こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

カテゴリ:地域別 > アフリカ

ダウンロード (9)1973年に南アフリカのケープタウンで創業、今でも独立系専門店ファンド会社ののれんを守りつつ、ボツワナ、ナミビア、ナイジェリアとディープなアフリカ各国へはもちろん、同じ南半球のオーストラリアにも進出している、Allan Gray Investment Management

0280機関投資家向け(モーメンタム経由なら個人でもわずかUSD7,500から買えます)秀逸なファンド群であるOrbis Investment Managementの運用母体でもあります。

オーストラリアも良いのですが、はやり本拠地はアフリカ。そこで、 Allan Gray Africa ex-SA Equity Fund (USD) (Class C)をとりあげることにしました。

思い出すこと、4年前。2017年のことです。Allan Gray Africa Equity Fundのパフォーマンス回復がとにかく凄いことになっていて注目を受けていました。

0281
このファンドほど、何年間も辛抱に辛抱を重ねて保有を続けていたら、ある時突然甦っただけでなく、高いところまでスカイハイしてしまったファンドもないでしょう。

しかも吹き上がったらすぐに、新規の申込は一時中止の措置を取っていますので、本当にガマンしてアフリカの未来に賭けていた投資家だけが浮かばれたファンドも珍しいです。

いつもいつもホームラン狙いはよくないですが、ラップ口座を使っての分散投資では、こういうファンドも入れておくことで、ちょっとしたスッキリ感を味わうことができるというものです。

ところが、2018年に入ってからはアフリカ株全体が資金が回ってこない状態が続いており、直近3年間の成績は低迷しています。



0282そして、コロナショックの後も残念ながら値が戻る気配が今のところありません。

つまり、これを究極の出遅れ銘柄だとみるかどうかでですね。

















直接投資はできません。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

リナックスミントのPC、やっぱり使いやすい。

36ONE Asset Management (Pty) Ltdと書いて、スリー・シックス・ワン・アセットマネージメントと呼ぶ、南アフリカのサントン本拠の独立系運用会社。オフショアでは古典的な株式のロング・ショート戦略を使ったヘッジファンド専門店になっています。

0143同じ南アを本拠地(籍はガンジー島で完全分別管理)とするとラップ口座のモーメンタムで、最低投資金額がUSD50k買えた36One Hedge Portfolioというヘッジファンドがありますが、これが今でも本当に買えるかよくわからなくなりましたので、今日は買えないとわかりつつ、南アフリカランド建ての36ONE SNN Retail Hedge Fundを取り上げたいと思います。


0145

0144ベンチマークはStandard Bank Call Rateですから、単なる普通預金の金利と同じです。とはいえ、ZARには金利が付いていますから、上左図のように緑色の細い線は右肩上がりの傾斜がついています。

南アフリカ籍のオンショアファンドですから、どんなラップ口座を使っても購入はできないと思います。今日は日本より金融の面では進んでいる南アフリカのファンド事情についての参考程度にしていただければと思います。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

めがまわる~でも勉強会会場を探さなきゃ

3
Imara Asset Managementをのマクラ(このブログではどんな会社なのかの説明のこと勝手にそう言ってます)はいつも同じですみません。毎度、日本語で再検索しているのですが、でもやっぱりこのブログ以外1件もヒットしません。

また、そんなこと、どうでもいいですわ。今日はあまりブログを書くのに時間を咲いてられないので、取り急ぎで本題にいきましょう。イマラの本社はジンバブエの首都、ハラレ(Harare, Zimbabwe)にあるのですから、そうそう日本人が知っているわけもありません。

その、イマラの旗艦ファンド?かどうか聞いてませんが、とにかくお膝元ですし、2007年2月から運用開始している株式ファンドですし、きっと少なくともImara Zimbabwe Fundは旗艦ファンドの一つなのでしょう。ただし、ファンドサイズはわかりません。

Screenshot at 2020-06-13 09-44-33Imara Zimbabwe Fundの2020年の5月のパフォーマンスがでました。2020年は年初来、+411%です。つまり4倍にアップ! と喜んでもいられません。というのもこれは現地通貨建ての話だからです。

ドル建てでみると(ドル建てのファンドなので当然ですが)、+0.2%に留まっているので、これはUSDZWDの為替がどうにかなっていることが想像できます。

ただし、この為替市場はま、簡単にいうと壊れてます。全く機能していません。

すでに現地の人たちの物々交換的な個人経済活動を除いて、全ての活動が米ドル建てで取引されているので、現地の株式を売買するにしても現地通貨建てでいくらくらいかしらと会話するだけナンセンスな状態です。

異常事態のように思えますが、実際異常ですけど、これってカンボジアでは当たり前の状況です。

Screenshot at 2020-06-13 09-44-46バックパッカーならそのあたりの感覚に違和感がなかったりするかもしれませんね。

最低投資額はUSD100kでフロンティアに入れるには少々ハードルが高いです。

2007年2月スタート、ファンドサイズは未公開?または見つけられず、流動性リスクがあり、解約には90日の猶予期間が設けられています。



Screenshot at 2020-06-13 09-44-59投資銘柄数はわかりませんが、そもそもトップ10銘柄で投資の89%を占めていますので、それ以下は誤差範囲です。














イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

このブログで取り上げているファンドは日本国内で買えるの? というご質問には予めNOとお答えしておきます。YESだったら、わざわざ調べてブログの記事に備忘録しておくことはしません。

no title南アフリカ大手の保険会社でもあり、オフショアラップ口座を提供する会社でもある、Old Mutual Internationalが本日よりQuilter Internationalに社名とブランドを変えることとなりました。 オールドミューチュアルは最初から日本人(本邦居住者)の口座開設お断りのスタンスだったので、海外に赴任するなど、お仕事をされていた方しかお持ちになっていないはずです。

なので、このブログの読者の方の中でも、滅多に相談をお受けしないラップ口座ではあるのですが、名前が変わるとなると、一大事(ネットの検索とかで)ですから、ブログに書き残しておくことにしましょう。

facts-about-quilter

とにかく、Old Mutual International Isle of Man LimitedやOld Mutual International Irelandが組成しているミラーファンド名や商品名がかわるだけでなく、公式サイトやメールアドレスのドメインまでかわります。ということは既保有の投資家にとっては、いままで繋がっていたカスタマーサービスといきなり連絡が取れなくなる、なんてことも起こりうるわけです。

上場企業グループなので、検索したら、すぐに出てくるのことになるのでしょうけど、やはりこれは注意が必要ですね。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

東京では今年もスタッドレスタイヤはかなくて済みそうな勢いですね。


ダウンロードGlobal Growth Fundなどという、ごくごく一般的なファンド名で検索しても、まずこのファンドが上位にでてくることもないでしょう。Sands Capital Managementは1992年にバージニア州のアーリントンという町に設立された、完全な独立系のブティックファンド会社です。投資アプローチも徹底していて、 Independent, Bottom-up, Research-drivenの決め打ちになっています。

キャプチャ1128


バージニア州VAと聞くとずいぶん都会からは外れている気がしますが、このアーリントンはワシントンDCの真向かいで、平均世帯年収も
$93,906と、かなりアッパーな町になっています。ちなみに、アメリカにはアーリントンという町の名前はそこらじゅうにあります。

キャプチャ1129


このファンドをとりあげるのにちょっと困るのは、ファクトシートが6月末のものしかないということです。これはちょっと古いですよね。

キャプチャ1130直接投資は可能だとしても、アイルランド籍のオフショアファンドのタイプのものは、最低投資金額はUSD500kと記載されています。これは事実上、モーメンタム経由でないと買えないファンドということになりそうですね。
















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

腕が痛いときに限って、荷物持ちの仕事が舞い込みます。もちろん仕事は断らないのが主義です。

このページのトップヘ