こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

2011年03月



私の場合、プロではないので、読者が多くなるような客寄せ記事、何かの売り込みにつながる記事を書く必要はありません。
ただ好きなことだけ書いていればいいのです。ただ記事の内容に保証はないものの、正確性には細心の注意を払っています。中立性は?ないですね。完全に投資家寄りです。

そんな中、このルーマニアレウについては、すごく取り上げづらいのです。
それは私が行ったことがないから、それだけです。
信頼できる文献は、多くありますが、この目で見たことがないと、その正確性の拠り所がなくなります。見たことがあれば、実はそれが一部分だったとしても、見たことに関しての正確性には自信がもてます。
ファンドも同じですね。実際に投資したり、訪問したり、担当者とコンタクトとったりしたファンドについてはとても自信をもってお伝えすることができますから。

とはいえ、世界の国を全部行くわけにはいきません。たまには、行ったことがなく、投資対象としているファンドも少なく、遠くて遠い国も話題に取り上げてみたいと思います。

以前の記事で定義したことがありますが、ルーマニアレウもオリエントエクスプレス通貨の一つです。
詳細ルートは様々なですが、総じてパリからイスタンブールまで、
低リスク低リターン(金利水準) → 高リスク高リターン(金利水準)
と順番に並んでいます。
もっとも2008年以降は世界的な金融緩和によって、金利差がなくなりわかり辛くなってます。

ユーロ → チェココルナ → ハンガリーフォリント → ブルガリアレフ → トルコリラ
 0.25%      0.75%         6.00%          0.18%         6.25%

ブルガリアがすでにユーロへのペッグを続けていますので、ここに

ルーマニア
 6.25%

が代わりに入ってくると考えていいでしょう。

今回のチャートは、リーマンショック後の動きを先ず見ておくために対ドルになってます。
上に行けばUSD高ROL安、下に行けばUSD安ROL高です。
特にアメリカの超低金利政策によって、金利のあるレウが買われてきていることがわかります。
すぐに手がけられる通貨ではありませんが、とはいえユーロに飲まれる前までしか投資妙味が残されていないわけですから、最短3年と時間が限られています。

イメージ 1

日本のファンドはせいぜい3千種類、でも海外のファンドは無限大?
大海にディンギーで出るようなものですが、それでも探せばいろいろでてきます。
というか、自分の小ささを思い知らされますね。海外のバックパッカー旅行と海外のファンド物色はなにか共通項があると思います。

そして今日はライフセトルメント系王道ファンド(小生定義)の3つめ、
PDL International というマン島所在の会社が運営する The Protected Asset TEP Fund plcというファンドです。
前回王道2ファンドについてhttp://blogs.yahoo.co.jp/byh00122/22189450.html

PSL Assured Assured Fund  ファンドサイズ約USD401M
EEA Life Settlements Fund ファンドサイズ約USD953M

と紹介しました。
今回の
Protected Asset TEP Fund ファンドサイズは約330M
で一番小粒です。私としてはもうちょっと大きくなってほしいと直感しました。

ところで、なぜ私がライフセトルメント系ファンドにおいてはファンドサイズというものを最も気にするかを説明しなければなりません。

ライフセトルメント系のファンドは投資家の資金で、人様の生命保険を下取ります。生命保険の満期はその人が全うされた時なので、場合によっては超長期です。従ってファンドの運用対象に流動性というものが全くありません。株式ファンド等をことなり、解約分だけ売ればいいというわけにはいかないのです。

この問題を担保するために、この種のファンドはどこも解約にそなえて5%程度は預金でキープしています。が、この預金割合が増えると当然にパフォーマンスが下がる、上げると突然の解約に応じられないというジレンマを抱えることになります。

解約は投資家の事情ですからいつ起こるかわかりません。が、投資家が小口分散されていれば突然「殺到」することはありません。そこで、ファンドサイズが大きければ、その分その5%の絶対値も大きくなるので安心というわけです。

では、万が一、それを超えて解約に応じるとどうなるか?保有中の生命保険を売却するしかありません。
場合によっては仕入れた値段よりも低いことだってあります。
となると解約という市況とは全く関係のない要因で突然、パフォーマンスが下がった、あるいはマイナスなったという報告書がくることになるのです。
とすると残された95%の投資家としては寝耳に水ですから慌ててて解約追随に走ります。
その翌月にはファンドは突然死する。というシナリオになるわけです。

最近Traded Policy Fundというライフセトルメント系の相談メールを多くいただきますが、王道ファンド入りできないのは、ファンドサイズから勘案して、このライフセトルメント系ファンドにある宿命的な問題をしっかり担保しているのかどうかを判断できないためです。

では今回のProtected Asset TEP Fundはなにが違うか?
生命保険といっても、死亡一時金のタイプではなく、養老保険を対象としてるのです。
下取りしたその人が生きてる限り、ぽろぽろと保険金が細かく給付されます。

イメージ 3


このファンドはそのぽろぽろを利用して、元本確保型に仕立てたところが特徴です。

イメージ 2


もちろん、一時金タイプよりも利回りは当然低くなります。
そしてもうひとつの特徴は、リーマンショック時にパフォーマンスを落として、2001年3月のスタート時近くまでNAVが落ち込んだわけですが、しかしそこで死ななかったということです。これは養老保険タイプのなせる技といったところでしょうか。私はこの解約殺到でも突然死しなかったという事実を高く評価したいと思います。

イメージ 1


最後に手数料的なことを調べましたが、直接購入で手数料前払い6%、信託報酬は年率0.975%、最低投資金額USD15,000.-です。ところがRMBIS経由だと販売手数料0%になるようです。RMBISはすごいわ。




実は1月くらいからこの銀行の口座開設を試みていました。
理由は簡単でHSBC香港のように現地口座ではなく、純粋なオフショア銀行口座が欲しかったからです。

読者の中にはわざわざ香港に渡航してHSBCに口座開設したところで、流行り以外は何の意味もない、ということはご理解いただいているはずです。
私のところに香港で口座開設してホントにメリットあるのかという問い合わせメールをいただいて、一体何十名の方が思いとどまって、無駄なお金を使わなくてよかったかの計算はしてません。
が、お礼のメールを多数いただいているのは確かです。

とはいえ、余裕層の日本人にとって、本当に必要なのはHSBC香港みたいに海外の現地口座ではなく、海外のオフショア専用銀行口座です。海外ファンドで運用し、目標達成して解約し、また別のファンドを購入する。
その度に日本に資金を取り寄せて、被仕向送金手数料を支払い、時には通貨を交換し、また外国送金して送金手数料を支払う。
これではせっかくの運用も全部手数料で消えてしまうばかりです。
原因の一つに日本の銀行の送金為替関係の手数料が高いこと、資金決済法は改正されましたが、日本の送金屋さんでは1回あたりの送金額が小さく、運用資金を動かせないこと。でしょう。

1,000万円あれば日本のHSBCプレミアに行けばいいだけです。
ところが100万円から1,000万円未満の私のような余裕層にとってみてはこれは痛すぎます。
そこで必要になるのが、オフショア口座なのです。プライベートバンクの口座ではないです。それは無理です。
その条件は
100万円くらいあれば開設できて、口座維持手数料はかからない
支店に訪問しなくてもいい
送金手数料、為替手数料は日本の銀行より安ければいい
パスポート認証など、くだらない手続きが不要
ネットで取引出来ればなおよい

くらいでしょう
それがあったのです。スタンダードバンクのオフショア口座です。確かにその存在は知っていました。
が、まさか実際に申込しようとしたら断れてるなんて。
日本居住者(海外勤務者は除く)は全てお断りとのことです。
これは痛いです。
どうしてでしょう?理由は教えてもらえませんでした。
が、想像するに、日本の金商法、銀行法、そして監督官庁に配慮してのことと思われます。

昨年とあるIFAがこのスタンダードバンクに取次できますと豪語してましたが、
そのIFAは投資助言業のライセンスをもつ金融取引業者、つまりプロであるにもかかわらず、銀行開設紹介の度にバックマージンをもらう行為は金商法どころか銀行法違反になることも知りませんでした。
これじゃお上も黙ってはいませんよね。日本の賢いお上ならこんな細かい雑魚を捕まえてまわるより、一発大元にプレッシャーをかけるでしょう。
とすると、結果は明白、全部打ち切りとなるわけです。
自分で申し込もうという投資家まで手段を失ってしまうという、本当に迷惑な話です。

ちなみに投資家サイドは、自己の判断で海外銀行、ファンド購入する行為はもちろん何の違法性もありませんからご安心を。
但し、外国の保険証商品を購入することは、たとえ香港まで渡航して契約しても保険業法に抵触します。保険性積立商品の契約する際、香港で契約すれば大丈夫だって?なわけありません。そそのかされて、投資家だけが知らないうちに違法行為を行ってしまうようなことにならないようご注意を。



貴金属としての金の価値はここで語る必要もありませんが、しかしゴールドは金利を生みません。
貨幣経済が安定しているなら資産としてのゴールドは重いだけのお荷物です。
が、ゆえに戦争やオイルショック、そしてリーマンショックと金融危機の時だけ、表の経済にもゴールドが登場するわけです。
とすると今回もいずれはその出口がみえてくる、すなわちゴールドのオーバーシュートも引き際を見せることになります。
もっとも需給のバランスが逼迫していますから、上昇を始める前の元の価格に戻るとは限りません。
ただし、オーバーシュートは修正されるべきです。
金価格の下落させるためには貨幣価値が安定しており、そして金利があるということが必要です。
今は2008年とは異なり貨幣価値は安定しています。が金利がありません。
世界的な金利の回復こそが、ゴールド価格の高騰を終焉させる最大の要因になるでしょう。

そんな、史上最高値圏にあるゴールドですが、通常であれば対ドルで分析するのがセオリーです。
が、対ドルで下がり始めるであろうテクニカルポイントを予測することが、米金利が上昇を始める時期を予測することに等しくなってしまい、面白みがありません。
そこで、私はあえて、以前から資源国通貨である豪ドルを使っています。
豪ドルなら、すでに金利を生む通貨として定評のあり、また金だけでなく他鉱物系資源を多く保有していますから対ドルよりもブレが少なく、かつ高金利を得られると考えることができます。
すなわちゴールドショート豪ドルロングのキャリートレード戦略が成り立つのです。

さて、相場ですが、ゴールド(金)対オーストラリアドル相場(XAUAUD)は依然として高値圏推移です。
上に行くとXAU高AUD安、下にいくとXAU安AUD高です。

イメージ 1

全般的にチャートはゴールド高トレンドで右肩上がりのように見えます。が、2009年2月の最高値は超えることなく勢いが落ちてきています。ほんとはもうちょっと長い期間でエリオット波動論で見てみたいところです。
私はエリオティシャンではないので、大きなことは言えませんが、2009年2月が第5波だったと仮定すれば、その後の勢いの弱さが説明できるのではと思います。
この歴史的高値と右肩上がりのサポートとで三角保ち合いが形成されており下方ブレイクしたともとれます。
いずれにしても直近のレジスタンスに跳ね返され、このまま1,300ドルにあるサポートを割り込めば本格的にトレンドの転換を確認したことになるでしょう。



東京ディズニーリゾートが休業中ですが、子供らから質問をうけました。
直接的な要因はご存知の通り液状化現象によるものです。
神戸のポートアイランドもそうでしたが、埋立地では宿命的なものだと思われています。
子供らが液状化現象とは何だと聞いてきたので、小学校低学年にもわかる実験をしてみました。

用意するもの
  • 挽きたてのコーヒー
  • ドリップ用のフィルター
  • ドリップ用の逆三角錐の形をしたフィルターを受けるカップ
  • 適宜のコーヒーカップ
何だそれじゃコーヒー入れるだけか。
と思われた方、ビンゴです。ただコーヒーを入れるだけです。ただ、機械でなく自分でお湯を注いだ方がいいです。

実験方法

  1. コーヒーをいつもどおり入れてお湯を落とす
  2. 表面から水分が見えなくなるくらいまでちょっと待つ
  3. スプーン等触り、表面にしっかりとした堅さがあることを確認する
  4. おもむろに横に揺らす(震度5のイメージで)

すると、全部落ちきったと思われた水分が、驚くほどどわっと上がってきます。
うまくやれば表面は水浸しでコーヒーの粉が浮き上がります。
これで液状化現象実験は終了です。子供らも簡単に理解できたようです。

ここまでは実験好きな大人ならすぐに ま、そうだろうね。と思うはずです。私もそうでした。
ところが、私も気付かなかった実験を子供らが始めたのです。

子供らが行った実験の続き

  1. 液状化現象実験したコーヒーにまたお湯をたっぷり注ぐ
  2. 落ちてきたコーヒーはもう薄いので飲めない
  3. 先程の実験を繰り返す
  4. 液状化したらまた繰り返す
すると、もう何回たっぷりお湯を注いでも、完全にお湯が落ちきる前に揺さぶってみても、驚くことに全く液状化しなくなるのです。
水分があるのに、上がってきません。むしろ落下が速まるだけです。

実験結果

一度液状化されると地盤が固まり、次回は液状化しにくくなる。
2度目は少し見られるが、3度目以降は全く液状化は見られない。
浦安にダメージもないのに売り急ぎ物件があれば、買い。

という報告が子供らからありましたので、皆様にもお伝えいたします。
春休みは宿題がないから、折角だけどネタ捨てになったね。









中近東の不動産ファンドや、イラクファンドなど、日本人にとってはとても画期的なファンドを世に送り出してきたFMGFunds ですが、満を持してでてきたのが、Rising 6 Fundsです。投資対象は China • India • Russia • Middle East • Africa • Brazil 

の6エリアで、今までディープに行き過ぎたせいか、今回のは総花的になってます。
イメージ 1
アセットアロケーションは気持ちの良い6分割です。
1月27日スタートでまだFact Sheet等はでてきていませんが、これは各既存ファンドのミックスジュースなので、
バックテストが簡単にできます。
イメージ 2

こういうエマージング直球勝負のものを見直していった方がいいかもしれませんね。


とにかく、申し込みをしなければはじまりません。

早速、アドレスをクリックして

へ行き、申込というか、先ずは問い合わせですね。やってみました。
クリックwebsiteへ行きます。右少し下に HOW TO INVEST という欄があるので、ここの青色文字のmoreをクリックすると問合せフォームにいけます。
問い合わせですから、記入項目は簡単です。

イメージ 1



名前
苗字
連絡電話番号(国番号とか飛ばしてそのまま書いても可)
インターネットのメールアドレス
国籍
投資予定金額(最低初期投資額USD10,000.-以上)
連絡希望時間帯(メールでやり取りしてから電話になると思うので何でも大丈夫)
相談時の希望言語(契約は英語)
備考 日本語で相談やサポート希望の場合、適当にローマ字で書いておけばいいでしょう。日本語打つと文字化けするかもしれないので、ローマ字で打ったほうがいいです。
ただし契約は最終的な英語ですから、その点は誤解のないよう。海外投資の基本です。

興味あるかた、まずはhttp://www.tnkfunds.com/に行き、ご自身でやってみてください。

地震の日にバイクを倒してしまいました。地震で倒れたわけではなく、立て掛けてあった荷物を運ぶ台車が倒れてきたそれが足にひっかかりバランスを失っただけで、ただのみっともない立ちゴケです。
右のミラーを受ける台座兼前ブレーキを支える部分が折れてしまい、右ミラーが使えない状態でした。

それでも地震の当日はこれでよかったのです。横浜ー東京間はもう完璧に車が並んでいたので、その間をすり抜けるにはミラーが無い方が却って便利でした。交通のマヒした東京でバイクが一台あるのとないのとでは大違いだということを痛感しました。
荏原から日吉まで中原街道通って40分。普段より少々かかりました。でも車だったら8時間、歩いて4時間ってところでしょうか?
もっともガソリンを常に満タンにしておく必要があることも身にしみしましたが。


イメージ 1

で、探しましたが、HITさんとうお店でありました。対応も親切でめちゃ気に入ってます。
しかもピカピカ金色です。カッコいいでしょ。

TNKの全貌があきらかになりました。
これはファンドでも債券でもありません。FX証拠金取引をいわゆる一任勘定に任せるのです。
この仕組みは意外と簡単です。

投資家は先ずロンドンでFX証拠金口座を開設します。
FX証拠金取引業者はCapital FX Proというプラットフォームを使います。
これはLondon Capital Group (LCG)というFT上場企業が運営していますので、ガバナンスの問題ありません。
開設が終わると証拠金となる原資最低USD10,000.-からの資金をJP Morgan に外国送金します。
JP MorganはこのLCGの証拠金分別保管を請け負うカストディアンです。
ここでLCGの信用リスクは切り離されます。

次に投資家はLCGに向けて委任状を提出します。
TNK Fundsにディールの一切を委任するものです。投資家は自身の口座でありながら、自身でディールは行えません。
ただし、入出金は全て投資家自身で行いますので、勝手に証拠金を引き出される等のリスクはありません。

投資家はLCGからCapital FXのログインIDをもらいますが、これは照会のみが行えるものになります。
手数料については、
  • 月間0.5%以上の利益の上がった月は、利益の20%が成功報酬として差し引きされます。
  • 月間0.5%未満しか利益が上がらなかった月は手数料なし
  • 月間で損失がでた月も手数料なし
です。これなら投資家とTNKの利害が一致しているので、分り易いですね。
ただし、Capitalforexでディールするわけですから、FX取引としてOffer-Bid Spreadは存在します。もっともこれは外国為替取引では当然のことですし、もちろん月間のパフォーマンスには含まれています(別払いではありません)。



この取引のメリットは大きな手数料を前払いする必要もなく、もちろん早期解約手数料もかからないので、
様子見ながら、気に入らなければすぐに解約することができるところでしょう。
またTNK Fundsがいくら小さい会社でもそこへの信用供与はありません。
純粋にFXの腕がいいかどうかだけを気にすればいいのです。
もちろん日本人にありがちなドル円やユーロ円、豪ドル円など対円取引にこだわりなく、様々な通貨ペアで取引してくれますから、FXのメッカ、ロンドンの手法を十分に勉強することができるでしょう。


ちゅうかみなさんに紹介してる場合じゃない気がしてきました。というのも、
昨日TNK Fundsに問合せしたら、ご自身で問い合わせしてきている日本人投資家がお一人いらっしゃるんですって。
しつこく聞いたらそれは前回のブログを書く前だったそうで。つまりここの読者の方ではないのです。
目敏い!日本で一番取られました。先日、訴訟対策対策ファンドを見つけた時はバッチリ一番だったんですけどね。
二番でも何でもいいから速攻で私もはじめてみます。




チェンナイの民族村で撮って来た写真です。パソコンの壁紙にしたらカッコいいと思いません?

イメージ 1


Q7. インドに水着というものはない? 
A7. ホントです。女性用はおろか男性用もありません。絶対に売ってません。そこまでは聞いたことがあるでしょう。しかしもっと驚きなのが、同僚16人に聞いたところプールでスイミングを経験した人は男女ともゼロでした。チェンナイに競泳ができるプールというものはあるようなことは聞いたけど、どこかも知らないというレベルで、スイミングはスポーツとして存在していないのです。しかし海水浴は盛んです。では、どうやって海水浴をするかというと、簡単に言うとそのままです。そのまま泳いで、シャワーなし、身体も拭きません。そのままバスに乗って帰ります。サリーで泳いで波にさらわれたら結構危ないのではと思いますが、、、

イメージ 2


Q8. インドで鉄道写真は撮れない?
A8. ホントです。撮り鉄には厳しい処遇ですが、駅構内ではカメラ、ビデオは一切禁止です。下の写真を1枚撮ったら、速攻で警官に囲まれました。エグモア駅構内の貴重な一枚です。これ以上の無理は禁物です。ま、考えてみたら戦争している国ですから鉄道は広義の軍事施設ですし、文句も言えません。詰め寄られたので、思わず、「チェンナイビーチ駅に行く列車は何番線?、初めてインドに来たからよくわからなくて、、、」とトンチンカンな質問をしてしまいました。するとそこはインド人の優しさで、「おおそれは9番線よ」と詰問が親切な道案内に変わります。となればしめたもの。写真のデータを消せと言われる前に、「ありがとー」と手を振って9番線へ。事無きを得ました。正面から向き合わない日本外交戦略が功を奏する時もあるのです。
実は1枚こっそり機関庫管理人のおっちゃんに頼んで撮った両方向、3軸台車の大きいディーゼル機関車の写真が1枚あります。でも折角もらった1年商用ビザを召し上げになっても困るので、アップはやめときます。

イメージ 3


Q9. インドの列車は屋根まで人が溢れている?
A9. どうやらホントのようですが、それは地方のローカル線だけです。少なくともチェンナイの近郊線ではそんなことはありません。平日朝夕のラッシュだけはホントに混んでいますが、それは日本でも同じですからね。ではテレビ等で何時見ても人が溢れているように見えるはなぜか?それはドアが開きっぱなしなので、外にはみ出すと涼しいからです。気温は35度でも湿気がないので、風を浴びると本当にカラッとしています。水着はなくともチェンナイは港町、そして南国ビーチ気候なのです。写真は例によって隠し撮りなのでアングルが悪いですが、右端の人を見てください。これだけ空いていてもなお、はみ出してます。私もこのあとこのおっちゃんと倣ってはみ出しましたが、本当にとても涼しい風がきます。ただし、橋をわたる時は逃げてください。落ちるから?いえ、川=下水+ヘドロなので、匂いが強烈です。また車両の塗装が汚いので見分けが付きにくいのですが、立派に1等車もあれば女性専用車もあります。車両の中の雰囲気で見分けがつきますから、乗る前に確認した方がいいでしょう。写真でも男性ばかり(奥は家族で乗ってるお母さん)だということに気づくはずです。日本の訳のわからん女性専用車と違って、こちらのは宗教的な理由で本気で厳格です。ヒンドゥー教は若干おおらかでもイスラム教の方が厳格です。1等車に間違って乗って、キセル乗車扱いされ、法外なペナルティを取られても、お金で解決できます。が、女性専用車の方は、相手の信念を冒涜することに成りかねないので、笑って済まさず、ドアからはみ出して、中を見ないようにし、次の駅でさっさと退散しましょう。

イメージ 4


Q10. インドにマクドナルドは存在し得ない?
A10. 殆どホントです。というのもマクドナルドはチェンナイに1軒ありました。しかし売っているメニューはKFCのパクリです。
そう、ノンベジ向けにケンタッキーフライドチキンはOKでも、牛肉100%ハンバーガーは絶対に有り得ないのです。さらに驚いたことに海外旅行をしたことのないインド人はマクドナルドがそんなものを売っている店だとは誰も知らされていません。マクドナルドも牛肉屋であることを隠すかのように、KFCのパクリ程度のステイタスに甘んじているようです。価値観の違いとは恐ろしいものです。もちろんそんなマクドナルドに行っても仕方ないので、今回はKFCに行ってみました。3週間の滞在で唯一カレーの味がしなかった食べ物でしょう。新鮮です。メニューに注目です。日本の国旗のような赤丸はノンベジ対応、緑丸はベジ対応です。ヒンドゥー教徒はどちらのマークもない加工食品は口にしません。またイスラム教徒用にイスラム食のマークも別途あります。これはマレーシアでも同じです。これを見ると緑色系の方が安いことがわかります。でも1回だけのことですし、味見を兼ねて赤丸メニューにさせてもらいました。美味しいです。

イメージ 5



おわり

わずか3週間のインドはチェンナイ滞在経験ですが、それでもゼロよりは知っていると言えます。
ガイジンに有り勝ちな外人専用(値段的に)のレストランで過ごしたわけではありませんから。
3週間つまり15営業日で使ったランチ代トータルで2,000円使ってないことからも想像していただけることでしょう。
そこで、インド(といってもチェンナイのことで他の地方は知りません)に対する日本人のイメージをここでしっかり正しておこうという企画です。

Q1.  外人はオートリキシャをうんてんできる?
A1. 国際免許と多少のチップいや袖の下があれば運転できます。がこれがバイクなのか自動車なのかの区別がつかないのが難点です。私の免許はトレーラー以外は運転できる免許なので安心ですが、少なくともバイクと普通車、両方乗れる免許にした方がいいでしょう。
バイクと違って変速がちょっと難しいです。というのも変速ペダルは足ではなく、握っている左手のハンドルを4段階に回転させるようなしくみになっています。
左手のグリップも右手のスロットルと同じような動きをするのです。右手で言うとスロットルを開いた状態、つまりエンジンをふかす方向に少しづつ回転させるにつれ1速から4速へシフトアップします。もちろんその度にクラッチはつなぎなおします。
最高速度60キロで全速モードの時、運転手は両手でスナップ効きまくりの状態になるので、みんな猫背です。
また客を拾ったら、無免許営業そして、不法就労になるので、確実にビザは取り上げられると思います。

イメージ 1


Q2. ベジタリアンはみんな痩せてる?
A2. チェンナイの場合、ベジとノンベジの割合は6:4程度ではないかとのことです。ベジには流派が2つあり、卵OKかNGかに分かれます。Pure Non Vegi のレストランでは卵料理はほぼ出てきません。またベジの方が圧倒的に物価が安いです。冒頭に宣言したように昼食を1回100円に抑えようとすると必然的にベジになります。また回りの同僚のことを考えるとベジにした方が無難です。
さて、質問の答えですが、全く誤りです。ベジでも個人差あります、というより少なくとも平均的な日本人よりはめちゃめちゃメタボです。下の写真はチャパティです。南インドではナンはありません。3週間で一度も見ませんでしたし、同僚もそんなもん食べないと言ってます。このチャパティ、見た目でわかるでしょうか。サラダ油でどっぷりです。他の主食もコメ以外は揚げ物が多く、また牛乳や乳製品は大好きなので、肉は食べなくても十分太れます。自身も3週間のベジ生活で2キロ肥えました。

イメージ 2


Q3. インドは発展著しく、ブランドショップが立ち並ぶショッピングモールがある?
A3. 国内でも銀行や証券会社で窓販されているインド株式ファンドの販売用資料、そこにはきらびやかなブランドショップで買い物をするインド人女性の姿が映ったりしています。もちろんそれは嘘ではありません。少なくともデリーに1箇所はあるでしょう。が、逆にチェンナイには1箇所もありません。これがチェンナイ一番のショッピングモールExpress Avenue Mallです。でも中国のようにグッチやプラダがないからといって、決してインドが中国に水を開けられたわけでもありません。そもそもインドにはブランド物信仰はありませんから。サリーにヴィトンのバックは似合いませんものね。

イメージ 3


Q4. インドの道路は牛優先?
A4. もちろん正解です。都市部では特にヒンドゥー寺院の近くに出没します。野牛かと思ったらちゃんと飼い主がいるそうです。朝、放牧ならぬ、放街し、牛は自由に歩き回り、施しを受けて回ります。もちろん生ゴミも。そして夕方には勝手に自分の牛舎へ戻るという仕組みです。気になる飼い主ですが、お金持ちが飼っているわけではなく、どうやら信仰のあつい人が飼っているとのこと。
ところで気になる写真の車ですが、これが噂のタタです。しかし激安の車種ナノではありません。ナノは街中では皆無です。ナノはタタの名前を有名にする客寄せパンダなだけで、実際には殆ど販売されていません。
メジャーなのはこのFIATと提携して作ったインド版のFIATプントです。デザインは似ていますが、中身はタタです。80キロ以上出すと命の保証がないという感じです。

イメージ 4


Q5. インドは物乞いが多くて閉口する?
A5. 事実です。特にヒンドゥー寺院や駅、バス停、観光地にいます。が、半分はフェイク、すなわち一般市民が外人に向けてだけ物乞いをしているビジネスです。
では、見分けがつくのかというと、完璧に一瞬で見分けがつきます。だって、普通の格好してるんですから。
歩道では行き倒れたのか寝ているのかわからない人がいっぱいいる国ですから、そんなもんわからないわけがありません。
そしてフェイク物乞いの方が体力があるので、ひつこく付いてきます。生死の境ギリギリの人ほど、諦めが早いのです。
ですから施すなら、すぐに諦める人にだけ、引き返して施すのがいいでしょう。施しても高額はいけません。1ルピーとか最低限にすべきです。よかれと思ってやっても後日同じ道を通る日本人が迷惑するだけです。
そして肝心のフェイク物乞いの撃退法を伝授します。
それは自分が相手に物乞いをすることです。誰が誰に物乞いしてもいい国ですから、自分が相手に物乞いしても一向に構いません。
右手をだす行為と、手を合わせてお辞儀をする行為を繰り返しながら、歩いて向かってください。
必ず相手は退散します。だって、その人らも物乞いビジネス終わって帰宅するときは、そうやって物乞いから逃げてるんですから。
くれる人がいたら?素直にもらって、お寺にお賽銭でもしてください。私はみんなに逃げられて1ルピーもゲットできませんでした。割の悪いビジネスです。

イメージ 5


Q6. インド人どうしても英語で話している?
A6. かなりホントです。チェンナイはタミル語です。ムトゥ踊るマハラジャという映画で有名になりましたが、これは日本で上映された映画の中では唯一といっても過言ではないタミル語の映画です。もちろん買ってきました。英語字幕ついてます。
で、同僚にはムンバイ出身もいますし、比較的近いバンガロールでも言葉が違います。しかも文字も全く違います。そのためにインド全域で活躍できる人材を育てるには英語で学校教育を行うしかないのです。同僚も小学校から学校内では英語です。が、母国語はタミル語ではなくいろんな言葉なので、が、故にランチタイムでも私語しているときでも英語になるのです。
インド人は英語だからイギリス等で働く時に有利といわれますが、もともと英語なのではなく、写真のタミル語の歴史をみてをわかるように伝統のある自身の言語が確立された上での第一外国語としての英語を話しているんですね。羨ましいです。自分も英語で義務教育受けていたら、外銀にいても英語ペラペラ&人間ペラペラなネエちゃんなんて我慢して使わなくてもよかったのに、って教育効果のスケール小さいわ。
ともかく、職場を離れ、市場や街中では数字だけは英語でも日常タミル語のみという人も多く、基本的に英語は通じません。バスの行き先なんてそこらじゅうに聞きまくって大騒ぎにして、英語できる人が現れるのを待つという感じです。

イメージ 6

つづく

Aurum Funds Limited が運用を行うファンド群の2月結果がきました。
私はMulti Strategy の中でもその超低ボラティリティが気に入っているIsisに注目しています。
2011年になって元もペースを取り戻してきたようですね。2ヶ月で1%上げてますから1年で6%のペースです。
円建てもありますし、こちらも2月で0.48%ですから年間3%でいい感じがします。
直接投資するとどうしても初期手数料を取り返すのに時間がかかるので、RMBIS経由でいつでも乗換可能な状態にしておくのがよさそうですね。

イメージ 1


先日紹介し、自らも投資している訴訟対策ファンドのいや訴訟対策債でしょうか。まぁ日本名は何でもいいですが、いよいよ着金確認がなされ、投資家自身のログインサイトができました。
そのログイン方法について紹介します。
まず、Welcome Letterがメールできます。このメールがいつまでたっても来ないという場合、問い合わせが必要です。
イメージ 1

ここにはログイン名と初期パスワードが記載されています。
照会機能だけです。盗まれても取引はできませんので、その点は安心です。

イメージ 2

Portfolio Trackerをクリックします。

イメージ 3

ログイン名、パスワードをいれSubmitをクリックします。

イメージ 4

するとでました。自分のサイトです。
、まずはStatementをクリックして、入金金額に相違がないか確認します。
まだ現金仮預かりの状態で訴訟事案に投資されていないことがわかります。

つぎにクーポンの受け取り銀行口座を指定します。
Banking Detailsをクリックします。

イメージ 5

銀行名、アドレスには支店名で十分でしょう。スイフトは重要です。わからなかったら問い合わせが必要です。
シティバンク銀行ならCITIJPJT等と決まってます。
メガバンク等の合併行はスイフトが旧行名が使われていますので、取引支店に問い合わせる必要があります。

イメージ 6

これで成功です。受け取り口座情報は変更可能ですが、前広に手続きしたほうがいいですね。


ジュピターファンドにJupiter Climate Change Solutionsという気象環境変化対応ファンドがあります。
これはThe Jupiter Global Fund SICAVのサブファンドのひとつですが、この特徴は2001年8月から長きに渡って運用を継続しているということにあります。
日本の窓販で宣伝している投資信託の中には、どうしても流行り乗り遅れるな的に後からポロポロでてきて、過去の実績がほしいがためにどこからかマザーファンドを探してきて、そこに当てていく。だ信託報酬はマザーにベビーとたっぷり取られるというケースが多いですよね。

そんな中、2001年から実績を積み上げてきているというのは信頼に値すると思います。ファンドのサイズは10百万ユーロなので小ぶりです。販売手数料が5%、信託報酬は1.5%ですから決して安い部類には入りませんが、

イメージ 1

株式ファンドなのでこの水準は致し方ないでしょう。
株式ファンドが故に2008年はダメでした。そのあと2009年26.5%、2010年15.3%なので元気はいい方ではないでしょうか。



ファンダメンタルズ的には大きな変化があったわけですが、テクニカル的にはその徴候は、特にドル円相場に関しては全くといっていいほどみられません。
むしろ小さな三角保ち合いを下抜けしたので、いよいよ最安値の目処77円へタッチアンドゴーに向かうのかもしれませんね。いずれにしても為替相場は平常で冷静です。


イメージ 1

あれれという感じで、下がってきてます。コモディティの細かい乱高下にプログラムがついていけない雰囲気が漂っていますね。上でも下でもよいので、一本調子のトレンドが欲しいところです。

Palm Performance Data
Please find below the unaudited and provisional NAV estimates for shares in Palm Trend Fund Ltd. as of 2011/03/11:
CLASSNAVMTDYTDCARRVOLASORTINOCRL SPX
 
Palm A EUR1050.37E-4.53%+1.28%23.33% p.a.30.73%1.40-0.14
Palm C USD1062.73E-4.55%+1.73%24.08% p.a.30.19%1.47-0.13
Palm E JPY1064.31E-4.55%+2.14%20.66% p.a.29.47%1.26-0.13
Palm G CHF1058.02E-4.56%+1.82%21.56% p.a.30.02%1.29-0.14
Palm I GBP1058.62E-4.60%+1.50%25.38% p.a.30.76%1.54-0.15
Palm K AUD1067.34E-4.57%+2.35%26.30% p.a.31.06%1.58-0.15
 
Palm B EUR1027.42E-4.60%+0.57%20.42% p.a.30.10%1.23-0.14
Palm D USD1039.24E-4.64%+0.95%21.13% p.a.29.55%1.29-0.13
Palm F JPY1040.14E-4.67%+1.47%17.79% p.a.28.82%1.09-0.12
Palm H CHF1034.10E-4.65%+1.05%18.67% p.a.29.39%1.13-0.14
Palm J GBP1028.62E-4.68%+0.77%22.26% p.a.30.05%1.36-0.14
Palm L AUD1043.49E-4.68%+1.54%23.31% p.a.30.46%1.40-0.14
NAV = Net Asset Value per Share
MTD = Month to Date Return
YTD = Year to Date Return
CARR = Compound Annual Rate of Return
VOLA = Annualised Standard Deviation
SORTINO (0%) = Return divided by Downside Deviation
CRL SPX = Monthly Correlation to S&P 500 Equity Index

ロンドンにある小さな運用会社でTNK Capital Management (UK) Ltd.というのがあります。
ここではファンドでも債券でもなくブロッカレッジアカウントという形式で資金を預かっています。
つまりこの会社では投資対象へのつなぎ専門の口座を開設できるようなのです。
そして口座への資金の出し入れは無料です(銀行の送金手数料は別)。

さて、肝心の何につないでいるのか?ですが、それはFXの証拠金、しかもデイトレードで、宵越しのポジションは持ちません。
証拠金率、すなわちレバレッジは5倍。
成功報酬は20%、証拠金取引へのメンテ料が月額0.5%ですから年間6%ということです。
最低口座残高はUSD10,000.-
投資家から取引一任勘定の委任状をもらい、ディーラーが投資家の口座と使って直接取引を代行するという仕組みです。
従って、投資しなければその取引手法は全くわかりません。
逆に取引してしまえば、自分の口座がどんどん動くわけですから、そのディーラーの癖を見抜くことができます。
自分の口座の動きはネット経由でログインして監視できるようです。


イメージ 1

今までと全く異質なので、取り上げてみました。
どちらかというと長期投資のファンドではなく、FX取引の代替になるものです。
自分でFXをやるには時間と労力と度胸が要ります。
その前にこういったプロに一任して、手法を学び、そして自らが参戦していくというスタイルがいいのではないかと思います。
レバレッジも常識的なので気に入りました。
自分がディーラーだったら?国際検定テクニカルアナリスト資格をもってしても、なかなかこの成績を残すことは難しいですね。
ご興味ある人は以下をクリックしてみてください。


以前にスイッチングができるので便利ではと紹介した3A Alternative Fundsですが、
どれにスイッチングしてもほとんど同じ成績です。
もうちょっとメリハリ欲しいところですよね。

イメージ 1

北アフリカ情勢が混迷を極めていますので、気になるWIOF African Performance Fund - Class Aのパフォーマンスですが、
やはり下げてはいるもののニュースでみる映像とは異なり、壊滅的とは言えません。調整の範囲内です。

イメージ 1

それもそのはずでアフリカと言えば経済活動の中心地はなんだかんだ言っても南アフリカにあるからです。

イメージ 2

それにしてもすごいキャッシュポジションですね。2割もあります。やはりもう一段の下落を恐れての対応でしょうね。
賢明な選択だと思います。



そろそろ春物のシーズンですよ。採寸してから仕上げまで3週間みておかないといけませんから、
今が仕込み時です。円安に向かうとどうしても値段が上がるので、今のうちにぜひどうぞ。

写真はニックのお得意さんたちです。納品した時に記念撮影させてもらったそうですよ。

詳しくはニックハリのホームページを今すぐクリック!

Man Investmentsの中でも中型ファンドの
Man BlueCrest Multi Strategy USD D
去年はリーマンショック前後でも安定的なパフォーマンス(2008年10.6%, 2009年21.9%)をたたき出したことで人気に拍車がかかり、預かり資産が急に7倍以上も増えたファンドです。
そのため、まともなシステム運用ができなくなり、昨年夏頃以降、敢え無く新規流入をストップしています。

そして肝心な2010年以降のパフォーマンスですが、こちらは皮肉なことに人気が出たことで増加した預かり資産とまるで反比例するように水平線とたどっています。
イメージ 1


しかし、そもそもですが、このファンドはボラは6.8%であって、これは世界株式のボラ17.3%と世界債券のボラ3.2%からすると株式のような値動きを期待するのではなく、どちらかと言うと債券に似たの動きをさせるためのファンドだということがわかります。

イメージ 2


そしてその結果が2010年5.9%の上昇、ちなみに2011年1月は月ベース0.3%上昇です。
ということは、あとは投資家の要求水準の問題ということになりますね。
10%以上狙うならIQS等のハイボラを謳うものに乗り換えるべきですし、債券以上をなんとか安定的にというのであれば、このままじっくりというところでしょう。

メキシコペソを久しぶりに検証してみました。USDMXNです。
チャートは下に向かえばMXN高USD安、上に向かえばMXN安USD高です。
リーマンショックで一気にドル回帰しているのがわかります。
このチャートもリーマンショック前後でフィボナッチを取ると綺麗に黄金分割することができます。
ドルに比べて金利は高い、経済も好調となれば、キャリートレード資金も戻ってくるはずです。
この先11ドルあたりまでは順当にいきそうですね。

イメージ 1

勉強会に参加いただきました皆様、わざわざお越しいただき本当にありがとうございました。
メールのやりとりだけでなく、お会いして話す、そして皆様どうしも交流していただける場が設けられたことをとても嬉しく思います。今回参加できなかった皆様、次回をお楽しみに。

さて、前回の記事でこの訴訟対策ファンド、英語の本名はLitigation Fundingの仕組みについて、
はやくネタ明かしてほしいと一般の投資家ならびに勉強熱心な方から多くのメールをいただきました。
その皆様には2日前にお知らせし十分ようわかったとのご連絡をいただきましたので、ブログでもお知らせいたします。
珍しく、ブログの更新が2日も空いてるねと言われました。事情はご察しいただけました?
いい情報を受け取るには優劣ってものがあるのです。私は投資助言業者じゃないのでお金で優劣付けられませんし、したくもありません。そこで時間で優劣つけさせていただいたわけです。

どうも私がつけたネーミングが誤解を招く結果となったようです。お詫び申し上げます。というのも訴訟対策ファンドというとあたかも、このファンド資金で訴えられた企業が敗訴するとそれを補填するかわりに保証料を取ってクーポン原資にしているという先入観を与えてしまいます。
これで何も知らないIFAがネットで調べてそんな儲け話があるわけない、きっと詐欺ファンドだと騒ぎ始めたのです。このファンド、実は訴える側の企業・個人が使い易いように設計されているのです。もちろん訴えられる方も使えますが。

このファンドで肩代わりしてあげるのは敗訴したときの賠償金ではなく、訴訟にかかわる費用一切の部分だけです。敗訴した賠償金は負けた企業の自分持ちでこのファンドでは関知しません。
ここで他人を訴えようか考えている企業・個人の立場になってみてください。
「訴えて賠償金を取りたい。でも訴えるにしても先に訴訟費用がかかる。しかも、折角準備して訴えても、もし返り討ちに遭って負けたら、賠償金は取れない上に、相手の訴訟費用も負担させられるというダブルパンチを受けるかもしれない。それならこの訴えるための訴訟費用と万が一負けた時の相手の費用請求について誰か肩代わりしてくれるところがあればいいな。その代わり思惑通り勝訴したら成功報酬はたっぷり支払ってもいい。もともと訴えなきゃ取れないお金だったわけだから。そんな誰かいませんか?」
ということです。これが分厚い目論見書の34ページに図示して記載されています。
今日、HSBCプレミアから漸く自分の資金をロンドンに送金できました。日本人ではじめて訴訟対策ファンドの投資家になれたことが何故かとても嬉しいですね。2年後が楽しみです。
金曜まで受付できるのでやってみたい方お早めに。ちゅうか実質明日までですね。

勉強会参加ご希望のみなさま、場所の詳しい情報は東京に帰ってからお知らせします。これから飛行機のりますので、9時間くらいお待ちください。

当日つかう資料(パンフレットとDVD)が日本に届きました。最初はコピーでやろうかと思ってたのですが、向こうがそれでは申し訳ないとのことでDHLで送ってくれました。その部数から逆算して残りはあと2組です。ご夫婦や知人どおしでご出席の方には資料をシェアしていただきますのでご了承ください。

今回の勉強会でとりあえず私募債(のようなもの)は

ARGENTUM STRATUM GROWTH & INCOME SERIES III

ARGENTUM PALLADIUM SERIES I 

の2銘柄です。


そういえばこのファンド名みて、投資家から質問された有象無象IFAがなんとネットで検索してどこにも出てこなかったから詐欺ファンドだと結論つけてるそうです。
なので可哀想だから教えてあげます。バージン諸島で設立するSPCが起債する私募債ですから当然ネットなんかには出てきません。内容が評判がネットにでてきたらそっちの方が不思議です。この手のものはオープンエンドのファンドとは異なり、詳細は目論見書をみなければわかりません。そのためにこっちはわざわざバンコクまで行ってもらってきて投資を検討しているわけですから。足と頭使って調べないと信頼なくしますよ、頑張って。

あと訴訟対策ファンドのスキームが理解できないそうなので、教えてあげます。ここで説明してしまったら勉強会ご参加の方の楽しみを奪ってしまうので、一般論だけ触っておきましょう。


にAlianz社が親切にもLitigation Fundingの仕組みについて解説してくれています。どうぞ勉強なさってください。
なお、このファンドとAlianz社は関係ございません。参考ですので、念のため。

参加希望の方はbyh00122@yahoo.co.jpまでどうぞお早めに。金曜から飛行機乗ってるので、返事は土曜の夜になります。メールには電話番号など連絡先を記載ください。日曜の朝なので場所をお教えしなければなりませんので。




全通貨的は金融緩和の影響で、RMBISの一次的な資金プールや支払い予定の口座維持手数料をキープするCash Positionの金利はゼロです。
辛うじて豪ドルだけはありますが。
まとまった資金を一次プールする場合は面倒でもマネーファンド等へスウィッチングした方がいいですね。
RMB Global Money Market Feeder Fund IC Ltd 
が受け皿としてはいいでしょう。

US Dollars0.00%2010/05/24
EUR Euros0.00%2010/05/24
GBP Sterling0.00%2010/05/24
AUD Dollars < 100,000.000.00 %
AUD Dollars > 100,000.003.75%2010/11/29

全く動きのとまったTuiip Trend Fundにくらべて、後発のPalmはなかなかいい動きを見せています。
昨年、Tulipが盛り上がった時期に全くついてこれなかったこのファンドですが、今年も少しづつ上昇を続けています。
マネージドフューチャーズ(MF)として、またボラティリティが30%もあることを承知して購入した投資家のにとっては、この程度の動きでは、まだまだ退屈かもしれません。それでも動きがないより、ちょっとづつでも上がるだけ良いことですよね。このペースで年間25%上昇してくれれば文句なしです。

Palm Performance Data
Please find below the unaudited and provisional NAV estimates for shares in Palm Trend Fund Ltd. as of 2011/02/25:
CLASSNAVMTDYTDCARRVOLASORTINOCRL SPX
 








Palm B EUR1059.12E+2.80%+3.68%21.19% p.a.30.32%1.20-0.14
Palm D USD1069.75E+2.73%+3.92%21.89% p.a.29.76%1.26-0.13
Palm F JPY1071.81E+2.71%+4.56%18.53% p.a.29.02%1.06-0.12
Palm H CHF1064.89E+2.69%+4.06%19.41% p.a.29.60%1.10-0.14
Palm J GBP1066.15E+2.76%+4.45%23.17% p.a.30.27%1.33-0.15
Palm L AUD1074.75E+2.68%+4.58%24.11% p.a.30.67%1.37-0.15
NAV = Net Asset Value per Share
MTD = Month to Date Return
YTD = Year to Date Return
CARR = Compound Annual Rate of Return
VOLA = Annualised Standard Deviation
SORTINO (0%) = Return divided by Downside Deviation
CRL SPX = Monthly Correlation to S&P 500 Equity Index



チェンナイ(Chennai)近郊の世界遺産マハバリプラム(Mahabalipuram)に行ってきました。
ここでは海岸にヒンドゥー教のお寺 Shore Temple があるので有名ですが、その入場料ときたらインド人は60ルピー、しかし外人は250ルピーとあっては入るわけもありません。しかもそとから丸見えでツアーでないと入らんねというところです。ガイドブックに載っているお寺よりも驚きなのがこの岩です。

公園を入り口からはいるといきなり大きな岩が転がってきそうじゃないですか。
しかも丸くてどうしてとまってるのかわかりません。
いくら日差しが強くて気温が35度近いからって、こんな岩の下で涼をとる気にはなれません。
ちゅうか写真撮っててもこわいです。

読者のみんさんはどうせ写真のトリックで、向こう側は平べったいんでしょ。
という想像されていることでしょう。


イメージ 1

でも写真をみてください。どっからみてもほぼ丸い楕円形の球になってます。
平らなんでしょというかもしれませんが、右下の男性の角度みてください。

実は、インド人が交代で支えてるんですよ。さすが人口10億人超。交代要員はいくらでもいますからね。
岩をもとめてしまうインドパワー恐るべし

イメージ 2

とりあえず順番まわってきたので、私らも10分ほど支えてきました。

このページのトップヘ