こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

カテゴリ: 海外銀行、ファンドラップ口座

balloon-car-loan日本では、元利均等返済型や期限一括返済型がメジャーですが、アメリカではこれらだけでなく、バルーン返済型も馴染みのある住宅ローンの返済方式になっています。

バルーンローンとは、いわゆる均等返済型ではなく、期間中の返済負担を軽くする、または途中で返済不要にする分、期限で返済しなければならない金額を大きくしたものです。

つまり、毎月の返済を行っていても最終期限までに完全に返済することができないローンというわけです。

最後まで完全に返済されていないわけですから、ローンの残りの元本残高を返済するために、期間の終了時に「バルーン返済」が必要になります。

バルーンローンは一般的に、長期の借り入れを起こす住宅ローンよりも金利が低く設定されているため、とりあえず期限を短めに切られても、金利を低く抑えたいという借り手にとって魅力的な商品といえます。

そして、バルーン返済とは、住宅ローン、ビジネスローンなど資金使途にかかわらず、バルーンローンの最終期限に支払うべき、非常に大きな返済のことをいいます。

バルーン返済型のローンを組めば、ほとんどの借り手は、バルーン返済の資金を持ち合わせてはいないため、期限がが近づくと住宅ローンの借り換えを探すか、ローンの返済期日前には不動産を売却しなければなりません。






イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

デスクワークで腰がいたい〜

ビットコインももはや入口より出口を考える時期、それも超えて実需のために向いてきた時代にはいりつつあります。オフショアラップ口座の中でビットコインを売り買いしたり、いままで直接投資していたビットコインを売却することなく組み込んでしまうラップ口座があるという話はあまりに好評だったので、忘年の前にこの話題について触れてから乾杯したいと思います。

もちろん、それ以外にも今年起こったり進んだ良い話、悪い話ともブログに出せない話題は満載です。





東京 蒲田 勉強会と忘年会


日時 12月28日土曜日 17時から19時まで
場所 東急蒲田駅から10分
定員 16席(残り14席)
参加費 5,000円(お酒を全く飲まない方は3,500円) いつもの資料コピー代こみ



筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

Google スプレッドシートでUSDJPYのチャートなどが自動でフィードできるんですね。

ダウンロード (1)インベスターズトラスト、サンライフ、スタンダードライフ、ロイアルロンドン(RL360)、フレンズプロビデント、そして今日の話題に取り上げるハンサードなどが提供する積立投資ラップ口座などの金融商品はその殆どが技術的な問題を除いてまず簡単に移管ができる。これはラップ口座保有者が持つ正当な権利であり、無料が当たり前の話です。

と、ここまではもう数年間に亘り、ブログにも書き続けていますので、もはや常識の領域でしょう。しかし、こういった記事を出すとはじめての方からの相談をそれこそ年間百件ちかくもといただくことから、まだまだ海外投資家全員にまでこの「常識」が行き渡っているわけではないようです。

そこで、このブログでも忘れないような頻度でこういったTIPS的な記事を再掲載しておくつもりでいます。

今日は完全解約の用紙の書き方です。INSTRUCTION FOR SURRENDERという用紙を使いますが、私も原稿は持っていますので、欲しい方はメールいただければ転送可能です。

キャプチャ4444

1. Personal information
投資家の顧客情報を記入します。アスパイアとUPPなど、ポリシーを二つ持っていいる方は、二個までかけます。

キャプチャ4445

2. Bank account information
解約金の受け取り銀行口座の情報を記載します。USD建てのポリシーの場合、ニューヨークを経由することになりますし、円建てでも、各銀行に外国送金被仕向けの方法について問い合わせておいた方がよいでしょう。日本では口座番号は支店番号3桁-口座番号7桁で書くのが通例です。


キャプチャ4446

6. Declaration
ポリシー保有者のパスポートサイン(またはハンサードに申し込んだときのサイン)を署名します。共同名義の場合は、下段も使用します。

これに、認証済のパスポートのコピーと、電力や水道の検針請求書や住民票の写しなどを英訳したものの認証済コピーが必要になります。自分で公証役場にいって私署認証してもらっても時間とお金の無駄になりますから、お気を付けください。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ポンドドルの上昇でほっと一息。

ビットコインももはや入口より出口を考える時期、それも超えて実需のために向いてきた時代にはいりつつあります。オフショアラップ口座の中でビットコインを売り買いしたり、いままで直接投資していたビットコインを売却することなく組み込んでしまうラップ口座があるという話はあまりに好評だったので、忘年の前にこの話題について触れてから乾杯したいと思います。

もちろん、それ以外にも今年起こったり進んだ良い話、悪い話ともブログに出せない話題は満載です。





東京 蒲田 勉強会と忘年会


日時 12月14日土曜日 17時から19時まで
場所 東急蒲田駅から10分
定員 16席(残り15席)
参加費 5,000円(お酒を全く飲まない方は3,500円) いつもの資料コピー代こみ



筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。



イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

雨でバイクが使えず、移動に苦労してます。

FPI_LogoFriends Provident International Limitedが販売している、保険性積立型のオフショアファンドラップPremier, Premier Ultraは通常20年~30年という超長期でコツコツと積み立てる商品設計になっています。国内で例えるなら401Kがもっとも近い仕組みをもっていますが、その商品性は四半世紀遅れていると言っても過言ではないので、直接的な比較はできません。

日本の個人年金は選べるファンド数があまりにも少なく、とてつもない手数料を何の説明もなしに、強制的に取られます。それも国民に選択の余地はありません。

それに比べればFPIプレミアやRL360クォンタム、ハンサードアスパイア等は、それ自体の手数料はとても高いものの、それらは包み隠さずすべて明記しているだけマシですね。

もっとも読者のご質問ではよく理解しないまま、数年前に申し込んでアップアップというケースも多いようですが。

さて、どうしてアップアップになるかというと、原因は2つです。

1つ目はもちろん、無理なプランニング。イニシャル期間が終わったら減額できるからと、毎月の積立金額と、満期までの積立期間を著しく高く長く設定しているケースです。

ヒューマンネットワークで積立投資を斡旋している人たちのバックマージンは契約時の積立金額✕積立期間で決まるので、と説明すればもう足りるでしょう。

2つ目は一任勘定手数料です。

毎年、保有額の1%も取られていたら、どんなにうまく運用しても、パフォーマンスの激減は自明です。

 

続きを読む

このページのトップヘ