとなっています。数年前にこのファンドを取り上げたときには、USD700Mはあったと思うので、この落ち込みっぷりはすごいものがあります。

Screenshot at 2019-11-30 16-33-07


直接投資の最低投資金額はUSD5Kからで販売手数料は5.54%ですが、投資家紹介ルートありません。直接銀行に行って下さい。Momentumやネッドバンク経由なら乗り換え手数料無料です。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

今日は仕事をはやめに切り上げてブログに専念しとりますよ-。

イメージ 1
Stenham Asset Managementのマルチアセットタイプの個人投資家向けヘッジファンド、Stenham Universal とその続編であるStenham Universal II。ちなみにオリジナルのシリーズ1は、大昔に新規募集は終了しており、今は後継シリーズ2の方だけラップ口座を経由して購入することができます。

キャプチャ7777

モーメンタムでローボラティリティなヘッジファンドと言えば、コレになるというほど定番化しているファンドです。


キャプチャ7778

このファンドの特徴はなんと言ってもそのボラティリティの低さです。年率換算4%程度(実に3.88%です)しかありません。これはごく一般的なグローバルソブリンファンドのボラティリティが7%程度はあることと比べても一目瞭然です。


キャプチャ7779

キャプチャ7780個人投資家が債券ファンドよりもローリスクローリターンで、ヘッジファンドに投資できるなんて、ちょっと嬉しくありません? こういったファンドにも簡単に投資できるのが、オフショア投資の楽しみの一つでもあります。

じゃあ、もうちょっとリスクを取ってリターンを期待したい、と考えるならどうするか? 例えば、ボラティリティが13%にセットされているMAN AHL Diviersifiedというマネージドフューチャーズと比較すれば、自身がどちらに投資すればよいか、あるいは、両方でもいいけど、どんなウエイトで投資しておけば、目標に合致するのかが、明確になります。


キャプチャ7781パフォーマンス的にはこの2年間連続でひと桁とはいえマイナスになってしまっているので、もうちょい頑張って~というのが正直な気持ちです。上図の、ボラティリティとリターンの相関図では、左上に位置するほど優秀、右下に位置するほど投資効率が悪いという図です。ステンハムは2年間不調だったので、JP Morgan Global Government BondとLIBORの指標を結んだ線よりも右下側にきてしまっている。 2019年の年初来パフォーマンスは+1.25%とほとんど預金と同じ水準にはなっていますが、その実数字もさることながら、このグラフで左上に動いてもらうことを期待しています。

南アフリカの運用会社のファンドに直接投資するのは極めて難しいので、モーメンタムなどのラップ口座を使って投資するのが無難でしょう。直接投資なら最低投資金額がUSD250kですが、モーメンタム経由ならUSD7,500から販売手数料全免で投資できますしね。









イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

仕事してたら、午前様になってブログ毎日かけないという始末。 

logo.pictet.am1805年創業、日本にも進出しているスイス系大手運用会社のピクテ、Pictet Asset Management

日本の国内で窓版されている投資信託はなぜか数えるほどしかありませんが、オフショア個人投資家が購入できるルクセンブルク籍のファンドなどで検索すると、それこそ1千を超えてしまい、とても数えきれないくらいのファンドが運用されていることがわかります。

名称未設定2

そして、ハンサードやRL360などのミラーファンドのリストにも常連で上がってくるのが、この水ファンドPictet-Waterや森林ファンドPictet-Timberといったテーマ株ファンドです。ピクテウォーターファンドについては、積立型投資をなさっている読者のほうがの方々から
知っているよ、とご連絡をいただくケースが多くなってます。

名称未設定さて、その水資源ファンドに行ってみましょう。2006年11月スタートでファンドサイズはUSD5,960Mともはやクジラ級×6まで行っており、モーニングスター社の格付けも四つ星をキープ中です。

じつは、水資源の方が森林より10倍も大きいサイズで運用しているんですね。知りませんでした。10倍違うってぜんぜん違いますよ。

そして、完全なボトムアップ・アプローチで、ピクテの一次スクリーニング、つまりおメガネにかなう会社は360社程度で、そこから50から80銘柄に投資していきます。ファンドサイズが10倍あるのに銘柄数がさほど変わらないとなると、売買のスケールも大きくなって、取引量が少ない銘柄だと、ピクテの水ファンドが買ったというだけで値が動くなんてことも起こりえます。


名称未設定3ベンチマークは森林ファンドと同じくもちろん、ただのグローバル株式指標のMSCI Worldをもってきています。投資対象はひねりがあってもリレーティブアクティブファンドとしては王道ですね。

グローバル株式ファンドですが、大方はアメリカに集中しています。 



名称未設定4

直接投資は不可ですから、各ラップ口座を経
 

由して購入することになります。販売手数料5%は全免になります。











イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

12月の忘年会企画してますので、ご期待ください。







 

logo (2)Royal London Asset Management (RLAM)は、イギリスの保険会社、ロイアルロンドンの運用部門子会社として1988年に設立され、いまではGBP129.5Bもの預かり資産を有していて、ファンド会社としても立派に成長しています。

ちなみに、日本人オフショア投資家にも馴染みのある、RL360一括投資、積立投資ラップ口座は、ロイアルロンドンから独立・暖簾分けした、RL360という名前の保険会社が提供していて、本家の本名は今でもロイアルロンドンです。

キャプチャ8888ですから、このブログでもRL360ラップ口座のことを旧ロイアルロンドンと表記するのは不正確だと重々承知しているのですが、なにしろ、私自身、RL360の「ロイアルロンドン時代」からの実投資家ですから、ついクセで旧社名、旧商品名をそのまま表記し続けるご無礼もお許しいたけることかと。

そんな経緯もあって、勉強会にご参加されている投資家仲間の方でも、RL360経由でロイアルロンドンのファンドを保有しているというケースも多いですね。



今日は、3年ぶりくらいになりますね、久しぶりにロイアルロンドンの不動産ビジネス系ファンドROYAL LONDON PROPERTY FUNDを取り上げます。保険会社系のファンド会社が不動産ビジネスファンドって? と思うかもしれません。しかし、生命保険会社こそ、不動産ビジネスのプロだったりするんですよ。それは日本の生命保険会社でも同じです。

キャプチャ8889日本でもイギリスでも、保険契約者から超長期で資金を「調達」できる生命保険会社は、超長期の「運用」手段である賃貸物件経営に向いています。しかも日本では国債買ってても、将来の保険金払えるだけの運用成果を残せないことは計算上わかりきっていることですから、ますますテナントビル経営は大事になってきますね。


ロイアルロンドンはその生命保険会社としての不動産ビジネスのノウハウを発展させて、ファンド化したものだとイメージしてほぼ間違いではありません。

保有している物件は、左表のトップ10保有物件リストに題目だけ記載がありますが、英語だし、いまいちどんな物件かイメージ掴みづらいかもしれません。が、ファンドサイズがGBP402Mと、シャチ級であることからも、なんとなく、1棟買いでデカく経営しているということはすぐにわかりますし、投資対象が直接的でなんだかワクワクしますよね。

直接投資、RL360PIMS経由での最低投資額はGBP100kからで解約手数料が6.2%とちょっとばかり敷居が高いのが難点です。しかし、これだけ安定しているファンドがゆえ、有象無象に場を荒らされ、徒に流動性リスクを上昇させたくないという面もありますから、これくらいの敷居は必要なのかもしれませんね。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

目や唇が乾く季節になりましたね~

ProShares は2006年創業で、アメリカのワシントンDCからほど近いメリーランド州ベセスダという街に本拠を置く、どちらかといえば、大手とは一線を画する、ユニークだったり風変わりなETFの専業の運用会社です。

が、それでも
ProFunds GroupとしてUSD28Bもの預かり資産を有しています。そして親会社はナスダック上場の大手ノンバンクのSEIです。

と、ここまでは、会社の紹介なので、前回までの記事のコピペです。とにかくたくさん、ユニークなETFが品揃えされているので、隔月ぐらいのスパンで一つづつ取り上げていくことにしましょう。

Screenshot at 2019-11-17 17-21-20
ProShares DJ Brookfield Global Infrastructure ETF は、Dow Jones Brookfield Global Infrastructure Composite Indexのパフォーマンスから経費を差し引いたものに追随するように設計されたETFです。

それにしても、世界中に拠点を置く純粋なインフラストラクチャー企業(総合的な業務を行っている企業なら少なくとも7割はインフラストラクチャーの事業部門が売り上げていること)を採用する、このDow Jones Brookfield Global Infrastructure
Composite Index
というインデックスは上昇を続けてますよね。

投資銘柄数は125,2014年3月スタートで、ファンドサイズはUSD113Mとイルカ級です。










イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

やっぱりアクセスあがりました。
続きを読む

イメージ 1

Screenshot at 2019-11-13 22-19-54CTAであるIQS Funds Limitedが売買指示を出すプログラムを、Rudolf Wolff Limitedがそのままファンド化した、IQS FUTURES FUND。そのリスクの高さに対して、直接投資だと最低投資金額がUSD100k(RL360 PIMSなど経由ならUSD10k)というハードルの高さもあって、IQSの名前は知ってはいるけど、手がでないという投資家も多いことでしょう。

それもそのはず、このボラティリティの高さで、最低投資額USD100kともなればそれはそうとう厳しいんです。2011年11月スタート(CTAとしては1995年から続いています)で運用実績は長いのですが、2015年以降はあまり上がっている気がせず、人気も下降気味です。

ところで、このファンド、どんな運用戦略なのでしょう? ファクトシートから英語の説明をそのまま引用してみたいと思います。

IQS Capital Management Limited trades a diversified portfolio of outright futures contracts on the New York and Chicago futures exchanges, employing the IQS Diversified Program, a proprietary mathematical trading system. Over 20 years the Program achieved a mean annual rate of return of nearly 30%, a track record whose quality and longevity are almost unprecedented in the managed futures sector.

Since its performance is not correlated with asset classes such as bonds and equities it can simultaneously enhance the return and reduce the volatility of any conventional investment portfolio.

Screenshot at 2019-11-13 22-19-19























Screenshot at 2019-11-13 22-19-36


































イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

身体がだるいのを早くなおして在来線モードにしなければ

img.endole.co.uk1997年創業で、GBP25.3Bの預かり資産を持つ独立系の運用会社、Artemis Investment Management 。The Profit Hunterと自己紹介しているところがなんだかカッコいいじゃないですか。また、この会社はArtemis VCT plcというベンチャー・キャピタル・トラストも運用していることでも知られており、この話は過去の記事でも出したことがあります。


Screenshot at 2019-11-10 21-16-37
Screenshot at 2019-11-10 21-16-59Artemis Funds (Lux) – US Absolute Returnをとりあげます。ファンドの名前だけでももうわかってしまいますが、米株の絶対利益追求型、ロングショート戦略のヘッジファンドです。ベンチマークもLIBOR USD 3 Monthとなっています。

ヘッジファンドらしく、ロングポジションの投資銘柄は個別具体的に明記していますが、ショートポジションの投資銘柄はセクターの表記までに留めています。

Screenshot at 2019-11-10 21-17-18
そして、年次のパフォーマンスをみても、2016年に若干のマイナスになった以外は、たしかにコツコツ積み上げになっていて、ヘッジファンドの王道を行く感じをうけますね。

ただし、実際にファンドがSTARTしたのは、2018年11月からですので、それまでの数字はバックテストになります。

Screenshot at 2019-11-10 21-17-33


直接投資はやめたほうがよいので、生保系オフショアラップ口座を経由して購入することになります。







イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

アイフォーンの充電ケーブルの切れやすさはやっぱりわざと?

何しろ発祥が南アフリカなわけですから、Sanlam Investmentsがアフリカのマーケットを十八番としていることは間違いありません。そして、去年前半まではアフリカのマーケット全体が長らくどん底にまで沈んでいたことも間違いありません。

9多くのアフリカ株式ファンドがナイジェリアから手を引いたのですが、いやいやじっくりとフロンティア国に投資を続けたのはこのファンドとアラングレイくらいではないでしょうか。そしてようやく、漸く、ようやく、数年間(正確には原油価格が大底を迎えて、ナイジェリアが大きなダメージを受けた時期)も我慢して投資を続けていたことが実になったファンドの筆頭格となったのです。

10それにしても、2017年の約5割もの上昇はすごかった、圧巻でしたね。それ以降はアフリカ全体への資金が回らず、1年間で約1割、3年間通しても+6.3%の上昇とまりとなっています。。


産油国のナイジェリアに投資している割合が多いですが、それでも約2割まで減ってしまいました。そして、セクター別に見ると資源関連株はほとんどありません。ナイジェリアに関しては、このブログでも数年前から期待して追いかけている通り、あくまで人口が多いことを期待した、金融関連や消費関連が多くなっています。

ただ、アフリカの場合、消費関連というと、トップテン銘柄でもEastern Tobaccoがでてくるように、エシカル的にはまだ買いにいけない部分もあります(シャリア準拠的にはタバコは全く問題なく、イランなどでも子供がタバコを吸っても合法です(実際吸わせる親はいませんが))。

112010年3月スタートでファンドサイズはUSD71Mとブリ級です。株式を投資対象としている上場投資信託に中では小ぶりなほうです。もっとも、元々時価総額の小さい南アフリカを除くアフリカの株式市場に投資するなら、それ自体でマーケットを動かしてしまうような大型のファンドでは投資に向いていません。これくらいのサイズがお手頃だと思います。


サンラムのオフショアファンドはアイルランド籍が多く、このSanlam African Frontier Markets FundもIrish Stock Exchangeに上場している投資信託です。
直接投資は難しいと思うので、USD7.5kから投資できるモーメンタム経由が一番いいでしょう。生保系各ラップ口座経由ももちろん可能です。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

記事を更新するタイミングを間違えていたようです。ライブドアブログになってから毎日更新記録がブツブツ途切れるようになってしまいました。

1985年に創業して、今では預かり資産をGBP45.1Bも持つという、ロンドン上場の大手運用会社、Jupiter Asset Management Limited

ルクセンブルク籍のオフショアファンド、The Jupiter Global Fund SICAVのサブファンドシリーズから、モーニングスター社星三つを持つテーマファンドのJupiter Global Ecology Growthを取り上げます。

キャプチャ5565


Jupiter Global Ecology Growth は、特に国や法域を決めることなく、グローバルに株式の銘柄、または株価に連動するような債券を選定するファンドで、その選定基準は、もちろんエコロジー関連です。環境開発や設備を製造している、あるいは気候変動の極小化するためのメーカーがその筆頭格になるでしょう。

キャプチャ5566

2018年は不遇の年でしたが、今年はそれを跳ね返して、+24%の年初来の上昇を見せています。

キャプチャ5567ところで、このファンド、2005年10月スタートという運用実績をもちながら、サイズがEUR10Mしかない、イワシ級の小ささです。ファンドの存続がちょっと気になるところですね。

ベースの通貨はユーロですが、イギリスポンド、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ、アメリカドルでも投資でき、いずれにしてもラップ口座経由での投資になります。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

次の勉強会もしっかり資料用意してやりますよ~

GNI-PartLogo-BMOBMO Global Asset Managementは母体がカナダ五大銀行の一角、Bank of Montrealの運用部門子会社です。

BMO Responsible Global Equity Fundは、2005年12月スタートのグローバル株式ファンドで、ベンチマークは一般的なMSCI World NRを採用しています。

名称未設定ファンドサイズはEUR643Mとシャチ級で、モーニングスター社は星四つです。 

最低投資額はUSD2,500. 






























続きを読む

2002年にロンドンで仕組債の組成会社として創業した、IDAD Limited。ここの仕組債はバラエティーに富んでいますし、いつでもニーズに合わせてウリダシしているものがあるので勉強になります。

そしてなにより、RL360 PIMSやカストディアンライフ、フレンズプロビデント・リザーブなどの一括投資型ラップ口座経由で買える仕組債として重宝しとります。そこから新しくウリダシになったのが、Goldman Sachs 100% Protected FTSE Issuer Callable Growth Note November 2019 USDという仕組債です。

Screenshot at 2019-11-04 15-55-09
Screenshot at 2019-11-04 15-56-10これまでも度々仕組債を取り上げてきており、その長ったらしい題名を見ただけで、大方の条件は把握できるものだと、このブログでも力説してきましたが、今日は比較的シンプルですね。わかることはオートコール(中途償還される可能性のある条件がついている)と元本の100%が確保されているということです。そして今回の仕組債の、発行体はGoldman Sachs Finance Corp International Ltdなのですから、デフォルトリスクについては、このブログでくどくど語る必要もないでしょいう。

その先のルールはシンプルです。アンダーライイングである、イギリスの主要な株式指標である、、FTSE100の1.75倍の比率で、元本の償還率(最低でも100%)が変化します。

ここで、夢を育ませないようにする存在がオートコールです。中途償還のタイミングが四半期(ただし、Quarterly (First Observation at 12 months)となっていますから、初回の観察日は1年後です)ごとに訪れますので、7年満期であって、株価が上昇したときには、最初に黒字になった段階で、中途償還されてしまうのです。上方向に向いてきたとたんに中途償還とキャップがかかっています。

そのかわり、下は100%でフロアは敷かれていますので、仕組債の中でもローリスクローリターンな感じのものになり、初心者には手がけやすいことでしょう。


















続きを読む

AQR Capital Managementはアメリカのコネチカット州を本拠に、1998年にもともとはニューヨークで創業したヘッジファンド会社です。どちかといえば機関投資家寄りですが、個人向けも手がける総合的な運用会社です。

今では、預かり資産USD185Bを有する大きな運用会社にまで成長しました。ちなみに、AQRというのはApplied Quantitative Researchの略なんですって。

そして、このファンド会社のファンドをこのブログで取り上げてもなかなかピンとこない部分があります。そりゃそうですね。なにしろ機関投資家向けのファンド会社なのですから。

Screenshot at 2019-11-04 12-57-18クラスは3種類ありますが、一番敷居が低いIクラスでも最低投資金額がUSD1M、R6クラスになると最低投資額は実にUSD50Mとなります。なので、とりあえずIのパフォーマンスをお勉強がてらに見ながら分析を進めていきましょう。

Screenshot at 2019-11-04 12-56-55AQR Volatility Risk Premium Fundは、2018年11月にSTARTしたばかりの新しいファンドですが、ファンドサイズはすでにUSD12Bあります。さすがに、最低投資額USD50Mからのクラスがあるだけのことはありますね。そしてパフォーマンスも最初の約1年ではありますが、2019年の年初来+6.71%をしっかりした数字で走り出しています。

Screenshot at 2019-11-04 12-56-36このファンドの投資戦略はVolatility Risk Premium StrategyとSystematic Equity Strategyの二つのストラテジーのミックスで、株式先物、債券オプション、FXなど使うマーケットに制限をかけていません。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ポートフォリオ再構築相談をたくさんいただき、順番待ちになっていてすみません。すべて一点ものなので、時間がかかっています。



blueprint_logo合法マリファナ、医療用の大麻を製造している会社に投資をするETFがあるという話は、もうこのブログの読者なら当たり前の投資手法になってきました。

Screenshot at 2019-10-29 21-13-04普段はETF Managers Group LLCの組成するマリファナ関連株ETFのETFMG Alternative Harvest ETFについて、取り上げることが多かったのですが、他にもないの? という読者の皆様の声にお応えして探してきました。

AdvisorShares Investments, LLCというメリーランド州のベセスダ(Bethesda)というワシントンDCのすぐとなりの高級住宅街に本社をかまえる会社が組成している、ETFで、(YOLO) ADVISORSHARES PURE CANNABIS ETFというものがありました。

Screenshot at 2019-10-29 21-13-27基本的に、北米、すなわち、アメリカとカナダに上場している株式に投資するもので、カナダとアメリカへの投資割合はいまのところ、ちょうど半々になっています。

投資情報サイトにも、Marijuana ETFs May Be A Cheap Value Opportunity なんて見出しがでるくらい、ダダ下がりの状態が続いており、3ヶ月で35%近くも下落しています。

Screenshot at 2019-10-29 21-13-45



続きを読む

11スイスのブティック系専門店ファンド会社、Alprime Capital AGと聞いても聞き慣れないかもしれません。しかし、運用しているファンドが、レゲアルティスとエーデルワイスと聞けば、おお、知ってるよ、となるかもしれませんね。

2018年にProgressive Capital Partners Ltdからスピンオフして、二つのファンドだけが、ファンドマネージャーが袂を分かつのに伴ってアルプライムに引き継がれてからはや1年が経過しています。まぁ、ここの社長さんの会社経営よりファンド運用にかける情熱をみていると、袂を分かつのは時間の問題かな〜なんて思ってましたけどね。


範囲を選択_003さてと、本題に入りましょう。今日の記事にしたレゲアルティスは典型的な機関投資家向け、個人投資家向けハイブリッドなファンド・オブ・ヘッジファンズです。いや、正確にはヘッジファンドでしたというべきかもしれません。

もちろん、今でも典型的なヘッジファンドとカテゴリされる分野への投資はしているのですが、Event Drivenに投資している17%のうちの7%部分と、Credit Relatedに投資している26%のうちの5%部分はかなりわくわくするほどディープです。

この2つは仕込み系なので、出口をみたら、とたんに2倍~3倍のパフォーマンスが表面化する可能性もあります。純粋なマネージド・フューチャーズは常に市場価値を時価算定できるので、突然パフォーマンスが突き抜けることはありません。

範囲を選択_002

続きを読む

mir22012年にフランスのパリで設立されたMirovaはEUR7.1Bもの預かり資産をもつ運用会社ではあるのですが、と同時に、フランスはパリの大手運用会社のNatixis Global Asset Managementのグループに属しており、ブランド力もピカイチのファンド会社です。

Socially Responsible Investing (SRI)やCorporate Social Responsibility (CSR)、つまり社会的責任をしっかり果たしている企業に投資するというテーマに力を入れている会社で、そういったテーマファンドがずらりと並んでいます。

このブログでは企業倫理意識の高いという意味で、エシカルファンドと言っているものです。

キャプチャ5557Mirova Women Leaders Equity Fundは、もうその名の通りのテーマ株ファンドです。

地域別のアロケーションとしては、アメリカが約半分、イギリスを含む欧州が4割、残り1割は債券での運用になっています。

債券がちょこっと入っているのはまぁまぁご愛嬌ということで、現金保有に近くあまり気にしなくてもよいでしょう。

キャプチャ5558そして、常に、国連の発表している、Sustainable Development Goalsを意識しており、the 2030 Agenda for Sustainable Developmentに沿った企業努力をしている会社にのみ投資されることになります。

それが前提となって、左図のように、女性が社長さんや役員、重要な支配人に登用されている会社の銘柄をしこむことになり、現在は、49銘柄に分散投資されています。




キャプチャ55592019年の1月にスタートしたばかりのファンドで、ファンドサイズもまだEUR5.4Mとそれこそギリギリのイワシ級サイズです。

直接投資は無理でしょうから、素直にラップ口座経由でいきましょう。























続きを読む

もう数年前のことになります。いっとき、大流行したイギリスの学生寮ファンド。Mansion Student Accommodation Fundは新進気鋭のベンチャー的なファンドとしてお気に入りでしたが、後半は有象無象が強烈に売り込みをしたこともあって、ファンドサイズが急増。そのままでは現金過多でどんどんパフォーマンスが下がるため、慌てて2軒の学生寮を買収した矢先、他社の倒産をきっかけに完全なる風評被害をくらい、無意味なパニック解約が殺到。仕方なく解約停止措置が発動されると、今度はリテラシーのない投資家がパニックになり、結局存続できずに、運用終了して精算されることになっていました。

中間配当はすでに支払済で、古くからの投資家は中間配当部分でなんとかトントンが少しの損失、投資を始めたばかりだった方は、為替にもよりますが、3割から5割の損失という状況でした。

そしていよいよ、最終精算処理が確定しました。10月23日付けで、
CIRCULAR TO ALL REGISTERED SHAREHOLDERS AND INVESTORSというレター(題名:RE: The International Mutual Fund PCC Limited)が投資家のもとに届けられています。

用件はズバリ、Final Distribution of the Cell、つまり最終清算の開始です。中間配当の時に、大方の資金は投資家に返金されているため、今回は、清算のための、リーガルコストなどを除いた、余剰金の返金にとどまります。つまり金額は少ないということで、結果的には2016年1月時点の資産に対して約94%の償還率となりました。

支払いは、Apex Fund Services (IOM) Limitedの取引銀行を通じて行われ、これまでの手続きが全て完了している投資家には何ら手続は不要で、今月末に開始される予定の返金手続をまつだけになります。

入金予定額は、DISTRIBUTION ADVICEというレターにあるNet Amountという欄の金額に記載されています。

これまで、このブログを通じてご相談をうけていた方は、全ての手続が完了していますので、入金確認だけしておいてください。

手続きが必要な方byh00122@yahoo.co.jp、までマンション学生寮の件でメールいただければサポートします(今回はじめて相談される方は有料、以前からのお付き合いの方は一切無料)。



続きを読む

evli_logo_parasko--ipi97ey1qt_s638x0_q80_noupscale1985年にフィンランドのヘルシンキで創業した、証券会社系のファンド会社、Evli Securities Ltd。Evli Bank Plcの100%子会社であり、今ではヘルシンキだけでなく、トゥルクやストックホルムにもプライベート・バンクの支店も出店して幅広く展開しています。

キャプチャ.02PNGEVLIを記事にするのは数年ぶりのことですね。今日は久しぶりなので、思いっきりマニアックにとりあげたEvli Finnish Small Capがその後どうなってるかをレポートしてみたいと思います。

もっとも、マニアックと言ったところで、それはあくまで日本人からみたときのこと。地元、フィンランド人にしてみたら、その地元に小型株ファンドなるものがあって当然ですし、向こうのフィンランド人にしてみたら遠く極東の日本の小型株ファンドに投資する方がよほどマニアックです。


キャプチャ03 - コピーそれでは、お互いの地理的に遠い世界を少しでも近づけて、それこそマニアックという表現から、ある程度は興味深いくらいの表現になるよう、エマージング、主要国、関係なく各国のローカルファンドの啓蒙活動も続けていきたいと思います。といっても、このブログ自体がマニアックすぎるんですけどね。

1992年12月スタートでファンドサイズはEUR188M小振りながらモーニングスター社5つ星のファンド、ロングオンリーレバレッジなし、30から40の銘柄にファンドマネージャーがアクテイブに分散投資するリレーティブなアクテイブファンドです。ベンチマークはCarnegie Small CSX Return Finlandという地元の株価を示すインデックスです。

続きを読む

Orchard Fundsというたった一つだけのファンドを運用しているイギリス領ジャージー島の専門店だったOrchard Wealth Management Ltd。ファンドサイズ、GBP72Mというファンド、それだけを維持するにはコストがコストがかかりすぎるようです。MIFID IIの影響もあるのかもしれませんね。MitonOptimal Groupの傘下に入りました。



名称未設定このファンドのウォッチもかれこれ6年になりますが、ミトンオプティマルの中に入っても、運用方針はかわりません。

過去の時期でも度々説明している通り、個別株オプション取引を使ったロングショート戦略でボラティリティも低めの設定です。

名称未設定2そのパフォーマンスは一般的なグローバル大型株ファンドと比較してもどうしても控えめになってしまいますが、それでも2001年の運用開始(ファンドとしては2003年スタート)以来、リーマンショックも含めて2回しか年間通じてマイナスの成績を残しておらず、まさに米株が調整局面に入ったときの傷口を和らげる、レイニーデイ(雨の日に備える)ファンドと言えるでしょう。


続きを読む

logo (1)
Investec Bank plcの元本確保型仕組債、EVEN 30 5.5 Year 100% Capital Protected Credit Linked Note シリーズのブローカーで知られる、ロンドンの独立系組成会社、Causeway Securities

このところ、ブログの記事から遠ざかっていましたね。というのも、なかなか元本の100%を確保できる仕組債の組成が難しい時期だったからです。

4今日の記事に取り上げるのも、元本の95%までしか確保ができません。その代わり、バリアはなく、満期日のアンダーライイングの価格がどうなっていようとも、95%は確保されます。

さて、この仕組債についている、いわゆるバリアってなんでしょうか? 発行体であるMorgan Stanley B.V.破綻しない限り、満期時に、イギリスの株価がどうなっていても元本は95%確保されます。

このブログでは、バリア(期中、または満期時に元本確保が外れてしまうことがあるものの、その条件のこと)がついているものは、例え、ファトシートに Capital Protectedと明記してあっても、決して元本確保型とは訳しません。金融業界には文化の違いがあり、イギリスではこの表記で問題ないとしても、日本では、バリアのついているものを元本確保と直訳するのは、誤り、というよりもはや違法です。有象無象の中にはそのことを知っているのに、「直訳しただけだから」、としてバリアがあるのに元本確保型と銘打つ者がいるので注意が必要です。

5ただし、いくら元本確保型と銘打っていても、その発行体が破綻すれば、債券が噛み紙くずになるというのは、日本でもイギリスでも、個人投資家であろうと素人であろうと、知っていて当たり前のことで、あとから投資家が知らなかったとか聞いてなかったとか、騙されたなどと、いくらゴネても、全くの時間の無駄になるだけすから、この違いはよく知っておく必要があります(だからこそ、銀行預金は元本保証と銘打ちますが、債券は元本確保と表記するのです)。

では、なぜ、普通の国債や社債は元本確保型と銘打たないのでしょうか? あたりまえですが、全てが元本確保型なので、わざわざ言う必要もないからです。対して、組債には、1.元本確保型のものと、2.元本確保されないもの、それに、3.条件によっては元本確保が外れるもの、の3種類があり、このブログでは日本の金融商慣習に合わせて、普通の債券と1.のものだけが元本確保型だとしています。

続きを読む

logoロンドンのウエストミンスターに本拠地をおくLindsell Trainという運用会社があります。リンドセル(Michael Lindsell)さんとトレイン(Nick Train)さんの二人が2000年に立ちあげた会社なので、お二人の名字をつなぎあわせてリンドセル・トレインという社名になっています。まるで日本の法律事務所みたいな名前のつけかたですね。

1この会社公式サイトを見ればわかりますが、俺達、イギリス株と日本株が得意なんだせぃと高らかに謳っています。アジア株といえば、香港、シンガポール、メインランドチャイナのことと、言われて久しいこの環境下、なんとなくローカルマーケットとなってしまった日本に今でも一目置いてもらっている、それだけで嬉しい気がしませんか?

2それもそのはず、リンドセルさんの方の経歴をみると、日本に7年滞在していただけでなく、日本株のファンドマネージャーを長く経験していたそうで。Lindsell Train Japanese Equity Fundというファンドまで運用しているくらいですからね。それにイギリス株の運用経験の長い、トレインさんの経歴を加えて、合議制のグローバル株式ファンドを作ったら、アメリカ一辺倒でない、ほどよく分散されたファンドができあがるのかも? と、否応なしに期待も膨らみます。

そんな背景を知って、今日、数年ぶりに取り上げる、Dublin 籍のオフショア投資信託(UCITS fund)のLindsell Train Global Equity Fundのファクトシートを見てみると、面白いものが見えてきますよね。

続きを読む

OECDにて2017年からタックスヘイブンとG7主要国間で税に関する自動的情報交換(CRS)を開始することも背景の一つですが、最近、オフショア生保ラップ口座会社の業界再編が進んでいます。オフショア生保業界再編は基本的に歓迎すべきことだと考えています。なぜなら、20年とか25年も硬直的な契約を交わしして、老後に備えるための積立をしている会社がおかしくなってもらってもいいのですか? と聞かれればたちまちその答えはでてきます。 

私がブログの記事で話題に出すのは、その会社の体も検討した上で社名を出しています。

アビバの傘下となり、さらには皮肉なことにそのライバルのRL360に買収されてしまったフレンズプロビデントは、企業文化的に合わない人たちがITAに行ってくれたので、かなり相性があうようになりました。そして、ハンサードやオールドミューチュアルは言わずもがなの上場企業ですし、素人が財務内容についてとやかく言う筋合いもないくらいの大会社です。そう言えば、モーメンタムもMMIという上場企業の100%子会社です。

となると、付き合える積立投資のラップ口座会社としては、独立して非上場とはいえ、その筋が良い、ここが安心して長く付き合える最下限になります。ま、この保険会社も小粒で光る会社として、再編されてしまえば、日本人お断りになる可能性が高く、積立にしても一括にしても、やるならTINの発行される前、という説は案外正しい考え方でしたね。

ちなみに、なぜハンサードやフレンズプロビデントが日本人お断りになっているか? は勉強会でのみお伝えします。 ヒント;ねずみ講まがいの有象無象業者のせいではありません。


続きを読む

logo-blue-minInvesco Global Investment Funds Limitedのファンドシリーズには、生保系ラップ口座を経由して購入できる、ルクセンブルク籍のオフショアファンドシリーズの中にユニークなテーマ株ファンドを数多く揃えています。たくさん紹介しようとは思っているのですが、何しろネタには困らないブログなもので、ずいぶん後回しになってしまいました。今日は、インドでも株式ではなく債券ファンドを取り上げます。

名称未設定

ロングオンリーレバレッジなしの、主にインド・ルピー建てのインド国債に投資する、ハイイールドファンドです。ベンチマークはCRISIL 91 Day Treasury Bill Indexというごく一般的なインドの債券の指標を使っています。ちなみにCRISILは、Credit Rating Information Services of India Limitedの略で、インドで上場している格付け機関です。今はS&Pの傘下に入っています。


名称未設定32014年4月スタートで、ファンドサイズは562Mとイルカ級の大きさ、モーニングスター社の格付けは未取得で、リッパーはOther Bondカテゴリで真ん中の3となっています。



名称未設定2 





続きを読む

イメージ 1
 Fidelity International、フィデリティと言えば、アメリカを代表する投資信託のメーカー直販小売店のイメージですが、その創業は1969年と比較的「若い」会社で、かつ、ボストン発祥ながら、最初からバルミューダ(バミューダ)に本社を置くオフショア重視のスタンスで、初の海外進出はなんと東京だったという、素晴らしく先見の明を持つ米券証券会社なのです。

名称未設定2


名称未設定そんな日本びいきのフィデリティですら、営業拠点を香港やシンガポールにシフトさせていってるわけですから、私達個人投資家もそれについていく形で、自身の資産の拠点をオフショアに移しておく。やはり正しい発想だと思いますよ。ま、日本人が、それが当たり前だと気がつくにはあと何年かかかることでしょう。

ということで、全く流れがつかめないままの本題ですが、今日は 
Fidelity Funds – Global Dividend Fundというド直球のインカム系株式ファンドと取り上げます。

ファンドマネージャーが顕名で運用にあたる、アクティブファンドですが、ベンチマークに使っている指標はMSCI All Country World Indexというこれまたグローバル株式の標準ともいうべき普通のインデックスを使っています。

 


イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

エクセルの教科書。読み返してみると、意外と知らなかった機能があって便利になるものですね。
  


続きを読む

images-22014年にイギリスのオックスフォードで創業した、Woodford Investment Management Ltd。若い運用会社ながら、はやくも預かり資産をGBP17.8Bも集めているのは、Invesco Perpetualからスピンアウトした創業者兼ファンドマネージャーのカリスマ性にあるからでしょう。

Woodford Patient Capital Trustという、大型のロンドン上場インベストメント・トラストを運用していることで有名です。Neil Woodfordさんの名前で検索するとフィナンシャル・タイムズ紙にこの方のコメントだったり、投資の動向だったりの記事がたくさんでていますので参考にしてみてください。

名称未設定


今日は、GBP3.12Bというクジラ級×3という巨大なファンドサイズを持つ旗艦ファンド、CF WOODFORD EQUITY INCOME FUNDを取り上げてみます。といってもこのファンド、数年前はGBP8.91Bものサイズがあったそれこそオバケファンドだったのですが、なんと7月3日にサスペンドとなっています。つまり、いまは購入も解約もできず、ひたすら投資を続けるしかない状態となっているのです。

名称未設定2


そして、新規解約受付停止状態は、延長しながら現在でも続いており、公式サイトを見てもサスペンド明けの目処はたっていないようです。。

名称未設定3

普通のオープンエンド型のファンドだという認識だったわけですから、これは、ちょっと厳しい環境ですね。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

とりすみません。大阪勉強会実行できない雲行きになってきました。
  

0-2Funds Asset Management Ltdは、イングランドでもかなり北に位置する地方都市のコヴェントリー (Coventry)に拠点をおく、computer driven、つまり機会売買を行うファンドオブファンズ屋さんです。

今どき、i(アイ)なんとかって名前をみると、どことなく、乗っかった、チャラいというイメージを持ってしまったりしますよね。しかし、このファンド会社の設立が2002年であり、もうとっくにiMacの一大ブームも下火になっている時期であったことから、なんとなく、そんな気配も感じるものはあります。

名称未設定とはいえ、このファンドはETFを使ってローコストで分散投資を完結させるファンドオブETFsを作り上げることが目的であることから、iMacというよりも2000年から登場したiSharesの方を意識して名づけたのかなぁ、とも。

運用しているファンドはAbsolute Returnの3種類で、すべてコンセプトは同じく、主にETFに投資するワンストップ型のファンドで、リスクに合わせて、インディゴ(守り)、グリーン(中庸)、オレンジ(攻め)と色で表現しています。

ま、色の使い方はかなり当時のiMacそのままですよね。ちなみに、私の大昔のiMacはG4ミントグリーンでした。

Thesis iFunds Spectrum Orange Fundは3つの中でも最も攻めのタイプではあるのですが、それでもボラティリティは8%台なので、世間的には債券ファンドよりもちょっとハイリスクハイリターンなだけの、コンサバなファンドです。
 
名称未設定2

パフォーマンスはちょっとパッとしませんね。続きを読む

ProShares は2006年創業で、アメリカのワシントンDCからほど近いメリーランド州ベセスダという街に本拠を置く、どちらかといえば、大手とは一線を画する、ユニークだったり風変わりなETFの専業の運用会社です。

が、それでも
ProFunds GroupとしてUSD28Bもの預かり資産を有しています。そして親会社はナスダック上場の大手ノンバンクのSEIです。

名称未設定さてさて、プロシェアーズが提供してくれるユニークなETFってどんなものなのでしょうか? 一番わかりやすいのは、 Leveraged ETFs つまり特定のインデックスにレバレッジをかけて、S&P500が1割上がったら、そのETFは2割あがる、なんてものだったり、Inverse ETFs つまり、インデックスが1割上がったら、ETFは1割下がるなんてものが代表的です。

プロシェアーズのETFはおびただしい数の変化球ETFが並んでいますが、そのうち、前回はProShares VIX Short-Term Futures ETFという、S&P 500 VIX Short-Term Futures Index極めつけのインデックスをベンチマークとしたものも紹介しました。


名称未設定2今日のは究極の趣味的なテーマ株ファンドといえる、
Pet Care ETFで、ベンチマークはFactSet Pet Care Indexという、インデックスとなっています。




続きを読む

0KfA_63l_400x400オフショアファンドラップ口座、モーメンタムの600もあろうかというファンドリストを見ていると、発見は尽きませんね。例えばTIBURON TAIPAN FUNDなんてファンドを挙げられてみても、日本人は誰も、もちろん私も知りませんよ。 

ちなみにTiburon Partners LLPは香港あたりでファンドマネージャーをやってた人がスピンアウトしてロンドンで設立された個人経営的な運用会社だったのですが、いつのまにやら、Quaero Capital LLPに吸収合併されています。

名称未設定日本を除くアジア株にオーストリアとニュージーランド株を加えた、いわゆるアジパシ株ファンドのTIBURON TAIPAN FUNDは、ロングオンリーレバレッジなしでファンドサイズはUSD17Mです。5年前はそれでも80〜90Mはあったので、随分な衰退っぷりですね。

名称未設定2しかし、記述されている投資戦略は、決して風変わりなことはなく、Australia, China, Hong Kong, India, Indonesia, Korea, Malaysia, New Zealand, Pakistan, Philippines, Singapore, Taiwan, そして Thailandに対し、30から60銘柄(2014年8月時点では55銘柄)にボトムアップ戦略で分散投資するとしています。

が、よく読むとちょっと変わった点が、、、。

オーストリアを入れている理由は、オーストリア期待というよりは、アジア株だけだと、流動性に乏しい面もあるので、解約対応できるよう、出来高の多い豪州銘柄を入れているようです。
続きを読む

stanlib南アフリカのMelrose Arch, Johannesburg(ヨハネスブルグ)を本社に、イギリスを宗主国とする7カ国に展開している運用会社、STANLIBについて、最近頻度が下がってましたので、この辺で少しリフレッシュしておきましょう。

なにしろ、この運用会社の歴史は古く、1862年の創業です。日本では文久年間というからそれは金融業者としては凄い歴史です。ただ、それもそのはず、スタンリブは、イギリスが作った南アと香港の植民地銀行スタンダードチャータード銀行の弟分、スタンダード銀行(Standard Bank of British South Africa)の運用部門だったからです。 

名称未設定4今ではLiberty Group South Africaという上場保険会社グループの一員となって、営業基盤を固めています。モーメンタムでも10ほどのファンドで取扱がありますが、以外にもアフリカファンドなんてのはまるで見当たらず、グローバル株式や債券、欧州系が充実していたりします。

 地元の人にとっては自分の国の株式や債券については、選択肢もさほど多くないことから自分で投資してしまい、グローバルな投資だけプロに任せようということかもしれませんね。


名称未設定ということで、今日は、STANLIB Global Balanced Fundという比較的素直なバランス型のファンドを選んでみました。

株式のウエイトが6割ですが、残り4割が債券というわけではなく、3割どまりとなっています。文字書くと少々ややこしくなってしまいそうですね。

で、残り1割はというと、不動産、リート系に投資されていますから、日本人の感覚でいけば立派にグロース型のファンドと認識したほうがよさそうです。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

勉強会の参加者は10名様前後になりそうです。双方向のコミュニケーションができてちょうどいい人数ですよね。まだ5名様くらいはお受けできます。 
続きを読む

  2001年にロンドンで創業したブティック系(専門店のこと)のアクティブな運用会社、Rubrics Asset Management。ファンド数は4つ(厳密にはQ Rubrics India Fixed Income UCITS Fundというのと Rubrics India Fixed Income UCITS Fundというのが別のファンド扱いになっているので、5つ、Qの意味の謎解きはまた次の機会で)ですが、公式サイトはスッキリしていてコンセプトもわかりやすく、一定のファンがついているだろうなと想像がつきます。
 
名称未設定2

扱っているファンドも、グローバル、エマージングときて、次にインドが来ていますので、やはりインドが十八番なんだろうということも、すぐに想像がつきます。しかもQってなんだろうという疑問が残ってますし、、、ですが、敢えて今日は、一昨年、去年と年一回のペースで追いかけてきている、グローバルでかつ債券のRubrics Global Credit UCITS Fundのアップデートをしておくことにしましょう。
名称未設定3

なぜ、これにしたかって? 米株市場は、利下げムードにもかかわらず、高値警戒が続く中、このままちょっと大きな調整が入ってしまうとなんだかなぁ、いう読者の方も多くなってきている中で、ちょこっと冷静に一つ入れておくなら、どんなファンドがいいかな、と思ってチョイスしてみたものです。もちろん、モーメンタムから買えるファンドってこともあります。

ところで、ライブドアブログに移行してから、このブログがヒットして読み始めた方、そして勉強会にまだご参加されたことがない方に先にお伝えしておきます。

ブログでは、取り上げているファンドにオススメ度の強弱をつけたくないので、かなり中立性を保った書き方をしていますが、勉強会では結構、バンバン自分の相場観を主張するタイプなんです。

勉強会中では。グローバル債券ファンドは世界的に株式よりも高値警戒していると言っておきながらなによ?とお感じの読者の方もいらっしゃるはずです。

名称未設定その相場観は変えるつもりはありません。だからこそ、デュレーションの短い債券ファンドで、株式相場の落ち着きを見定めるというのは悪くない手だという意味での、このファンドです。

と書いてしまえば、今日のファンドの有効性とどんな相場観を持つ海外投資家にマッチするのか、もうわかってしまいましたよね。

2009年3月スタート、モーニングスター社格付けは星4つで、USD452Mのイルカ級サイズですが年にUSD100Mのペースで成長を続けています。。































 



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

画像のテキスト回り込みはおぼえましたよ 

健全な資産形成のための長期投資をしていても、必ず株価が調整する局面は到来するもので、そんなときは誰しも不安になるものです。ベトナム戦争の時期以降は、強気の期間は7割、弱気の期間は3割というのが、投資に対する一般的な考えです。つまり、投資をしている以上、10日に3日は不安な時期を耐え忍ばなくてはならず、この耐え忍びが将来の利益、というよりもはや生き残りにつながります。

そして、不安な時期には、「暴落」だの「バブル崩壊」などお下品な言葉遣いする読み物や講演が出回るのが世の常です。だって、読者の不安心理を煽ったほうが出版業界は儲かるのですから。発想は霊感商法と同じですよ。

Screenshot from 2019-09-16 14-03-01でも、ラップ口座などを使って、株式、債券というメイン投資だけでなく、ヘッジファンドやマネージド・フューチャーズ、そして今日のダーウィンのようなビジネスファンドに(通貨も含めて)うまく分散投資している私達にとっては、調整はマーケットの健全化のためにむしろ必要だよね~くらいの余裕をふかせることができるというものです。


Screenshot from 2019-09-16 14-03-38Darwin Leisure Property Fund。イギリス国内(主にイングランド南部の海沿い)のキャンプ場、いやいや、今となっては立派なレジャー施設を経営するビジネスファンドです。そしてついには、LAPF Investments Magazine というイギリスの厚生年金基金の運用機関のその運用担当者しか購読しないという、極めてニッチな雑誌から、LAPF Investments Awardsというこれまた極めてマニアな賞を受賞するに至っています。



Screenshot from 2019-09-16 14-03-59個人投資家に対しては、新規申し込みはできなくなっており、解約があればその分だけ順番待ちの投資家を受け入れるという方法を取っているので、派手に宣伝する業者もおらず、知名度が上がることがありません。

じゃあ機関投資家向けにはどうかと言っても、イギリスの地方自治体などが所管する年金基金からの投資でお腹いっぱいで、こちらも受け入れは行っていません。


 
続きを読む

ロンドンとヨハネスブルグのダブル上場している大手運用会社、インベステック。その銀行部門子会社、Investec Bank PLCが発行する仕組債もこのブログではすっかりお馴染みで、元本を100%確保できる仕組債も用意されていることから、お初の仕組債として保有しているよ~というブログ読者の海外投資家も多いと思います。

インベステックについては、資源関連株テーマファンドのInvestec Global Energy Fundを1年前から度々ブログで取り上げていました。ただ、ここ最近の原油価格の高騰もあって、日の目を見るどこか上り調子になっていることから、Global Natural Resources Fundを取り上げてみたいと思います。


名称未設定このファンドがベンチマークに採用しているインデックスは少々ややこしいです。ファクトシートのママで引用すると、MSCI ACW Select Nat Res Cap (50% MSCI ACW Energy NR, 50% ACW Materials NR pre 01/04/2013)と記載されています。



エネルギー関連が半分、鉱山関連が半分というわけです。ってことは、原油価格の高止まりという材料だけを狙うなら、Investec Global Energy Fundの方が良い? 正解です。このファンドは、ハードコモディティに分散投資するタイプということですね。



名称未設定2上2つのファクトシートからの引用は8月末基準ですが、グラフはサイトから引用した最新のものです。9月は一ヶ月で5%近く上げてますし、このエリアに投資してなかった読者の方は一度検討しておいたほうがよいでしょう。

直接投資のときは、最低投資額はUSD3,000.となりますが、モーメンタムを含む各ファンドラップ口座から購入できます。

名称未設定3































名称未設定4
 
法域別の投資ウエイトは、コンマ以下の下位は省略して引用させてもらっています。詳しくはインベステックの公式サイトで確認してください。


























イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

めずらしく二日酔い

desktop logo大手保険会社アリアンツの傘下運用会社となっている、ピムコPIMCOのファンドシリーズ、PIMCO Funds: Global Investors Series plc から、米国債をメインに投資するという、まるで守りのような名前でありながら、実はバリバリ攻めまくるInflation Strategy Fundを取り上げます。

キャプチャ1112まずは、パフォーマンス(E Class Accumulation Shares)から。1年間で+6%台の上昇で、その他の年も-5.8%となってしまった2018年をのぞくとおおよそ+3%程度の上昇です。

さらにちょっと過去に戻って2015年では、ずいぶんと記憶が遠のいてしまっていますが、債券プチショックがあったりしたこともあり、1割くらい下げています。ボチボチおとなしく変動利付債のようなものにでも投資しているのかなというイメージが持てます。

キャプチャ1116次に、何に投資しているかのポートフォリオです。トップ10の投資先を見ると、そのほとんどが左表の通り、米国債となっています。英語でしかも字数の関係で単語を省略しているので、ぱっとみ分かりづらいので解説しておきましょう。


上から3つは全て同じ債券ですが、限月(満期日や諸条件)が異なるものです。正式にはTreasury Inflation Protected Securitiesと言って、インフレ率に連動して半年に一度もらえるクーポンの利回りが変わってくるという国債です。

日本でも個人向け国債で同じ仕組みのものがあり、一般的な国債よりクーポンは低くなっています。つまり将来ハイパーインフレに対する保険をかけているようなものですから、普段は保険料の分だけ利回りは悪くなります。

キャプチャ1113
余談ですが、インフレどころか永久デフレでドボンかもと思われる日本で、インフレ連動国債を買うのは国内の個人投資家くらいなものだ、ということでしょう。

それからもう一つ、特筆すべきはベンチマークとなる指標が恐ろしく複雑になっていることです。

ベンチマーク自体が以下の6つのインデックスのミックスになっていて、その内訳は

45% BBG Barclays Global Inflation Linked 1‑30yrs Index (USD hedged)
15% BBG Barclays Emerging Market Government ILB Index (USD unhedged)
10% BBG Commodity TR Index
10% FTSE NAREIT Global Real Estate Developed TR Index (USD unhedged)
15% Alerian MLP TR Index
5% BBG Gold Subindex TR

と一任勘定なんてアホらしいと、自分でスイッチングして分散投資を始めたハンサード・アスパイア投資家でも覚えきれないくらい、ベンチマークからしてアロケーション構築がなされてしまっています。

キャプチャ1114となると、投資先もものすごく分散されているのかな? と思った方はきっとこのブログの常連さんでしょう。左図の通り、インフレ連動債券だけでなく、ゴールドそのものや、リート、資源関連株に至るまで、インフレに連動して価格上昇がありそうな分野へ、それこそブラジルでも南アにでも投資をしています。

結構な攻めのファンドだということがわかりますね。ピムコは日本にも進出していますから、直接投資は不可です。ラップ口座経由で。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

投資対象として中近東からはちょっと遠のいてしまった感が否めませんが、それでもしっかりと研究は続けていく必要があると考えています

1994年にアメリカのミルウォーキーで創業し、今では預かり資産USD111.5Bという大手運用会社にまで成長したArtisan Partners今日はモーニングスター社五つ星のグローバル・バリュー株ファンドのArtisan Global Value Fundをとりあげます。

キャプチャ1113このファンドのファクトシートには、パフォーマンスのチャートがなく数字だけなので、少々見づらいですが、ごく一般的なグローバル株式の指標である、MSCI All Country World Indexに対して基本的に上を行っており、その実力、見立ては間違いなさそうです。

もちろん、投資銘柄数もベンチマークが2,849に対して、ファンドは43とかなり絞り込んだアグレッシブでアクティブなファンドであることは承知しておかなければなりません。

キャプチャ1114このファンドのファクトシートを見ると、特にセクター(業界)配分に気をかけているようで、パフォーマンスはチャートもなく殺風景なのに、セクターアロケーションについては、ビジュアルに訴えてものすごくわかりやすくなっています。

こういう時は、このファンドの運用方針やファンドマネージャーが気を遣っている部分であることを意味します。ファンドマネージャーも「職人さん」ですから、だれだってこだわりの部分を見て欲しいものです。


キャプチャ1115すると、結構、アクティブに、いやもはやアグレッシブに調整していることがわかります。ほぼ時価総額なりにアロケーションしているインデックスが決めるウエイト付けとはまるで違う比率になっています。

そして法域別にもかなり大胆に調整をかけてます。目立つところでは、日本株のウエイトがなくなるくらい小さく、逆に韓国株に大きく張っています。やはりバリュー株ファンドですから、ここは狙っていこ、ってことなのでしょう。

私の場合、この相場観が正しいかとか、自身の考えに合っているかどうかというより、これだけ気合を入れているファンドマネージャーにとりあえず、敬意を払ってしまいます(もちろん、パッシブにはパッシブの良さがあるので、誤解なきよう)。

アメリカのファンド会社ですから、直接投資はできません。各ラップ口座を経由して購入します。UKベースでも同じファンドがあるので、オフショアからアプローチも問題ないでしょう。








イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

クリックしすぎで指がしびれてる。

今日はちょっとひねってデンマーク発です。デンマークには未だに行ったことないので、偉そうなことは言えません。なので、さらっと解説に進みましょう。



名称未設定1968年創業の、Sparinvest、デンマークの各銀行が持ち寄り出資で設立した運用会社ですが、どこかの系列に属しているわけではなく、あくまでも独立系として経営されています。オフショアファンドはルクセンブルクで運用されています。


名称未設定2そのオフショアファンドシリーズ、Sparinvest SICAVは、スパリンベストの得意技でもある、グローバル債券ファンドのValue Bonds - Global Ethical High Yieldを取り上げます。


2017年12月スタートで、ファンドサイズはEUR68M、モーニングスター社は未格付けです。ロングオンリー、レバレッジなしのグローバルな、エマージングのハイイールド債に投資し、建値はユーロや米ドルもあるのですが、ここは敢えて北欧通貨のSEKでいきたいと思います。


名称未設定3フル機能付きオフショア生保系各ラップ口座を経由して購入することができます。

 









 



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

勉強会の申込みは、お手数ですがメールでお願いいたします。

イギリスのブラックロックが運用するアイルランド籍でロンドン証券取引所に上場しているオフショアETFシリーズ。今日も読者の方のからのリクエストにお応えする形で、オフショアファンドを物色しています。

名称未設定条件は、株式のポートフォリオは組み上がったので、残り資金については、ETFなどを使ってなるべく安いコストで、株式からみたオルタナティブである債券で運用に回す、しかし期待利回りは高く(もちろん、リスクも高く)しておきたい、というものです。

名称未設定2そこで、iShares Emerging Markets High Yield Bond ETFを選択してみました。株式の方は、当然に積極運用するわけですから、ファンドマネージャーが顕名で運用指示を出す、アクティブファンドをチョイスすというのは正論です。

名称未設定3しかし、残りの資金を現金勘定で放置するよりは、なにか運用に回すべき、しかし米国債をはじめ、主要国ソブリン債のイールドはもうボトム(債券価格としてピーク)との相場観があれば、これ以上は買い進めることができません。

となると、今日のエマージングのハイイールド債へ触手をのばす。これも正論ということになります。

名称未設定4投資対象の格付けもBB以下が8割以上です。純粋なグローバルエマージング国へのハイイールド債へ投資。これをこのETFを使って万遍なく投資できるのですのは、ラップ口座の残高の残り資金の活用にさらっと決めておくのに便利ですよね。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

座椅子でブログを書いていたら、腰が痛くなりました。 

名称未設定5アメリカでそれこそとんでもない数の、しかもユニークな観点から投資銘柄を選択していくETFを組成している、ETF Managers Group LLC。レバレッジをかけたり、ショートポジションがあるもの、特定のエマージングやフロンティア国に投資するものなんかがそれらに該当します。

名称未設定3が、その中でも究極のテーマ株とも言える、マリファナ関連株ETFのETFMG Alternative Harvest ETFについて、最近の動向を簡単に記事にいておきたいと思います。

このETFは、ファクト・シートを四半期に一度しか更新してくれないので、公式サイトを見ても、最新版は6月末現在のものになってしまいます。しかし、ニューヨーク証券取引所上場ETFですから、ネットで検索すれば、様々な情報提供会社がチャートなどを用意してくれていますので、参考にしてください。


Prime Alternative Harvest Indexというインデックスに連動するように設計されたETFです。

基本はカンナビス(マリファナ)のメディカル使用合法化の動きに向けて、8千億円を超えるの市場規模と言われるマーケットに関連する上場銘柄に投資するものです。

40の銘柄が組み入れられており、どうしてもカナダの会社が多くてポートフォリオの約半分を占めるようになっていますが、その実、タバコメーカーも多く、フィリップ・モリスや日本のJTも入ってきています。


名称未設定2パフォーマンスは、2016年+19.33%、2017年+38.97%、そして2018年はカナダ合法化を手がかりに、1.7倍上がって、その分下げるという乱高下がありました。この世界に投資すること自体が大きくイベント・ドリブン戦略とも言えますね。

そして、今年の3月をピークに、地すべり状態が続いており、2019年の年初来は+1割程度を保っていますが、ピーク時からは-3割以上のダウンになっています。 

名称未設定大きな要因の一つには、投資していた銘柄の一つ、Insys Therapeutics, Incがチャプター11となり、大きな穴をあけてしまったということもありますが、それでもファンドのパフォーマンスには-5%程度の悪影響です。

Emerald Health Therapeutics Inc
CannTrust Holdings Incなどカナダの製薬会社の銘柄が軒並み半値まで落ち込んでしまっていることが大きく響いています。

名称未設定4ここらでナンピン買いを入れるかどうか、思案のしどころです。


アメリカの上場ETFですので、基本的にオフショアラップ口座から購入することになりますが、カストディアンライフはオッケですが、他のラップ口座会社の審査が通るかどうかを発注してみて確かめる必要があります。














イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

HTMLで記述すると、きれいに見えるブログですが、毎日ちょろっと書いている人にとってはそこまでの機能は実はいらないんですよね。 

このページのトップヘ