こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

タグ:#海外保険

オフショアファンドやラップ口座などの金融商品はその殆どが技術的な問題を除いてまず簡単に移管ができるという話は以前の記事にしてあります。こういった記事を出すとはじめての方からの相談をそれこそ数十件といただくわけですが、全員の共通の不安は、その後満期までの20年間から30年間の長きに亘り、口座の維持管理だけでなく、運用の相談やスイッチングを効率良くできるのかということです。
今日は、先日の記事を出してから新しくメールや電話で相談いただいた方が運用している商品の中で圧倒的に多かったハンサード・アスパイアを例にとって解説しておきます。フレンズプロビデントのプレミアやロイアルロンドン360のクァンタム等でも全く要領は同じで、各社とも様式は違えど記入項目は全て同じ。投資家紹介で移管を済ませれば、全て似たような用紙で進めていくことができます。

ところで、ハンサード・アスパイアというもの自体が大丈夫か?というメールも頂きますが、この手の質問には、私は殆どのケースで無視しており、返信もしません。そもそもロンドン上場の保険会社の信用状況について、私のような個人投資家に聞くこと自体ナンセンスだからです。世界中の上場企業の会社名を全部知ってろとは言いませんが、上場している限りは自分で有価証券報告書なり、ヤフー・ファイナンスなりで調べなさいいうことです。そもそもたかが一個人から信用状況について云々されるのはハンサードとしても大きなお世話ということになるでしょう。

次に投資家紹介を受けて移管した後の維持管理です。そもそも、これら積立投資商品は、投資家とハンサードとが契約の当事者であるので、言葉の壁こそあれ、当該保険会社とはいつでも連絡が取れるわけです。よって、元々、代理店を移管しようがしよまいが、いつでも代理店なんて中抜きして全ての手続が可能な建て付けになっているのです。ですから、移管後の代理店に対しては、ぎっしり詰まっている良いノウハウを使わせてもらう代わりに、できることは何でもセルフ・サービスでという関係を構築するのがベストでしょう。

もっとも、セルフ・サービスと言っても、さほど大したことはありません。
最も頻繁にメンテをするケースとして考えられるのは、積立をクレジットカード引き落としで行っている場合の変更届でしょう。クレジットカードには有効期限があるので、これが到来するごとにクレジットカード関係変更届を提出する必要があります。これはアドバイザーも把握できるので、変更届提出の要請があれば、対応するだけです。
次に多いのは、住所変更届とは結婚、またはその逆による姓の変更届でしょう。これはアドバイザーは把握してませんから、投資家の方から相談し、アドバイザーから適宜用紙を取り寄せて提出することになります。
あとは、毎月の積立通貨金額、相続人指定の変更等レアケースですが、これらも全て専用の用紙がありますから、アドバイザーから取り寄せてください。レアケースは滅多に起こることではないので、セルフ・サービスというよりは前広にアドバイザーに報告しておいたほうがいいでしょう。タダで人を使おうという魂胆ミエミエで依頼心の強すぎる投資家はアドバイザーから敬遠されますが、ここぞという時は遠慮せずしっかり相談すべきです。

ところで、もう一つ非常に重要なことは、自身のポートフォリオをいつでもHansard OnLineを使ってログインし、閲覧することができるようにしておくことです。これはハンサード・アスパイアやUPPなどあらゆるハンサードの商品を保有している投資家は全員無料で使うことができます。サイトは11ヶ国語対応で、もちろん日本語翻訳ページもありますから、ポートフォリオの中身を見るのは極めて簡単です。ここがハンサードが他者よりも手数料が高いという欠点を埋うめる利点といえるでしょう。正直、ログインする管理サイトは正直ハンサードが最も見やすく優れていると思います。

ログインして自身のポートフォリオをいつでも見ることができるようになったら、いよいよファンドの乗換です。乗換えるのに必要なのは「乗換の用紙」そのものと「ミラーファンドのリスト」です。乗換の用紙はアドバイザーからもらっておいて、依頼する度に印刷してサインしてPDFで提出します。ミラーファンドは自身のログインサイトでも検索できますが、ややこしかったら両方ともアドバイザーからPDFでもらいましょう。ミラーファンドのリストは正式にはUnit Fund Link Performance Bulletinと言います。

イメージ 1

上表はそのリストの一部の抜粋見本です。リストの左端にはファンドコードが記載されており、乗換の用紙にこのコードとファンド名を正確に記載することによってアドバイザーとコミュニケーションを取りますので、このリストは極めて重要です。例えば、赤丸が対象なら用紙にはMC72というUnit fund codeとHIL New Star Global ManagedというUnit fund nameの両方を記載することになります。また**のマークは既存保有者のみ維持のできるファンドで新たに乗換はできないという意味です。

ここで、投資家紹介で移管を完了させた方は大事な専門用語を二つ覚える必要があります。
  • SWITCH ー 既に積み立ててきた既保有のファンドの全部または一部を他のファンドに乗換えること 要は積み上げた過去分の乗換
  • REDIRECTION ー 積み立てるファンド割合の全部または一部を、以降変更すること 要は将来の積立割合の変更
です。このスイッチ(過去)とリダイレクション(未来)は全く別の次元で考えなければなりません。アドバイザーとポートフォリオについて相談するときも、完全に別々の話題として取り上げられます。

乗換用紙の正式名はUNIT FUND SWITCH & REDIRECTION INSTRUCTIONと言います。
イメージ 2

まずは契約者名(共同名義なら二人とも)、コントラクト番号(たいてい7桁で最後がローマ時の大文字)、電話番号(+81-で最初の0を抜く)、メールアドレスを記載します。

イメージ 3

さらに契約時のサイン(たいていパスポートの署名)とフルネーム、日付を入れて基本的な記載事項は完成です。共同名義がある場合、お二人ともサインします。
イメージ 4

次に注文内容の記載です。もう読者の皆さんはスイッチとリダイレクションの発想の切り分けができているので簡単でしょう。二つ同時にするか、スイッチだけか、リダイレクションだけかにチェックするだけです。

スイッチオンリー(オール)はいわゆる政治家がよく使うガラガラポンです。持っている全てのファンドの口数を一回リセットし、改めてポートフォリオを組み直すタイプです。スイッチオンリー(インディビジュアルユニットファンド)は個々具体的な乗換をしたいときに使います。

リダイレクションをする人、スイッチする人の中でオールを選んだ人はSECTION 1 - SWITCH AND/OR REDIRECTION FOR ALL HOLDINGSを記入します。そのうち、Box A - SWITCH all existing holdings into the below unit fundsはガラガラポンスイッチです。ガラガラポンなので、過去のファンド保有割合や口数は関係ありませんので、記入の必要もありません。これからの投資割合だけを記載します。正味は一部変更であっても100%になるように全てを記載します。

イメージ 5

Box B - REDIRECT all future contributions into the below unit fundsはリダイレクションの今後の割合について記載します。これまでの投資割合は完全にリセットされるので記入する必要はありません。また一部変更であっても新たに合計100%になるように記載します。
イメージ 6

用紙は4枚綴りなので、全てを印刷して各ページともcountersignという欄にサインをしなければなりません。

SECTION 2 - SWITCH INDIVIDUAL UNIT FUNDSは、一部の個別にスイッチするときに使います。3つの個別乗換注文が記入できるようになっています。これ以上個々の乗換が増える場合は、ガラガラポンで行った方が効率的でしょう。countersignをすれば出来上がりです。

用紙が完成したらPDFでアドバイザーにメールすればスイッチやリダイレクションは完了です。3,4日経ったら自身でログインしてポートフォリオを確認すれば、その注文が完了していることを確認できるでしょう。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

TOKENとはワンタイムパスワード生成器のことです。

4
2001年にロンドンで創業したPolar Capitalは預かり資産GBP12Bの大きな運用会社に発展しおり、東京にもファンドマネージャーが常駐しています。このファンド会社の特徴は、やはりファンドマネージャーが顕名のガッツリなアクティブファンドを揃えているということを半年前にも紹介したばかりです。

ETFなどローコストなファンドが注目されている中、Annual management fee(信託報酬年率換算)で0.75%(リテールクラスの出来上りコストは1.37%)、Performance fee(ハイウォーターマーク式成功報酬)10%とお手軽なコストで運用されていることもあってか、今日の研究材料にするPolar Capital Funds plc Global Insurance FundのファンドサイズはUSD1,532Mと、珍しいテーマ株ファンドでありながらクジラ級の大きさをキープしています。



グローバルな保険会社の株だけ買っていくという珍しいテーマ株ファンド。Polar Capital Funds plc Global Insurance Fundを取り上げるのは半年ぶりです。半年ぶりというのはこのブログでは非常に短い間隔でのアップデートになります。何しろ取り上げたいファンドが星の数ほどあるのですから。

名称未設定2


運用開始は1998年10月という長い実績があり、主運用は英ポンド建てになりますが、アメリカドル建て、ユーロ建てのクラスもあります。運用開始以来の年率換算パフォーマンスは機関投資家向けクラスですが、+9.33%もでています。

このファンドだけに22年間放り込んでおくだけで、何もしないで十分な資産形成ができてしまうという、秀逸なファンドです。さすがモーニングスター社Sector Equity Financial Servicesカテゴリで4つ星キープ中だけのことはありますね。


名称未設定3


名称未設定4MSCI Daily TR World Net Insurance Indexというベンチマークにも大きくアウトパフォームしています。

全部で33銘柄に投資しているようなので、トップテン銘柄を見れば、その3分の1はすぐにファクトシートからすぐに把握することができるという比較的集中投資型の株式ファンドです。

コロナショック後の戻りは比較的低調ではあるものの、この程度ならやむを得ず、新規の海外投資家には買いやすい水準になったと言えるでしょう。




モーメンタムや他の保険会社系ラップ口座から購入できます。ISIN はUSD R AccクラスでIE00B5164B09。

 



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

腕さて明日は前橋からの水戸。電車なので直接行くわけもいかず、上野戻るのもアホらしく。

5
ダウンロード (1)インベスターズトラスト、サンライフ、スタンダードライフ、ロイアルロンドン(RL360)、フレンズプロビデント、そして今日の話題に取り上げるハンサードなどが提供する積立投資ラップ口座などの金融商品はその殆どが技術的な問題を除いてまず簡単に移管ができる。これはラップ口座保有者が持つ正当な権利であり、無料が当たり前の話です。

MC125 HIL Man Ahl Diversifiedの積み立ては中止となりました。これまで積み立てていた投資家はその時点でリダイレクションはストップ。保有はできますが、解約のみ受付となりました。

MC257 HIL Man AHL Trend Alternative USD が代替案として有効です。どなたでもメールで相談は受け付けます。


イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ポンドドルの上昇でほっと一息。

5
logo手数料は少々お高めではあるものの、管理サイトはしっかりしているし、日本の保険会社なみに、帳票類も整備されているし、ミラーファンドリストは充実しているし、なにしろロンドン上場だしで、手数料が高くでもそれなりの価値があるHANSARD GLOBAL PLC、ハンサードのオフショアラップ口座。

一昔前に、有象無象の食い散らかしで、日本人居住者の新規・追加投資お断りになってしまったことは非常に残念です。

特に積立投資は途中でほっぽり出すと損をする仕組みです。が、一任勘定などを任せて抜かれてしまうと一生パフォーマンスは向上しません。ですから、相当数いらっしゃると思われる、すでに契約をしている日本人、その方たちは20年〜30年の付き合いになるわけですから、有象無象とは縁切りした後は、しっかり永年に亘って自衛手段を考えておかなければなりません。

そんな相談は多くお受けしてますが、だいたい気になることは、フレンズプロビデントにしてもロイアルロンドン360にしても、本当に資産の自衛ができるのか?という不安があるというお話が殆どです。

積立投資の場合、(契約満了後ではなく)契約期間中に起こりうるイベントは以下のものが大半でしょう。

運用に関するもの
  • スイッチング(何度でも無料で)
  • リダイレクション(何度でも無料で)
  • レポート類、ミラーファンドリストの取り寄せ
  • ポートフォリオ構築の相談

事務に関するもの
  • 一任勘定契約の放棄とコスト圧縮
  • クレジットカード情報変更
  • 住所等変更(バスポートの更新なども含む)
  • 共同名義化、名義譲渡
  • 積立期間終了後の受取人の変更、相続人指定の変更
  • 積立の一時中断や減額
  • 一時追加投資
  • 一部解約
  • 完全な中途解約

という感じではないでしょうか?
まぁ、運用に関すること全てと一任勘定契約の放棄とコスト圧縮については、適切な代理店に移管すればそれですぐに完全解決です。事務に関することも、特にハンサードは帳票類が整備されているので、それぞれの用紙に記入し、本人確認書類、住所確認書類を添付するだけです。

特にクレジットカード情報の変更は、誰にでも数年に一度は必ず訪れるイベントです。放置すると、勝手に積立がフェイルしたりしてペナルティがかかったりすることがあるので、ここは手際よくやっておきたいですよね。ただ、事務的には新しいクレジットカード番号や有効期限を記入した用紙をアドバイザー経由で提出するだけなので、至極簡単です。

イメージ 1
そこで今日はちょっと応用編ということで、単独名義から共同名義への変更手続に挑戦してみましょう。使う帳票はDEED OF ASSIGNMENT、つまり名義譲渡の用紙です。
共同名義化なのに名義譲渡? なんか違和感ありません?
そうなんです。違和感あります。が、これをうまく使えば実に簡単に共同名義化することができるのです。
簡単に言うと、

譲渡人(Assignor) A
譲受人(Assignee) AとB

へ全部譲渡(Whole transfer)という考え方です。どうですか? これで、用紙に対する取り組み方がかなり見えてくると思います。

Assignor’s full name Aのフルネーム、住所
Assignee’s full name AとBのフルネームを並べる、住所
イメージ 2
Assignor’s signature Aのパスポートサイン

Witness’ signature アドバイザーのパスポートサイン、フルネーム、住所

次のページに行って、




イメージ 3
Assignee’s signature AとBのパスポートサインを並べる

Witness’ signature アドバイザーのパスポートサイン、フルネーム、住所

で完了です。
もちろん、A、Bともに本人確認書類(パスポートの写真のページ、行政書士先生のコピー認証必要)、住所確認書類(英文残高証明書等の原本)がおのおの必要です。
RL360クォンタムも全く同じ要領で手続ができます。

これで、独身時代に始めた積立を夫婦共同にしたり、子供が18歳(UKの成人)になって親子共同にしたりも自在です(内縁、友人誰とでも共同名義化できます)。なお、この用紙で第三者(赤の他人でもOK)へ全ての権利の譲渡も可能です。

 



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

盆にありがちなコピペ記事

1
logo_friends日本人のオフショアファンド投資家の間で、フレンズプロビデントと言えば、有象無象業者やねずみ講まがいのヒューマンネットワーカーが使い倒して社会問題にまで発展し、とかく悪いイメージがあるのですが、誤解なきように明記しておくと、親会社のFriends Lifeは保険会社としては一流、しかもそのFriends Life自体が超大手AVIVAグループの傘下に入り、さらには2017年7月にRL360ブランドを持つ、International Financial Group Ltd.に身売りが発表されと、金融淘汰の波に翻弄されているブランドです。

となると、個人投資家にとっての問題は、経営統合による合理化です。FPIも立派な保険会社ですが、さすがにアビバから見たら赤子の手です。リストラの対象になるのも当然でしょう。FPIシンガポール支店が閉店となって永く経ちますが、ついにはその波が香港にまで押し寄せてきました。

香港で契約した投資家にはエアメールで手紙が届いています。

2ページにわたって、英語でしたためられていますが、内容としては簡単です。要するに、2020年4月末を以て、エリート、リザーブ、プレミア、ゼニス、サミットなどの投資ラップ口座の新規申込を香港域内で終了したというものです。

ただし、27万件あると言われている既契約の投資家には直接的な影響はありません。新規開設はもちろん、追加投資もで一切きませんが、これからもサービス停止や強制解約といった動きにはならないのでご安心を。

もっともチャイナリスクなどを勘案したら、香港域内の代理店からは外に移管しておいた方が無難でしょう。






イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ブログの記事の上についている星の数はとくに何かと連動しているわけではありません。気まぐれです。

このページのトップヘ