こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

2014年12月

その仕組みを忘れてしわまないくらいの頻度で記事にしている仕組債。今日は、原油安でもあるので、アンダーライイングに原油価格のインデックスが入っているものをいつものBNP Paribasからチョイスしていました。 どんな銀行が積極的に仕組債をウリダシしているかは先のブルークスマクドナルドの記事でおわかりいただいたでしょう。

このブログでは「個人向けに」ウリダシしている銀行が扱いやすいため、ちょっと傾向はかわってきて、BNPバリバ、コメルツ、野村証券(のロンドンにある銀行部門)、RBC、UBSあたりが頻繁にでてきます。が、個人にとっては信用力を議論する必要はないので、好みやタイミングで選択して全く問題ないでしょう。

さて、この仕組債では、原油価格のインデックスによくあるWTIやドバイを使わずに、S&P GSCI Crude Oil Official Close Index ERという指標を使っています。ちなみに、リンク先のオフィシャルサイトのチャートは必見です。WTIと似て非なる形をしていますよ。

http://www.standardandpoors.com/rdsm-disclosure-theme/images/logo_dj.png
これには二つの理由があると考えています。一つ目は、コモディティの価格は原油であっても産地によって価格が異なるので、いろいろな原油価格を再計算して加重平均化したようなインデックスを使ったほうが、より公平性を保てるというもの。もう一つは、指標の使用料や使用のしやすさ。仕組債をはじめ、どのような金融商品でもインデックスを使用するものは、そのインデックスを計算して公表している会社(今回ならStandard & Poor's)に使用料をはらわなければなりません。その使用料が高いか安いかは私達、個人の知るところではありませんが、使用のしやすさというのは明らかでしょう。BNPパリバグループとしてS&Pとの付き合いが深いだろうことは想像するまでもありません。

イメージ 2

と余談ばかりで記事を埋めてしまいましたが、そろそろ本題にいきましょう。今回の仕組債は、「原油価格は安いけど、一般的な個人投資家にとって、原油価格だけに投資する理由もないし、他のインデックスとも分散投資はしておきたいよね」、というニーズに応えてか、原油価格に加えて、欧州株、英株、そして香港株(一部チャイナ株を含む)と4つのアンダーライイングを使っています。

イメージ 1

中途解約不可
中途償還あり(四半期ごとのオートコール、10割条件)
年率換算利回り:最大10%
期間:最長5年
利払バリア:8割
元本確保バリア:5割
アンダーライイング EURO STOXX 50 Index, FTSE100 Index, Hang Seng China Enterprises Index, S&P GSCI Crude Oil Excess Return Index

イメージ 3

です。渡航不要の投資家紹介にてUSD1,000から直接投資も可能と思われますが、資金のやりとりが煩雑になるので、ハンサードUPPなどの一括投資型オフショア生保ラップ口座を経由するか、ネッドバンクなどを使ったほうがコスト割れしなくてよいでしょう。仕組債は債券ですから、販売手数料など外付け手数料はありません、すべて内包されています。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

初の台北勉強会、高雄勉強会を1月中下旬に開催できそうです。今なら、日程・場所・言語とも柔軟に対応できるので、台湾各地にお住まいの日本人、台湾人の方、byh00122@yahoo.co.jpまでどんどんリクエストメールください。

http://chiacharge.co.uk/media/Home_Slider_Img_1.jpg
オフショア個人投資家が少しでも正しい判断材料を双方向に得ていく、という主旨で続けてきたこの勉強会も満5年がすぎもう6年目となります。

毎年、新年は、各マーケットの動向や、どんなオフショアファンドが注目されているのか、さらっとおさらいしておこうという方が多く、40名を超える参加者とお会いできる機会となっています。しかし、残念ながら、貸し会議室もこれまた競争が激しく、なかなか取れないんですよね。

ということで、苦し紛れではありますが、1月がつの勉強会は同じ15日の午後と夜間(大阪は夜間のみ)の二部構成にしてみました。同じ内容ですので、ご都合のよい時間帯をご予約ください。

東京の場所は、午後と夜間で部屋が異なるのでご注意を(会場は同じです、玄関の掲示板でご確認ください)



日時 1月15日木曜日 
午後の部:14時00分より
夜間の部:18時30分より

午後の部と夜間の部の間に、初めての方向け個別相談可能です。メールで事前相談ください。

テーマ:2015年オフショアファンドアップデート(話は日本語です)

東京大崎

場所 JR大崎駅徒歩5分程度の場所
定員 22名(どなたでも参加できます。残り席、午後の部20名、夜間の部20名)

大阪梅田

場所 JR北新地駅、地下鉄西梅田駅などから徒歩圏
定員 20名(どなたでも参加できます。残り席20名)





参加費 お一人
1,000円または台湾ドルミャンマーチャットなど相当の各国外貨紙幣、期限がなく、全国で利用可能な有価証券なんでも(当日にわざわざ金券ショップで購入してもってくるという手はどうかとも)


筆記用具、辞書、飲み物はご自身でご用意ください。
お子様連れも歓迎、バリアフリー会場になってますので、車椅子の方もOK
参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまで題名に「勉強会」をいれ、実名、当日の連絡先を添えてメールしてください。

お名前の自己紹介程度はしていただきますが、参加者どおしの名刺交換は強要しません。
今回は会場の都合で定員厳守です。またいっぱいになっても広い会場に替えることができません。

はじめて参加の方へ、実名とお住まいの都道府県、当日の連絡先(携帯電話など)、簡単な自己紹介をご連絡いただいた時点で参加受付とさせていただきます。
参加希望の方はメールください。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

外国のコンビニや売店で、喉がイガイガ、つい爽快系のキャンディかなと思って買ったらガムだったなんてことありませんか?私はチューインガムが苦手なので、そんな時はがっかりです。いいかげん、(例え英語でも)いちいち字を読まずにパッケージだけで買うクセを改めなければなりません。


イメージ 1ブログに久々の登場となってしまいましたね。1991年に創業した、運用会社のBrooks Macdonald Asset Management Ltd、カタカナでルークスマクドナルドは、日本人には全くと言ってよいほど無名ですが、意外にも12のオフショアファンドを運用し、その預かり総額はGBP6Bを超える中堅どころ、つまり、キラリと光る運用会社です。

イメージ 2
まだ、私達にも馴染みのないファンド会社ですから、ブログでも、とりあえず素直なファンドから取り上げてみることにしましょう。これからの局面では、ディフェンシブなんて言葉がついていた方が、よいかもしれmせんね。ということで、Brooks Macdonald Defensive Capital Fundにしてみます。

イメージ 3
まずは、パフォーマンスを見てみましょう。大人しく、しかし右肩上がりの推移です。折れ線グラフがジグザグ形であることから多少のマーケット変動はあるものの、非常に安定的ですよね。このパフォーマンスだけみて何に投資しているか想像つきます?

主な投資先は仕組債なんです。

素人さんが、怖いこわいとおそれおののく仕組債も、他の商品とミックスしてしっかりと分散投資していけば、こんなに便利なものはないということを証明しているようなファンドですね。

イメージ 4
そして、プロはプロらしく、仕組債のカウンターパーティーつまり発行体までもしっかりと分散化しています。まぁ、私個人の感覚なら、どこも超一流で、最大でも7年程度ですし、一般的に5年以内の投資期間に何か問題の起こるような金融機関でもないでしょ、以上で終わってしまうリスク分析ですが、プロの機関投資家ではそうはいきません。左図のようにしっかり86もの銘柄に分散化し、それを投資家に向けて公開しています。

さらに、販売手数料、解約手数料がありません。仕組債を(間接的に)保有しながら、なおかつ流動性を確保できるという、なんだか美味しいどこ取りのオフショアファンドです。強いていうならGBP建てであることでしょうか。イギリス・ポンドも高くて、なかなか作りづらい環境ではありますよね。

渡航不要の投資家紹介にて直接投資できるかはまだ、だれも試してないので確証がつかめていません。どなたか手をあげていただけると助かります。

オフショア投資ブログのランキング。必死の有象無象をおちょくってるだけですが面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで(コメント、メッセージではお返事いたしません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

来年は、お小遣いを貯めて、ファンドファクトシートなどを詰め込んだサーバ(メルマガ読者にのみ開放中)のSSD化などに取り組みます。何事もレスポンスが大事な世の中ですもんね。

http://thesynergypartnership.com/Module/CRM/Product/Detail/Handler/ProductDetailThumImg.ashx?productDetailID=260Hilltop Fund Management LLPが運用する絶対利益追求型のファンドオブヘッジファンズ、The Hilltop Decorrelated Fund。その投資方針がゆえに、毎月のパフォーマンスにさほど大きな動きはなく、取り立てて記事にするようなニュースがないのが、現状です。もっとも、それこそ、多くの日本人が志向する安心できる安定的な運用ではあるのですが、、、、

ですので、これもパフォーマンス報告程度に留まってしまいますが、クリスマスから新年にかけての時期はさすがにイギリスから面白いニュースが入ってくることもありませんので、今日あたりは安心して安定的な運用のヒルトップの出番というわけです。

イメージ 1
ピュアアルファと呼ばれる絶対利益追求型のこのファンドにとって、ファンドマネージャーいわく、うまく行った年のパフォーマンスは12%程度、最悪の年は3%程度でおさまるように商品設計をしているとのことで、2013年は最悪だったと本人も自嘲気味でした。で、2014年はというと、それよりもクビの差はでてきたところか、というところです。

イメージ 2
主要国の株式市場の動きに連動させないということが第一目標のファンドですから、イギリス学生寮ファンドのようなビジネスファンドと同様に、株式が好調なときは人気が陰ります。そりゃ株が一年で2割3割上昇するような局面では、せいぜい年率10%程度です、と謳っているようなファンドを志向しませんよね。

ヒルトップのような絶対利益追求ファンドもビジネス系ファンドも、表現が正しいかはともかく、不況型のファンドと言えるでしょう。では、ここで問題。不況型ファンドと同義語でもっとメジャーな定義はなんと呼ぶでしょうか?

イメージ 3
まさにそれこそが、世間でもよく言われているオルタナティブ投資なのです。

私は、来年には株式が崩れて欲しいと願って書いているわけではありませんので、誤解のないよう。

なにしろ、私もメイン投資がそれこそポートフォリオのメインを占めていますから、主要国の株式が下がってほしくはありません。が、オルタナティブをやっててよかったと実感するときは、まさにそんな場面、分散投資してて助かったと思うような場面に直面したときでしょう。長期投資って、欲を満たせるものではなく、忍耐ばかりで喜びのないものなのですよ。

渡航不要の投資家紹介にて、EUR50k相当額から直接投資やロイアルロンドンなどのラップ口座経由で投資できます。手数料は典型的後払い方式です。唯一、ネッドバンク経由ならUSD10kから投資ができますが、この場合、手続的に少しかわっていて手数料は、後払いでなく前払いで5%になります。

オフショア投資ブログのランキング。必死の有象無象をおちょくってるだけですが面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで(コメント、メッセージではお返事いたしません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

近所のガソリンスタンドで何気なく、エンジンルームを見てもらったら、クーラント交換が全くされてなく、もはや水垢まででてる始末でした。オイル関係は気にかけますが、水関係がノーチェックだったとは我ながらヌケサクでした。

TCA Fund Management Groupの運用するTCA Global Credit Master Fund LPもいつもまにかUSD227Mまでファンドサイズが膨らんできています。直接投資の最低投資金額は渡航不要の投資家紹介をもってしてもUSD100kから下げることはできません。それはケイマン島での投資信託としての届け出をした時に決まった金額よりも便宜扱いすることは絶対にできないからです。それはケイマン島籍であろうと、英国ヴァージン諸島籍であろうと、ルクセンブルク籍であろうと同じです。

イメージ 1
ま、このファンドの既存投資家が投資している平均金額はUSD800kというのですから、そもそも数万ドルから投資しようとしている私なんかはTCAからみたらターゲット客層になっていません。私は銀行や証券会社、保険会社などの金融業者との付き合いは、分相応とともに、相思相愛であることが大事だと考えています。

イメージ 2
私は、これまでの職務経歴からも、たかだか2億円を握りしめて、本物のプライベート・バンクに駆け込み「端客」扱いされるよりも、余裕層をターゲットとしている敷居の低い銀行と付き合って「上客」扱いしてもらった方が、よっぽどお得なことが待っていることを知っています。


イメージ 4
TCAに関しても本来はその基準であるUSD100kを保有してからエントリーするものなのかもしれませんね。と、極めて常識的なことを書いてしまいましたが、TCAの敷居は高いのかというと、実際はそうでもありません。

門前払いにするヘッジファンドも多い中で(って当たり前ですが)、TCAは投資家にもなってない私からのどんな質問にも丁寧に答えてくれますし、メールのやりとりでわからんようになってきたら、夕方(つまりロンドンの朝イチ)に電話までくれて説明してくれます。こういう金融機関なら、今は手許資金がなくても、頑張って稼いでいつかは堂々とTCAお客になりたいと思いますよね。その前にファンドサイズがUSD300Mに到達してソフトクローズになってしまいそうですが、、、

イメージ 3
渡航不要の投資家紹介にて最低投資金額USD100kから直接またはRL360経由で投資できます。手数料は典型的後払い方式、オフショアラップ口座の中では、唯一ロイアルスカンディア(今のオールドミューチュアル)のみUSD10kから投資できることを確認しています。


オフショア投資ブログのランキング。必死の有象無象をおちょくってるだけですが面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで(コメント、メッセージではお返事いたしません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

ユニクロのウルトラライトダウン、これはヤバすぎです。これだけ軽くてしかも暖かい。とにかく肩がこらなくなりました。スーツ着ての外訪にはかかせません。唯一の欠点は、人民服と化してしまったことくらい。つまり、駅や電車の中であまりにお揃いの人が多いこと。くらいでしょうか。京浜東北線のシートで見知らぬオッサンどうしでペアルックになった日には、名刺交換でもしますかね、って感じになります。

このページのトップヘ