Aberdeen Fund Managers Limitedのファンドシリーズ、Aberdeen Standard SICAV から Emerging Markets Equity Ethical Fund。アバディーン・スタンダードのファンド、特にアバディーン側のファンドはこのブログでもたびたび取り上げていますが、このエマージング株式でかつエシカルというファンドを目にしたのは初めてだと思います。

キャプチャ1117このファンドはエマージングの中でもBRICs中心(といってもロシアにはなかなかエシカル的に満たしてくれる会社がないのかも)に、韓国、インドネシア、台湾、香港、メキシコなどが入ってくる、大型株ファンドです。

キャプチャ1118ベンチマークもごく標準的なMSCI Emerging Marketsを使っており、とにかく、一般的な大型株よりも、Socially Responsible Investing
("SRI")、つまり企業としての社会的責任を意識して、行動している会社選びという目線で行けば、ベンチマークよりもアウトパフォームできるはずという考え方に基づいています。

キャプチャ1119要するにテーマ性を持ったファンドマネージャーが積極運用するアクティブファンドということですね。

で、2018年の結果どうなったかと言えば、ベンチマークが-14%台だったのに対して、ファンドは-16%台とアンダーパフォームしていましたが、今年はその分を取り返して走っています。

と言えど、ベンチマークに対してオーバーパフォームしています。

ファンドは2017年7月のスタートでまだ若く、サイズはUSD43Mとイワシ級、投資銘柄数は8月現在で61ですから完全分散でもなく、集中型でもない中庸路線です。ちなみに、ベンチマークは26の法域に1100の銘柄に分散投資したらどうなるかのパフォーマンスを示していますから、実際のアクティブファンドでは、到底そんな数には分散投資できませんし、そこまでやりたいなら、ETFに投資すべきでしょう。これは、あくまでテーマファンドですから、比較的集中投資してほしいという投資家に向いてます。


キャプチャ1120モーニングスター社の格付けは取得しておらず、Lipper Leader Scorecardは、Lipper Global Equity Emerging Mkts Globalのセクターで、最高ランクの5を取っています。

直接投資は不可ですので、ラップ口座を経由して購入します。
















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

勉強会の資料の印刷も終わったし、明日はたのしみですね。