こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

カテゴリ:オフショア投資信託・ファンド(ロングオンリー) > 商社・金融系ビジネスファンド

ABS (asset-backed financing securities)というのは売掛金の割引を証券化したもののことをいいます。日本の金融では手形割引がメジャーです。一方、アメリカでは小切手は一般的ですが、手形はあまり発行しないため、アメリカの銀行では割手という融資体系が一般的ではありません。そのかわり、売掛金を担保に銀行から融資を受けるケースが多いのですが、それを銀行融資のかわりに投資家から資金を募れるよう、証券化したものをABSというのです。

住宅ローンを債券化して玉石混交にし、投資家から資金を募れるようにしたのが、かの有名なサブプライムローンです。基本的に両者は同じ仕組みですが、ざっくり言えば、ABSのうち、中身のわからないものが、サブプライムローンだったと区分けして間違いはないでしょう。

ABSが必要な仕組みの例を説明しましょう。

例えば、クレジットカード。私たちは買い物や食事でクレジットカード決済をよく使います。特にアメリカ人は、クレジットカード決済のできないお店に行くのを面倒くさがります。日本人でも、忘年会の幹事だったりするといちいち現金決済なんて大変です。クレジットカードが使えないのに行くお店は大衆酒場ちどりあしのように、よっぽどの値打ちがないと好んでは行きません。

さて、私たちがレストランで食事をしてその支払をクレジットカードで行ったとします。レストランにしてみたら客の払った食事代は当日現金で手許には入りません。クレジットカード会社が加盟店料を差し引いた決済資金を振り込んでくれるまで待たなければならないのです。それは加盟店との力関係にもよりますが、通常1ヶ月から2ヶ月以上かかります。その間もレストランは家賃やバイト代を支払わなければなりませんので、クレジットカード会社が倒産することもないだろうという信用を前提に、言わば前借りするわけです。日本ではそんな時、ノンバンクがお金を貸してくれますが、アメリカでは証券化して広く投資家を募ろうという発想になるのです。



とすれば、誰相手の売掛金かによって信用力も金利も大きく変わってくるでしょう。やはり金利よりも信用力を優先したいところですよね。もっとも信用力のある相手は誰でしょうか。例えば、国が建設するダムの請負業者が、売掛金をもっていたとします。売り先は国ですから100%回収が見込めます。そんな売掛金が担保なら安心です。支払期限までの期間にもよりますが、このファンドでは売掛金の80%から85%の割引率で買い取ってきたものを分散投資してファンド化しているのです。

となると、この種ファンドのリスクは、貸出先が焦げ付いた時、となるわけですが、しかしこれはさほど心配はありません。なぜなら、売掛金をしっかり担保として徴求しているので、融資先の破綻よりも、売掛金を払ってくれる会社の心配をしたほうがよいからです。


しかし、極めて重要な問題があります。それは、その売掛金が実在していたのか? という投資にあたって基本中の基本の問題です。私達投資家仲間でも、はるか6,7年前にこのファンド、つまりARGYLE FUNDS SPC INC.については投資妙味があるかどうかよく吟味したものですが、その結果、投資には至らないと判断し、どなたも買わなかったという経緯があります。

現在ではGrand Court of the Cayman Islandsの監督の下、管財人である、FTI Consultingが精算の活動にあたっていますが、レポートを見ても明らかに債務超過であり、精算配当があるとは思えません。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

オンライン勉強会はなれたらもっと色々な時間帯で複数回開催してみたいと思います。

Sequoia-Economic-Infrastructure-Income-Fund-LimitedSequoia Economic Infrastructure Income Fund Limitedはロンドン証券取引所(LSE)に上場するファンドで、ティッカーコードをSEQIで検索すればだれでも株価を見ることができますし、売買取引することも可能です。上場している会社型投資信託の形を取っていますが、要するに、非上場のeconomic infrastructure debt、つまりインフラ関連の建設資金、設備資金の融資を組んでいる、主にシンジケートローン屋さん(単独融資もあると思いますので)と思って誤解はないでしょう。

0158


0156ファンドサイズ、というよりここは時価総額と言った方がよいでしょうか、Total net assetsはGBP1.6Bとクジラ級*2の大きさで、ここから74に分けて融資先があり、最大額はGBP62M、平均融資額はGBP21M、悠危機感の平均は6.8年ですから、設備資金ですから、10年、20年かと思ったらそれほど長期というほどでもありません。

0157

Engelberg Global Fundも投資している機関投資家の投資対象ともなっています。

ただし、建値は全てイギリスポンドになっていますので、通貨のポートフォリオだけは考慮に入れておかなければなりません。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

9月は6日日曜日の朝からやります。会議室おさえます。

0 (2)Katch Investment Groupは2018年創業の若い非上場の運用会社で、主に不動産担保つなぎ融資やファクタリング資金融資などノンバンク系のファンドを組成しており、イギリスだけでなく、スイス、ルクセンブルグ、そしてブラジルに展開し、USD150Mの預かり資産を有しています。

Katch Fund Solutions シリーズの Real Estate Lending Fundは、ロンドンを中心としたイギリスの不動産を担保にしたローンの原資になるファンドです。

0120

0119ということは必然的に右肩上がりのパフォーマンスを形成します。29の債権に分散投資しており、その期間は平均9.7ヶ月。

最も大切な指標であるLTVは59%でかなり堅めに設定されています。

ISINはUSDクラスのRで分配金再投資型のタイプでLU2035471619です。最低投資額はリテールクラスでもUSD100kですから、ちょっとハードルは高めです。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

次は腰が痛い~運動不足か、勉強会開催数不足か

Prestige Asset Management、すっかりおなじみのプレステージが運用するユニークなビジネス系のファンド、Prestige Alternative Finance、Alternative Fixed Income Opportunities。このファンドを追いかけるのももう何年経ったでしょうか。ファクトシートを見るとかれこれ10年も経っていることがわかります。

低金利の時代では、なかなか思ったようなパフォーマンスが出ないのが宿命とはいうものの、ビジネス自体は順調で、ながく続くノンバンク系ビジネスファンドのお手本のような存在です。

農業経営の自由化が進んでいるイギリスでは、いわゆる農協のような組織がしっかり根付いてはいるものの、農家としても資金や資材の調達手段は多様化しており、ファンドで集めた資金をリースやファイナンスに回すというのがプレステージの特徴です。

Screenshot at 2020-05-26 08-43-15


そして、コロナで話題が遠のいていることが良かったのか悪かったのか、とにかくBrexit と為替の影響は為替にでていますが、ポンド安はイギリスの農業にとってはむしろ追い風です。

Screenshot at 2020-05-26 08-43-29


直接投資だと最低投資金額がSDU100k相当額からになるのが、分散投資を進めたい個人投資家にとってはハードルを上げている要因です。モーメンタム経由だと低額からできるのですが、それでもある程度の額が集まらないとモーメンタム自体も動くことができません。この金額をもう少し刻めるとエントリーしやすいのですけど。 ISINはGBPクラスでKYG722711283。






イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

勉強会のご予約は3名様、もうちょっとお越しいただいても問題なさそうです。

logo (2)Axiom Legal Financing Fund(公式サイトは廃止済、管財人の管理下にあって、その状況を報告するサイトが開設されている)については、元来流動性リスクが必ず伴う訴訟対策ビジネスであるにもかかわらず、毎営業日売買が可能であることを謳っていたため、メルマガではやや厳し目にみておくべきとの見解を持っていたファンドです。実際、残念なことに2012年9月に流動性リスクは顕在化してしまっています。

ただ、、流動性リスクだけなら良かったのですが、融資先からキックバックを得ていたのではないかという不正取引リスクまでもが顕在化したため、世界的にも一流の総合法律事務所であるグラントソントンが管財人として指定されて、詳細レポートを読んでビックリという感じです。

ただ、不正取引に関しては、経営者が袖の下からもらっていたとかなんとかと、オフショアアラートなどの怪しいブログ(って自分も怪しいブログ書いているので人のことは言えませんが)で書き立てられていますが、こういった場合、噂や煽りが先行することが多く、ネット上の情報全てを鵜呑みにすることはできません(って言うまでもなく当たり前のことやけどね)。

ちなみに、このオフショアアラートというのは、マスコミではなく単なるブログであり、ネガティブな話しを殊更に誇張して実投資家に不安心理を煽り、情報がほしいなら金よこせという、貧困ビジネスにも劣る、汚いビジネスを展開している連中です。

ま、不正があればあったで、そんなことは後記の裁判で決着してもらえばよいことなですが、アクシオムの問題点の中で私の注目は、むしろその投資家の偏った構成にありました。それはグラントソントンの投資家へ配信される詳細レポートを読んでようやくわかったことなのですが、一番大口の投資家、二番目に大きい投資家、そのいずれかが、その持ち分の半分でも解約申込するだけで、即座に流動性リスクが顕在化してしまうくらいの大口偏重ウエイトだったのです(上場している株式会社なら大株主は公開されますが、投資信託にはその開示義務はありませんので、知らされなくても合法です)。

ビジネ系ファンドには流動性リスクはつきものとはいえ、知らないうちに、毎営業日、このリスクに晒されてのでは私達のような小口のオフショア投資家にとってはたまったものではありません。Brandeauxのような学生寮ファンドなら、他社の倒産によって風評被害的に解約が殺到したわけですから、本業さえ順調ならそのうち解決策もでてくるわ、と高をくくっていられますが、アクシオムの場合、大口投資家の意向なんてわかりっこないですから、そもそもトレンドを掴むとか事情がわかれば安心とかいう世界ではありませんよね。

その管財人から

Axiom Legal Financing Fund – a segregated portfolio of JP SPC 1
Axiom Legal Financing Fund Master SP – a segregated portfolio of JP SPC 4 (both in Receivership)

の名前で毎年投資家に向けてレポートがでていますので、参考にしてください。

解約も新規もできません、正しい情報を得るためには代理店移管をするしかないでしょう。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ジンバブエの中央銀行は、IMFに内緒でお札を刷っていたそうです。これって本物のお札だけど、ニセ札? 定義が難しいですね。

このページのトップヘ