Franklin Templeton Investmentsは、サンフランシスコ国際空港SFOからほど近い、San Mateoを本社に構え1947年創業の大手運用会社です。


Franklin Templeton Investment Fundsの中でもFranklin India Fundは、HSBCやブラックロックなど超大手が看板商品として運用しているインド株ファンドと肩を並べ、2005年10月スタートの老舗。ところがこの数カ月でNAVの減少と売りが殺到し、ファンドサイズもUSD965Mまで縮んでいます。

モーニングスター社三つ星という大きな株式ファンドです。ロングオンリーレバレッジなしのリレーティブなアクティブファンドで、基本はアメリカドル建ての運用です。

Screenshot at 2020-04-30 23-01-20


MSCI India Indexというごく一般的なインデックスをベンチマークに採用しているので、こういったファンドこそ、ライバル比較においては、星の数とか、パフォーマンスとかあとは会社名のブランドの好き嫌いで選択してもよいと思います。


Screenshot at 2020-04-30 23-01-36


Screenshot at 2020-04-30 23-01-49それはそうと、このファンドを取り上げたのは、差し当たり怖い3月の結果をとにかく見ておきたかったからです。

USD建ての個人投資家向けクラスA Acc ISINはLU0231203729でみてみると、3月のパフォーマンスは-28.19%となりました。速報では4月が29日までの集計で、1割弱回復していますので、年初来では2割の下落とみておいてください。

MSCI India NRの3月の下落幅は-25.13%だったので、もうどっちにしても同じかもしれませんが、一応アンダーパフォームになっています。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

アレクサのスピーカーの調子がわるく、昔のラジオみたいな音質です。悲しきラジオスターのイントロみたいな感じ。