logo-4Cornhill Management Group、コーンヒルの運用するエマージング、フロンティア国(はすっかり減ってしまいましたが)への株式ファンドシリーズ、World Investment Opportunities Funds。略してWIOFと言った方が馴染みがあるという読者の方も多いと思います。

名称未設定5
コーンヒルの公式サイトでは、数あるファンドのパフォーマンスを順番に並べ替えができるので、時々チェックはしていますが、最近1年間でみてみると結局、
WSF Global Equity Fund以外は、全てマイナスパフォーマンスという、一時的にではあろうものの不遇な状況にあります。

名称未設定4そんな中でも、一番マシなのは、意外にもWIOF China Performance Fundなんですよ。ただ、チャイナ株ファンドは他にもたくさん記事にしてしまっているので、今日は、South-East Asia Performance Fundにしようと思います。

名称未設定3ファンドマネージャーはマレーシアに本拠地をもつ、Cogent Asset Management Ltdが請け負っています。 

ところで、このWIOFシリーズはファンドを組成しているコーンヒルが運用指示をだしているわけではなく、外部の地元ファンドマネージャーを雇って、その会社の指示通り売買をしています。ちょうど、マネージドフューチャーズのエンジンをCTAが作って売買指図を行い、ファンド会社はそのとおりに売買してファンドのパフォーマンスを出すという仕組みと全く同じです。

名称未設定2コーンヒルはどちらかと言えば器を用意してくれてファンドシリーズ間の乗り換えやラップ口座の提供で利便性を高めてもらって、肝心な中身は地元のが埋めてくれている、私もそのほうが理にかなっていて良いと思います。


ロングオンリーレバレッジなしのインド株ファンドです。投資する銘柄は大型株が中心であり、非常に素直です。そんなに変化球ファンドでもありませが、あくまでもアクティブなファンドにはかわりありません。

名称未設定このファンドは東南アジアの株式ファンドではあるのですが、その運用指示を出すファンドマネージャーがシャリア準拠している、イスラム対応ファンドを得意としていることに興味をそそられます。
 
直接投資はUSD10kから、各ラップ口座経由でも可能です。

 


イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

画像の貼り付けが難しい。