0 (2)1978年創業、グループ全体でUSD2.8Tを預かる上場大手運用会社ステート・ストリート、State Street Corporation。そのファンドなかのETFのシリーズ名をSPDR ETFsと呼んでいます。cost-effective ETFsと銘打っているように、とにかく意識しているのは信託報酬というコスト。ローコスト運用を極める会社です。


0231

ファイナルフロンティア、つまりは、有名になったカリフォルニアのAerojet Rocketdyne Holdingsをはじめとした宇宙開発や深海開発に携わる会社へ投資するというテーマ株ETFです。

0230



2018年9月スタートですがファンドサイズはまたUSD9Mというイワシ級。ISINはUS78468R6302で、アイルランド籍のオフショアETFの体裁を取っていて、オフショアラップ口座からも買いやすく、モーメンタムからも即オッケ。信託報酬は0.09%という激安で、S&P500連動の投資効果を得られます。


0232

S&P Kensho Final Frontiers Indexという指標をインデックスに取り、

0233

直近5年平均の年率換算上昇率は+14%程度です。




イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

普通電車で長旅、腰痛対策ばっちりです