1953年にパリで創業し、今は買収によってジュネーブに拠点を移している、プライベートバンク、Edmond de Rothschild Group からチャイナ株ファンドを取り上げます。

1998年4月スタート(Sub-fund launch dateは2015年6月)のルクセンブルグ籍オフショアファンドSICAVで、ベンチマークはMSCI China (NR)というChina H株, B株, レッドチップ、Pチップに投資する、典型的なチャイナ株ファンドです。

建値はユーロで運用されていますが、ドルヘッジクラスもあります。ファンドサイズはEUR89Mとブリ級で、モーニングスター社は2年前の三つ星から1つ落として二つになっています。

Screenshot at 2019-11-11 22-30-55

貿易の問題や、香港の情勢を鑑みて最近は敬遠されがちなチャイナ株ですが、それでも日本よりGDPも大きくプレゼンスも高いわけですから、投資を全くしないという選択肢もこれまた考えることはできません。

Screenshot at 2019-11-11 22-31-11


マーケット全般のことは、ベンチマークをみればわかります。では、ファンドを見るためにMSCI China 10/40 (NR) (USD)に対して、どれだけのパフォーマンスを見せているのかが、次に気になるところです。

Screenshot at 2019-11-11 22-31-30

2018年はアンダーパフォームが目立ち、これが星を一つ落としてしまう要因となってしまったのかもしれませんが、過去1年間の数字で見ると、+16.9%でベンチマークにアウトパフォームしています。

Screenshot at 2019-11-11 22-32-04

なんとかメンツを保てる状態にまで戻ってきたようです。トップテン銘柄で投資ウエイトの半分をしめる、比較的週中投資型のファンドですから、状況が改善の兆しを見たとき、ここから一気に駆け上がってほしいものです。

ルクセンブルク籍のオフショアファンドです。直接投資は諦めておとなしくラップ口座経由にしましょう。





イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

毎日のぞみにのる(3日連続)のはそれはそれできついです。