こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

2019年06月

10年かかりましたが、皆様のおかげで1百万回のアクセスをいただきました。

ヤフーブログがなくなるまえでよかったです。





イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

いくら記念だからって、正月もGWも普通に海外ファンドの記事を書き続けているブログにしては、珍しく手抜き感満載だって?

Generali Investments Luxembourg S.A、イタリアの大手生命保険会社、ジェネラリ。ラップ口座を保有されている読者の方も多いことでしょう(現在、日本人投資家はお断りモードですから、口座の保有は貴重です)。

イメージ 1

GENERALI KOMFORT DYNAMIK GLOBALは、ジェネラリの中でも珍しく、Generali Investments Partners S.p.A. Societ? di gestione del risparmioという自前のファンドマネージャーで運用しているファンド・オブ・ファンズで、運用先はシンプルにグローバル株式ETFなど数種類に絞り込んでいます。

イメージ 2


それでもファンドサイズはEUR877Mとシャチ級の大きさで、1990年10月スタートという長い歴史を持っています。シンプル・イズ・ベストって感じですね。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

雨の中、勉強会にお越しいただきありがとうございました。満員御礼です。

ロンドンの中心街、オックスフォード・サーカスに拠点を置く、独立系の専門店運用会社、Fundsmith LLP。2010年にスミスさんが作ったファンドなので、ファンド・スミスという名前です。

イメージ 1


運用しているファンドは、オンショア、オフショアなどの籍の関係で幾つかに分かれていますが、基本はFundsmith Equity Fundという一つのグローバル株式のアクティブファンドが根っこにあるだけです。が、これだけで預かり資産GBP14Bというのですから、これは相当な驚きです。

マルチマネージャーのファンド・オブ・ファンズがこぞってこのファンドを使っているのが、これだけの巨大な資金を預かっている源泉になっているようです。その機関投資家向けクラスの最低投資額はGBP5Mとこれもまたとてつもなく大きい金額からのスタートになりますが、個人投資家のクラスは実にGBP1k、つまり1千ポンド、15万円からできます。ファインワインより安く投資ができるのです。

イメージ 2

そのギャップがたまりませんね。

そして、機関投資家向けクラスと個人投資家向けクラスの信託報酬が、0.9%と1.0%でなんと実に年率0.1%しか変わらないのです。

最低投資額のギャップの大きさよりも、むしろ信託報酬のギャップの小ささの方が驚きです。

イメージ 3


イメージ 4

モーニングスター社の格付けは五つ星。

これはイギリスオンショアのファンドの場合ですから、日本人投資家は直接投資することはできませんので、結局はラップ口座を利用するしかありません。


イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

腰がいたい~。

 Emirates NBD Bank PJSC. エミレーツNBD銀行のファンドシリーズEmirates NBD SICAV(ルクセンブルク籍のオフショア投資信託)も半年に一回くらいは取り上げておかなければなりません。MENA、とはミドルイースト・ノースアフリカのこと。要するに中東のアラブ産油国を中心に投資するファンドのことです。

Emirates MENA Fixed Income Fundは2010年3月スタート、UAEをはじめとする、中近東各国の公社債(もちろん、シャリア準拠)にロングオンリー、レバレッジなしで投資するファンドです。

イメージ 1


半年前のファンドサイズがUSD198Mだったのですが、今見るとUSD46Mにまで減少しています。それでも、これだけの有名ファンドですから、 Friends Provident International、 Generali、Hansard、Metlife、Alico、Old Mutual、Zurichという各社大手保険会社の積立投資ミラーファンドとして採用が続けられており、自分年金として積立投資を自身の投資判断で行っている賢明な海外投資家には名が通っているファンドです。

イメージ 2


この公社債ファンドの特徴は、何と言っても、毎年2回の配当があるということではないでしょうか。毎年6月と12月に、今のところ、2.5%づつ、つまり単利年率5.0%の配当がでるのです。現保有の債券の平均クーポンは5.95%なので、日本の毎月配当ファンドとは違い、タコ足配当はしていません。

イメージ 3


そして、投資している債券の加重平均格付けはBBB。つまり。半分、適格債、半分ハイイールド債さとイメージしておけば、まずます間違いではないでしょう。

モーメンタムなど各ラップ口座を経由して購入可能。ミラーファンド経由でコツコツ積み立てるのもアリですね。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

100円ローソンの菓子パンはサイズが大きくボリュームがあるので助かります。200円税前でランチが済んでしまいます。

今月の勉強会の残り席があと1席となりました。二ヶ月連続でお昼の渋谷です。ごはん食べてから来てくださいね。

7月は東京蒲田で勉強会と暑気払い会です。

そのほかの個別相談会の予定も更新しておきます。





東京 渋谷

昼間の海外ファンド、ラップ口座勉強会

マーケットアップデート、海外ラップ口座を使ってのポートフォリオ構築手法、海外に財産をもつときの税法トレンドおさらい
一括投資型、積立投資型、両方ともに話題があるようセットします。

日時 6月29日土曜日 12時15分から13時45分まで
場所 JR渋谷駅から5分程度
定員 8名様
参加費 一組様1,000円


東京 銀座

個別相談会

海外との取引なんでもお悩み解決相談、積立投資ポートフォリオ構築相談

日時 7月11木曜日 10時00分から11時00分までの1時間程度
場所 東京メトロ銀座駅近辺
定員 1組様(キャンセル待ち)
参加費 一組様1,000円+食費500円~またはコーヒ代


東京 蒲田

勉強会と暑気払い会

マーケットアップデートとオフショアファンドアップデート

日時 7月20日土曜日 16時00分から19時00分まで
場所 東急多摩川線蒲田駅から10分
定員 16組様(残り席15席)
参加費 一名様5,000円(飲み放題、コースメニュー、全くお酒を飲まない方は3,500円)




筆記用具、辞書はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎(お子様無料)、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」または「個別相談会」といれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

特にはじめて参加の方は、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

今回こそ為替のチャートも分析できるかなぁ。

このページのトップヘ