こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

カテゴリ:地域別 > ラテンアメリカ メキシコ

4
images-3Ninety One plcを取り上げるのはまだ2回めですので、もう一度会社の概要から。

1991年創業の南アフリカはヨハネスブルグ証券取引所、そしてロンドン証券取引所上場の運用会社で、この会社自身がFTSE 250に採用されている銘柄にもなています。あまり知られていませんが、2020年の3月にロンドンの大手インベステックから分離独立した会社といえば、信用力バッチリということもおわかりでしょう。

Asia Pacific Franchise Fundは、その名の通り、チャイナを含み日本を除くアジア・パシフィック各国に投資するテーマ株なオフショアファンドです。

名称未設定


名称未設定2では、チャイナを含み、日本を除くAsia Pacificとは具体的にどんな法域のことを指しているのでしょうか? ファクトシートからコピペしたところによると、Australia、 Hong Kong、 Singapore、 Malaysia、Thailand、 Taiwan、 South Korea、Philippines、Indonesia、 China、 India そして New Zealandに投資する可能性があるとなっていました。まぁ全部盛りといったところでしょう。


ベンチマークも、MSCI AC Asia Pacific ex Japan Net Returnという思い切りかぶさってるインデックスを採用していますもんね。

名称未設定3


名称未設定4要するに、強いブランド力とフランチャイズ網を持つ会社なら、アジアのどこであれどんどん投資していこう、ということです。

A Acc USDクラスでISINはLU1734074674。2018年1月にスタートしたまだ若いファンドで、ファンドサイズはUSD77Mとまだまだマダイ級。モーニングスター社の格付けは四つ星です。







イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

今日はちょっと暖かいからバイク配達が楽です。

 

images-3Ninety One plcは、1991年創業の南アフリカはヨハネスブルグ証券取引所、そしてロンドン証券取引所上場の運用会社で、この会社自身がFTSE 250に採用されている銘柄にもなています。あまり知らないって? そりゃそうかもしれません。2020年の3月にロンドンの大手インベステックから分離独立した会社なものですから。

名称未設定Latin American Corporate Debt Fundは、その名の通り、ラテンアメリカ各国の社債に投資するオフショアファンドです。


名称未設定2ブラジル、メキシコ、コロンビア、ペルーといった国に投資しているがゆえに、コロナショックで大きく下げました。

しかし、それでも11月までにはなんとか回復して高値更新するところまで持ち直してきまています。


名称未設定3ラテンアメリカの社債は、主にアメリカドル建てでの発行にはなっていますが、このファンドは積極的にローカル通貨建てにも投資しています。

適格債8割、ハイイールド債2割といった投資割合で、ベンチマークである、JPMorgan CEMBI Broad Diversified Latin Americaともほぼ同じ割合になってます。





名称未設定4

A Acc クラスでISINはLU0492942718。2010年4月にスタートし、満10年を迎えたところで、ファンドサイズはGBP360Mまで成長しています。モーニングスター社の格付けは未取得です。












名称未設定5















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

一昨日、昨日で合計6時間も普通電車に乗ってました。この時期はドアが開くたびに脚が冷えて大変、

 

ブラックロックが運用するETFのファンドシリーズをiShares。世界最高レベルにメジャーなETFのシリーズから、今日はデジタルセキュリティ関連テーマ株ETF、iShares Digital Security UCITS ETF USDをとりあげます。


0275

イマドキのテーマだけあって、2018年9月スタートとまた若いファンドですが、サイズはUSD481Mまで成長しています。アイルランド籍のオフショアファンドでISINはIE00BG0J4841。モーニングスター格付けはSector Equity Technologyカテゴリとなりますが、まだ未取得のようです。

0276PNG

コロナでテレワークが増えたのは日本だけではありません。とすると、セキュリティ対策会社の需要はますます高まる、なんてことはここの読者の方にとって釈迦に説法といったところでしょう。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

長期保存のきくパン。昼飯食えないようなスケジュールの時にもちあるくのにとても便利ですね。気に入りました。

Franklin Templeton Investmentsは、サンフランシスコ国際空港SFOからほど近い、San Mateoを本社に構え1947年創業の大手運用会社です。というところまでは、フランクリンテンプルトンのファンドを取り上げる際に使う、会社照会のコピペです。

そんな、アクティブファンドが多い、フランクリンテンプルトンですが、 Exchange Traded Funds (ETFs)のシリーズもあるので、たまには取り上げておくことにしましょう。

Screenshot at 2020-07-21 22-10-08


Screenshot at 2020-07-21 22-10-25せっかくですから、半ばヤケクソ気味にFranklin FTSE Brazil ETFを取り上げます。とにかく下がってますからねぇ。その理由は語るまでもないでしょう。

とはいえ、最近が徐々に回復してきており、コロナ前からみたら、一旦は半値まで落ちた指標も今では、コロナ前に比較して2割落ちくらいまで戻してきています。


FTSE Brazil Capped Indexという指標をベンチマークに追随すうように設計されています。

2017年11月スタートでファンドとし

Screenshot at 2020-07-21 22-10-37
モーニング・スター社格付けは未取得です。


てはまだ若い方。サイズはUSD128Mです。ISINはUS35473P8352。Total Annual Operating Expensesは0.19%という激安ファンドでもあります。











イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

アレクサのスピーカーの調子がわるく、昔のラジオみたいな音質です。悲しきラジオスターのイントロみたいな感じ。

5
The Bank of New York Mellon Corporation、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは、脱単純銀行業務を標榜しているだけあって、アイルランド籍のオフショアファンドも数多く組成、運用をしていて、サイトを見てもパット見では数が数えきれないほどです。

そういえば、世界第二位のヘッジファンド会社である、マン・インベストメント社、MAN Investmentsの信託会社を一手に請け負うようになってから、MANの解約や相談、ラップ口座への組み込みなどで私としても、事務部門との直接のやり取りが爆発的に増えて親しみを感じています。

そして本題、BNY Mellon Brazil Equity Fundです。爆発的に感染者が増えていますが、それも悪材料出尽くしで、みなぎるラテンパワーが吹き飛ばしてくれるでしょう。

Screenshot at 2020-06-03 21-40-57


このファンドは、BNYM本体ではなく、地元ブラジルでロングオンリーだけでなく、ロングショートなどのヘッジファンドも運用するARX Investimentos Ltdがファンドマネージャーになっています。といってもBNYMグループ傘下の会社ですけど。

Screenshot at 2020-06-03 21-41-17


Screenshot at 2020-06-03 21-41-302007年9月スタートという、エマージング単一国株式ファンドとしては、非常に長い運用実績をもっており、Total net assetsはUSD48Mでマダイ級、エマージングに投資するならこれくらい小さいサイズでも身軽でよいと思います。

ボラティリティは33%もあって、相当なハイリスクハイリターン型のファンドだと思って投資しなければなりません。機関投資家向けのクラスはUSD5Mが最低投資額になってますが、クラスWというアッパー機関投資家向けになるとUSD15Mが最低投資額です。でもファンドサイズはUSD48Mですから一体何件の投資家でこのファンドは埋まっているのでしょう。気になります。


モーニングスター社は星五つです。



Screenshot at 2020-06-03 21-41-42問題はリテール向けのクラスがあるか?なのですが、見つけることができませんでした。実際に買ってみたいという読者の方が現れたら調べて見ようと思います。




















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

今週土曜日は12時ごろなら個別相談可能です。


external-content.duckduckgo.comLegg Mason Investor Services, LLCが組成しているルクセンブルク籍のオフショアファンドシリーズLegg Mason Americas Internationalから、絶対利益追求型の債券ファンドであるLegg Mason Brandywine Global Fixed Income Absolute Return Fundを取り上げます。


Screenshot at 2020-04-19 19-30-42

どうしてこのファンドを取り上げたのか? それはこの3月はたとえ絶対利益追求型、債券投資であっても、大きくマイナスになることもあり得るということを数字でみておくべきだったから、と言っておきましょう。

2012年4月13日スタート、つまり満8年を迎え運用実績も十分に積み重なり、ファンドサイズはUSD751Mと十分に成長してきているオフショアファンドです。クラスA AccのISINはIE00B59BT671。

80の米国債などの債券に投資していますが、このファンドはグローバル債券ファンドで、アメリカの割合は6割にとどめ、残りは中南米でしかもローカル通貨のポジションも取っています。

Screenshot at 2020-04-19 19-30-57


Screenshot at 2020-04-19 19-31-20となると、いくらベンチマークをFTSE 3-Month U.S. Treasury Bill Indexに設定して、Absolute Return Fund、つまり絶対利益追求型を謳っていても、それだけのリスクを取っているのだから、やはりマイナスのパフォーマンスとなることもある、ということになります。

直接投資はできませんので、ラップ口座経由で購入してください。













イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

先月は大きく動いたわけですから、3月のファクトシートがでている会社から引用させてもらいがちになります。

ブラックロックが運用するETFのファンドシリーズをiShares。世界最高レベルにメジャーなETFのシリーズから、バイオ関連テーマ株ETFを探してみたら、やはりこれでした。iShares Nasdaq US Biotechnology UCITS ETFです。

Screenshot at 2020-03-29 11-07-57投資の世界でコロナと戦うなら、やはりバイオ関連、メディカル関連ってことになります。既存投資家にとっては、大きく下げてちょっとヤケクソ気味な戦略に聞こえますし、新規投資家にとっても、それじゃ直球すぎなんちゃう?となりそうですが、私には、やはりこの考え方しか思いつきません。

まずは反撃の戦略としてですよ。

もちろん、その後は、食品、日配、流通などのセクターにも期待をそえています。

Screenshot at 2020-03-29 11-08-10とにかく、今引用させてもらえる2020年2月末のファクトシートでは状況が変わりすぎていて対応ができません。ISINはIE00BYXG2H39なので、ここから各自で検索してください。

ファンドサイズは、USD67Mとマダイ級で意外と小ぶりでした。と思ったら2017年10月スタートでこちらも意外と若いファンドだったんですね。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

PHSからOKグーグル付きのスマホに移行されて、便利な反面、電話としてはやはりガラケータイプがしっくりきますね。

hgam_logoHSBC Global Investment Funds (GIF)からロシア株に行ってみます。どうしてロシアかって? そりゃ先月、ブラジルをとりあげたからです。って、ことは来月はチャイナで、再来月はインドかも。

名称未設定とはいえ、ロシア正教のロシアではクリスマス商戦は熱狂的なアメリカはもちろん、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアのような西欧ほどは盛り上がりません。いういった意味ではインドにもなさそうですね。って、いっても投資先はエネルギー関連中心ですから、あまりクリスマス商戦あってもなくても同じだと思いますが。

名称未設定2そんな余談はまぁいいとして、2007年12月20日がファンドのNAV値付けスタート日ですから、ちょうど干支が一回りのファンドになりました。MSCI Russia 10/40 Net をベンチマークにする一般的なロシア株式ファンドで、個人のファンドマネージャーが顕名で取引指示を出すリレーティブなアクティブファンドになっています。

ファンドサイズはUSD150Mと、GIFシリーズにしてはかなり小ぶりです。このファンドはRL360クォンタムなどが使うミラーファンドリスト(LU0329931090)にも入っていたりするメジャーなファンドなのです。

が、ロシア株単独でとなると、ちょっと投資のウエイトも下げ気味になるのかもしれませんね。

名称未設定3直接投資の最低投資金額はUSD5Kからで販売手数料は5.54%ですが、投資家紹介ルートありません。直接銀行に行って下さい。Momentumやネッドバンク経由なら乗り換え手数料無料です。

 





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。


ヒートテックで肉体労働すると汗かきに気をつけないとかえって風邪ひきます。

ブラックロックが運用するETFのファンドシリーズをiSharesと言いますが、ひょっとしたら、アイシェアーズというブランドがすでに浸透しすぎて、ブラックロックのファンドだということすら、忘れてしまいそうなくらい、大きなETFになりました。

Screenshot at 2019-11-30 17-04-19

今日は、もう単純に、昨日がブラジルだったから、今日はチリにしてみただけのことです。マーケットでは、今週、チリ・ペソが史上最安値を記録したことで、中央銀行がUSD20Bものドル売りペソ買いの介入をしており、年間-14%もの下げからようやく一服してきているところです。

Screenshot at 2019-11-30 17-04-34

Screenshot at 2019-11-30 17-04-49株式市場においても、あまりいいところがなく、年初来パフォーマンスも-15%となっていてジリ貧状態であることは確かです。

ただ、ラテンアメリカって常に為替のボラティリティが高く、いつも為替介入のニュースを聞いているようなイメージでいるのですが、チリにおいては、中央銀行の介入は2001年、2002年と続いたあとは、その後2008年と2011年に介入をしてから、実に8年ぶりのこと。なかなか頑張っている通貨でもあったんですね。


















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

さて、 忘年会では為替ネタを中心にお届けしようと考えています。

hgam_logoHSBC Global Investment Funds (GIF)の評価について、私がブログでとやかく言う筋合いはありません。語るまでもないでしょう。しかし、投資信託の販売手数料がバカになりません。日本でも香港でもそれが窓販銀行員のノルマなのですから気持ちはよくわかります。

が、リーマン・ショック前の何を買ってもイケイケな時代ならともかく、今のマーケットは極めて選択的に上昇するだけであり、ETFやローコストファンドがすっかり浸透している今の時代に、最大5.54%の販売手数料を銀行や証券会社に支払っていたのでは、残念ながら元が取れないという状況です。

特に、優良だけど販売手数料が5%台に乗ってくるようなファンドにしかも分散投資したいとなると、Momentumのようなファンドラップ口座経由で行うほうが安くなることが多いでしょう。ただし、ラップ口座も年間口座維持手数料がかかりますから、投資期間によってはどちらが得になるか断言はできません。

Screenshot at 2019-11-30 16-32-36


さて、HSBC GIFと言えば、インドなのか?と誤解されるくらい、インドファンドばかり集中して調査報告してきた気がします。やはり1996年3月から、大型株専門とはいえ、あのインド株の売買を継続してきている、というだけで、プロとはいえ尊敬に値します。


Screenshot at 2019-11-30 16-32-51そういう私も、たいがいインドとの相性は合うらしく、3週間くらいの出張なら何ともありません(3食とも地元の食堂でくらしてもおなかをこわしたりしません)が、20年ずっとそこにおれって言われたら、高給もらってもさすがに引きますが、、、

ということで、今日は、ブログでも数年ぶりに取り上げることになろうブラジルの状況を確認してみることにします。HSBC Global Investment Funds - Brazil Equity


このところのLatin Americaでは、利下げや政情不安などから、ブラジル・レアルやチリ・ペソの下落が激しく、中央銀行の為替介入が盛んに行われているので、思い出したようにブラジルを調べてみたのです。

ドル建てで年初来+12%とベンチマークである、MSCI Brazil 10/40 Netにはおおきく差をつけられているものの、こじっかりとした上昇を続けています。


ただし、気になるのはファンドのサイズでUSD245Mとなっています。数年前にこのファンドを取り上げたときには、USD700Mはあったと思うので、この落ち込みっぷりはすごいものがあります。

Screenshot at 2019-11-30 16-33-07


直接投資の最低投資金額はUSD5Kからで販売手数料は5.54%ですが、投資家紹介ルートありません。直接銀行に行って下さい。Momentumやネッドバンク経由なら乗り換え手数料無料です。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

今日は仕事をはやめに切り上げてブログに専念しとりますよ-。

Franklin Templeton Investmentsのルクセンブルク籍のオフショアファンドから、ブラジルのマルチアセットファンド、Franklin Brazil Opportunities Fundを取り上げます。

2012年7月スタートで、ファンドサイズはUSD25Mというサバ級の小さい全てブラジルがらみのファンドです。というのも、ブラジル株式ファンドなら話は簡単なのですが、これはマルチアセットファンドとなっていて、ベンチマークはBlended 90% JP Morgan EMBI Brazil Plus Index + 10% MSCI Brazil Indexであることから、極めて債券ファンドの色合いが濃いもになっていることがわかります。

イメージ 1

そしてパフォーマンスは、通貨も含めていかにも激しい動きをしそうなブラジルのイメージとはうらはらに、過去5年のパフォーマンスで、年率換算で+2.4%しかないという大人しさです。ブラジル株は1割5分程度、残りは債券でかつかなりの割合でドルヘッジが効いているとなると、この程度に落ち着いても無理はないのかもしれません。

面白そうなのですが、日本国内のブラジル銀行の預金金利よりはだしてもらえるよう、もうちょっと動意がほしいところです。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

最近流行りのリュックサックにもなるビジネスカバンを買ってみました。

アメリカの上場金融グループ、Ameriprise Financialの一員である、THREADNEEDLE ASSET MANAGEMENTの運用するファンドシリーズTHREADNEEDLE。

今日はOEICつまりイギリスオンショアファンドの中からラテンアメリカに向かう株式ファンド、その名もLatin America Fundを取り上げます。1997年11月の運用開始という長い実績をもち、ファンドサイズはUSD602M、モーニングスター社は星二つのロングオンリーレバレッジなし、エマージング国株式ファンドです。

イメージ 1

特に米系の大手各社のどこでもラテンアメリカ株式ファンドは一通りラインナップしています。アクティブだけでなくETFも含めたパッシブなファンドも含めたらそれこそ星の数ほどあるでしょう。

イメージ 2
その中で、スレッドニードルのファンドの特徴はファクト・シートにあると考えています。普通、月間の実績報告書を意味するファクト・シートは、表裏紙一枚、PDFなら2ページが主流です。なぜ、2ページに拘るのか今となっては不思議ですが、紙媒体主流の時代には、両面1枚に抑えることができるかどうかは、コスト的に非常に重要な要素でした。


古いファンド会社ほど、その時からの体裁を維持しているので、なんとなくそのままのデザインというケースが多いのでしょう。また、ファクト・シートも毎月のデータは手入力ではなく、少なくともマクロを組んで自動的に流しています。その体裁を変えて、うまくデータフィードできなくなったら、儲からない仕事に時間を取られるだけですから、各社、合併とかブランド名変更でもない限り、デザインは変えたくもないのでしょう。

イメージ 3

そこにきて、スレッドニードルはアグレッシブです。ファクト・シートはなんと4ページ、他社の2倍使ってます。しかも、だた漫然と?ディスクレーマーを付けているだけでなく、内容が実に充実しているのです。

パフォーマンスのグラフや月別の変動実績は当たり前としても、凄いのは左図の、国別のリスク・リターン分析の図式化だとお思います。これには私も感服です。

イメージ 4
x軸は一ヶ月の値動き、つまりパフォーマンスです。y軸はボラティリティ、つまりどれくらい激しい相場だったか、を示しています。とここまでなら、他のファクト・シートでも見たことがあります。

真骨頂は、丸の大きさです。これは最終的にファンドのパフォーマンスやボラティリティにどの国が影響を及ぼしたかを示しています。中心付近の紺色の丸がファンド全体ですから10月末時点で一ヶ月あまり動きがなかったのかのように見えます。

しかし、ファンド全体の中では6.6%のウエイトしか占めてないチリの株式はどえらく動いていたことがわかりますし、それを動きは大人しいけどウエイトに23.9%占めているメキシコが支えていたことがわかります。アルゼンチンは大当たりでしたが、全体の3.3%しか投資してないので、殆ど寄与していません。

どうです?たった一つのグラフでここまでの情報を詰め込めるってなかなかできることじゃないですよ。

RL360 PIMSも含めて各生保系ラップ口座を経由して購入できます。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

Currency Onlineで検索するとわざわざ日本語で、カレンシーオンラインは、日本に居住する新規のお客様には外貨両替サービスを提供しておりません。とでてきます。親切なのか冷たいのかよくわかりません。

このページのトップヘ