こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

2012年05月

http://tsukuifarm.com/IMG_9420.jpg昨夏には家族でブルーベリー摘みを楽しませていただいた、栃木県足利市のツクイファーム。今年もブルーベリーの生育は順調とのことで、夏休みが楽しみです。
シーズンインを前にしてホームページを新装オープンされたとのことですので、ここでも紹介いたします。

去年は家族サービスと思い、行きましたが、なんのことはない、子供らは近所でザリガニ取りに夢中で、ブルーベリーつみは大人の方が必死になります。

今年は、家族で伊勢崎線に揺らてゆっくりと、子供らの友達家族9組くらい募集してマイクロバス借りてツアーの二回行こうかと企画しています。
まず、絶対ハマりますね。


ツクイファーム ブルーベリー果樹園 

日本ブルーベリー協会会員
〒326-0141 栃木県足利市小俣町421  JR両毛線小俣駅下車5分 
予約受付TEL&FAX 0284-62-0012 

http://tsukuifarm.com/gif/jam.JPG
もう一つの楽しみはおみやげに買うジャムです。去年は京都の実家にも送りましたが、絶賛でした。
1瓶650円ですから値段も大きさも手頃です。よろこんでもらえるおみやげに最適です。一番気に入っている食べ方は、やはりプレーンヨーグルトにトッピングでしょう。となりのマイバスケットでトップバリュヨーグルトが30%引の時はビッグチャンスです。
ほどよい甘さがあるので、そんなにトッピングしなくても十分ヨーグルトが美味しくなりますから、1瓶でヨーグルト10箱くらいいけます。


続きです。

At the same time, surging legal expenses have encouraged claimants to find alternative means of controlling prohibitive court costs. By using third-party funders they can reduce their liabilities in exchange for taking a reduction in any award.

Harbour Litigation Funding invests in commercial claims with a value of more than ?3m. Susan Dunn, the firm's head of litigation funding, has been in the business for a decade. In that time the trend had "only been upward", she said.

She added: "Law firms are looking to find other ways to fund their bills. Small and medium sized businesses can't afford to bring cases. We increased our fund from ?60m to ?180m. We have the ability to spend where we like. Our focus is UK litigation and arbitration, but we also work in other common law jurisdictions such as the Channel Islands, the US, St Nevis and New Zealand.

"There's been a recognition that England and Wales is the best place to litigate. Courts move efficiently here, appeals are only allowed on substantive points.

"We get about 25 cases a month, people asking us to fund their claim. For each one we consider [several factors]. Can the defendant pay? Where is the money? Is it a case we are likely to win? And how much?

"We need to know we are going to win a meaningful amount. And we need to know the costs. We have a judge [the former high court judge Sir Gavin Lightman] among our advisers. We don't control the litigation. If we lose the case we have to write off the investment."

Dunn's most expensive loss, when at a previous firm, was ?2.5m. "Our biggest win was one we did not reveal was funded." Fees are not standardised; a smaller percentage is charged for larger claims.

"We are the UK's largest third-party litigation funder. We have a big pot of cash and are looking to invest. There are quite a lot of people setting up their stalls now. I reckon there's probably ?500m in the UK ready to pay for third-party litigation."

Many of her cases were "David versus Goliath" contests, she explained "[like] small companies that can't afford to put up a couple of million to pursue a claim. Finance directors don't want to put an unknown figure in their accounts. Without someone like us the defendant gets away with it."

Of the ?60m Harbour has spent on 36 cases, 32 were continuing and four were "in profit".

It can be a lengthy business waiting for returns: one case settled in 2003 was still in "enforcement", with money coming in slowly from an overseas defendant.

Harbour's investors are mainly City institutions but there are "lawyers we know who want to put in a few pounds".

Other litigation funders are also expanding. Vannin Capital, based in the Isle of Man and the British Virgin Islands, has this month increased its investment capital to ?100m. Its website offers to transform any company's "legal department from a cost centre to a profit centre".

Juridica Investments Ltd, based in London, Guernsey and New York, describes itself as a "lawyer-owned financial services company operated in an investment banking tradition". It lists the typical claim size it backs as between $25m and $100m.

The word champerty derives from the old French term champart, meaning sharing part of a tenant's field or crop. It was banned because it supposedly encouraged excessive litigation and was only formally decriminalised in 1967.

Suspicion lingers. In March, Lord Thomas of Gresford, a Liberal Democrat, called for a statutory code to govern how third-party litigation funding operated, deploring the "insidious advance" into the UK of "essentially an American concept".

Ministers, however, support a voluntary code of conduct that was drawn up last November by the Association of Litigation Funders.

The boom in commercial litigation funding comes at a time when legal aid for cases involving welfare, debt, housing, clinical negligence and others areas has been slashed by the government. The terms of "no win, no fee" agreements have also been altered to make them less attractive to claimants.

Christopher Hancock QC, a commercial barrister who speaks on behalf of the Bar Council on this issue, offers a cautious welcome to the practice.

"It represents a commercialisation of the legal process," he said. "But damages-based agreements, as an alternative means of access to justice, will enable people to go to court who would not otherwise be able to. It will probably grow and fill a niche. But it's not going to be an instant cure for the problems of litigation funding [for those pursuing small claims]."

He added: "We have some ethical concerns because there's a potential conflict of interest with solicitors or barristers having a financial interest in trials. That needs to be policed. Third-party funding is here to stay. It's right that the code for litigation funders should be voluntary rather than statutory."


オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

幸楽苑の優待券が明日までの期限です。がそんな時に限って幸楽苑のある場所に行く用事がない。株主優待券は期日管理を厳格にしなければなりませんね。

Litigation funders become big business, enjoying booming market in UK
イギリスでは訴訟対策ファンドという手法が既にメジャー化
http://static.guim.co.uk/static/db51576f85dd21413d0d7189dafceb190f95940b/common/images/logos/the-guardian/titlepiece.gif
イギリスの法曹界雑誌 The Guardinanの5月25日の記事から引用
London's growth as global legal centre boosts commercial third-party funders paid to pursue claimants' cases
国際金融センターならぬ国際司法センターとなりつつあるロンドンで、原告を第三者が金銭面から支援することで訴訟を実現させる仕組みが発展
http://static.guim.co.uk/sys-images/Guardian/Pix/pictures/2012/5/25/1337958260429/Royal-Courts-of-Justice-b-008.jpg
The British justice system is encountering more involvment in cases by third-party litigation funders. 
Photograph: Alastair Grant/AP

Champerty used to be a crime. Now it is known as third-party litigation funding and has developed into an investment industry backed by up to GBP500m of investor cash looking for lucrative courtroom opportunities.

Both the obscure Anglo-Norman legal term and the modern business jargon describe the process of helping claimants pursue court cases in return for, it is hoped, a substantial slice of the eventual damages.

This month the UK market leader, Harbour Litigation Funding, announced a tripling of available finances to GBP180m. The growth of London as a global legal centre – drawing in Russian and Middle Eastern disputes attracted by Britain's reputation for impartial justice – has multiplied the possibilities for investment.

The justice secretary, Ken Clarke, has been in Russia this month promoting the availability of the UK's legal services for international clients.

文字数がながいので次の記事へ続く、

New Earth Solutions Group Limitedの運営するリサイクル施設とそのビジネスに投資するNew Earth Solutions Recycling Facilities Sterling Investment Sub-Fund (ファンド組成している会社はThe Premier Group (Isle of Man) Limited.)は、いわゆるグリーン株とかエコ関連とかの株式ファンドに投資するより、はるかに直接的に地球にやさしいのは事実です。だって、100%思い切り産廃リサイクルのビジネスしてるんですから。
どんな施設をもって、どんな手法でリサイクルしているかは、WEBでもみることができます。例えば、
等で、いわゆる都市鉱山の抽出や、メタン発酵など、リサイクルの内容は日本とほぼ同じです。
イメージ 2

分別ゴミに熱狂的なドイツや名古屋と違い、イギリスは多少いい加減なところがあるので、この手のビジネスがイギリスでは成り立ちます。もっとも地方公共団体との関係がないと入り込めませんからある意味利権ビジネスとも言えるでしょう。

パフォーマンスは問題ありません。とするとなぜ安定したパフォーマンスがでているのかと探求しなければこのブログの意味がなくなりますよね。

それよりも最初に気にしないといけないのが、このファンドは販売手数料後払いのみのタイプでしかも3ヶ月以内解約で8%の解約手数料をとるということです。高い解約手数料を取るファンドは要注意です。一義的には縛りがキツいのは欠点です。ただ、それだけではなく、同じ高い早期解約手数料でも、善悪2種類あり、前者は純粋に長期投資に誘導するためのもの、後者は営業目的でIFAに高いバックマージンを与えているためのものです。中には早期解約10%以上、そしてIFAへのバックマージンも10%以上というのがあります。
イメージ 1
New Earthの場合、ディストリビューターや知り合いのイギリス人アドバイザーにも聞いて調べてみましたが、これはIFAに徒に高いバックマージンを与えているわけではなく、産廃施設に投資するがゆえ、資金を縛りたいという純粋な思惑のようです。8%の一部(約半分)は確かにIFAへのバックマージン(もらっていない業者は絶対にありません、もらっていないという返答があれば、信用なりませんから即移管でしょう)なのですが、8%全額ではありません。
もちろん決算書からも検証してみました。2010年から2011年までのファンドサイズ増加GBP34.0Mに対して広告宣伝費全体がGBP2.4Mとなっています。ファンドサイズを増加するための費用一切で見ても約7%ですから、うちIFAへのバックマージンが少なくとも5%以下であろうことは推測できます。
バックマージンが徒に高いファンドは決算書の広告宣伝費がやたら膨らむので見抜きやすいですよ。ファンドの広告宣伝費なんて、パンフレットや目論見書作成の印刷代かWEB管理やデザイン料、外注、ディストリビューターの出張費くらいなので、日本の常識を当てはめてたところで、なんぼなんでも1億円も使うわけありません。
よって、New Earthはそれらとは全く次元の違う、ちゃんとしたファンドだということがわかり、まずは第一関門突破です。

第二関門は、そう決算内容ですよね。学生寮ファンド勉強会に参加された皆さんならこの観点の前に第一関門があったんかいな。と驚きをもって読んでいただいていることでしょう。2011年3月現在のファンドサイズGBP64Mがどのようにアロケーションされ、どのように資産評価されているのかが気になります。
このファンドの決算書は投資家には公開されます。しかし、New Earthの建付けは、Brandeaux形式ではなく、Mansion Student Accommodation Fund形式です。決算書の資産の項目をを見たところで、New Earth Recycling & Renewables (Infrastructure) Plcへ投資としか記載されません。
これは投資信託の宿命とはいえ、ビジネスに投資するファンドであれば、投資家にとっては、回りまわってNew Earth Recycling & Renewables (Infrastructure) Plcに融資するのと同じリスクとなるので、やはり周辺資料はチラ見だけでもしたいところです。
早速、問い合わせしてみました。するとNew Earth Recycling & Renewables (Infrastructure) Plcの決算書も投資家に公開できるというのです。内容はなんであれ、見せてもらえるというのは投資家にとっては安心材料です。
その内容は、、、次回をお楽しみに。だって2011年3月の決算書で分析するのって非効率だと思いませんか。
それまで待てない、実投資家の方はメールで。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

盗まれた自転車が見つかりません。1週間経過で再購入かもうちょっと待つか思案のしどころです。新品買ってもスプロケット交換などチューンナップするのも大変だし、出てきてほしいところです。

EURUSD相場はリーマン・ショック直前にピークをつけた1.6があまりに強烈で、それ以降、チャートでも示されているように、軽い右肩下がりのトレンドに変化はありません。一方でユーロ不信任騒ぎが落ち着いてからリーマン・ショック前までに形成していた右肩上がりのトレンドは1本、2本、3本と下方ブレイクされ、そろそろ4本目のサポートにぶち当たろうとしています。フィボナッチでみてもちょうど50%ラインも交差しつつありますので、1.23半ばの水準では、一悶着ありそうなイメージです。大きな右肩下がりの中でも、短期的にはサポートがあり、一旦底打ちする展開になりそうです。
ただ、大きく上下するには何かのキッカケが必要になりそうです。もっともテクニカル分析ではそれが何かはわかりませんから、ファンダメンタルズ的な観点で直近為替を分析してみてもいいでしょう。大きく動いても上は1.4が限界ですから、昔のような何でもかんでもユーロにしておけみたいな風潮はなく、ドルとユーロのバランス感覚は細かい舵取りが必要になってくるでよう。
もっともいくらユーロがベア派であっても1.1が大底です。このチャートからは再びパリティ割れなどというシナリオは見いだせません。
イメージ 1

一方EURJPYの方は、110円を超えたところで一旦跳ね返されるというは予想しやすく的中もさせやすかったのではないでしょうか。フィボナッチでも23.6%ラインがバッチリ機能しています。綺麗なトレンドラインを引きづらいのですが、無理矢理引いてみると、リーマン・ショック以降は下降フラッグ(明らか位に下向きの三角保ち合い)を形成しています。110円で跳ね返されたことが、さらにレジスタンスラインを強くしています。とすると、2000年9月の89円とG7介入時をボトム、リーマン・ショック直前の170円をトップととるフィボナッチはかなり信頼できる指標だということになります。
まずは96円程度までの下落と見た後、小幅上昇して106円程度、そして突き落とされて、最終的には89円をタッチすることで上昇エネルギーを得る。といったところでしょうか。
ヨーロッパへ旅行するなら今年の夏より来年が狙い目でしょう。
イメージ 2


オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

大阪の投資家仲間の方から今日は28度でほぼ真夏日になってるとお知らせがありました。チェンナイの元同僚からは40度だというお知らせがありました。

イメージ 1Dreihausの小売もしてくれる北米株中心のVAM Fundsで、Dreihaus以外でユニークなものと言えば、小型株より時価総額の少ないマイクロ株、いや超小型株。言い方は何でも構わないでしょうけど、とにかくグロース狙いの超小型株です。なにしろ時価総額が1,500M未満ばかりというから、日本はなんとか税務上の大会社になってるかなぁくらいの大きさです。そして、その保有銘柄トップ5をみてもProcera Networks Inc.、Allot Communications Ltd.、Endologix Inc.、LeapFrog Enterprises Inc. Cl A、HealthStream Inc.ですって。確かに聞いたことのない会社名ばかりです。
もっとも米株、それもベンチャー系は、FRBの超低金利政策が物語るように受難の年でもあったわけですから、昨年の2割近くの下げは仕方ないでしょう。2003年からリーマン・ショック込みで平均年率7.79%ってかなり良いとおもいます。さすがはアメリカ、株の本場ですわ。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

昨日の勉強会は、胃腸風邪らしくお腹の調子がかなり悪かったのです。飛行機の離陸着陸がプレッシャーになるくらい。なにしろ蛍池から急行のって梅田に行くのに十三でランディングしなければならないくらいでした。ところか御堂筋線の梅田駅改札横で買ったストッパ1錠で絶好調。そのまま今朝まで無傷でした。今度の勉強会でそのストッパ代をオンして100円にしたらみんな怒るでしょうね。

生命保険証券投資ライフセトルメント系ファンド(英語ではTraded Life Policy Investments)は、昨年10月に出されたイギリス金融庁の声明文によって大混乱に陥りました。その内容については過去の記事をごらんいただくとして、ライフセトルメント系ファンドの王道EEA Life Settlementにとっても一大事となり、ファンドの解約・新規募集を一時中断していました。

その後、今年1月にむけてのパブリックコメント等を通じで猛抗議もあってか、UK金融庁は一つのガイドラインを出すにとどまり、ライフセトルメント系ファンド自体を否定することは避ける結果となったのです。Finalised guidanceと明記されていますからこれで一応の決着をみたわけです。
そのUK金融庁のファイナルガイドラインは以下のとおりです。
これによって、ライフセトルメント系ファンドのリスクが明確に整理されることになったのです。もっともEEAにしてもAssuredにしてみても、普段から行なっている当たり前のリスク説明文であり、今更そんなこと言われても、というような内容でした。とすればやるべきことは一つ。取引の再開です。だた、一旦、止めてしまったものを再稼働されるには時間がかかります。USD以外のクラスは為替ヘッジを外していますから、もうこれは戻すことはできません。目論見書上の取引方針が変わってしまっていますので、それらの適正化等を完了させるにはやはり数ヶ月はかかるでしょう。この時間的なスパンは金融商品開発の経験があれば、容易に想像がつきます。

さて、今回のファイナルガイドラインの中で最も注目すべきセンテンスは以下でしょう。
まずアドバイザーに対しては
Where advisers do not understand products, they should not recommend them: we have seen numerous cases of advisers recommending TLPIs without properly understanding how these products work and what risks are involved. Advisers should also be aware of the underlying assets within the investments they recommend: including TLPIs as a significant component within another investment means, in the FSA’s view, that investment is unsuitable for the vast majority of retail customers.

また業者に対しては
We have a comprehensive regulatory regime in place to deal with these issues and we will continue to supervise and enforce firms’ compliance with our standards. In view of the evidence of significant problems in this market, we will consider whether there is a need to put in place further requirements on firms in this area in line with our consumer protection objective.

としています。
要約すると、「投資家どころか自身が商品の仕組みも中身もリスクもわからん、アホなアドバイザーに限って、この手のファンドを売りまくっとる現状はけしからん。そんな連中の息の根とめるために、わざわざお上がこうやって一般投資家に対し直接注意喚起しとるんや。それから棚卸しもちゃんとしてないような粉飾まがいの業者にはどんどん名指しで行政処分かけていくから覚悟しとけよ。但しうちらの守るべきはイギリス国民だけやから、他の国の人はしりまへん。自分の身は自分で守ってね。」となります。なお、最後の一文は私がつけたオマケです。
つまりこのファイナルガイドラインは、ろくでもないアドバイザー、ファンド会社に対する最後通告なのです。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

今日の勉強会は、サミットみたいでしたね。金沢、高山、名古屋、桑名、大垣、彦根、大阪、神戸、岡山となんで京都でやったんやろというぐらい様々遠方からお越しいただきありがとうございました。。

Momentum Mutual Fund ICC Limitedが運用しているMomentum Global Balanced Fundは、日本の銀行や証券会社の窓口でも売っているでしょというくらい一般的なグローバルバランスファンドです。が日本の金融機関で売っているような、金融知識の教育をしていなくても窓口で売れる、あるいは投資教育を受けてない単純預金者でもその場で納得させることができる株式:債券=50:50等という商品ではありません。世界標準では50:50はどちらかというと若干ベア型です。だって、戦後長い目でみて、好景気の年数と不景気の年数を比較したら好景気の年数の方が長いわけですから。グローバルでは。
それにこのファンドには真の意味でもバランスらしくオルタナティブも入っています。
では日本の窓販で50:50のものを株式:債券:Alt=60:30:10にしたら売れるでしょうか?答えはさっぱり売れなくなります。
理由は簡単で、営業にかける時間がオルタナティブがはいるだけで成約までの時間が1件あたり30分は長くなり、営業担当としては限られた勤務時間の中で自分のノルマが果たせなくなるからです。
日本の窓販もオフショアのIFAも収益構造は同じです。販売手数料のおおかたは小売店の儲けです。IFAなら小売店と一次代理店の折半ですが、投資家が払う販売手数料はその名の通り、販売した相手に払われるもので、ファンドの運用会社、つまりメーカーの儲けにはなりません。
とすると、効率よく販売することを求められる小売店ではいちいち個々のニーズは聞いてられない、なんとなく短時間で納得させることができる50:50で行こうということになるわけです。
バランス型を所望して、50:50がでてきたら、担当者の知識がないか、面倒くさがっているかと考えても過言ではないでしょう。それも一つのビジネス論理です。

ではMomentumのバランス型のアロケーションはどんな感じなのでしょう。
イメージ 1
マーケットと通貨が明記してあります。実はこれ当たり前のようで、日本では当たり前でないのです。その差に着目すれば、「たかが」グローバルバランス型ファンドですら、オフショアに出しておこうかという発想が生まれるわけですね。
イメージ 2
パフォーマンスも極めて素直です。Momentumがゆえに、直接購入よりはMomentum のラップ口座経由で購入するのがいいでしょう。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

明日は11時からランチ交流会も追加決定しました。勉強会前にお時間あるかたはぜひどうぞ。11時ごろに京都駅七条口あたりからお電話ください。どっか場所確保しておきます。

イメージ 1オフショア投資経験の長い方にしてみたらヘッジファンド=MAN Investmentみたいなイメージがあると思います。それは私も同感です。やはりMANは個人向けファンドの世界では別格だと思います。もっとも私はサラリーマンである以上、当時、本心とは真逆の話をしていました。そんな資金的にいつ始まっていつ解約できるかわからないし、言葉の壁もあるし、税制でも優遇措置もないオフショアファンドよりも、自身の預金口座から引き落としてそのまま買える外貨預金や投資信託の方がいいですよって。ここでさりげなく懺悔しておきます。
ところが諸行無常とはこのこと。その天下のMANでもオフショアからオンショア(日本国内で買える投資信託のこと)へ移行し、オフショア投資済みの日本居住者投資家とは現状維持のみ、解約まち、しかも数あるファンドも乗換不可という憂き目をみています。これではいくら別格とはいえ、もうここのブログの読者の方(のうち日本居住者)にしてみたらウォッチ対象外としてもいいでしょう。
かつての旗艦ファンドともいうべきMAN AHLもファンドサイズがUSD517Mまで小さくなってきてはいるものの、それでも500本あれば大型の部類です。運用としてはまだまだ健在ですね。
イメージ 2

ただ、パフォーマンスがうまく行ってないからダメという理由で終わらせると、このブログらしくありません。他のファンドもボチボチならMANだってボチボチなはずです。ではこのファンドの対抗馬は何でしょうか?
それぞれが門外不出のプログラムで運用しているわけですから、他と比べるなと怒られるかもしれませんが、敢えて選ぶと
  • Winton
  • 新しいプログラムになった後のIQS Performance Fund
  • Aspect Capital
  • Transtrend (Tulip Trend)

の4つくらいでしょう。これらは多少の違いはあれ、ブランド名の好みの違いですから、複数持っても分散投資にはなりませんし、乗り換えてもリスクの所在が変わることもありません。
こういった同種のファンド比較は勉強会でもご好評いただいたので、これからも勉強やメルマガでは力を入れていこうかなと思っています。

で題名の本題ですが、このまま保有している人は、とりあえず、ラップ口座へ現物組み込みするのがいいでしょう。するとMANファンドの名義はラップ口座のものになり、日本居住者もへったくれもなくなります。乗換はおろか新規購入もできるようになりますからね。少々の組み込み手数料は十分もとがとれるでしょう。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

自宅サーバにいままで収集?したファクト・シートなどを整理しアップしはじめているのですが、これが実におびただしい量です。その分HDDは軽くなるはずなのでちょこちょこやってますが、その量100種類は余裕であります。うちの鉄道模型車両コレクションより多いみたいで、HDDの容量的には優雅なc趣味とかしてます。

Oyster Fundsの4月結果をもらいました。去年元気がなかったのですが、今年は名前も変えて再出発を果たしているようです。
イメージ 1


オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひ
クリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

楽天経由でジテンシャデポさんから購入したので滋賀県の防犯登録なのですが、番号は控えていませんでした。しかしお店に電話したところ、2008年で随分前に購入したのにも関わらず、しっかり防犯登録の番号を調べていただき、無事盗難届を出すことができました。あとは撤去でもしてもらって、八潮に引き取りにいくのも待つばかりです。

ドンピシャより、少しかけてるほうが芸術的だと思いませんか?フィボナッチ、ファン理論と関係あるかもしれませんね。

今日の写真は、ニュージーランドや香港、バンコク、ジャカルタ、上海など海外在住の読者のかたへささやかな報告だと思ってください。

なお、雲が厚すぎて、私のお宝、富士フィルムの赤外線フィルターIR830は全く使えませんでした。しかもこれNDフィルターもなし、そのままです。工学ファインダーもそのまま覗いてました。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひ
クリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

日食もみたので、今日は自転車探しの旅にでます。

って題名にしたら、アクセス数400いきますかねぇー。試してみたくてやってみました。
インターネットで誰でもみることができるブログという形式を使っていながら、ここの読者としてはっきりお断りというカテゴリーの方がいます。それはリスク=(リターン+コスト)というもっとも簡単な公式が理解できない人。
例えば、超安定と聞いて、超安定させるために取っているリスクはなんだろう?と気になる方はここの読者として適合性があるというわけです。
何年も運用を続けていて、たまたま30%代という絶好調のパフォーマンスがでたとしても、実はハイリスク・ハイリターン型とは限りません。シーズン通じて3割バッターとて、15打席ノーヒットもあれば、3打席連続ホーマーもあるわけですから。我々投資家としては、自分に合ったリスクの中からチョイスしたファンドを長期投資保有した結果、総じてよいパフォーマンスがでてくれることを望むものです。

それに引き換え、いつでも10%以上のパフォーマンスを出せというのは、シリーズ通して3割バッターを探せということより以上に難しいことだと気が付きます。つまり「超安定」にしておくことこそ、隠れた(というより有象無象が伏せているか、自分らのレベルでは分析ができない)リスクが必ず内在しているのです。

ところが内在しているリスクがしっかり理解できれば、しめたもの。あとはそれが自身の取れるリスクか否かで投資判断はさほど難しくなく、また狂いもありません。
ただ、その説明もうけず、あるいは欲に目が眩んで、聞こうともせず、超安定と謳うファンドを始め、その後突然パフォーマンスが崩れたりしたらパニックです。自分は絶対交通事故を起こさないと過信してクルマを運転していた人くらい悲惨です。

もう一つ、ファンドの選択のキッカケで、「過去のパフォーマンスがずっと安定してよかったから」は全く理由になりません。そんなコメントをもらったとき、私は必ず、「ではどうして今まで超安定だったのですか?」と聞きます。答えが曖昧なら、もうそのファンドは投資対象から外れています。逆にしっかりとした答えがですのであればGOです。例えば、そのファンドマネージャーが有名だから、売買プログラムが優秀だと聞いたから。などでもかまいません。はっきりとした返答がでたということは、その投資家はその理由に賭けたということ、つまり自分なりの投資判断がしっかりできているということです。

では、掲題のようなファンドの売り文句があればすべて3流なのでしょうか?

探せばそうでもありません。なにしろ流通しているヘッジファンドや仕組債を数えても5千以上はありますし、アメリカでCTAなんていってもマトモなものだけでも2千はあります。
パフォーマンスありきで、探してくれば必ず、掲題の条件にあうファンドもみつかるはずですよね。

やはりマトモなファンドの中にもありました。それがThe Ashton GroupのファンドASHTON SELECT FUND (GOLD SHARE CLASS)です。AshtonはIrish Stock Exchange (ISE) と Channel Islands Stock Exchange (CISE)に上場していますので、例によってBrandeaux, Mansion, Clubeasyの学生寮ファンド3ファンドや商事系訴訟対策ファンドとステイタスは同じレベルです。
早速パフォーマンスをみてみましょう。イメージ 1
数字だけみたら惚れぼれしませんか?私もさすがにします。
ではどんなリスクを踏んでるのか?その投資対象は意外にも普通です。いわゆるMF系ファンドの域をでてはいません。
イメージ 2
では、プログラムがいいのか?それはあります。そうこのAshton、あのPaulsonと提携し、門外不出のPaulsonファンドを小売しているファンド会社です。他より優れている部分が必ずあるのでしょう。
しかし主因はそこではありません(といったらPaulsonに失礼ですが)。ミソは建値です。ファンド名をよく見て下さい。GOLDクラスになっています。つまりUSD50kから購入できますが、ファンド全体の動きをAXUUSDの動きに連動させ、ゴールドの上昇があれば、本来の投資対象である上表のパフォーマンスが多少悪くてもカバーしてしまうというダブルハイリスク、ダブルハイリターンともいうべきファンドなのです。つまりこのファンドは、結果的に7年間プラス14%以上でていますが、それをウリにはしていません。結果がよかったことは自慢できますが、ゴールドの価格が頭打ちとなれば、このファンドも過去のパフォーマンスが続かないことがしっかり明記されています。

Ashtonと違い、「超安定」であることだけと強調する三流ファンドはこのブログで取り上げられることはありませんので、ご心配なく。ブログの出る前に私に斬り捨てられるだけのことです。

ところで、そんなダブルに投資して怖すぎると思うかもしれません。それは人によって違います。USD50kといえば一般余裕層にとってまとまった金額ですから、せっかくの海外投資用の資金はできる限り様々なリスクを同時にとっておきたいというニーズもあるはずです。実際私にもそれはあります。子供らの教育資金分は海外投資ではなくミッキーマウスの通帳にキープしておきたいですからね。

ここまで書くと勉強会メンバーの方からこんな質問がきそうです。一つの資金をダブルリスクテイクする意義はわかったが、折角ならダブルリスクを分別して考えることはできない?
ですよね。やり方は簡単です。USDクラスのパフォーマンスをみて、その差がゴールドのリスクということになります。
イメージ 3
USDクラスだと、それでもまぁまぁ良いねくらいのイメージです。Tulipなどと同じで十分投資対象になるでしょう。
ダブルでいくかどうか、決める前にまずはアイスクリームでも食べて頭を冷やさないといけませんね。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

金曜の夜中に自慢のエネループバイク盗まれました。近所の交番に届けだしに行ったのですが、防犯登録の番号か車台番号がわからないからと受理されず門前払い。たかが自転車1台くらいということのようです。来週あたり八潮の放置自転車置き場にでも言ってみます。仮に見つかっても、3千円は自分もちかしら?それとも引き取ったら自力救済で窃盗になるのかしら?

訴訟対策ファンドで初の上場(Channel Island Stock Exchange)を果たした新シリーズがなぜオープンエンド型の一般的なファンド化をせず、未だに私募債形式に拘っているのには理由があります。この訴訟対策ファンドは商事系の訴訟事案しか手がけません。離婚問題や、相続問題など感情の絡む裁判(権利のための闘争といいます)沙汰には一切手をだしません。
民事の場合、金額だけの問題ではなく、憎しみ等の感情があるため、長期化したたり、思わぬ抵抗を受ける可能性が高いからです。投資家としては弱者救済するつもりで投資していません。極力短期で示談でもなんでもいいから成功をおさめて、ボーナスをもらって資金を回収、あるいは別件に再投資したいだけです。
もっとも、商事系では事案も限られており、いつも投資対象になるような美味しい話が転がっているわけではありません。そこで事案の目星がついたら投資家から資金を募集するという手立てをとっているのです。投資家としては資金手配に不自由を感じますが、それだけに、利回り12%も現実的になるのです。

http://www.taylormoor.com/graphics/global/logo-large.jpg
一方で、それだけの利回りが期待できなくても、資金繰り的にいつでも運用を開始できて、いつでも解約できた方がいいという場合もあるでしょう。それならTaylor Moor Internationalの運用する、Axiom Legal Financing Segregated Portfolioの方がニーズには合っています。この会社自体の法律事務所としての業歴は長いく、実績はあります。
また、民事系は小粒なのがたくさんありますので、多くの事案を同時に扱うことでマクロ的に安定したパフォーマンスを出すことができます。
もちろん、民事系は取れる金額も知れていますから、成功報酬も相場できまってきます。日本でも債務整理がどうのとかサラ金から過払いを取り返すとか盛んに宣伝していますが、これらの報酬相場がだいたい決まってきているのと同じです。
イメージ 1
ファンド会社も11%程度が目標といっていますが、それも理に適う目標だということになります。オルタナティブとして十分投資対象とできるファンドの一つでしょう。
最低投資金額GBP25kから、直接購入あるいはロイアルロンドン360経由、なぜかフレンズプロビデント経由はできないようです。MomentumはJP Funds経由で購入できます。
購入手数料、解約手数料ともになし、パフォーマンス10%を越えてくる部分については成功報酬25%、信託報酬は0.15%程度です。つまり、ファンドの運用会社としては10%の自信があり、手数料よりも成功報酬で上澄みを持って行こうという腹。月に一回の売買タイミングのオープンエンド型です。
ファンドサイズはGBP80Mで商事系訴訟対策ファンドの全シリーズを合わせた金額と同じくらいです。

ただ、1年以上前ですが、訴訟対策ファンドの仕組みについて、日本で初めてこのブログで紹介したことによって、この投資手法も日本人のなかで浸透し始めているようです。商事系の方は私募債形式ですし、代理店審査も厳しいと聞いていますから、ほとんどの日本の有象無象業者は販売権をもっていないようです。そんな業者に投資家が訴訟対策ファンドの話を相談しても全くの無駄になります。業者は自分らがバックマージンをもらえるファンドしか決して紹介しませんから、商事系は勧められることはありません。その代替としてこのファンドがしきりに勧められているというのは皮肉なことでしょう。
本来のAxiomの特徴やリスクを理解しないまま投資し、今が安泰だから気が付かないままとうのは他人事とはいえ、恐ろしいことです。昨日の勉強会でイギリス学生寮ファンドのリスクとリターンについてしっかり分析された参加者の皆さんなら、この話ピンときますよね。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

昨日は交流会までお付き合いいだたきありがとうございました。また新しいお知り合いができたことが財産です。目の前で湘南新宿ラインを逃してしまい、上野経由の長旅になってしまいました。18名のご参加のみなさんうまく帰れましたか?

イメージ 1
イメージ 3グローバル株式、から仕組債、そして不動産、非上場株式に至までヴァリエーションが売りのアポロファンド。いままでの記事ではパフォーマンスをUSDのファクト・シートから引用していましたが、今回からGBP建てに改めたいとおもいます。

パフォーマンス自体は、大人しくなっています。年初は株高の好影響をうけましたが、その後はトレンド形成まちの様相です。
イメージ 2

イメージ 4
仕組債の銘柄はある程度ファクト・シートに出ていますので、わかりやすかったのですが、株は株4割、以上。みたいなざっくりだったので、ちょっと調べてみたのです。そしたらグローバル株式の地域別のブレイクダウンだけでなく、通貨ウエイトまででていました。このファンド、ポンド中心のファンド、だったんです。

世界の株式時価総額の半分を占める米国株のウエイトが1割しかありません。これは他のグローバル株式ファンドとは決定的に違うところです。
イメージ 5

そして、通貨ウエイトですが、ご覧のようにメインはポンドです。
この特徴を活かして、ドルメインのワンストップファンドを保有している人が、追加あるいは分散投資に使うとか、別の使い道がでてきますね。

いずれにしてもこのようにちょっと毛色が違うファンドはその特徴をしっかり押さえておく必要があります。




オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

昨日はFacebookでたくさんコメントいただきました。ありがとうございます。

イメージ 2
最近なにかとネガティブな指標がクローズアップされている中国経済ですが、中国は社会主義で計画経済であることを忘れてはいけません。つまりマクロ経済の影響を受けるのは労働者層で、すでに十分なストックを手にしている富裕層にとっては全くと言っていいほど関係がありません。金利水準が低下して、株価が底打ちしてくると、どこからか資金が流入してくるのが本当の中国パワーです。
マルコ・ポーロによると、例えば、GDPは本年第二四半期には7.5%程度まで落ち込むことが予想されていますが、国家税収は、過去最高額を更新しており前年比+10.3%に至っています。それもそのはず、小売店の売上高は前年比14.1%も上昇しているわけですから。つまり、マクロ経済と所得者層の動向とは少なくとも短期的には無関係だということです。

ただ、チャイナ株の場合、逃げ足は早くなければいけません。全体発展のためには個々の犠牲は厭わないお国柄なのです。馬謖は泣かれただけマシ、普通は淡々と斬られます。
これチャイナ株の世界に当てはめるとさしずめこんな感じでしょう。

「株式が高値圏に到達したとき、国家が調整バイアスをかけるのは簡単。なにしろ社会主義国家ですから、元を辿ればチャイナ企業の大株主は全て共産党コントロール下にありますから、ガイジンに高値で掴ませれば、それも国益となる。」

というわけです。
自身の身を切る覚悟で早く入り、他人に斬られる前に早く出る。中国を相手にするにはスピードが求められます。

イメージ 1
FMG China Fundもハンセンから全面的に撤退し、投資対象全量を深セン、上海に移行させました。これからは香港株でリスクヘッジより、大陸へ集中させる傾向がしばらく続く気がします。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、アドバイザーチェンジの方法、ファンドリストについてはメールで。

大宮勉強会の最終案内は本日中にメールでお送りします。万が一夜になっても届かなかったら連絡ください。

http://www.1cornhill.com/images/logo.png昨日の続きです。エマージング国、フロンティア国への株式ファンドWorld Investment Opportunities Funds (WIOF)ならどうでしょうか。African Performance Fundというファンドがもちろんあります。このファンドマネージャーはoronation Asset Management (Pty) Ltd., South Africaといい、ヨハネスブルグ上場です。地元のことは地元に任せるといういわば外注ファンドマネージャーというわけです。
ちなみに、ファンド会社の社名も4月1日付けでSFM Group International S.A. からCornhill Management S.Aに変更しています。


イメージ 1

このファンドも特徴があります。国別にみると南アが半分でかなり安パイ路線です。日本人にしてみると最果ての南アが安パイかいなと思うかもしれませんが、AUのなかでは旧大英帝国ということもあり、法整備からしてダントツです。ではなぜ南アの通貨、南アフリカランドZARはあんなにハイリスク・ハイリターンなのか?自国の通貨を変動相場制にできるだけ一人前の証拠です。他の国はとてもそんなことはできず、ドルペッグ制なわけです。韓国ですらできない完全変動相場制を実行しているZARはそれはそれですごいことなんんです。そしてもちろん、次にはナイジェリアが来てますね。
ところが、セクター別では南アにありがちな資源関連株ではなく、コンシュマーが一番にきています。次に金融、資源と順当ですが、その次は携帯電話関連です。南アでは金融と資源、ナイジェリアに対しては、食品、日用品などのコンシュマー。このあたりしっかりアフリカへの投資としてセオリー通りの攻めにでているところが評価できますね。
イメージ 2
パフォーマンスも比較的よいことがわかります。去年の傷が一番浅いのはこのファンドではないでしょうか。Aが販売手数料前払いタイプ、Bは後払いタイプです。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストについてはメールで。

ツイッターって無差別に知らない人をフォローすると半分くらいは親切でフォロワーになってくれるんですね。つまり1万フォロワーの勲章が欲しければ、2万フォローすればいいのです。ただ、そのままだとカッコ悪いツイッターバレバレですから、数字を作ったところでフォロワーになってくれなかったフォローをどんどんやめれば1万フォロワー自慢のできあがり。アホらしすぎます。

イメージ 1AU(Africa Unit、携帯電話屋さんではありません)系株式に投資するファンドのマネージャーや担当者に、どこの国が最も有望なのかを聞くと、決まってナイジェリアと返事が返ってきます。と返答されて読者のみなさんならどうリアクションしますか?私は最初、あ~は~くらいしか返答できませんでした。こんなときはメールの方がいいです。ちょこっと調べて場所くらいは知ったかぶりができますから。でもFMGのディレクターと直接話している場面で、ナイジェリアときましたから、もうお手上げ。そんな時はアホになって正直に聞くしかありません。そんな時は知ったかぶりはもったいないんです。聞くは当座の恥とはこのこと、いい情報を聞き出すためにプライドは要りません。

ナイジェリアは確かに産油国でOPEC加盟国です。が、実はそんなことはあまり気にされていません。原油なんてイラクが完全復活したらそっちの方が良いに決まっているからです。実は、答えは簡単で、ナイジェリアはAUで最も人口が多いことがポイントになっています。また、イスラム教とキリスト教のバランスは微妙で、内陸部は資源が豊富にあるものの、一般人は危なくて行けません。よって産業面での投資対象としてのナイジェリアは、資源関連を除くとほぼ海岸部のみが対象となっています。

イメージ 2
Alquity Africa Fundの記事でもお伝えしたとおり、アフリカで最も有望なビジネスマーケットは携帯電話です。ところが、携帯電話屋さんは基地局を作らないといけないので、日本や中国のように人口が密集していると効率が高いのですが。オーストラリアみたいに広大だと、下手に人口カバー率99%とか広告してしまうと、Vodafoneオーストラリアのように痛い目にあいます。
その点、ナイジェリアの人口約1億5千万人のうちラゴスに1千万人以上が密集しているなど、携帯電話屋さんにとっては日本と同じようなドル箱なのです。もちろん人口集積していれば、他のコンシュマー関連も伸びます。日用品などのメーカーだけなく大手スーパーなども伸びてきます。

そのAlquity Africa Fundの国別投資割合、セクター割合をみてみると、もちろんナイジェリアが1位、しかし、ナイジェリアはエマージングというよりフロンティアですから、次に、南アを置いて、リスク・ヘッジをかけてきています。

イメージ 3
一方、MFG Africa Fundでは、自らをエマージングファンドではなくフロンティアファンドだと名乗っているだけあって、強烈にアグレッシブです。ナイジェリアを約半分も入れてきています。ナイジェリアの上場企業銘柄数は220ほどしかありませんから、もう全銘柄を投資対象として調査する勢いなのでしょう。
そして南アはわずか6%しか入っていません。リスク・ヘッジするつもりは全くないと考えていいと思います。
セクターはファクト・シートにはでてきませんが、聞きいたところ、資源関連株はほとんどなく、コンシュマーとインフラがメインだそうです。

これだけ特徴がでると、どちらに投資するか決めやすくていいですね。

パフォーマンスは表から見て取れるように、FMGの方がハイリスク・ハイリターン型になっています。
イメージ 4
イメージ 5
コモディティの上昇余地を考えて資源関連株にも少し入れておきたければ、Alquity、ベタベタのAUフロンティアならFMGになります。WIOFはどうなってるの?って声が聞こえてきそうですね。次回は3銘柄比較でもしてみましょう。

FMGを直接購入した場合、乗換手数料無料です。FMGは販売手数料が最大7%でちょっと高めですが、そのかわり、この無料乗換制度をうまく使えば、手数料も十分もとがとれるでしょう。






オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストについてはメールで。

イギリス学生寮ファンドの勉強会も3銘柄分析ですから、遅々として調査が進みません。資料はある程度揃ったのですが、表現や数字のとりかたがまちまちなので、同じ土俵に引き直すだけで1ヶ月くらいかかりそうです。

http://harthill.biz/press/wp-content/uploads/2011/08/quadris_logo.pngQuadris Environmental Forestry Fund PCC PLCHarthill Ltdが経営主体となって、ブラジルのFloresteca SAというチーク材専門の私営林業に投資するファンドです。
これまで、いや今も森林ファンドに対しては少し偏見で見ています。ファンド化する対象でもっとも重要なもの、それは時価評価です。投資対象の時価評価の大切さはライフセトルメント系ファンドの記事を通じて、お伝えしてきたとおりです。ただ、ライフセトルメント系の場合は、やってますといいながら粉飾されたらおしまいですが、森林系は最初からわからんものなので、そこにリスクがないかのような言い回しは通用しません。森林ファンドは何かわからないリスクがある。みんなが最初から眉唾もので見ますから、投資家は知っててやるというだけマシでしょう。
このファンドはブラジルの業者1社に絞って、そこと一蓮托生で運営をしています。実質同一体として最終的にはFloresteca SAに対して融資するつもりで、投資するということになります。その分、得体の知れなさは解消されます。どこの森に投資しているのかわからないわけではないからです。
http://harthill.biz/press/wp-content/uploads/2011/09/img_logofloresteca.png
ではこの業者、なぜわざわざファンド化して運転資金を集めるのでしょうか?これは本人らから聞いたわけではありませんが、ブラジルの場合、ブラジルなりの事情があります。まずブラジルレアル建てでブラジル銀行から融資を受ければ20%近い金利がかかること、しかし金利水準の低いUSDなどの外貨建てで調達するにはカントリーリスクが低すぎて、この会社の財務内容事業内容以前の問題で資金調達することができないのです。カントリーリスクとは、つまりブラジルというだけで門前払いされるということ。これはブラジルのトップバンク、Banco de Brazil の格付けですらBBBでありマーケットからの資金調達がなかなか有利に進まないことから容易に想像できます。

そこで、イギリス (ファンドはIsle of Man籍)に出向いて、資金調達を個人から行えるようにファンド化しているというわけです(想像ですが自信あります)。しかも売り先も全量輸出でしょうから、外貨で調達して外貨で販売すれば、自国通貨との為替リスクも軽減できます。

ファンドのパフォーマンスは年率換算10%程度のようですが、その背景を勘案すればそれも当然といえるでしょう。リスクなりのリターンということになります。
イメージ 1

ただ、2003年9月に運用をスタートし、預かり資産もGBP114Mと実績は積み上がってきていますから、怪しげな森林ファンドのなかにおいては最も投資対象に近いファンドではないかと考えています。とはいえ、まだまだこの手のものは諸手を挙げてとはいきません、本当の対象となるかどうかこれからも調査続行します。
Youtubeに現地の様子がアップされていますので、参考になるでしょう。



オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 。ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストについてはメールで。

昨日の記事でMansionのパフォーマンスが見えないという現象が起っていました。すみません。直してみました。

イメージ 1
直接購入できることが利点のMansion Student Accommodation Fundも4月結果は順調です。が、Brandeauxと異なりこちらはマクロ的にみて期中は絶対的に安心とはいえません。伸びざかりのベンチャー的要素のあるファンドだからです。
4月だけで預かり資産をGBP12Mも増やしており、そのため資金繰りもキャッシュリッチ、しかしキャッシュで保有しているとパフォーマンスがさがり、過去からの投資家に迷惑がかかりますから、とにかく新規で物件を購入して一刻も早く稼働させるしかありません。
そのため現在、London(123 beds)、Edinburgh (356 beds)、Sheffield (224 beds)に3物件の取得を9月稼働を目標として急いでいます。他にも141ベッド取得できそうな案件もあるので、これらのプランか完了すると、ベッド数は3,400から4,244に増加します。
ただし、これでBrandeauxの1/3程度。やはりベンチャービジネスファンド的要素が強いと考えて投資すべきです。
もちろんうまくいけばBrandeauxよりも高い利回りが期待できるわけですが。Clubeasyは短期留学生向けでちょっと趣が異なりますが、これら2者の比較は非常に興味深いものがありますね。もちろんその内容は勉強会で。
イメージ 2

 

 

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 今日でふざけた題名つけますがシャレだと思ってご容赦ください。ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストについてはメールで。

6月の勉強会テーマ募集してます。開催場所とテーマのご希望をメールで受付けます。

南アフリカの金融コングロマリット(ヨハネスブルグ上場)、 MMI Holdingsの傘下でラップ口座運営会社のMomentum Wealth International Limitedは、新しい親会社の指導のもと、制度変更を進めています。

唯一不便というか、不利になったのは資金移動関係の手数料。いままでは完全無料でしたが、昨年からUSD26からUSD40程度の実費を徴求されることになりました。それもそのはず、前の親会社はRMBつまり南アでNo1のスタンダードバンク(スタンダードチャータード銀行から暖簾分けした弟分、SCBとの資本関係は殆どない)に次ぐ有力銀行だったので、そのあたりの面倒はすべて親会社がみてくれていたのです。ところが今の親会社は保険会社です。よって銀行取引には渋く、早速実費手数料をとるようになりました。

とはいえ、良いこともあります。それは投資資金受入の指定銀行に色が付いていないこと。投資家から実費をとるわけですから、銀行なんかどこでもええから一番便利なところにしといたろか、となったようです。

投資通貨によって口座や送金先国名、中継銀行が異なりますので、送金時は十分ご注意のほどを。

共通事項
受取人名義  Momentum Wealth International Limited Client Investment Account
受取人住所  La Plaiderie House, La Plaiderie, St Peter Port, Guernsey, Channel Islands, GY1 1WF
受取人連絡先  +44 (0) 1481 735 480
受取人国名 イギリス

受取銀行名 Citibank
支店名または住所 N.A London Branch, Canada Square, Canary Wharf London E14 5LB UK
スイフトコード CITIGB2L
ソートコード 18-50-08

目的 投資
メッセージ IN020XXXXXXX   (つまり自身の口座番号)


JPY建て送金
口座番号 GB19 CITI 1850 0813 0906 04    
中継銀行 Citibank N.A.
中継銀行支店名 Tokyo Branch
中継銀行スイフトコード CITIJPJT

USD建て送金
口座番号 GB25 CITI 1850 0813 090787
中継銀行 Citibank N.A.
中継銀行支店名 399 Park Avenue New York, NY 10043 USA
中継銀行スイフトコード CITIUS33

GBP建て送金
口座番号 GB66 CITI 1850 0813 0907 28

EUR建て送金
口座番号 GB78 CITI 1850 0813 0901 24

AUD建て送金
口座番号 GB03 CITI 1850 0813 0906 98
中継銀行 Citibank Ltd
中継銀行支店名 Citigroup Centre Floor 142 Park Street Sydney 2000 Australia
中継銀行スイフトコード CITIAU2X

CHF建て送金
口座番号 GB13CITI18500813090809

HKD建て送金
口座番号 GB25 CITI 1850 0813 090787
中継銀行 Citibank N.A.
中継銀行支店名 Citibank Tower, Citibank Plaza 3 Garden Road Hong Kong
中継銀行スイフトコード CITIHKHX

つまり欧州内のIBAN適用エリアでは中継銀行は不要です。それでも中継銀行が必要と送金銀行に言われてら迷わずシティのロンドンと答えてください。

追記:日本のシティバンク銀行が他の銀行名にかわりましたが、この送金に関しては影響ありません(中継銀行の指定もそのまま)。シティバンク銀行は全面撤退したわけでなく、リテイルをリストラしただけです。法人部門はしっかり東京に存在します。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 一昨日のしょうむない題名でアクセス数はいつもより100以上増えてましたよ。たまに遊びでふざけた題名つけますがシャレだと思ってご容赦ください。ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストについてはメールで。

せっかく品川図書館から借りた民法判例集、3週間では読みきれずに延長申請だしました。値段をみるとどれも2千円から5千円しますがこれは買っても十分値打ちありですね。

オーストラリア不動産開発案件に融資するファンドを運営してしてるLM Investment Management Ltd. にも順調に見えて、唯一厄介な問題を抱えています。それが、2009年3月以降、現在まで募集も解約も中断しているLM First Mortgage Income Fund (FMIF)です。実はこのファンド、現在でも順調に運用が続いているManaged Performance Fund (MPF) と不動産に投資するという意味ではあまりかわりません。ところが投資戦略はかなり異なります。

MPFの場合、ファンド資産のうち、解約用としての資金が全体の5%程度で、しかも投資期間中は中途解約は不可、自動継続型を解約するには4ヶ月前告知という厳しい条件をつけることで資金繰りを管理しています。それに対して、FMIFはアグレッシブで現金保有率は2%程度とし、解約に備えるつもりはなく、PMFよりもさらにハイリスク・ハイリターンを狙うものでした。
また投資対象が異なります。MPFは開発業者への融資、つまり日本の制度に照らし合わせるとノンバンクによる貸付信託と表現するのがもっとも適切です。しかしFMIFは第一抵当証券への投資で、当時55件もの抵当証券に分散投資していました。ただ、ファンドサイズはMPFが現在でもAUD333M程度に対し、FMIFは当時AUD626MもあってLMにとっては実は基幹ファンドでもあったのです。

その理由は容易に想像できます。オーストラリアには4大銀行もあって、競争の激しい金融業界で直接LMが優良は融資先を開拓するのは非常に難しい。MPFにとって最大のリスクは不良債権化です。それを作りたくないなら、投資家に還元する目標利回りを下げてでも、全体管理を行わなかればなりません。そこでMPFには3名ものCash Managerがいます。投資先、つまり融資先を選別するFund Managerも大事ですが、ファンド存続のためには全体の資金繰り、つまりプロのCash Managerこそ重要なのです。

一方で抵当証券を買うだけなら、融資よりはるかに簡単です。何しろ買うだけですから。投資先のデフォルトには分散投資とマクロ的な管理で対応します。これは一般的な債券ファンドとなんらかわりません。ソブリン債より抵当証券の方が利回りが高いが、期間が長く、かつ流動性がありません(一般的に市中に流通していないので期中で売買するには市場取引ができず、相対取引(これを店頭取引といいます)しかありません。)、よってハイリスク・ハイリターンなだけです基本的な仕組みは債券として全く同じです。

また、抵当証券はその原資とも言うべき抵当権が解除される場面がこなければ資金化されません。それは抵当権を譲渡した時か設定している物件が売買された時です。特殊な例では抵当権を実行して、所有権化して売却するか、競売にかけるかですが、そのへんの話はおいておきましょう。

では、このFMIFに2008年後半から2009年年初にかけて何が起こったのでしょうか。直接の引き金はリーマン・ショックによる解約申出の殺到です。AUDJPY相場も急落しましたので、損切りしてでも円に戻したいと考えた人は多かったはずです。
ところが、FMIFはライフセトルメント系ファンドと同じく、流動性のない分野への投資です。しかもリーマン・ショック直後では抵当証券を店頭取引で引き取ってくれる投資家もいないでしょう。アグレッシブな機関投資家ほど手金がないからOpen Bloombergのデュアルスクリーンを毎日眺めているしかなかったわけですから。まぁ画面を眺めているだけのデスクがあるだけマシです。銀行でも証券でも一流どころはそのころにはハローワークでしたから。とするとどんな結末が待っているか、ここの読者の方ならおわかりでしょう。EEA Life Sttelement Fund同様の対応になります。つまり解約も新規も中断。ということですね。

それは同情するが、抵当証券投資している時に、100年に一度のリーマン・ショックが来たんだからそれはやむを得ないでしょう。というのが正直な感想です。ところが、それでは済まない投資家が多いのです。特に日本人で。
なんとこのFMIFを「極めて安定的で外貨預金より利回りも高く、元本もまず割れない、豪ドル定期預金の代わりにどうでしょう?」と売り込んでいた有象無象がいたのです。それもプロダクトプッシュ(金融業界用語で、コンサルしますとは名ばかり、最初から押し売りする商品をこれと決めて営業をかけること)で。一般投資家はこれをやられるとひとたまりもありません。リスクを承知して長丁場で投資した人、定期預金だと不誠実な説明を受けて安易に投資した人、これからも保有したい人、パニくってとにかく解約した人が混在した状態になります。

このままでは問題は解決しないでしょう。そこでLMが打ち出した方策はファンドを二分割しようというものです。これは投資信託にとって最重要事項ですから、組合員投票が必要です。そこで投資家には分割案に賛成(用紙ではYes)か反対(用紙ではNo)かの投票告知を行ったのです。その期限は16日。まもなくです。

では現保有者はどうしたらいいのでしょうか。私見ですが、Yesがいいでしょう。理由は簡単で、ファンドの世界では目的を異にする人たちで呉越同舟はないということです。
今回の投票は二分割したらどちらに入るかを聞かれるだけで、今は損切り解約か長期保有かを判断する必要はありません。とするとYesに投票してその間にどういう方針にするかをよく考えるというのが順当な対応法になると思います。

まだ有象無象業者の管理下に置かれていると縁起も悪いでしょうから、投票したらすぐにアドバイザー移管した方がいいでしょう。
FMIFの決算書入手しました。必要な方はメールください。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 昨日のしょうむない題名でアクセス数はいつもより100以上増えてましたよ。ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストについてはメールで。

自宅メールサーバをたちあげてみたのですが、即座に中国、ロシアからの迷惑メール配信の踏み台にされました。でも今ではブラックリスト化されていて、それを1日に12回もデータベース更新することによって、それらバラマキ業者からのリレーが入ったら容赦なく削除してしまうことができます。つまり私のサーバを踏み台にしようとリレーで入ってくるメールは私のサーバに来た瞬間、消されてしまいもう宛先には届きません。ログを見たら、1日に500件以上殺しています。Mac Mini Serverでインターネットにささやかな貢献しているみたいで気分いいですよ。

2000年6月からイギリス国内で学生寮ファンドを運用している老舗のBrandeauxの4月結果です。普段の読者のみなさん、全く無意味な題名ですみません。例によってアクセス数増加のためのオトリ表題です。
イメージ 1
学生寮に関して、期中の心配は殆どする必要はありません。今度投資家で集まって勉強会やるんだけど、決算書、目論見書やファクト・シート以外になにかためになる良い資料ない?と問い合わせたところ、送ってくれましたよ。色々と。内部資料ちゃうのっていうのまで。さすが老舗で、かつラップ口座経由しか扱っていない分、コミュニケーション力に長けてます。小売がないということは直接の一次代理店というのが存在しないということです。直接の販売員がいないので、ラップ口座の代理店または投資家に直接コミュニケーションをしなければなりません。そこが一投資家の私が有象無象より良い情報を取れるポイントです。ま、ここで披露すると、大宮、京都合計28名の勉強会参加の方に失礼なので、もちろんとっておきますよ。お楽しみに。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 アクセス数の買い方教えて欲しいです。ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストについてはメールで。

Premier Cruの契約書が郵送されてきました。倉庫チェックといい、TNK分別管理チェックといい、Agentum訴訟現場訪問といい、ロンドンに行く用事がどんどんできてきます。オリンピックがあるので、それは避け、今冬には全件自主的監査にでも行こうと思っています。

5月8日、コメントでのご指摘に基づき内容を大幅に訂正いたしました。誤った内容を掲載しましたことをお詫び申し上げますとともに、適切なコメントをいただいたことに感謝いたします。仕事の合間にや夜間休日にコツコツ一人で校正なしに書いておりますので、今回のようなご指摘は本当に助かります。読者の皆様のご支援をよろしくお願いします。

以下、前回の記事からコスト部分以下を全面的に訂正しました。前回記事の概略部分に加えてお読みください。


基本手数料として毎月イニシャルユニットの0.5%つまり年間6.0%が差し引かれます。上述の場合だと、最初の24ヶ月間は毎月増加し、24ヶ月後以降は年間でJPY72,000.-がレギュラープレミアム契約期間中差し引かれることになります。


契約維持手数料として毎月ファンドバリューすなわち純資産時価総額の0.125%つまり年間1.5%がファンド運用から差し引かれます。つまり毎年1.5%はパフォーマンスが下がるということです。全く同じファンド同じクラスを直接購入した場合にくらべてパフォーマンス1.5%低くなると考えればいいでしょう。ちなみにこの手数料体系はフレンズプロビデントのミラーファンド維持手数料年間1.2%に相当します。
各ファンドの信託報酬やハイウォーターマーク方式成功報酬とは別にロイアルロンドン360が取るというわけです。
上述の例で、ファンド価額は全く上下しなかったとすると、27年間の平均年間コストは投資総額の半額(積立方式なので)、JPY16,200,000.- / 2 * 1.5% = JPY121,500.-分がファンドの口数換算で差し引きされることになります。

ただし、これはファンドの価額に比例するので、将来ファンドが上昇すれば、金額的にはあがります。逆にパフォーマンスが下がれば、手数料金額も下がります。
この商品のなかでこれが最も大きい手数料になります。


このイニシャルアロケーション期間終了後レギュラープレミアム契約期間中に、資金繰りの関係で積立一時休止することができます。これをプレミアムホリデーと言い、最大2年。プレミアムホリデーの権利を使うとロイヤリティボーナスは付加されます。ただし、プレミアムホリデーはその時の残高がJPY625,000.-等以上ないと行使できません。



契約管理料として年間USD90.-相当額(プレミアムホリデー中はUSD135.-)の固定費



最後に海外積立投資でもっとも怖いのは中途解約です。特にイニシャルユニットの中からアドバイザーに対するバックマージンも必ず支払われているので、イニシャルアロケーション期間中に中途解約すると1円も返ってきません。当然ですが、以降アドバイザーへのバックマージンも止まります。ですから、FPIプレミアの積立投資が行き詰まった人のポリシーを安値で第三者に名義変更という形で買い取らせて、なんとしてでも継続させようという有象無象まで現れる始末なのです。

イニシャルアロケーション期間が終わっても、中途解約のペナルティ率は高く、レギュラープレミアム契約期間の残存年数によって解約金ペナルティ率がかわります。
残り1年 8%
残り2年 15.5%
残り3年 22.0%
残り4年 28.5%
徐々に増えて
残り30年 91.5%
となります。
ただし、シングルプレミアム追加投資分は対象外です。

中途解約は恐ろしく高いペナルティなので、とにかく始めたら辞めないという堅めのプランで行くことが肝要ですが、一部引出しはすることができます。一部引出し手数料は別途1件あたりUSD375.-で、レギュラープレミアム契約期間中は年間あたり全体の10%までしか引出しには応じてくれません。当然ですが、イニシャルアロケーション期間中は引出しには応じません。その際は、全額ペナルティの中途解約扱いになります。

分別管理はされていますが、ロイアルロンドン360破綻時にはマン島の保険保全機構の仕組みの関係で90%しか保全されていません。全額保全ではありませんので、念のため知っておく必要があります。


これらを総合すると、先の毎月JPY50,000.-でレギュラープレミアム契約期間27年の人のケースで、不幸なことに27年間ファンドが全く上昇せずトントンだった場合

総投資額はJPY16,200,000.- (JPY50,000.- * 324ヶ月)

ボーナス関係は
プレミアムインセンティブJPY270,000.- (将来の円安も加味しつつ1ドル100円換算)
ロイヤリティボーナスJPY1,093,500.- (JPY16,200,000.- * 6.75%)
小計JPY1,363,500.- (総投資額の8.41%)

これに対しコスト関係は
基本手数料 JPY1,872,000.- (JPY72,000.- *25年 + JPY36,000.-*2年)
契約維持手数料 JPY3,280,500.- (JPY121,500.- * 27年)
契約管理料  JPY243,000.- (JPY9,000.-(将来の円安も加味しつつ1ドル100円換算) * 27年)
小計JPY5,395,500.- (総投資額の33.3%)



(総投資額の8.41% - 総投資額の33.31%) / 27年  = 年間-0.92%

つまり総投資額に対して毎年0.92%を手数料としてロイアルロンドン360クアンタムを取り組むための実質的なコストとなります。先の例では年間平均JPY149,333円を払って27年間の契約を維持していることになります。
JPY50,000.-積み立てて12が月分のうち3ヶ月は手数料を払っている計算です。

満了時にファンド価額が上がっていればその分、ロイヤリティボーナスがアップするので、元がとれますし、万が一凹んでいたら、ダブルパンチです。まぁ27年もまともなファンドで運用して凹んでいたら、その時は人生ギブアップですけどね。

http://www.royallondon360.com/images/photo/quantum3.gif
このプランでいくと、実質的に総投資額の24.90%もの手数料がかかりますから、コスト的には一般的なファンドを直接購入するより、かなり割高です。機能的に少額でも無料で乗り換え組み換え自由、小刻みに投資できることのメリットを考慮しても、このままでもやる価値はないでしょう。これはフレンズプロビデントプレミアを月間USD1,000.-未満の積立で行なってもほぼ同じ結果になります。
ではどうして、これら積立型商品を盛んに必ず儲かると投資家を錯誤に陥らせるような説明をもちいて有象無象業者は売り込み、また投資家がそれにのってしまうのでしょうか。
それはシミュレーションにあります。リーマン・ショック以降のマーケットの戻りを利用してバックテストしただけの、一任勘定取引の案内によって27年間、ずっと年率20%でのが硬く、果ては相続税の脱税準備が必要です等を謳っているのです。

今回のシミュレーションはそんな白昼夢の話と真逆で、27年間ファンド価額が全く上昇しなかったという、ほぼ最悪のケースでシミュレーションしているからです。

では、どのレベルで上昇を期待するのが適正なのでしょうか。グローバルレベルの一般的なインフレターゲットである年率2.0%での上昇は期待しても欲張りでもなんでもありません。次回はまず2.0%で上昇した場合のシミュレーションをしてみましょう。そのうえで、過去30年間に亘るグローバル株式市場の平均利回り12%程度、グローバル債券の利回り7%程度と、なにかのの指標にもとづいて各利回りが出た時のシミュレーションを複数やってみようと思います。

どちらにしてもここからさらに一任勘定でアドバイザーに年間1%某を支払うというのは論外だというこだけはわかりますね。
自身の投資判断にて実行するかどうかは、この結果をみてからでも遅くはないでしょう。

また、やるとしても、中途解約の憂き目にならないよう、しかしなるべく長いレギュラープレミアム契約期間を取ることが肝要ですね。また年間USD5,400.-相当の積立ができないのであれば、最初から海外積立投資はやめて、ミッキーの通帳で資金がまとまるまで自動積立にした方がいいでしょう。レギュラープレミアム契約期間は、それこそ契約者の年齢に縛られますから、人それぞれの事情があるものの、積立の金額で自動的に付与されるプレミアムインセンティブくらいはせめて確保したいところです。


オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 アクセス数の買い方教えて欲しいです。ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストについてはメールで。

京都、大宮勉強会とも残席5切りました。

http://clubeasyadmin.clubeasy.com/uploads/images/20091013150600.pngClubeasyは調達サイドをファンド化)Guernsey籍)したのは2009年7月とつい最近のことですが、短期留学生向け学生寮の経営自体は20年続いており、2,000名の学生を受け入れておりビジネスとしては実績のある会社です。そして去年は稼働率99%と驚異的な数字をマークしており、パフォーマンスも12.5%もちろん絶好調でした。
イメージ 1

ただ、2,000という数字をみて規模は比較的小型であることがわかるでしょう。勉強会ネタバレになってしまいますので、あまり詳しく書きたくないのですが、その規模は老舗Brandeauxの数分の1です。ならば小規模なりの方策があるはず。それはHMO (House in Multiple Occupation)。そう、1棟の学生寮を他社と区分所有するのです。30部屋ある賃貸用の投資ワンルームマンションを、AさんとBさんが15部屋づつ区分所有するとしましょう。所有権移転登記の際、予め部屋ごとに区分所有権をもたせておけば、後日いつでも一般マンションと同様に1部屋単位で売買することができます。数年後Bさんが5部屋だけCさんに譲渡したり、15部屋全部バラ売りしたりしても自由です。Aさんには全く影響ありません。このこと自体はたとえ不動産投資をしていなくても、マンションを購入したことのある人なら容易に想像できます。
Clubeasyもこの手を使っています。BrandeauxやMansion Studentのように1棟まるまる買い叩いてドカンとやるのもいいでしょう。しかしClubeasyは小ぶりなりの方策で立ち回っているというわけです。
3月は納税の時期でもあり、毎年パフォーマンスは下がりますが、4月以降の伸びを期待してみましょう。

直接購入はもちろん、Momentum経由、FPI, RL360経由購入可能です。本人確認書類認証不要なのが助かりますね。
ただし、直接購入でもラップ口座経由でも、後払い手数料は同様にがかかります。
解約申し入れは60日経過したその月の月末に処理されるので、かなり時間が以上かかります。

0 - 12 months 5%
13 - 24 months 4%
25 - 36 months 3%
37 - 48 months 2%
49 - 60 months 1%

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで。気に入った記事には傑作ボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

GW中はメイデー以外、外国は平日なので、その気になればファンドの調査などが進むよい時期です。が最近はどの国の誰とはなしてもGolden Weekという日本語が通じます。英語のイギリス人ですら。ちなみにSalary Manも通じます。日本人の作るなんちゃって英語は日本の誇れる文化です。ただリベンジという言葉は多用しないほうがいいでしょう。親でも殺されたのかとドン引きされます。

Cayman Islands籍でハイボラティリティが売りだったIQS Perfomance Fundもその自慢のプログラムを結局100% IQSから50%IQ-A, 50% IQ-Cと分散投資型に落ち着かせてしまいました設定来年率換算ボラティリティも60%台を切って56.98%まで低下してきています。
ところでIQ-AとかIQ-Cってなんでしょう。原文の記述によると、
IQ-A – a programme that trades over 190 markets across 10 sectors offeringfull diversification to investors
イメージ 1

となっています。IQ-Aはもともと集中投資型のIQSがあまりに激しいのでその緩衝材的な発想で組み込まれたので、究極のコモディティ分散投資型になっています。他方、IQ-Cは本来の売りであるIQSの差し替えになるわけでから、分散投資型になったものの、攻撃的トレンドフォロー戦略をとっていることには変わりありません。でなければ、餃子の王将が餃子をメニューから下げるようなものです。

IQ-C – an aggressively traded trend following strategy that trades in 30 of theworld’s most liquid commodity and financial futures markets
イメージ 2



とはいえ、当初の超攻撃型から、名古屋撃ち型に変更してしまったことは事実です。ところが、もともと超攻撃型を志向して投資を始めた人にはたまりません。投資適合性やその方針は人によりけりだからです。もしほんとは超攻撃型を志向し続けたかったのだとすると、今度は年率2.5%もの信託報酬がちょっと高いのかなという感じを受けます。それだけの信託報酬を払ってこのファンドにするのか再検討が必要な時期にきているといえるでしょう。例えばMomentum経由で投資しているなら乗り換えにUSD26と実費か少々かかるだけですから、もっとハイリスク・ハイリターン型に乗り換えるか、分散投資型コモディティファンドでいくなら、他の信託報酬の安いファンドに乗り換えるという手があります。
イメージ 3
ただし、2010年に投資した人は2011年に大きく下げたとはいえ、半値戻しされただけにすぎませんから、依然としてこのファンドに対する評価は高いでしょう。逆に2011年に投資した人にはかなり期待外れの印象です。ハイボラティリティだったが故に始めた時期で、大きく印象がことなるファンドです。それも考慮して、曖昧な記事になっていますが、あしからず、実投資家は個別に相談でもください。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで。気に入った記事には傑作ボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

結局、大掃除もなんか中途半端に終ってしまいました。これが理想と現実なのでしょうか。とはいえ、書斎デスクと本棚は綺麗にし、退去して、子供らの勉強机として譲る準備は整いました。あとは本人のやる気だけです。

http://www.thecanadianfund.com/images/logo_ciaf.gifThe International Mutual Fund PCC Limitedが運用している、ファンドの一つ、Canadian Integrated Agriculture Fund はカナダの農業自体を行うビジネスファンドです。実際にカナダ中部のド田舎、Saskatoon郊外に1,440エーカーの農業を購入し、総合的な農業を経営することで利益を得、それをファンドのパフォーマンスに反映させています。広大なカナダのなかでももっとも田舎のサスカチュワン州を選んだ理由は、もちろんUndervalueつまり、タダみたいなものだったからです。ただし、この資源高、食料高の中、どこでできた小麦でも同じです。というのも、小麦が安い時代は輸送コストがかかりますから、それこそトロント近郊の農地の方がいいのです。ところが小麦自体の値段が高騰すれば、相対的に輸送コスト比率はさがります。その時こそ、ド田舎の出番なのです。
イメージ 1
そして、小麦だけ作っていたのでは、プロダクトに偏りが生じ、ボラティリティの高いコモディティ市場の乱高下リスクを受けてしまします。このファンドはコモディティファンドではなく、アグリビジネスファンドですから、コモディティ価格の乱高下の影響はうけたくありません。
そこで、下図のようなビジネスの分散を行なっています。

小麦等の単純な農地栽培は半分程度に抑え、食料品加工や、養鶏、ブロイラー生産関連、そのうえサイロまで貸し出しています。

パフォーマンスですが、全体的には順調に黒字経営を続けているものの、目標である8%程度の利回りはでていません。

初期の投資家が入れた資金で農地を買い、徐々に設備も充実させながらビジネスサイクルも一巡したところです。
これがこのファンドの悩みなのかもしれません。ファンドの人気はでてきており、資金は順調に積み上がっていくでしょうが、それをその分だけ農地購入に充て、単純面積を広げてもボリュームは増えますがビジネスとしては広がりもありませんし、分散化もできません。

そこでファンドではすそ野を広げることを計画し、すでに実行にとりかかっています。つまり下図でいるとFurther Processingの部分です。 
参考に英語のまま転載すると、Further Processing links such as commodity wholesale (selling specialized grain seeds), oil production (canola seed crushing), Feed grain production (producing the finished feeds for the livestock), and/or further processing (taking the live product and packaging for retail markets)

ということです。周辺ビジネスはなんてもやってしまおうということですね。ひとたび拠点をSaskatoonに決めたわけですから、そこでできることをどんどんやる。ひょっとしたら日本の地方ビジネスでもお手本になるファンドなのかもしれません。

投資家さんはカナダ旅行の際、訪問を組み入れてみては如何でしょうか?飛行機ならなんとかなるでしょう。
イメージ 2
































イメージ 3



オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで。気に入った記事には傑作ボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

うちお世話になっている大井本通鍼灸整骨院もGWに開院して他で代休だそうです。他と違うことをする。商売でも投資でも鉄則ですね。

4月5月でウリダシ中の仕組債も随分増えてきました。LMの仕組債で基本知識を得ていますから、この表をみても随分想像がつきやすくなっているのではないでしょうか。高い利回りでリターンを確定させると、元本確保のバリアがどこかで破られるかもしれないリスクを負うことになります。さらに中途償還されるリスクを付加することもできますね。
逆に100%元本確保を確保するというリターンを得ようとすると、期間を思い切り長くとるか利回りを不確定にするか等のリスクと負わなければなりません。
仕組債は怖いイメージがあるようですが、全くの間違いです。金融商品はリスクとリターンが必ず等しい価値で存在する。そこからコストが引かれるので、商売上絶対にリスク>リターンとなります。
これを冷静に示しているのが仕組債であり、逆にミドルリスク・ハイリターンなどと謳うものはその時点で人間も商品も信用ならないということを仕組債が証明してくれています。
イメージ 1

これを直接手がけるのはやはり上級者向けと言わざるをえませんが、海外投資初心者でもそのしくみを知っておくと知らないで欲だけを追求するのとでは雲泥の差ということになりますね。ここの読者は海外投資初心者でも知っておきたいという向上心のある方のみ読んでいただければいいと思って書いてます。

http://www.efgfp.com/images/tforms/36071.jpg
この中で私が最も気になるのは一番の下のでしょう。ゴールドとシルバーが半々のアンダーライイングで元本が95%確保されるかわりに金銀が50%上がっても元本の償還は+35%と少々削られるという仕組みです。この仕組債の発行体はMorgan Stanley B.V.ですが、モルスタはただEUR建て5年のバニラ債券を発行しているだけです。これを仕組債にいじくっているのはEFG Financial Products AG という専門業者です。このように普通の債券に諸条件を付加するのが仕組債です。建売の平屋建てにオーダーメイドで二階建てに増築したものだと考えればいいでしょう。

よく日本の国内金融機関で世銀発行で絶対安全、でもブラジルレアル建てなんとかかんとかというのを聞いたことありませんか?これも全く同じ二階建てです。世銀はバニラな平屋建て債券を発行しているだけで、まさか末端でいじくり回されて二階を増築してウリダシされているとはつゆ知らずということなのです。そう海外投資初心者どころか、預金のみだった素人さんが知らないうちに仕組債に手を出しているのです。
では二階建て債券を売る立場にしたら何がいいのでしょうか?建売の平屋建て部分をシンプルに売っていたのでは収益が薄くなります。付加価値もありません。そこでわざわざ二階部分を増築して収益機会を得ようというのが目的です。二階建てにすることで投資家が取れるリスクに合っているのかいないのかは関係ありません。収益機会が厚くなればそれでいいのです。

http://www.efgfp.com/images/tforms/36384.jpg
上述の仕組債は、金銀の下落リスクをかわしつつ、しかし上昇のメリットはある程度得ておきたいという向きにはぴったりの商品です。この人は逆にモルスタの建売平屋建てを買っても、目的を達成することはできませんから。そこでEFG Financial Products AG に多少は収益も持っていかれても、目的達成のためにはこの仕組債を取り組んだ方がいいのです。これを投資適合性の原則といいます。

一方でブラジルレアル建てになにかの目標がある人がいるのでしょうか?オリンピックやワールドカップ、そして資源高、欲の部分は尽きないですが、代わりに負うリスクについては全くフォーカスされていません。上記仕組債のようにリスクリターンがはっきりしていなかれば、投資適合性を計るべくもないのです。

少数派で海外投資の話を周りにしても変人あつかいされているという読者の皆さんの方が周りが見えているとは日本とはとても皮肉な国ですね。

小林一三さん(阪急沿線で生まれ育った人なら誰でも知ってますよね)がこう言ってたそうです。

百歩先の見えるものは、狂人あつかいにされる。
五十歩先の見えるものは、多くは犠牲者となる。
十歩先の見えるものが、成功者である。
現在が見えぬのは、落伍者である。


オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひ
クリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで。気に入った記事には傑作ボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

うちは年末ではなくGWを大掃除の季節にしています。出かけても混んでるし高いし、なにしろ寒くないし。雑巾がけも冷たくない。一年の計は元旦にありというけじめの問題を除けば最高の逆張りプランです。

かねてよりご希望の多かったイギリス学生寮ファンドの比較を行いたいと思います。現在、名の通ったファンドはBrandeaux、Mansion、Clubeasyと3つありますが、どれも特徴があり、リスクの種類もことなりますので、単に学生寮運営のビジネス系ファンドで括りきれないものがありますよね。そこで、各ファンド会社から目論見書等の資料を直接取り寄せ、徹底比較を行なってみたいと思います。例によって話題自由のウォークアバウトタイムも設けます。ご期待ください。

営業目的ではありません。あくまでもファンドのリスクに対する考え方や英文の目論見書などの資料をどうやって読み込むかということにフォーカスします。

大宮
日時 5月18日(金) 18:00 - 20:30
場所 大宮駅西口からすぐ。
費用 500円
持ち物 筆記用具、弁当など夕食持ち込み可能、ただしお酒の持ち込みは禁止です。

京都
日時 5月26日(土) 12:30 - 15:30
場所 JR京都駅または京阪七条駅から徒歩。
費用 50円
持ち物 筆記用具、飲み物。 食べ物やお酒の持ち込みは禁止です。


メールで実名フルネームと当日連絡先(携帯番号)をそえて、メールで予約してください。既にメルマガメンバーで席は半分以上埋まってます。定員以上ははいれませんので、予約先着順とさせていただきます。また、コメント、メッセージでの参加受付はしていません。これらには返信もしておりませんのでご了承ください。

すでに勉強会準備のために、3ファンドに各種資料を要求していますが、その親切さ、詳細さではBrandeauxが一歩リードです。やっぱり老舗の余裕でしょうか。

販売の媒介をしている証拠集めできている皆さん、残念賞~

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで。気に入った記事には傑作ボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

今日あたり、シリコンスプレーが大活躍な天気ですよね。コツは薄さです。濃すぎると結局油膜になる上に、ワイパーブレードの摩擦係数が変わって、ゴムを傷めます。とにかくいかに薄く塗るかです。スプレー技は鉄道模型を自作するときの塗装技術が光ります。

http://www.titanfundmanagement.com/media/media_28/Image/NWF/NWF_pic01.pngモーリシャス籍のTitan Fund Management Limitedが運用するTitan New World Fund(マン島籍)はもともと機関投資家向けのエマージングファンド・オブ・ファンズでした。それが2010年8月から小売化され、今では直接投資だけでなく、フレンズプロビデントリザーブやロイアルスカンディア経由でも購入できるようになっています。

このファンドはBRICを始めとする、エマージング王道分散投資ファンドですから、そのパフォーマンスの動向は想像できるかと言えばだいたいできます。なにしろ最終投資先は典型的エマージング株式なわけですから、上がってそうか下がってそうかは朝日新聞流し読みレベルでもわかります。

イメージ 1
上表は小売用のA Classですが、2010年7月以前はI Classの実績から逆算した試算値です。

そして、投資しているファンドのリストですが、
Findlay Park Latin America Acc
Aberdeen Global Emerging Markets I2
JOHCM Emerging Markets Fund Inst
First State China Growth I
Amundi Latin America I Class
JF Korea
Templeton Asian Growth A Acc
JF Asean Inc
Schroder ISF Emerging Europe C Inc
Renaissance Emerging Europe Equity C
DWS Invest Africa A2 Acc
LongBow New Europe
HSBC GIF Indian Equity A Inc
Schroder China Opps SGD Hdg
Henderson Horizon China I1 USD Inc
Alquity Africa Fund
Ishares Emerging Markets $. EEM
Ishares MSCI Brazil Index
Renaissance Russian Equity Allocation Inst Class C

とよく聞く有名銘柄も多く入っており、総花だということがわかります。
ただ、このファンド、非常に便利な点があります。投資対象としているファンドのファクト・シートを全部集めて投資家がいつでもダウンロードできるように集積してくれているのです。迷ったらまずタイタンに投資する。たまにパラパラと個別のファクト・シートを眺めて勉強してみる。気に入ったらそれを個別に買い足す。
というFPIリザーブ等で一括投資している投資家にはありがたい情報がついてくるのです。
ファンド・オブ・ファンズなら、パフォーマンスで競うだけでなく、投資先の情報提供を充実させることで魅力を高める。こんな投資のアプローチがあってもいいですよね。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで。気に入った記事には傑作ボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

最近、東京では夕立のような雨が多いのですが、そんな時でもシリコンスプレー一吹きで快適です。これはやめられませんね。

TNK Capital Management (UK) Ltd.は2007年4月設立のFX証拠金一任勘定会社ですが、昨年、社長の交通事故により取引が半年以上中断していました。ようやくプログラムも一新し、Hotspot FX LLCのFX取引プラットフォームも導入して、まさにゼロからの再出発となっています。
中断後に半年間連絡が途絶え、正直夜逃げでもしたかと疑っていましたが、年始に直接社長から侘びの電話をもらい、残されたたった3名の日本人のうちの一人と聞かされると人情もでてきます。復帰のご祝儀の意味も込めて4月からとりあえず、取引を開始しています。

4月の報告書が出ましたので、ここで読者の皆さんに報告したいと思います。何しろ日本では私が報告しないと、今のところ他に誰もいないわけですから。もっともこの真似てアカウント、USD1M以上入れているビックなパトロンが数名いるようですでに預かり資産もUSD12.25Mまで積み上げてきています。若干大口顧客偏重の面はありますが、社長のリハビリ面は心配しても、経営面では私が心配するまでもないようです。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
ここで注目は、勝ち負けの比率です。FXでトレードするには人にもよりますが、勝率6割からせいぜい7割が理想です。勝率は高すぎるとよくありません。勝率5.5割で成功しているインターバンクトレーダーも多くいます。逆に個人でFXを手がけている人に9割以上勝っていると自慢している人もいますが、そのうち結果は見えています。自身でストップロスを厳格に設定していないということを露呈しているだけで、私は素人ですと言っているようなものです。
その点、この勝率は私の好きな感じの勝ち方ですね。結果月間損益がUSD520.20のプラスになっていますが、プラスかマイナスかは今のところあまり気にしていません。
それよりもレバレッジです。なんと1.2倍です。これなら外貨預金に毛の生えたものをやっているのと同じで、一瞬にして資産が消えるということは起こりません。さらに日中のディールの回数が大幅に改善されています。以前のプログラムはトレンドレス状態になると頻繁にポジションクローズをしてしまい、多い時は日中20往復になるなど、欠点もありました。今回のプログラムはせいぜい3,4往復ですから、適性というよりむしろ少ないくらいかもしれませんね。
楽しみなマネージドアカウントになりそうです。


オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはメールで。気に入った記事には傑作ボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

イオンの株主になり、めでたく3%割引株主カードが有効になりました。これにイオンカードでもらえるワンデーパスポート等を組み合わせると抜群です。イトーヨーカドーの方が家から近いのにもう完全スルーになりました。

このページのトップヘ