設立は1999年ですが、その創業の起源は1881年のニューヨークにまで遡り、預かり資産はUSD305Bというとてつもない大物運用会社、Guggenheim Partnersは3年ぶりくらい2回めの記事です。

もちろん、グッゲンハイム パートナーズとして日本にも進出していきています。もっとも、日本では機関投資家向けにしか営業してない、いわゆる川上の会社です。一般の個人投資家が知る必要もない会社なのかもしれません。だから、ブログに載せてもあんまり関係なかったのよ~というのを落ち度の言い訳にしておきましょう。

名称未設定3


上図のように、様々なマーケットを題材に、ロングオンリーものとインバースものがラインナップされています。その中で、昨日に続き、債券市場のもので、インバースもののファンドはないか物色してほしいとの依頼のもと、Rydex Inverse High Yield Strategy Fundを取り上げることにしました。

名称未設定2

考え方は簡単で、ロングオンリーの債券ファンドの価格が上がれば、ファンドのパフォーマンスは下がるというものです。

名称未設定


2007年4月スタートでシンボルはRYILX。ファンドサイズはUSD9Mというイワシ級です。最低投資額はUSD2.5k




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

13日連続勤務かぁ。かなりのマイブラック(自分で勝手に仕事放り込んでいるだけ)。