0 (1)
ロンドン本社のMomentum Global Investment Management Limitedのワンストップ型ファンドオブファンズシリーズのMomentum Global Funds SICAVという枠組み、Harmony Funds。中でもちょっとユニークなのはオーストラリアドル建てのグロース、Harmony Australian Dollar Growth Fundがあることです。








Screenshot at 2020-06-16 23-01-43


とにかく、このコロナショックが落ち着き、株価は半値戻し、いや最高値更新を狙う勢いが戻ってきました。こんな環境下ですから、極めてニッチなブログを毎日書きづつけている私のところには、そりゃもう多い時は週あたり十数件の相談を受けることもあります。その中でも意外とオーストラリアドル資産の善後策についての相談は今でも多いですね。

Screenshot at 2020-06-16 23-02-12


オーストラリアやニュージーランドは主要国の超低金利政策下においても定期預金の金利があるかないかと言えば、いくばくかでもあるわけです。定期預金をしていても、実際には(日本を除いて)その国のインフレに勝てないのでそれは運用にはならないのですが、見た目の数字がよいので自身の気持ちを楽にさせるためにオーストラリアドル建て定期預金で寝かせようという人が今でもしつこく多いのが現状です。

Screenshot at 2020-06-16 23-02-31ただ、ここのブログにまでたどり着くくらいの読者の方は、これに満足してはいけないことをよくご存知です。となると、今日のハーモニーのようなファンドが投資対象として浮上してくる、というわけです。ま、極めて理に適っていますよね。

このファンドの良い所は、オーストラリアドルで運用する以上、ある程度は豪州株、豪州債券に入れておきたいところ、でも全部回すにはオーストラリアの経済規模からみてもマーケットサイズが小さい、という不満というか欠点を補うために、上図のような分散投資の構成にしているところです。

これなら、オーストラリアドルの預金にあずけている経験は長いけど、ホンモノの投資経験はこれから、という方に向いています。オーストラリアドル預金から、全部豪州株とか債券とかでは「なんでオレの資産、オーストラリアと一蓮托生になってんのん?」という事態から半分避けることもできます。

直接投資はまず無理なので、モーメンタムなど各ラップ口座を経由して購入します。オーストラリアドルの預金はそのままラップ口座会社へ送金できます。

ファンドサイズはAUD33.2Mとマダイ級。さしあたりクラスAでISINは LU0651984360が書いやすいでしょう、Morningstar ratingはありません。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

月曜日の朝は先に、ブログを済ませておかないと、ズルズルいってしまいます。