こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

カテゴリ: 海外銀行、ファンドラップ口座

コア・アセットとは?

コア・アセットとは、その資産を失うと、その企業がもはやこれまでの業務を継続することができず、よって、収益性を維持できなくなってしまう資産のことを言います。

逆の言い方をすると、その企業が継続的な収益を生み出すには、どこかにコア・アセットが必要となります。

コア・アセットは、銀行借り入れや債券の発行などをすることによって調達できた資金も含まれ、これを、別の言い方ではハードコア運転資金と呼ばれています。

金融機関の観点からコア・アセットとは、株式や債券などその企業のポートフォリオの中で重要な部分を占める調達資金のことを指したりする場合もあります。

どのような企業も、ビジネス戦略の策定しそれを実行に移すためには、必ず最低限の資金が必要になります。これをコア・アセットと呼ぶことができます。この資金がなければ、ビジネスの継続的な成長はを望むことはできません。これを検証するために、PERT (Program Evaluation and Review Technique)手法が用いられます。

企業は、収益基盤を構築し、収益性を維持するために、必ずコア・アセットを必要とします。コア・アセットは、機械、生産設備、サプライチェーンや倉庫、あるいは親会社の関連会社や子会社といった有形資産ということもあります。さらに、商標、特許、知的財産などの無形資産がコア・アセットとなっている企業もあります。

対して、持っていると便利であるが、必要不可欠とは言えない資産を非コア・アセットまたはディレクショナリー・アセット(discretionary assets)と言います。

極論、コア・アセットがなければ、ビジネスは破綻します。コア・アセットを売却する羽目になった企業は、たいてい清算されるか、もはや回復不能な破産の危機に瀕しています。

財政的に苦しくなった企業は、先ずは、コア・アセットではなく非コア・アセット(ディレクショナリー・アセット)資産を売却することで資金を調達することになります。これを、ビジネスの継続に不可欠な資産としているのです。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

インベスコの週刊マーケットレポート、毎週必ず読み込んでます。

すっかり板についてきた、グーグルミートを使ってのオンライン開催を今月は、貸会議室で行っていた時のように平日の夜に開催してみましょう。

とにかく、オンライン専用だと資料のコピーとかも用意する必要がありません(その分参加費もいただきませんが)し、事前の準備はスライドだけです。

ということで、5月もオンライン専用、かつ参加費無料にて開催することにしました。

毎月のことですが、マーケットアップデート、オフショアファンドアップデートなどしてみます。

後日の個別相談は、対面でもオンラインでも1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にもここ数年でに起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 5月28日金曜日 18時30分から19時30分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 グーグルミートを使います
定員 100アカウント様まで(空きアカウント99、メールで予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回も無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

実際、勉強会が始まってみると、どなたが参加されたかって、記録残らないのが良いのやら悪いのやら。

勉強会開催の最終のご案内です。開催時間が1時間前倒しになっています。

さて、すっかり板についてきたオンライン開催を今月は祝日に開催してみましょう。

とにかく、オンライン専用だと資料のコピーとかも用意する必要がありません(その分参加費もいただきませんが)し、事前の準備はスライドだけです。

ということで、4月もオンライン専用、かつ参加費無料にて開催することにしました。

毎月のことですが、マーケットアップデート、オフショアファンドアップデートなどしてみます。

後日の個別相談は、対面でもオンラインでも1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にもここ数年でに起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 4月29日木曜日 10時00分から11時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 グーグルミートを使います
定員 100アカウント様まで(空きアカウント99、メールで予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回も無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

さて、勉強会を明後日に控えて、まだ話題選びで悩んでいます。

勉強会開催の最終のご案内です。開催時間が1時間前倒しになっています。

さて、すっかり板についてきたオンライン開催を今月は祝日に開催してみましょう。

とにかく、オンライン専用だと資料のコピーとかも用意する必要がありません(その分参加費もいただきませんが)し、事前の準備はスライドだけです。

ということで、4月もオンライン専用、かつ参加費無料にて開催することにしました。

毎月のことですが、マーケットアップデート、オフショアファンドアップデートなどしてみます。

後日の個別相談は、対面でもオンラインでも1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にもここ数年でに起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 4月29日木曜日 10時00分から11時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 グーグルミートを使います
定員 100アカウント様まで(空きアカウント99、メールで予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回も無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

さて、勉強会を明後日に控えて、まだ話題選びで悩んでいます。

1602027195981Premier Trust、プレミアトラストは、ミラーファンドリストから選択したり、スイッチングやリダイレクションなどの投資楽しみはないものの、シンプルに積み上げていく積立投資型オフショアラップ口座として、日本に居住する日本人も開設している方が多いと思います。

さて、前回の記事でこのプレミアトラストが姉妹保険会社の破綻でとばっちり管財人KPMGの管理下に置かれています。これはこれは受忍するしかないわけですが、投資家の皆様はそれぞれの投資家専用サイトにログインして操作が必要です。

KPMGの管理下になってしまった手前、明確な期限が再び切られたわけではないのですが、次の操作を4月中には行ったほうがよいというのが、プレミアトラストや各一次代理店の見解です。

何はさておき、まずはPremier Trust portalにログインしてください。

するとご自身の、Premier Trust savings plan の内容を見ることができます。もし、ログイン出来ないときは、portal.premiertrustglobal.comの画面から、Forgot Password’クリックして秘密の質問に回答したのち‘Reset Password’ 画面からパスワードをリセットしてください。  
 
保険証券番号、つまり policy number は、PIRXXXXXXXR といった形式になっており、これがそのままUsername の役割をしています。‘Reset Password’ をクリックすると、自動的に新しいパスワードをリンクが生成されます。

ログイン画面では、再び保険証券番号の入力をユーザーネームとして要求されます。ログインできたら、Premier Trust and your online valuation という画面に入ることができます。
 
メッセージがでてきたら‘Keep Plan’という緑色のボタンをクリックするととりあえずは完了です。

あとの書類の整備方法はメルマガメンバーの読者の方には後日お伝えします。
 
投資家に用意されている二つの選択肢とは以下の通りです。

Option 1. Keep their existing plan issued by PASPPR. T
 
Option 2. Cancel existing plan. 

オプション1を選択する理由はメルマガでお伝えします。

メルマガメンバーの読者の方々には、ブログに出せない詳報や最新のKPMGの動き、必要な書類の提出方法などは、今後も調査して別途お知らせします。

メルマガメンバー以外の読者の方で、口座を開設したときのアドバイザーや業者と連絡が取れてない場合、個別にメールで相談ください。 放っておくとオプション2になってしまい、資金がいつ返金されるかわからなくなることがあります。







イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

脚がつって目が覚めるのは不快かもしれませんが、逆にスッキリお目覚めできます。

勉強会開催のご案内です。

さて、すっかり板についてきたオンライン開催を今月は祝日に開催してみましょう。

とにかく、オンライン専用だと資料のコピーとかも用意する必要がありません(その分参加費もいただきませんが)し、事前の準備はスライドだけです。

ということで、4月もオンライン専用、かつ参加費無料にて開催することにしました。

毎月のことですが、マーケットアップデート、オフショアファンドアップデートなどしてみます。

後日の個別相談は、対面でもオンラインでも1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にもここ数年でに起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 4月29日木曜日 10時00分から11時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 グーグルミートを使います
定員 100アカウント様まで(空きアカウント99、メールで予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回も無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

今日は土曜日なのでちょっとゆっくり。午後4時くらいまではオンライン個別相談可能です。

1602027195981Premier Trust、プレミアトラストは、ミラーファンドリストから選択したり、スイッチングやリダイレクションなどの投資楽しみはないものの、シンプルに積み上げていく積立投資型オフショアラップ口座として、日本に居住する日本人も開設している方が多いと思います。

ところが、最近になって突然(って前触れがあるわけがないですけど)、投資家にPremier Trust社本体から、Important Information Regarding Migration of Participants to PASPPR (PASP)という題名のメールが来ているとご相談をいただきはじめており、内容を精査したところです。

その経緯はこうです。2020年11月に医療保険を扱う保険会社が破綻していますが、それがプレミアトラストの姉妹会社であったため、ケイマン諸島金融庁Cayman Islands Monetary Authority (CIMA)とケイマン裁判所の決定により、管財人としてKPMGが指名されたとのことです。

別会社ではありますが、手数料や管理部門の一部が共通化していたため、PAグループの持ち株会社も含めてKPMGによる監査を受けることとなったものです。プレミアトラストについても、その支払能力について嫌疑がかけられましたが、KPMGからは、アメリカのプレミアキャピタルが管理し、米国証券監視委が規制するすべての資本準備金が正常に整っていることを確認してくれています。またラップ口座の保険証券に関連して、詐欺や不正流用がないことも確認されています。

投資家には二つの選択肢が用意されています。

Option 1. Keep their existing plan issued by PASPPR. T
 
Option 2. Cancel existing plan. 

オプション1を選択するためには、一定期間内に書類の提出が必要になります。

メルマガメンバーの読者の方々には、ブログに出せない詳報や最新のKPMGの動き、必要な書類の提出方法などは、調査して別途お知らせしますからこの記事は無視していただいても心配ありません。ブログはアクセスアップのためにまたやってるな〜くらいのものとお考えください。

メルマガメンバー以外の読者の方で、口座を開設したときのアドバイザーや業者と連絡が取れてない場合、個別にメールで相談ください。 放っておくとオプション2になってしまい、資金がいつ返金されるかわからなくなることがあります。







イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

脚がつって目が覚めるのは不快かもしれませんが、逆にスッキリお目覚めできます。

オンライン開催につき、コピーなどを用意する必要がありませんから、直前での参加申込も開催の1時間程度前まではおうけできます。

今回は、ドル円相場が動きましたので(先月の予想から真逆の上方向に外れました、ごめんなさい)外国為替市場の基礎にも時間を割いてみたいと思います。

その他は短時間でマーケットアップデートのまとめに加え、オフショアファンドをいくつかピックアップしてアップデートなどしてみます。

参加費のいただき方を確立させるまで無料にします。

その後の個別相談は、1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にもここ数年でに起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。



オンライン 勉強会


日時 3月27日土曜日 11時00分から12時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 グーグルミートを使います
定員 100アカウント様まで(空きアカウント32、メールで予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回も無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 








筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

静かな場所だけは確保しましたが、そんなときに限って電話かかってきたりするんですよね。

私の仕事の都合により、3月の開催予定日を変更させていただきました、ご迷惑をおかけいたします。

さて、前回のオンライン開催がうまくいったので、味をしめています。

とにかく、コピーとかも用意する必要がありません(その分参加費もいただきませんが)し、事前の準備はスライドだけです。

ということで、3月にもオンライン専用で参加費無料開催することにしました。

マーケットアップデート、オフショアファンドアップデートなどしてみます。

参加費のいただき方を確立させるまで無料にします。

その後の個別相談は、1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にもここ数年でに起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 3月27日土曜日 11時00分から12時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 グーグルミートを使います
定員 100アカウント様まで(空きアカウント42、メールで予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回も無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

リハーサルはしませんが、静かな場所だけは確保しました。

Association_of_Professional_Financial_Advisers_logoオフショア投資商品の契約後、18ヶ月後あたりから、急に紹介者と連絡が取れなくなってしまうという、オフショア難民とか海外積立難民とか、意味不明な言葉で検索する人が増えてるようです。

まぁヒューマンネットワークなんてそんなもんですから、ネットで検索すると、そんな話は最初からそうなることはわかっているわけで、そこに特段の驚きはありません。

紹介コミッションは積立金額×積立期間で計算されるという話、それをヒューマンネットワークな人たちで山分けしているという話は事実です。

オフショアのラップ口座を提供している保険会社や信託会社は世界中に数多く存在しますが、そのほとんどがイギリス人やその他のヨーロッパ人のためのもので、税制のメリットを全く受けられない日本人からみると、単なる純投資目的の金融商品ということになります。

有名どころでは、フレンズプロビデント(RL360の子会社)、スタンダードライフ、ハンサード、FT LIFE、コーンヒル、インベスターズトラスト、ジェネラリ、プレミアトラスト、RL360(旧ロイヤルロンドン)、サンライフ、モーメンタム、カストディアンライフなどです。

こんなブログを書いていますから、代理店移管や解約についての相談も非常に多くお受けしています。その中でもここ半年くらいですかね、一番アホらしく困るのは、なんと言ってもフレンズプロビデントの解約です。

コロナで在宅になったためなのか、RL360の傘下入りで次々と優秀な事務方が退職しているのか、その内情はわかりませんが、明らかに彼らの事務処理能力は落ちています。

嫌がらせかと思うような、不備でもないのに無駄に不備指摘したり、運転免許証を出しているのに、パスポートを出せだの、全く意味のないやり取りが多く、 解約まで1年前の3倍から5倍の時間と労力がかかっています。

これを投資家自身でやったらきっと心折れますね。 

ちなみに、これらのラップ口座を移管したり、解約するのにかかる費用はせいぜい2万円程度です(20万円じゃないですよ、全部で2万円です)。業者に払ったバックマージンに比べたら50分の1から100分の1かしら?





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

全くもっと雑な記事ですみません。本業があるのでたまには手抜きさせてください。

私の仕事の都合により、予定を変更させていただければと思います。

さて、前回のオンライン開催がうまくいったので、味をしめています。

とにかく、コピーとかも用意する必要がありません(その分参加費もいただきませんが)し、事前の準備はスライドだけです。

ということで、3月にもオンライン専用で参加費無料開催することにしました。

マーケットアップデート、オフショアファンドアップデートなどしてみます。

参加費のいただき方を確立させるまで無料にします。

その後の個別相談は、1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にも2020年に起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 3月27日土曜日 11時00分から12時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 グーグルミートを使います
定員 100アカウント様まで(空きアカウント63、メールで予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回も無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

リハーサルはしません、いつもぶっつけ本番です。

前回のオンライン開催がうまくいったので、味をしめています。

とにかく、コピーとかも用意する必要がありません(その分参加費もいただきませんが)し、事前の準備はスライドだけです。

ということで、3月にもオンライン専用で参加費無料開催することにしました。

マーケットアップデート、オフショアファンドアップデートなどしてみます。

参加費のいただき方を確立させるまで無料にします。

その後の個別相談は、1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にも2020年に起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 3月13日土曜日 11時00分から12時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 グーグルミートを使います
定員 100アカウント様まで(空きアカウント99、メールで予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回も無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

リハーサルはしません、いつもぶっつけ本番です。

何しろオンラインですから、コピーを用意する必要がありません(その分参加費もいただきませんが)。

そこで、普段ならとっくに締め切っているはずの、前日にも記事にしてみたというわけです。

2021年のマーケットの読みどころ。オフショアファンドアップデートなどしてみます。

初のオンライン開催、試してみたら意外と操作が難しいので、今回だけはオンラインのみのご参加方法にしています。

そして、参加費も事前にいただきようがないので、とりあえずこんかいのみ無料にします。

その後の個別相談は、1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にも2020年に起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 2月13日土曜日 11時00分から12時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 https://meet.google.com/pae-cpmf-kpo
定員 100アカウント様まで(空きアカウント43、前日までに予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回のみ無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

リハーサルはしてません。正直、うまくいくか心配です。

2021年のマーケットの読みどころ。オフショアファンドアップデートなどしてみます。

初のオンライン開催、試してみたら意外と操作が難しいので、今回だけはオンラインのみのご参加方法にしています。

そして、参加費も事前にいただきようがないので、とりあえずこんかいのみ無料にします。

その後の個別相談は、1組様あたり一律1千円です。 

もちろん、それ以外にも2020年に起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 2月13日土曜日 11時00分から12時00分まで(延長ありません)
場所 オンライン開催 https://meet.google.com/pae-cpmf-kpo
定員 100アカウント様まで(空きアカウント76、前日までに予約してグーグルIDの登録が必要です)
参加費 今回のみ無料


グーグルミートの方法は事前にこちらをごらんください

https://apps.google.com/intl/ja/meet/how-it-works/ 






筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

一時間で強制終了って、ある意味、メリハリあっていいかも。

2021年のマーケットの読みどころ。オフショアファンドアップデートなどしてみます。

初のオンライン開催、意外と操作が難しいので今回はオンラインのみのご参加にしています。

そして、参加費もいただきようがないのでとりあえず無料にします。 

もちろん、それ以外にも2020年に起こったり進んだ海外投資の良い話、悪い話、もちろんブログに出せない話題も満載です。





オンライン 勉強会


日時 2月13日土曜日 11時00分から12時00分まで
場所 オンライン開催
定員 無制限(前日までに予約して登録が必要です)
参加費 今回は無料



筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

20時終わりって、ある意味、メリハリあっていいかも。

135227819_681923705829535_2130016925250761654_o

英政府の報道によりますと、タックスヘイブンとしても有名なイギリス領マン島では、1月7日0時1分(現地時間)より21日間、通算2回目のCovid-19 lockdownに入ることが発表されています。集会は禁止、学校も休校になり生活用品の調達や医療のための外出のみ許されるという厳しめの措置がとられます。イギリス国内であっても島内外の人の出入りも制限されます。

そのため、RL360やその子会社のフレンズプロビデントなど、タックスヘイブンとしても有名なイギリス領マン島に本社を構える、保険会社やファンド会社の出勤体制も再び、大きな影響を受けることになります。

スイッチングやリダイレクションといったポートフォリオの再構築関連は、引き続き専用のメールアドレスで受けてくれますので、全く問題はありません。

カスタマーサポートの電話とFAXは通じません。小切手を使っての一部解約などの支払いは完全に中断です。ただし、日本に住む日本人はもともとこの取引形態は使っていません。

名義の譲渡、氏名の変更、相続など実際に現物の授受(通常ならEMS書留で郵送)が伴う取引は、別途手続きを打ち合わせてから行います。そもそも郵便局もロックダウンされるので、通常よりも相当期間の遅れが生じることを覚悟してください。

代理店の移管はいつでも可能です。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

てなわで、勉強会も完全にリモートに移行ですね。

ビットコインももはや入口より出口を考える時期、それも超えて実需のために向いてきた時代にはいりつつあります。オフショアラップ口座の中でビットコインを売り買いしたり、いままで直接投資していたビットコインを売却することなく組み込んでしまうラップ口座があるという話はあまりに好評だったので、忘年の前にこの話題について触れてから乾杯したいと思います。

もちろん、それ以外にも今年起こったり進んだ良い話、悪い話ともブログに出せない話題は満載です。





東京 蒲田 勉強会と忘年会


日時 12月25日金曜日 19時から21時まで
場所 東急蒲田駅から10分
定員 16席(残り15席)
参加費 5,000円(お酒を全く飲まない方は3,500円) いつもの資料コピー代こみ



筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

21時終わりって、ある意味メリハリあっていいかも。

ダウンロード (10)メザニンファイナンス、メザニン融資という言葉が日本でも徐々に出回りはじめてきたようなので、アクセス数アップを狙って、ブログでも記事にしておこうと企んでいます。

メザニンファイナンスは、銀行借り入れなどの債務と株式増資などによるエクイティファイナンスの中間的な資金調達方法であることから、中二階の英語であるメザニンから来た言葉です。

一番近い金融商品としては転換社債の仕組みがあります。メザニン融資分がデフォルトした場合、融資金が償還されない代わりに、その貸し手に、その会社の株式持分に転換する権利が与えられるという仕組みです。

メザニンファイナンスは、企業が特定のプロジェクトのために資金を調達したり、負債とエクイティファイナンスとの掛け合わせを使って買収を支援したりするための方法に使われます。

劣後債務となってしまうメザニン融資でもせめて株式がもらえるために、M&Aやバイアウトに関連して組み込まれることが多くなります。また破産した場合には、既存の株主よりも優先して清算配当を受けることができるような条件設定もあり得ます。

メザニン融資の貸し手にとって、会社が破産した場合に、シニア債権からの回収によって、債務超過になってしまった場合、あくまでも無担保融資であるがゆえ、取り分はゼロになるということです。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

インベスコの週刊マーケットレポート、めっちゃ役立ちます。

オフショアファンドやラップ口座などの金融商品はその殆どが技術的な問題を除いてまず簡単に移管ができるという話は以前の記事にしてあります。こういった記事を出すとはじめての方からの相談をそれこそ数十件といただくわけですが、全員の共通の不安は、その後満期までの20年間から30年間の長きに亘り、口座の維持管理だけでなく、運用の相談やスイッチングを効率良くできるのかということです。
今日は、先日の記事を出してから新しくメールや電話で相談いただいた方が運用している商品の中で圧倒的に多かったハンサード・アスパイアを例にとって解説しておきます。フレンズプロビデントのプレミアやロイアルロンドン360のクァンタム等でも全く要領は同じで、各社とも様式は違えど記入項目は全て同じ。投資家紹介で移管を済ませれば、全て似たような用紙で進めていくことができます。

ところで、ハンサード・アスパイアというもの自体が大丈夫か?というメールも頂きますが、この手の質問には、私は殆どのケースで無視しており、返信もしません。そもそもロンドン上場の保険会社の信用状況について、私のような個人投資家に聞くこと自体ナンセンスだからです。世界中の上場企業の会社名を全部知ってろとは言いませんが、上場している限りは自分で有価証券報告書なり、ヤフー・ファイナンスなりで調べなさいいうことです。そもそもたかが一個人から信用状況について云々されるのはハンサードとしても大きなお世話ということになるでしょう。

次に投資家紹介を受けて移管した後の維持管理です。そもそも、これら積立投資商品は、投資家とハンサードとが契約の当事者であるので、言葉の壁こそあれ、当該保険会社とはいつでも連絡が取れるわけです。よって、元々、代理店を移管しようがしよまいが、いつでも代理店なんて中抜きして全ての手続が可能な建て付けになっているのです。ですから、移管後の代理店に対しては、ぎっしり詰まっている良いノウハウを使わせてもらう代わりに、できることは何でもセルフ・サービスでという関係を構築するのがベストでしょう。

もっとも、セルフ・サービスと言っても、さほど大したことはありません。
最も頻繁にメンテをするケースとして考えられるのは、積立をクレジットカード引き落としで行っている場合の変更届でしょう。クレジットカードには有効期限があるので、これが到来するごとにクレジットカード関係変更届を提出する必要があります。これはアドバイザーも把握できるので、変更届提出の要請があれば、対応するだけです。
次に多いのは、住所変更届とは結婚、またはその逆による姓の変更届でしょう。これはアドバイザーは把握してませんから、投資家の方から相談し、アドバイザーから適宜用紙を取り寄せて提出することになります。
あとは、毎月の積立通貨金額、相続人指定の変更等レアケースですが、これらも全て専用の用紙がありますから、アドバイザーから取り寄せてください。レアケースは滅多に起こることではないので、セルフ・サービスというよりは前広にアドバイザーに報告しておいたほうがいいでしょう。タダで人を使おうという魂胆ミエミエで依頼心の強すぎる投資家はアドバイザーから敬遠されますが、ここぞという時は遠慮せずしっかり相談すべきです。

ところで、もう一つ非常に重要なことは、自身のポートフォリオをいつでもHansard OnLineを使ってログインし、閲覧することができるようにしておくことです。これはハンサード・アスパイアやUPPなどあらゆるハンサードの商品を保有している投資家は全員無料で使うことができます。サイトは11ヶ国語対応で、もちろん日本語翻訳ページもありますから、ポートフォリオの中身を見るのは極めて簡単です。ここがハンサードが他者よりも手数料が高いという欠点を埋うめる利点といえるでしょう。正直、ログインする管理サイトは正直ハンサードが最も見やすく優れていると思います。

ログインして自身のポートフォリオをいつでも見ることができるようになったら、いよいよファンドの乗換です。乗換えるのに必要なのは「乗換の用紙」そのものと「ミラーファンドのリスト」です。乗換の用紙はアドバイザーからもらっておいて、依頼する度に印刷してサインしてPDFで提出します。ミラーファンドは自身のログインサイトでも検索できますが、ややこしかったら両方ともアドバイザーからPDFでもらいましょう。ミラーファンドのリストは正式にはUnit Fund Link Performance Bulletinと言います。

イメージ 1

上表はそのリストの一部の抜粋見本です。リストの左端にはファンドコードが記載されており、乗換の用紙にこのコードとファンド名を正確に記載することによってアドバイザーとコミュニケーションを取りますので、このリストは極めて重要です。例えば、赤丸が対象なら用紙にはMC72というUnit fund codeとHIL New Star Global ManagedというUnit fund nameの両方を記載することになります。また**のマークは既存保有者のみ維持のできるファンドで新たに乗換はできないという意味です。

ここで、投資家紹介で移管を完了させた方は大事な専門用語を二つ覚える必要があります。
  • SWITCH ー 既に積み立ててきた既保有のファンドの全部または一部を他のファンドに乗換えること 要は積み上げた過去分の乗換
  • REDIRECTION ー 積み立てるファンド割合の全部または一部を、以降変更すること 要は将来の積立割合の変更
です。このスイッチ(過去)とリダイレクション(未来)は全く別の次元で考えなければなりません。アドバイザーとポートフォリオについて相談するときも、完全に別々の話題として取り上げられます。

乗換用紙の正式名はUNIT FUND SWITCH & REDIRECTION INSTRUCTIONと言います。
イメージ 2

まずは契約者名(共同名義なら二人とも)、コントラクト番号(たいてい7桁で最後がローマ時の大文字)、電話番号(+81-で最初の0を抜く)、メールアドレスを記載します。

イメージ 3

さらに契約時のサイン(たいていパスポートの署名)とフルネーム、日付を入れて基本的な記載事項は完成です。共同名義がある場合、お二人ともサインします。
イメージ 4

次に注文内容の記載です。もう読者の皆さんはスイッチとリダイレクションの発想の切り分けができているので簡単でしょう。二つ同時にするか、スイッチだけか、リダイレクションだけかにチェックするだけです。

スイッチオンリー(オール)はいわゆる政治家がよく使うガラガラポンです。持っている全てのファンドの口数を一回リセットし、改めてポートフォリオを組み直すタイプです。スイッチオンリー(インディビジュアルユニットファンド)は個々具体的な乗換をしたいときに使います。

リダイレクションをする人、スイッチする人の中でオールを選んだ人はSECTION 1 - SWITCH AND/OR REDIRECTION FOR ALL HOLDINGSを記入します。そのうち、Box A - SWITCH all existing holdings into the below unit fundsはガラガラポンスイッチです。ガラガラポンなので、過去のファンド保有割合や口数は関係ありませんので、記入の必要もありません。これからの投資割合だけを記載します。正味は一部変更であっても100%になるように全てを記載します。

イメージ 5

Box B - REDIRECT all future contributions into the below unit fundsはリダイレクションの今後の割合について記載します。これまでの投資割合は完全にリセットされるので記入する必要はありません。また一部変更であっても新たに合計100%になるように記載します。
イメージ 6

用紙は4枚綴りなので、全てを印刷して各ページともcountersignという欄にサインをしなければなりません。

SECTION 2 - SWITCH INDIVIDUAL UNIT FUNDSは、一部の個別にスイッチするときに使います。3つの個別乗換注文が記入できるようになっています。これ以上個々の乗換が増える場合は、ガラガラポンで行った方が効率的でしょう。countersignをすれば出来上がりです。

用紙が完成したらPDFでアドバイザーにメールすればスイッチやリダイレクションは完了です。3,4日経ったら自身でログインしてポートフォリオを確認すれば、その注文が完了していることを確認できるでしょう。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

TOKENとはワンタイムパスワード生成器のことです。

3
500_F_128585982_4Od1pZuso9SI2WxEf4m8KYcUjGpEpltj
米国の確定申告
取消可能リビングトラストが設定されても、日常の管理になんの変化も及ぼしません。それは投資家が信託設定者(グランター)兼信託受託者(トラスティー)である限り、個別に所得税の確定申告を行う必要もないのです(IRSReg.§1.671-4を参照)。リビングトラストの物件から得る果実は個人所得税申告書に併合されます。

米国の譲渡税
ほとんどの州では、取消可能リビングトラストを設定するにあたっての不動産の譲渡登記においては譲渡税が免除されています。ただし、例外州もあるようなので一応確認が必要です。

リビングトラスト物件では住宅ローンの借り換えなどが難しい
信託を設定すると、不動産の所有権者自体はをトラスティーになります。ですから、銀行の住宅ローンなどを借り換えをしたい場合、まれに知見のない金融機関と出くわすと、融資が承認されないケースもでてきます。もちろん、ファミリートラストが設定されていることを証明すれば、たいていの金融機関の取引において問題なることはありません。ファミリートラストの内容を十分に理解できれば、それは投資家自身の持ち物にかわりないことは明白だからです。

万が一、知見がなく、かつ非協力的な金融機関との取引を継続しなければならない事情があったなら、一旦、ファミリートラストを取り消す必要があります。ローンの借り換えを実行したのちに、それを再びリビングトラスト設定すればよいだけのことです(コストかかります)。
 
債権者からの債務履行請求の時期の期限を切れない
投資家(グランター)の相続発生後に、ファミリートラストで設定した相続人に対して、債権者が多額の債務履行の請求をかけてくる可能性を払拭できません。相続発生後は、一般的に未払請求、税金、治療や葬儀費用などの予想される範囲の債務を履行するだけです。しかし、もし、相続人が隠れた大きい債務の履行請求がでてくる心配があるなら、敢えてリビングトラストではなく、プロベートをかけた方がよいでしょう。

プロベートをパスさえすれば、債権者が請求できる期限を切ることができます。遺言検認裁判所の手続について適切に公示されたあと、債権者は、ほとんどの州では約6か月を満了した後は請求を行うことができなくなります。

例:投資家Cは、そこそこの棟数を持つ不動産投資家です。Cは多額の債務を抱えており、訴訟で名前が挙がることもありました。そんな時は、プロベートにかけた方が、債権者からの請求に一定の期限を切ることができ、債務整理を迅速に行うことができるようになるのです。



イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

取り敢えず、このシリーズは今日でおわりです。

3
500_F_128585982_4Od1pZuso9SI2WxEf4m8KYcUjGpEpltjリビングトラストの死角
リビングトラストには、それなりに複雑で独特の問題をはらんでいます。

大方は、デメリットよりもメリットが上回っているが、なんでもそうですが、設定前にデメリットがあることも認識しておかなければなりません。

ペーパーワーク
リビングトラストを設定すること自体は大して難しくもなく高額な費用がかかるわけではありませんが、ある程度の事務作業が必要になります。まず、最初のステップとして、作成した信託文書を公証役場での面前署名認証と外務省のアポスティーユ取得が必要です(日本では弁護士や行政書士がサポートしています)。とはいえ、遺言書の公正証書作成よりはかなり低い難易度でクリアできます。

次に、リビングトラストを有効化するために。信託文書に記載したすべての物件の所有権を、信託の受託者(トラスティ-)に譲渡されていることを登記(レコーディング)して確認します。


タイトルドキュメント
当該資産にタイトルドキュメントがない場合は、アサイメントプロパティと呼ばれる書類にリスト化してサインをするだけです。不動産以外のほとんどの動産、例えば家具、パソコン、宝石、家電、楽器などもこの方法で登記します。

ただし、タイトルドキュメント(不動産、株式、投資信託、債券、一任勘定口座、車両船舶など)がある場合は、そのタイトルドキュメントに変更をかけて、物件がファミリートラストに入っていることを明示する必要があります。たとえば、投資家が自身の家屋をリビングトラストに入れようとするならば、投資家は新規で信託証書を準備して署名し、「信託受託者としての投資家」に所有権を譲渡しておく必要があります。タイトル付き物件をファミリートラストに入れる方法は次の通りです。

例:夫Aと妻Bは検認(プロベート)を回避するために彼らの家をリビングトラストを設定した後に、当該物件を売却することになりました。不動産の売買契約と新所有者への所有権の譲渡証書には、ABは「AB」ではなく、「AB取消可能リビングトラスト管財人AB」を署名することになります。


つづく


イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

テキトーな書きかけ記事だって? はい、そのとおりです。が本当に時間のないときもあるんですよ、毎日書いていると。

5
香港金融管理局。私にとって、Hong Kong Monetary Authorityといえば、長い間、米ドルへのペッグを維持するために、香港ドルの発券銀行に対して、種々のコントロールを行う、絶対的な存在という認識でした。それは日本に居ても香港ドルという紙幣を扱う限りは、その規制が及ぶため、デモに象徴されるようにチャイナ化している現状においても、よくよくその動向を察知しておかなければならない相手です。ちょっと雑すぎるかもしれませんが、日本で言えば、金融庁に日銀の機能をミックスさせたような組織になっています。

ところで、香港と言えば金融の街。金融の主役は銀行。特に街中には銀行の支店が目立つ存在となっていますが、しかし香港は、大昔から保険業のメッカでもあるのです。大陸中国には生命保険が全くなかったからその分香港に集中したということもありますが、そもそも香港は貿易大国なので、必然的に傷害保険のマーケットも大きいのですよ。

そして、個人向け金融商品の倫理的な部分を監督する、日本で言えば金融庁やイギリスで言えばFCAが行っているような部署で、保険業を担当するのは、香港特別行政区保険業管理局、Office of the Commissioner of Insuranceという行政機関があります。

ここが通達はguidance noteと言います。通達という訳はあまり適切ではないかもしれません。というのも、日本で言うところの内部機関向けの通達ではなく、外部に向かって拘束力をもつ告知ですから、もはや省令と言ったほうが正確な気もします。

その中でも特に気になるのは15番と16番


ではないでしょうか。昨年末に15番を出して、最近、16番で15番を補完するような形になっています。


要するに、リスク説明、手数料体系の説明を省略することは許されず(これまでは、契約者が望めば、省略することができたので、知らないうちに、省略してくださいにチェックを入れさせられていたケースも多数あり)、これら説明を「契約書の言語」で怠り、また理解していることを確認できなければ厳罰です。粗悪な有象無象はどんどん退出してもらい、結果的にマーケットがクリーンになることを目的としているのです。

これで、どんな影響がでるのでしょうか? 投資家にとっては特にありません。
この読者が契約しているであろう契約当事者の保険会社本体への通達ではなく、保険代理店つまりIFAに対する通達なので、ぶっちゃけ中間業者が消えようが処罰されようが、既保有の保険証券や契約がどうにかなることはありません。ただ、粗悪な有象無象に頼っていると、いつの間にかいなくなることがあるかもしれません。一任勘定なんて任せていたら悲惨です。

既保有の契約はちょっとしたコツを掴めば、いつまでも長く、自身の力だけで続けることができます。あとは、このブログに出会うか、そして目覚めるか次第です。かね。
 



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

31日の勉強会前に個別相談可能です。予約は早い物勝ちで。 

5
ダウンロード (1)インベスターズトラスト、サンライフ、スタンダードライフ、ロイアルロンドン(RL360)、フレンズプロビデント、そして今日の話題に取り上げるハンサードなどが提供する積立投資ラップ口座などの金融商品はその殆どが技術的な問題を除いてまず簡単に移管ができる。これはラップ口座保有者が持つ正当な権利であり、無料が当たり前の話です。

MC125 HIL Man Ahl Diversifiedの積み立ては中止となりました。これまで積み立てていた投資家はその時点でリダイレクションはストップ。保有はできますが、解約のみ受付となりました。

MC257 HIL Man AHL Trend Alternative USD が代替案として有効です。どなたでもメールで相談は受け付けます。


イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ポンドドルの上昇でほっと一息。

5
logo手数料は少々お高めではあるものの、管理サイトはしっかりしているし、日本の保険会社なみに、帳票類も整備されているし、ミラーファンドリストは充実しているし、なにしろロンドン上場だしで、手数料が高くでもそれなりの価値があるHANSARD GLOBAL PLC、ハンサードのオフショアラップ口座。

一昔前に、有象無象の食い散らかしで、日本人居住者の新規・追加投資お断りになってしまったことは非常に残念です。

特に積立投資は途中でほっぽり出すと損をする仕組みです。が、一任勘定などを任せて抜かれてしまうと一生パフォーマンスは向上しません。ですから、相当数いらっしゃると思われる、すでに契約をしている日本人、その方たちは20年〜30年の付き合いになるわけですから、有象無象とは縁切りした後は、しっかり永年に亘って自衛手段を考えておかなければなりません。

そんな相談は多くお受けしてますが、だいたい気になることは、フレンズプロビデントにしてもロイアルロンドン360にしても、本当に資産の自衛ができるのか?という不安があるというお話が殆どです。

積立投資の場合、(契約満了後ではなく)契約期間中に起こりうるイベントは以下のものが大半でしょう。

運用に関するもの
  • スイッチング(何度でも無料で)
  • リダイレクション(何度でも無料で)
  • レポート類、ミラーファンドリストの取り寄せ
  • ポートフォリオ構築の相談

事務に関するもの
  • 一任勘定契約の放棄とコスト圧縮
  • クレジットカード情報変更
  • 住所等変更(バスポートの更新なども含む)
  • 共同名義化、名義譲渡
  • 積立期間終了後の受取人の変更、相続人指定の変更
  • 積立の一時中断や減額
  • 一時追加投資
  • 一部解約
  • 完全な中途解約

という感じではないでしょうか?
まぁ、運用に関すること全てと一任勘定契約の放棄とコスト圧縮については、適切な代理店に移管すればそれですぐに完全解決です。事務に関することも、特にハンサードは帳票類が整備されているので、それぞれの用紙に記入し、本人確認書類、住所確認書類を添付するだけです。

特にクレジットカード情報の変更は、誰にでも数年に一度は必ず訪れるイベントです。放置すると、勝手に積立がフェイルしたりしてペナルティがかかったりすることがあるので、ここは手際よくやっておきたいですよね。ただ、事務的には新しいクレジットカード番号や有効期限を記入した用紙をアドバイザー経由で提出するだけなので、至極簡単です。

イメージ 1
そこで今日はちょっと応用編ということで、単独名義から共同名義への変更手続に挑戦してみましょう。使う帳票はDEED OF ASSIGNMENT、つまり名義譲渡の用紙です。
共同名義化なのに名義譲渡? なんか違和感ありません?
そうなんです。違和感あります。が、これをうまく使えば実に簡単に共同名義化することができるのです。
簡単に言うと、

譲渡人(Assignor) A
譲受人(Assignee) AとB

へ全部譲渡(Whole transfer)という考え方です。どうですか? これで、用紙に対する取り組み方がかなり見えてくると思います。

Assignor’s full name Aのフルネーム、住所
Assignee’s full name AとBのフルネームを並べる、住所
イメージ 2
Assignor’s signature Aのパスポートサイン

Witness’ signature アドバイザーのパスポートサイン、フルネーム、住所

次のページに行って、




イメージ 3
Assignee’s signature AとBのパスポートサインを並べる

Witness’ signature アドバイザーのパスポートサイン、フルネーム、住所

で完了です。
もちろん、A、Bともに本人確認書類(パスポートの写真のページ、行政書士先生のコピー認証必要)、住所確認書類(英文残高証明書等の原本)がおのおの必要です。
RL360クォンタムも全く同じ要領で手続ができます。

これで、独身時代に始めた積立を夫婦共同にしたり、子供が18歳(UKの成人)になって親子共同にしたりも自在です(内縁、友人誰とでも共同名義化できます)。なお、この用紙で第三者(赤の他人でもOK)へ全ての権利の譲渡も可能です。

 



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

盆にありがちなコピペ記事

4
RL360このブログではRL360は詐欺か? なんて程度の低い話はいたしません。もっとも、このご時世ですから、チャイナリスクの高まる香港法域から代理店移管したい、または年間1%という法外な一任勘定手数料を取られていたのでは、いつまでたっても投資効果は得られないからなんとかしたい、というご相談を多数受けているのは事実です。

そんな話はどうでもよく、今日はRL360もいよいよESGを意識したミラーファンドリスト作りに精を出してきたという真面目な話です。詳しくは公式サイトを見れてばよいだけです。この記事のネタ元は公式サイトを要訳しただけのちょろいもんです。

さて、まずはESGってなんだっけ?から。 Environmental、Social、Governanceは環境に配慮し、社会的責任を保ちながら、企業としてのガバナンス、コンプライアンスも確立されている企業にのみ投資をしていこうというものです。この投資行動のことをResponsible Investing と呼んでいます。

でも、このコンセプトは新しいものではなく、太古の昔からありました。端的な例はイスラムのシャリア準拠投資でしょう。もちろんそれぞれで価値観は違いますが、正しい行いをしている相手に投資するという信念に変わりはありません。

morningstar-ratingsでは、実際にどうやって、ESGを重んじている企業を発掘するのでしょうか? RL360も独自に調べるわけにもいきませんので、Morningstar Sustainability Ratingという指標をモーニングスター社から買ってきて、星ならぬ、地球の数で投資家にわかりやすく表示しています。

実際のファンドは、気候変動対策、再生可能エネルギー、リサイクル、人的教育、水、総合の6つのテーマにわけありますので、気になるテーマをクリックすると該当するファンドがでてきます。
 


イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

RL360なんて書いたところでライブドアの検索上位は全く期待できません。ツィッターが唯一の救いです。

3
MasteringMiFID2個人の日本人オフショア投資家としても、MiFID(Markets in Financial Instruments Directive)っていう投資家保護ルールがヨーロッパにはあることくらい知ってるよ~と、言えるようになりましょう。4年前、そのために記事にしたものの復習と言う名の単なるコピペです。

このブログではこれまで、時々、イギリスの金融当局であるFCAの動きやルールについて取り上げてきましたが、大陸欧州についてはさほど注目してきませんでした。

それは単に、オフショアファンドの源流はイギリスにあり、タックスヘイブンもイギリス領が多く、オフショアファンド会社の拠点もロンドンに集中していることから、イギリスに目を向けていれば、オフショアファンドの将来がたいてい推察できるよ、という論法に立っていたからです。
しかし、Brexit voteの後は、そうも言ってられなくなりました。イギリスはイギリス、EUはEUとなるりますからね。

本題に行きましょう。何でもそうですが、ルールがあるならそれを仕切っている組織(日本で言えば行政庁)があります。MiFIDの場合、それを管轄しているのがESMA(European Securities and Markets Authority)と呼ばれるEUの金融当局で、ここの公式サイトに行けば、オフィシャルな流れは全てわかるようになっています。

が、日本人個人のオフショア投資家が、個々に公式サイトの詳細なルールブックを読むのも大変すぎますので、ここで極めて簡略的に要約しておきたいと思います。

mifid2まず、誰のためのルールか? 投資家保護のために、各金融機関がまもならなければならないルールです。 ルールは株式、債券、投資信託は当たり前で、その範囲はデリバティブ、しかもそれはなんと天候デリバティブやCO2デリバティブにまで及びます。

何をしなければならないのか? まず顧客の投資適合性をしっかり見極めなければなりません。そして取引の受注時は遅滞なく迅速に処理しなければなりません。その上で、売買時に発注した状況、成約した状況を正確に報告し、明示した手数料以外にサヤ抜きしていないことを証明しなければなりません。このルールは日本にもあります。

しかしMiFID IIではさらに突っ込んで、証券会社やファンド会社が発行するマーケットレポートなどの発行物についても、どこからどうやってコストを出したのか、ファンドから資金がでているなら、それも全て明記することになっています。無料セミナー、無料レポートだらけの日本でこれをやられると相当キツイことになりそうですね。

ところで、投資家保護のためのルールと言っても、それは投資家のためだけを思って制定されているわけではありません。(イギリスも含めた)EUの金融機関はみんなMiFID IIを守って、正々堂々と商売してますよ、だから安心してEUの金融機関(OKでたらその金融機関にMiFID passportが発行され、公告宣伝に使えるようになっている)から金融商品を買ってくださいね~、という思惑があるのです。

金融規制を厳しくすることで、逆に投資家からの信頼を買い、日本など他地域に金融機関よりこちらへどうぞと虎視眈々と狙っていることも知っておく必要がありますね。

 



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

バイクのヘルメットとマスクでは暑くて気を失いそうです。

external-content.duckduckgo.comCentralised Investment Propositions (CIPs)という日本ではおおよそ聞き慣れない言葉についてブログの記事にしておきましょう。

もちろん、将来、日本でもこういった言葉が外来語として輸入された時に、ブログのアクセス数が爆増するかもという一攫千金的な野心で記事にしているだけです。

それでも欧州ではMiFID IIという制度の発効で、日本では無料が当たり前の、マーケットレポートや提案書の類ですらも最終的には顧客からの収益から作成されているんでしょ、という発想から値付けが義務化されています。

でも、世の中、プレゼンがよかったからおたくに仕事を頼みます、というのがビジネスの常識、見積もり無料は当たり前なわけですから、そんなイギリスやアイルランドなど欧州のIFAも、いちいちレポートに料金を設定しているわけにもいきません。

アイルランドのラップ口座比較サイトとも言える、the lang cat ltdでは、110ものIFAが自分ところで有料で投資助言しまっせという宣伝代わりに、無料で、投資指南デジタル本を出版しまくっています。

欧州だけでなく、金融の制度が日本よりはるかに進んでいるオーストラリア、南アフリカ、米国などでもCIPという言葉は一般的になっています。

CPIの定義とはなんでしょうか? 私の感覚的には、ファンドでも保険でもなんでも、それを読むことで結局は特定の金融商品の販売を誘導なんでしょ、とならないもの。としています。あくまでも中立的、そして投資家のリスクの選好度、投資期間時間枠、投資対象の好みに対応して、すぐに修正していくっことができなければなりません。投資家のポートフォリオだけでなくライフスタイルは刻々と変化しますから、常に最新の状況に合わせて簡単に微調整できるCPIが秀逸なものと言えますね。

ちなみに、アイルランドやイギリスでは5年間継続提案プランとはなりますが、投資額の2%以上のレポート代を支払ってくれることもザラで、IFAが「士業」の一種としてビジネスになっている現実があります。(本当は唯の「広告」なのに)「情報」はタダだと思いこんでいる日本の文化ではちょっと無理かなぁ。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

7月はほんとに勉強会開催する日程がとれないかも、いや平日夜間でもいいから頑張らねば。

5
RL360チャイナリスクの高まる香港法域から代理店移管したいというご相談を多数受けている今日はもう眠いので本題だけ先に書いておきます。RL360 Insurance Company Limited、ロイヤル・ロンドンの一括投資型ラップ口座PIMS、Personal Investment
Management Serviceにおいて、ファンドを乗り換える用紙が更新されました。

ダウンロードしたい方はRL360の公式サイトのアドバイザーのページに飛んでください。メールいただければ転送もします。


これは、代理店に依頼しなくても、自身でも発注することができます。DEALING INSTRUCTION FORMという用紙の1枚めにFAXの送信先かメールが記載されていますので、そこにPDFにするなりして送信してください。本社のマン島までFAXすると電話代もかかってしまうので、メールがよいでしょう。

Screenshot at 2020-06-10 23-33-29

Plan number PM100 からはじまるプラン番号
Full name(s) ローマ字フルネーム(共同名義なら全員分のフルネーム)
Investment adviser 自身で発注するなら空欄可
Date sent 発注日付
Email address メールアドレス

Screenshot at 2020-06-10 23-34-38

購入ならBUY、売却ならSELL
金額とISIN、ファンド名、どの通貨から購入するか

Screenshot at 2020-06-10 23-34-51

単独名義ならPlan owner/Trustee/Authorised Signatory 1だけ使用
Signature パスポートサイン

共同名義ならPlan owner/Trustee/Authorised Signatory 2以降も使用





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ライブドアの検索上位は全く期待できません。ツィッターが唯一の救いです。

RL360このブログもヤフーブログ時代から通算してもう10年以上。普段からお読みいただいている読者の方には、「出た! 本業だか個別相談だかで忙しい日のコピペ流し記事」とお思いのことでしょう。ビンゴです。

でもRL360 移管とかコスト削減とか手数料高いとかで検索してきた方には、投資が成功するか否かの切実な問題ですし、みなさん、こういうことがきっかけで私達の投資家仲間に入られるわけですから、今日、これが初めてのライブドアブログ読者の方を心より歓迎いたしましょう。

さて、RL360にしても、その子会社となってしまったフレンズプロビデントにしても、かたや上場保険会社のハンサードにしても、保険会社が使う担当保険代理店の移管手続は、いつでも無料で(常識の範囲で)何度でもできるのは、投資家の当然の権利であるということは、十何年前から説明してきたとおりです。

保険会社が行う自身の代理店に対する信用度審査は結構厳しくて、マルチっぽい売り方、過剰なニューマンネットワークな売り方をしているのがバレるとすぐに代理店契約は解除されてしまいますから、投資家に過失がなくても、突如として代理店難民になったりもします。

代理店難民になると、情報が入らず不安になるかもしれませんが、むしろメリットは大です。それは年間最大1%という途方もなくしょうむない一任勘定手数料が消えて、それだけで結構なパフォーマンスが改善してしまうからです。

あとは、一任勘定手数料を取らない代理店をゆっくり探せばよいでしょう。

ただし、代理店が見つかったからと言って、運用を丸投げはできません。そもそポートフォリオというものはアドバイザーと相談しこそすれ、最終的には自身で判断するものです。一任勘定にこだわるのが日本人や内地の中国人ばかりで、イギリス人はほとんど自身で判断しています。彼らに言わせると、せっかくいろいろ吟味して、相談も受けて、ファンドを選んで、成長を見守る。そんな最高の楽しみをなぜにアホみたいに高い手数料を払って人にやらせるの? ということなんです。

ま、この感覚がわかる人だけが、ここの読者として継続したお付き合いができるのでしょうけどね。

じゃあ、自分で選ぶっていってもその前提になる情報はどこから集める?

大したことではありません、RL360クァンタムにしても、日本のファンドラップに比べれば無限に多いように見えますが、それでもミラーファンドの数は1百から2百程度に限られてます。

これらのファクトシートをダウンロードできれば、自身でゆっくり吟味もできますし、疑問点をアドバイザーに質問しやすくなります。

では、早速行きましょう。RL360の公式サイトのアドバイザーのページに飛びます。


すると、あなたはアドバイザーですか?と英語で聞かれるので、はい、アドバイザーですにクリックしましょう。すると、バッチリファンドセンターというページに入り、一覧表の中からAsset Nameの欄にあるファンド名をクリックすると、各ファンドのファクトシートRL360版がでてきます。

あとは入れ替えるなり、パフォーマンス順に並べるなり、通貨でフィルターかけるなり自由に検索してみてください。






イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ライブドアの検索上位は全く期待できません。ツィッターが唯一の救いです。

1
logo_friends日本人のオフショアファンド投資家の間で、フレンズプロビデントと言えば、有象無象業者やねずみ講まがいのヒューマンネットワーカーが使い倒して社会問題にまで発展し、とかく悪いイメージがあるのですが、誤解なきように明記しておくと、親会社のFriends Lifeは保険会社としては一流、しかもそのFriends Life自体が超大手AVIVAグループの傘下に入り、さらには2017年7月にRL360ブランドを持つ、International Financial Group Ltd.に身売りが発表されと、金融淘汰の波に翻弄されているブランドです。

となると、個人投資家にとっての問題は、経営統合による合理化です。FPIも立派な保険会社ですが、さすがにアビバから見たら赤子の手です。リストラの対象になるのも当然でしょう。FPIシンガポール支店が閉店となって永く経ちますが、ついにはその波が香港にまで押し寄せてきました。

香港で契約した投資家にはエアメールで手紙が届いています。

2ページにわたって、英語でしたためられていますが、内容としては簡単です。要するに、2020年4月末を以て、エリート、リザーブ、プレミア、ゼニス、サミットなどの投資ラップ口座の新規申込を香港域内で終了したというものです。

ただし、27万件あると言われている既契約の投資家には直接的な影響はありません。新規開設はもちろん、追加投資もで一切きませんが、これからもサービス停止や強制解約といった動きにはならないのでご安心を。

もっともチャイナリスクなどを勘案したら、香港域内の代理店からは外に移管しておいた方が無難でしょう。






イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ブログの記事の上についている星の数はとくに何かと連動しているわけではありません。気まぐれです。

この手の記事を書くと、焦った有象無象がどっとブログを見に来るのですが、私としてはアクセス数増やしてTポイント欲しいだけなので、何方様でも来ていただければ願ったり叶ったりというわけです。これでアクセス数600越え目指します。といっても、アクセス数と記事の内容ってあんまり関係ないんです。アクセス数はたとえその日の記事をまだ書いてなくても、月曜日が多めで、週末が少なめです。ですから、今日みたいにヒットしそうなキーワードを並べても当日は急にアクセス数って伸びないものなのです。まぁ、SEO対策話はどうでもいいとして、本題は全てのオフショア投資家にとっても値打ちのある内容なので、さっさと先に進みましょう。



有象無象の寿命よりも自身の投資期間の方が長いわけですから、オフショア金融商品への投資家がたとえ今でなくでも将来的には必ずといっていいほど経験するのが、代理店の移管です。

イギリスを発祥とするIFAをはさんでのファンドやラップ口座などの購入は、日本では言えばさしずめ相乗りの保険代理店と同じ仕組みです。イギリスのIFA制度はある部分ではそっくり日本でもコピーされているのです。例えば、日本ではスーパーやショッピングモールの一角によくみかけるようになった、保険見直し某とか保険料比較サイト運営者のような独立系の保険代理店で契約した生命保険は、いちいち保険契約を解約することなく、基本的にいつでもどこにでも代理店移管をすることができます、懇意にしている保険外交員が転職するたびに付き合いで移管しているという人も多いでしょう。独立系保険代理店は見積もり比較やフィナンシャルプランニングをして被保険者に最も適当と思われる、または代理店に最もバックマージンが厚い商品を提案します。

海外でも日本でも投資信託と言われる金融商品の仕組みは全く同じであることと同様に、金融商品販売のプロセスにおいても日英でさほど違いはありません。とはいえ、それはそれ、やはり別の国ですから法令上の差異があるため、ピッタリ当てはまるものはないかもしれません。しかし、オフショア金融商品と似たものやイメージするための参考になるものは日本にも数多く存在します。こうやって考えると、オフショア投資もさほど怖くない気がしてきませんか?

オフショア金融の場合、島国とは異なり、さらにスケールが大きくなります。IFAともブローカーとも呼ばれるいわゆる代理店は旧イギリス連邦諸国を中心に星の数ほど散らばっており、なんと、ごく例外を除いて、基本的にはどこにでも国をまたいで移管することができるのです。例えば、香港で飲茶しながら乗せられて契約したフレンズプロビデント・プレミアの積立投資を、いきなりジンバブエのIFAに移管することだってできるのです。ジンバブエなんて大丈夫?と思ってはいけません。投資先の信用力は全てフレンズプロビデントに由来しており、IFAが一人で自営であろうと150名のアドバイザーを抱える大手であろうと、どこの国に所在していようとも信用リスクには全く影響はありません。

ただし、ここで「あらゆる国」としている場合でも全てアメリカは除きます。この国だけはレーガン大統領時代以来、オフショアとは別世界になっています。また、イギリス内外やオーストラリア、ニュージーランド内外を挟んでの移管は可能ですが、事務的に少々厄介なことも起こりえます。さらに、この話は日本国籍の方が前提です。

では、これまでの投資家仲間の皆さんの移管経験やノウハウを踏まえて、よく相談があるファンドやラップ口座について移管の可否を検証してみましょう。なお、移管自体に費用は一切かかりません。無料で(常識の範囲で)何度でも代理店移管できるということは、ファンド会社やラップ口座会社が投資家に与えた当然の権利だと考えてください。


ケース1(ほぼ100%簡単に移管可能なもの)

用紙一枚二枚で簡単に代理店移管ができるものです。基本的には投資家が書いた手紙形式の依頼書で受け入れてくれます。ハンサードや、チューリップ、エーデルワイスなどしっかりとした帳票が整備されている会社もあります。専用帳票が制定されていない会社のものでも、とりあえず、新しい代理店に相談したら、適宜の用紙をアドバイスしてくれます。新しい代理店の所在国は基本的に問われません。

生命保険会社のラップ口座(積立投資型・一括投資型とも)
  • フレンズプロビデント
  • ロイアルロンドン360
  • ハンサード
  • ロイアルスカンディア
  • スタンダードライフ (インターナショナル、つまり香港で契約したもの以外)
  • ジェネラリ(utmost)
  • AXA
  • チューリッヒ
  • モーメンタム
  • インベスターズトラスト




ケース2(特定の地域内ならほぼ100%簡単に移管可能なもの)

香港の中でしか移管できないもの
スタンダードライフ香港現法
サンライフ
FT LIFE

ケース3(移管が極めて難しい、またはできないもの)

そもそも移管という発想もないもの
Winton Futures Fund(そもそも個人投資家とはサヨナラモード)
各オフショア銀行口座


特にフレンズプロビデントやハンサードなどで、投資契約に加え一任勘定契約をしていた場合、移管することによって自動的に一任勘定契約(といってもだたの包括代理人届)は解除され、無駄なコストは移管完了以降かからなくなります。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

大阪の投資家さんと個別相談しましたが、さすがにGWも移動できないから、と電話にしました。

the-black-swan-theory-3-728
ブラック・スワンについては、先月の記事の続きです。このマーケットの荒れ具合にもかかわらず、案の定というべきか、ライブドアブロクでは全くアクセスが増えません。これ以上の対策は無理でしょうかねぇ。

前回の記事で、ブラック・スワンとはそれが起こるまでは常識人はだれも予測しなかった事柄にもかかわらず、起こってしまったら、またすぐ起こるかもと恐怖に包まれてしまうような現象のことをいいます。

金融マーケットにおいてのブラック・スワンの最も端的な例は、よく9.11が挙げられます。リーマンブラザーズやエンロンの破綻、日本では山一やたくぎんの破綻というのは、たしかに信頼はありましたが、予兆がなかったわけでもありません。これらは、極論すれば、「我が子に限って」理論の範疇で、予測できないわけでもなかったわけです。

それに対して9.11はさすがに無理です。少なくとも金融マーケットにおいては予兆も全くありませんでした。

では、コロナウイルスというブラックスワンイベントではどうでしょうか? コンピュータプログラムでこれを予測することはできませんでしたが、直感的な確かに予兆のようなものはありましたよね。テクニカル的にはサインがなく、直感的にもそれを中国をことさらに劣等生扱いして「我が子に限って」願望に頼って無視しようとした結果、現実となった瞬間に、無視していた分も一気にきてしまいパニックになってしまったということです。

そして、こういったタイプ、予兆はあったけどみんな無視していてエネルギーを溜めてしまったというブラック・スワン事象は金融マーケットに対するインパクトも長引いてしまいます。

9.11はさすがに再び起こることはないでしょうと思えますが、リーマン・ショックだと、またもっと大きな波が起こるかもと連想してしまうようなものです。

今回のショックがどこまでインパクトを与えるかを今から考えるより、今回のようなインパクトが将来も起こりそうと感じる力、つまりぱっと感じる直観、これまでの常識、そして何よりシンプルさに頼る場面もあるということなのでしょう。

今度は同程度か軽症で済むのか、そんな観点で見ておくと、長い分散投資の人生において、少しでもマーケット経験を積めることになるはずです。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

法人の全部事項証明の英訳が満載で目がしょぼしょぼしてます。

ブログにネタバレさせてしまうと、折角遠方から、あるいは自転車でわざわざ勉強会におこしいただいた方に失礼にあたります。 私も若い頃から営業マンとして修行を積んできましたが、とにかく、足で稼いだネタが一番です。ネットの検索なんかで、しかも無料でそんなとっておきのネタがはいるはずがないですよね。

ですが、行きたくても遠方で行けんのよ、関東-関西の間だけでなく、せめて福岡には来てくれ、というリクエストの多く、ご不便をおかけしているのも事実。そこで、ちょっと個別相談の電話やメールだけで話が繋がるように断片的な情報だけ先にお流ししておきます。

以下は、スタンダードバンクのマン島支店の例です。スタンダードバンクはご存知スタンダードチャータード銀行から暖簾分けした弟分のような銀行ですが、いまでは資本関係はほどんどなく、スタンダード銀行は南アのトップバンクの地位を維持しています。日本にも駐在員事務所(支店ではありません)があるため、マン島あたりにオフショア海外口座開設を検討するにしても、私はこの銀行を真っ先に対象から外していました。

ですので、口座保有者ではなく、第三者的な一般情報になりますのでご了承ください。
スタンダードバンクからはすでにAuthority to Disclose Client Informationというレターが来ています。これにサインしなければ近い将来、強制的に口座解約も辞さない構えになるかも?

これは、直訳すると、第三者に銀行が保有している個人情報や口座情報(残高、入出金履歴、配当金など受取履歴、定額自動送金の有無、解約するとその記録など)をその認めた第三者にいつどれだけ開示しても免責されるという念書です。

この手の念書は日本の銀行でも実はなにげなくよく差し入れている書面で、銀行とその提携しているクレジットカード会社、また住宅ローンを組んでいれば保証会社や保険会社などが典型例です。

が、この開示先に「あなたの居住する法域の税務当局等」と書けと言われる時代が2017年には間違いなくやってきます。いや、マン島の銀行口座ならマン島の法律で一律に被されれば、銀行が顧客に了解を取っていちいち念書を取る必要もなくなります。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

とりあえず古い記事のコピー。でもなんかふるさを感じないのはなぜ。

no title南アフリカ大手の保険会社でもあり、オフショアラップ口座を提供する会社でもある、Old Mutual Internationalが本日よりQuilter Internationalに社名とブランドを変えることとなりました。 オールドミューチュアルは最初から日本人(本邦居住者)の口座開設お断りのスタンスだったので、海外に赴任するなど、お仕事をされていた方しかお持ちになっていないはずです。

なので、このブログの読者の方の中でも、滅多に相談をお受けしないラップ口座ではあるのですが、名前が変わるとなると、一大事(ネットの検索とかで)ですから、ブログに書き残しておくことにしましょう。

facts-about-quilter

とにかく、Old Mutual International Isle of Man LimitedやOld Mutual International Irelandが組成しているミラーファンド名や商品名がかわるだけでなく、公式サイトやメールアドレスのドメインまでかわります。ということは既保有の投資家にとっては、いままで繋がっていたカスタマーサービスといきなり連絡が取れなくなる、なんてことも起こりうるわけです。

上場企業グループなので、検索したら、すぐに出てくるのことになるのでしょうけど、やはりこれは注意が必要ですね。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

東京では今年もスタッドレスタイヤはかなくて済みそうな勢いですね。


5
Association_of_Professional_Financial_Advisers_logoオフショア投資商品の契約後、18ヶ月後あたりから、急に紹介者と連絡が取れなくなってしまうという、オフショア難民とか海外積立難民とか、意味不明な言葉で検索する人が増えてるようです。

まぁヒューマンネットワークなんてそんなもんですから、ネットで検索すると、そんな話は最初からそうなることはわかっているわけで、そこに特段の驚きはありません。

紹介コミッションは積立金額×積立期間で計算されるという話、それをヒューマンネットワークな人たちで山分けしているという話は事実です。

そこで、このブログでも図にのって、そんな寂しい時代の単語でも検索上位を目指していくことにいたしましょう。ってライブドアブログだとそれも苦しいんですよね。ヤフーだった時代はほんと楽勝でした。愚痴です。

オフショアのラップ口座を提供している保険会社や信託会社は世界中に数多く存在しますが、そのほとんどがイギリス人やその他のヨーロッパ人のためのもので、税制のメリットを全く受けられない日本人からみると、単なる純投資目的の金融商品ということになります。

有名どころでは、フレンズプロビデント(RL360の子会社)、スタンダードライフ、ハンサード、FT LIFE、コーンヒル、インベスターズトラスト、ジェネラリ、プレミアトラスト、RL360(旧ロイヤルロンドン)、サンライフ、モーメンタム、カストディアンライフなどです。

そのうち、これからこの先、特に問題となるのは、チャイナリスクの高まる香港から法域外へ移管することができない商品です。

もうその言葉の説明はこの1年ですっかり必要なくなりましたよね。チャイナリスクの高まりで、香港に資産を置いておくことが今の所少々不安というイメージが定着してきました。銀行預金なら、インターネットバンキングででも使ってとっとと外国送金してしまえば良いのでしょうけど、超長期の積立型投資だと、そうもいきません。満期まで香港が今の制度でいられるのか、なんていう仮の話です。

すると、香港で契約したとしても、香港外へ移管できる商品が強みを発揮します。フレンズプロビデント、RL360、ハンサード、ITA(信託会社が香港)、カストディアンライフ、コーンヒルなどは問題ありません。

やっかいなのは、世界的な大手保険会社でも香港現地法人になっているケースです。スタンダードライフ香港、サンライフ香港、FTライフ香港は、香港の業者間の代理店移管はできても、それはしょせん五十歩百歩。しょせんは香港の外へ資産を持ち出すことができません。

ちなみに、これらのラップ口座を移管したり、解約するのにかかる費用はせいぜい2万円程度です(20万円じゃないですよ、全部で2万円です)。業者に払ったバックマージンに比べたら50分の1から100分の1かしら?





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

全くもっと雑な記事ですみません。仕事もあるのでたまには手抜きさせてください。

the-black-swan-theory-3-728ブラック・スワン理論、日本語ではまだまだ記事が少ないので、ブログのSEO対策のために題名に選んでみました。なんていつも本音を書いてしまうので、かるーいブログのように思われがちなのです。

それでもこういうマイナーなキーワードを差し込んでおくと、面白いことに、突如としてアクセスが1千単位で盛り上がったりするんですよね。過去の記事でココボンド、ココ債なんてのが最たる例です。

それもライブドアになってから全滅ですが、、、、


それはさておき、ブラック・スワンとはなんでしょうか?

金融マーケットにおける、ブラック・スワン(Black Swan) とは、とにかく突き抜けて特異な出来事、先日の記事にしたアノマリーよりもさらに予測不能なレアケースであって、でも決して起こり得ないことではない出来事ののことです。

金融マーケットのインパクトとしては9.11などが例として挙げられることが多いです。

このブラック・スワンというのがまた厄介で、それが起こる前に予測していた人がいたとしても、奇人変人、エキセントリックと評されるだけなのですが、一度起こってしまうと、皆が再来を確信し、再来が当たり前のように語られます。

今は年初ですから、どうしても2020年のマーケット予想的な記事が出回りますし、読者も読みたがります。当然、2020年のブラック・スワンは? なんてお遊び半分の極端な予測もでてきます。

イギリスがBrexitの舵取りを失敗してポンドの大暴落、行き過ぎた株価の大調整をきっかけにアメリカのゼロ金利政策の復活、イランとアメリカの開戦で原油価格の急上昇、米中貿易戦争の激化で、コモディティ価格の続騰など、ブラック・スワン予測はそこらじゅうに転がっています。

でも、考えてみてください。こういった予測は、すでに予兆があって、それが後戻りできなくらいに発展したら、という予測にすぎません。

ブラック・スワンというのは、本質的には予測不可能な事象を予測することです。9.11に予兆があったでしょうか? 9.11を予測して空売りしていた人はいるでしょうか? そんなもん絶対いません。

ブラック・スワンに予兆はありません。予兆もないのに、それを根拠にマーケットにポジションを持つこともありません。要はそんなことは考えずに、日ごろから分散投資を継続しておけということです。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

法人の全部事項証明の英訳が満載で目がしょぼしょぼしてます。

balloon-car-loan日本では、元利均等返済型や期限一括返済型がメジャーですが、アメリカではこれらだけでなく、バルーン返済型も馴染みのある住宅ローンの返済方式になっています。

バルーンローンとは、いわゆる均等返済型ではなく、期間中の返済負担を軽くする、または途中で返済不要にする分、期限で返済しなければならない金額を大きくしたものです。

つまり、毎月の返済を行っていても最終期限までに完全に返済することができないローンというわけです。

最後まで完全に返済されていないわけですから、ローンの残りの元本残高を返済するために、期間の終了時に「バルーン返済」が必要になります。

バルーンローンは一般的に、長期の借り入れを起こす住宅ローンよりも金利が低く設定されているため、とりあえず期限を短めに切られても、金利を低く抑えたいという借り手にとって魅力的な商品といえます。

そして、バルーン返済とは、住宅ローン、ビジネスローンなど資金使途にかかわらず、バルーンローンの最終期限に支払うべき、非常に大きな返済のことをいいます。

バルーン返済型のローンを組めば、ほとんどの借り手は、バルーン返済の資金を持ち合わせてはいないため、期限がが近づくと住宅ローンの借り換えを探すか、ローンの返済期日前には不動産を売却しなければなりません。






イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

デスクワークで腰がいたい〜

ビットコインももはや入口より出口を考える時期、それも超えて実需のために向いてきた時代にはいりつつあります。オフショアラップ口座の中でビットコインを売り買いしたり、いままで直接投資していたビットコインを売却することなく組み込んでしまうラップ口座があるという話はあまりに好評だったので、忘年の前にこの話題について触れてから乾杯したいと思います。

もちろん、それ以外にも今年起こったり進んだ良い話、悪い話ともブログに出せない話題は満載です。





東京 蒲田 勉強会と忘年会


日時 12月28日土曜日 17時から19時まで
場所 東急蒲田駅から10分
定員 16席(残り14席)
参加費 5,000円(お酒を全く飲まない方は3,500円) いつもの資料コピー代こみ



筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

Google スプレッドシートでUSDJPYのチャートなどが自動でフィードできるんですね。

ダウンロード (1)インベスターズトラスト、サンライフ、スタンダードライフ、ロイアルロンドン(RL360)、フレンズプロビデント、そして今日の話題に取り上げるハンサードなどが提供する積立投資ラップ口座などの金融商品はその殆どが技術的な問題を除いてまず簡単に移管ができる。これはラップ口座保有者が持つ正当な権利であり、無料が当たり前の話です。

と、ここまではもう数年間に亘り、ブログにも書き続けていますので、もはや常識の領域でしょう。しかし、こういった記事を出すとはじめての方からの相談をそれこそ年間百件ちかくもといただくことから、まだまだ海外投資家全員にまでこの「常識」が行き渡っているわけではないようです。

そこで、このブログでも忘れないような頻度でこういったTIPS的な記事を再掲載しておくつもりでいます。

今日は完全解約の用紙の書き方です。INSTRUCTION FOR SURRENDERという用紙を使いますが、私も原稿は持っていますので、欲しい方はメールいただければ転送可能です。

キャプチャ4444

1. Personal information
投資家の顧客情報を記入します。アスパイアとUPPなど、ポリシーを二つ持っていいる方は、二個までかけます。

キャプチャ4445

2. Bank account information
解約金の受け取り銀行口座の情報を記載します。USD建てのポリシーの場合、ニューヨークを経由することになりますし、円建てでも、各銀行に外国送金被仕向けの方法について問い合わせておいた方がよいでしょう。日本では口座番号は支店番号3桁-口座番号7桁で書くのが通例です。


キャプチャ4446

6. Declaration
ポリシー保有者のパスポートサイン(またはハンサードに申し込んだときのサイン)を署名します。共同名義の場合は、下段も使用します。

これに、認証済のパスポートのコピーと、電力や水道の検針請求書や住民票の写しなどを英訳したものの認証済コピーが必要になります。自分で公証役場にいって私署認証してもらっても時間とお金の無駄になりますから、お気を付けください。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ポンドドルの上昇でほっと一息。

ビットコインももはや入口より出口を考える時期、それも超えて実需のために向いてきた時代にはいりつつあります。オフショアラップ口座の中でビットコインを売り買いしたり、いままで直接投資していたビットコインを売却することなく組み込んでしまうラップ口座があるという話はあまりに好評だったので、忘年の前にこの話題について触れてから乾杯したいと思います。

もちろん、それ以外にも今年起こったり進んだ良い話、悪い話ともブログに出せない話題は満載です。





東京 蒲田 勉強会と忘年会


日時 12月14日土曜日 17時から19時まで
場所 東急蒲田駅から10分
定員 16席(残り15席)
参加費 5,000円(お酒を全く飲まない方は3,500円) いつもの資料コピー代こみ



筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

雨でバイクが使えず、移動に苦労してます。

FPI_LogoFriends Provident International Limitedが販売している、保険性積立型のオフショアファンドラップPremier, Premier Ultraは通常20年~30年という超長期でコツコツと積み立てる商品設計になっています。国内で例えるなら401Kがもっとも近い仕組みをもっていますが、その商品性は四半世紀遅れていると言っても過言ではないので、直接的な比較はできません。

日本の個人年金は選べるファンド数があまりにも少なく、とてつもない手数料を何の説明もなしに、強制的に取られます。それも国民に選択の余地はありません。

それに比べればFPIプレミアやRL360クォンタム、ハンサードアスパイア等は、それ自体の手数料はとても高いものの、それらは包み隠さずすべて明記しているだけマシですね。

もっとも読者のご質問ではよく理解しないまま、数年前に申し込んでアップアップというケースも多いようですが。

さて、どうしてアップアップになるかというと、原因は2つです。

1つ目はもちろん、無理なプランニング。イニシャル期間が終わったら減額できるからと、毎月の積立金額と、満期までの積立期間を著しく高く長く設定しているケースです。

ヒューマンネットワークで積立投資を斡旋している人たちのバックマージンは契約時の積立金額✕積立期間で決まるので、と説明すればもう足りるでしょう。

2つ目は一任勘定手数料です。

毎年、保有額の1%も取られていたら、どんなにうまく運用しても、パフォーマンスの激減は自明です。

 

続きを読む

ビットコインももはや入口より出口を考える時期、それも超えて実需のために向いてきた時代にはいりつつあります。オフショアラップ口座の中でビットコインを売り買いしたり、いままで直接投資していたビットコインを売却することなく組み込んでしまうラップ口座があるという話はあまりに好評だったので、忘年の前にこの話題について触れてから乾杯したいと思います。

もちろん、それ以外にも今年起こったり進んだ良い話、悪い話ともブログに出せない話題は満載です。





東京 蒲田 勉強会と忘年会


日時 12月14日土曜日 17時から19時まで
場所 東急蒲田駅から10分
定員 16席(残り15席)
参加費 5,000円(お酒を全く飲まない方は3,500円) いつもの資料コピー代こみ



筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

雨でバイクが使えず、移動に苦労してます。

イギリスをはじめとする旧大英連邦諸国地域、例えはオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、UAE、ケニア、ジンバブエ、香港などで発展しているIFA制度ですが、ファンド会社は大企業が多く、IFAは中小企業や個人事業主という形態が多いがゆえに、投資家としては、宿命的に移管という仕組みが必須となっています。移管にかかる費用は無料で何度でもどこの国のIFAにでもできるのが原則です。

ファンド会社がメーカーなら、ブローカーやIFAは卸業者や小売店にあたり、殆どの家電製品が買ったお店でなくても修理相談を受けてくれるのとほぼ同じ感覚です。

そんなIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)を変更することは通常は私製に手紙をフレンズプロビデントや、ロイアルロンドン360、ハンサードなどにペロッと出すだけで完結しますが、そんな手紙をしかも英語で書いたことのあるオフショア投資家もまずいないでしょうから、そういった相談はメールbyh00122@yahoo.co.jpでお受けしています。

但し、いわゆる一任勘定の相談は受けていません。あくまでも無駄な費用はかけず(ぜいぜい2万円程度)、自身の大切な資産は自身で守って殖やしたいという方のみ相談をうけています。最初から人任せにしようという発想の方は、それなりの費用をかけてそれなりの業者を頼った方がいいでしょう。

プレミアやアスパイア、クォンタムなどの積立投資ファンドのミラーファンドの数は、多くてもせいぜい約200種類です。このリストから自身の方針にあったファンドを選択できるようになるまで、勉強会なら2時間、個別の相談なら1時間もあれば十分です。

IFA移管は、メーカー側、つまり保険会社やラップ口座が断ってくることはまずありません、メーカー側からの費用請求もありません。移管後でも、顧問料や年会費などの名目でIFAから請求されることもないのが、日本以外のIFAの世界では常識です。

また、移管手続がいきなり中断されることもありえません。中断されるとすれば、それはメーカー側から卸としての資格を取り上げられたなど個別の事情があるのでしょう。

一昔前のフレンズプロビデント・プレミア、今ならRL360やITAのような商品を使って、不誠実なリスク説明しかしない、ヒューマンネットワークを使ってねずみ講まがいの販売を繰り返したりすると、日本だろうと香港だろうとIFA代理店資格は予告なくある日突然に剥奪されます。保険会社にとっても投資家とは20年、30年の付き合いになりますから、それなりの気概を持って、そして責任を負っています。が、その間にはいるIFAが最初から売り逃げするつもりであれば、投資家はもちろんですが、保険会社から見てもたまったものじゃない、ということなのです。

移管後の新しいIFAとの付き合い方のコツは一つです。関係を末永く対等に保つことです。マトモなIFAは積極的に移管を勧誘することがないのはもちろんですが、たとえ気が合って、移管した後もよもや乗り換え勧誘と取られかねないような言動を取ることはありませんが、移管投資家の個別相談を嫌がったり、投資家からの問いかけに無視することはありあません。。末永く、かつローコストでオフショアファンドやラップ口座の維持管理を継続させたいという投資家にニーズを叶えるためには当然のことでしょう。



ここまで書いてハタと気がついたのですが、オフショア投資で代理店に恵まれない投資家がいるなら、有象無象の下で働き、履歴書を汚してしまったというIFAもいるはずです。海外投資とは関係ありませんが、リーマンショックの後、突然のリストラから這い上がった経験のある小生が相談相手としておやくに立てるかもしれません。そんな我こそはマトモなIFA、金融マンだったという方からの個別の相談(再就職支援ではありません、メンタルトレーニングです)も受け付けてみようと思います




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

この記事はアクセスあがるでしょうねぇ。

external-content.duckduckgo.comReyker Securities Plc という個人向けの証券会社がロンドンにありました。この証券会社は、以前から売却を模索していたようですが、買収してもらう先が見つかる前に資金繰りが悪化、10月8日には裁判所の決定を受けて、事実上の破綻をしています。

これをイギリスではSpecial Administrationと言って、裁判所から指名された、管財人(たいてい弁護士)が資産の一切を管理する状態となることです。アメリカでも同様の制度があります。

と、この程度の雑な説明では満足されない読者層を持つブログですから、出処はしっかり入れておきましょう。

The Investment Bank Special Administration Regulations 2011 (subsequently amended by The Investment Bank (Amendment of Definition) and Special Administration (Amendment) Regulations 2017, “Special Administration Regulations”)

条文はここから閲覧することができます。

Financial Conduct Authority (FCA)、すなわちイギリスの金融庁に相当する監督官庁でもこの動きは把握されており、The Financial Services Compensation Scheme (FSCS)という金融機関補償機構ともいうべきスキームにて救済措置についても基本的にはGBP85kまでの損失補償がなされます。

個人顧客だけでなく、信託会社としての信託勘定も預かっていますが、これらも手続きに時間がかかるとしても、分別管理されているため、返還はなされます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ライブドアになってから、都道府県別のアクセス数がわかるようになりました。。続きを読む

OECDにて2017年からタックスヘイブンとG7主要国間で税に関する自動的情報交換(CRS)を開始することも背景の一つですが、最近、オフショア生保ラップ口座会社の業界再編が進んでいます。オフショア生保業界再編は基本的に歓迎すべきことだと考えています。なぜなら、20年とか25年も硬直的な契約を交わしして、老後に備えるための積立をしている会社がおかしくなってもらってもいいのですか? と聞かれればたちまちその答えはでてきます。 

私がブログの記事で話題に出すのは、その会社の体も検討した上で社名を出しています。

アビバの傘下となり、さらには皮肉なことにそのライバルのRL360に買収されてしまったフレンズプロビデントは、企業文化的に合わない人たちがITAに行ってくれたので、かなり相性があうようになりました。そして、ハンサードやオールドミューチュアルは言わずもがなの上場企業ですし、素人が財務内容についてとやかく言う筋合いもないくらいの大会社です。そう言えば、モーメンタムもMMIという上場企業の100%子会社です。

となると、付き合える積立投資のラップ口座会社としては、独立して非上場とはいえ、その筋が良い、ここが安心して長く付き合える最下限になります。ま、この保険会社も小粒で光る会社として、再編されてしまえば、日本人お断りになる可能性が高く、積立にしても一括にしても、やるならTINの発行される前、という説は案外正しい考え方でしたね。

ちなみに、なぜハンサードやフレンズプロビデントが日本人お断りになっているか? は勉強会でのみお伝えします。 ヒント;ねずみ講まがいの有象無象業者のせいではありません。


続きを読む

今日は細かいようで案外と重要な小話を一つ。

passport-templateオフショアファンドを購入したり、オフショア積立投資型、一括投資型ラップ口座や海外銀行口座を開設するにあたって、パスポートなど本人確認資料の提示が必要なのは洋の東西を問わず同じです。

今更、業者にカモられるために、自らのこのこ行く人もいないでしょうけど、香港などの現地に渡航して、得体のしれない人達のサポートを受けて銀行口座を開設するとなれば、とにもかくにもパスポートや国際運転免許証の原本を持って行けば、用は足ります。

しかし、RL360やインベスターズトラスト、プレステージ、カストディアンライフなどのラップ口座の場合、そもそも現地窓口なんてものはありませんし、ましてや香港などに渡航する必要は一切ありません。そもそも彼らは郵送でしか受け付けないのです。

しかし、昨今のマネロン問題やCRSフォームの厳格化の動きを鑑みると、本人確認書類、住所確認書類の提示は厳格に行わなければなりません。

Island_HSBC_Largeそこで、有資格者による、原本確認とそのコピーが真正なものであるという証明が必要になってきます。ここでいう有資格者とは、日本の法律に照らし合わせると、弁護士、行政書士などとなり、かつ海外からその加入団体に加盟している資格者であることをWEBなどで確認できることが必要です。

WEBは英語でなくてもかまいませんが、漢字が一致している人が名簿に公開されていなければならないのです。

ちなみに、日本ではNotary Publicという英語を直訳すると公証人になると勘違いして、公証役場で公証人の面前私署認証をしてもらう投資家さんがいらっしゃいますが、これは無意味です。

日本の公証人はNortaryです。Notary Publicではありません。

署名した人が実在することを証明してくれますが、そのコピーが本物からコピーされたものだということは宣誓してくれません。日本で「事実認証」ができるのは弁護士か行政書士になります。

一番多いのは、公証役場で11,500円を使ってから、手間暇かけて結局なんの役にも立たなかったとお怒りになって相談をされる方ですね。世の中、時々は無駄なことをしてしまうものです。財布落とすよりマシだと思って諦めて、冷静になってから相談してください。

続きを読む

香港金融管理局。私にとって、Hong Kong Monetary Authorityといえば、長い間、米ドルへのペッグを維持するために、香港ドルの発券銀行に対して、種々のコントロールを行う、絶対的な存在という認識でした。それは日本に居ても香港ドルという紙幣を扱う限りは、その規制が及ぶため、デモに象徴されるようにチャイナ化している現状においても、よくよくその動向を察知しておかなければならない相手です。ちょっと雑すぎるかもしれませんが、日本で言えば、金融庁に日銀の機能をミックスさせたような組織になっています。

ところで、香港と言えば金融の街。金融の主役は銀行。特に街中には銀行の支店が目立つ存在となっていますが、しかし香港は、大昔から保険業のメッカでもあるのです。大陸中国には生命保険が全くなかったからその分香港に集中したということもありますが、そもそも香港は貿易大国なので、必然的に傷害保険のマーケットも大きいのですよ。

そして、個人向け金融商品の倫理的な部分を監督する、日本で言えば金融庁やイギリスで言えばFCAが行っているような部署で、保険業を担当するのは、香港特別行政区保険業管理局、Office of the Commissioner of Insuranceという行政機関があります。

ここが通達はguidance noteと言います。通達という訳はあまり適切ではないかもしれません。というのも、日本で言うところの内部機関向けの通達ではなく、外部に向かって拘束力をもつ告知ですから、もはや省令と言ったほうが正確な気もします。

その中でも特に気になるのは15番と16番


ではないでしょうか。昨年末に15番を出して、最近、16番で15番を補完するような形になっています。


要するに、リスク説明、手数料体系の説明を省略することは許されず(これまでは、契約者が望めば、省略することができたので、知らないうちに、省略してくださいにチェックを入れさせられていたケースも多数あり)、これら説明を「契約書の言語」で怠り、また理解していることを確認できなければ厳罰です。粗悪な有象無象はどんどん退出してもらい、結果的にマーケットがクリーンになることを目的としているのです。

これで、どんな影響がでるのでしょうか? 投資家にとっては特にありません。
この読者が契約しているであろう契約当事者の保険会社本体への通達ではなく、保険代理店つまりIFAに対する通達なので、ぶっちゃけ中間業者が消えようが処罰されようが、既保有の保険証券や契約がどうにかなることはありません。ただ、粗悪な有象無象に頼っていると、いつの間にかいなくなることがあるかもしれません。一任勘定なんて任せていたら悲惨です。

既保有の契約はちょっとしたコツを掴めば、いつまでも長く、自身の力だけで続けることができます。あとは、このブログに出会うか、そして目覚めるか次第です。かね。
 



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

29日の日中に新大阪個別相談会実施します。予約は早い物勝ちで。 

イタリア最大手クラスの生命保険会社、ジェネラリが運用していたビジョンなとのラップ口座が身売りされ、Utmost Worldwide Limitedに譲渡されました。

正確には、ジェネラリグループの部門子会社である、Generali Worldwide Insurance Company Limited.を Utmost Group of Companies が買収することで、そこで開設しているラップ口座とその投資家はすべて移管されてしまったというわけです。 

移管というと不正確ですね。Generali Worldwide Insurance Company Limitedを相手に取引していたものが、そのままそっくり Utmost Worldwide Limitedに社名変更してしまっただけです。相手方の当事者がかわったわけではなく、単に相手方の名前がかわっただけのことです。

その新会社が使用しているブランド名が、 Utmost Wealth Solutions というわけです。

もちろん、ラップ口座の手数料体系や、商品設計がかわることはありませんが、取り扱うミラーファンドの構成や取扱い方針は今後変わっていくことは予想されます。

日本人への新規開設お断り方針がかわることはないでしょうけど。


イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

勉強会と暑気払い会で忙しくブログは貯め記事ですみません。

今日は、自分で継続できるオフショア積立投資、フレンズプロビデントで自分のマイナンバーを申告しておく用紙にどうやって記入するのかの記事です。

もうとっくに提出しているべきものなのですが、こんなブログを書いているからか、メールからはじまり電話やお会いしての相談の中で、全く出してない、そもそもそんなことになっていることも知らない、という方も多くいらっしゃいます。

マイナンバー(個人番号)を申告するには、Self-certification form の中で、Declaration for an individualという用紙を使います。サイトから簡単にダウンロードできますので、サイトの場所を知りたい方は、お気軽にメールください。
イメージ 1

まず、この用紙は個人ごとに用意します。共同名義ならその数だけ必要となります。そして、真正認証された、パスポートの写真のページのコピーや住民票の写しなどの英訳と認証が必要です。

イメージ 2

用紙の書き方は簡単で、見本の通り記入すれば、すぐに終わります。提出先は、マン島へFAXするなり、メールするなりで完了します。


イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ということで、今から帰りの新幹線は、新しいキリン一番搾りに決まりです。

Momentum Wealth International Limitedが枠組みを提供するオフショアファンドラップ口座のPersonal Portfolioのスイッチングリクエストがようやく自動化されました。

入力する際に、確認しておかなければならない事項が英語ででますので、その内容を整理しておきましょう。

Accept all declarations

確認事項

I acknowledge and understand that this switch instruction will not be processed until it has been duly authorised by the client.

I confirm that I have read and understand the terms and conditions of this client’s contract.

ラップ口座の規約を読んで理解したこと

I confirm I have read and understood the on-line switch guide available to this on-line service.

規約を読んで理解した上で、オンラインサービスを利用すること

I acknowledge that only components of the client’s investment portfolio available for switching will be listed on this on-line switch function and not all assets of the client’s contract.

オンラインのスイッチングはすべての機能をカバーしていないこと(オンラインでできないときもあるということ)

I confirm the information provided is true and correct and I understand that neither Momentum Wealth International Limited nor the contract provider (if different) will be liable for any loss or delay resulting from this instruction being unclear, incomplete or incorrect.

スイッチングによる損失は自己責任であること

I acknowledge and accept that there will be transactional bank charges applicable to this switch instruction which will be charged to the client’s contract.

スイッチングにかかる手数料が口座から引き落とされること

です。いわれてみれば当たり前の内容ですが、

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

東京は雨、新幹線からみる静岡の景色はもう雨上がり、でも名古屋は雨。足が冷たいです。

このページのトップヘ