2005年に大手インベスコからスピンアウトしたファンドマネージャー達が立ち上げた専門店運用会社City Financial Investment Company。もちろんロンドンの金融街シティーにあやかって付けられた社名で、これは偶然なのでしょうけど、本社はモーメンタムのロンドン本社と同じビルです。

イメージ 1
この会社は他の専門店運用会社との合理化目的の合併を繰り返すことで大きくなった会社で、私も元ギネス家御用達ファンドのイーバーが統合されたことによって初めて知ったくらいです。しかも今でも、その元イーバーが運用していたマルチアセット・ワンストップ型分散投資完結ファンドのWealth Fundを中心に追いかけています。

ところで、シティーフィナンシャルの公式サイトのデザインがかわりました。今までは、正しい情報さえしっかり載っていればいいんでしょ、くらいの、殺風景な感じのサイトだったのですが、すこし感じがよくなってしかも見やすくなりました。

ついでにファクトシートもデザインが変更され、イーバーの時代からみたら、見栄え的に非常に劣悪になっていたファクトシートがすこし復活した感じです。

それに、パフォーマンスも良くなってきましたね。ファクトシートは主力通貨のイギリス・ポンド建てのクラスで表記されていますが、ドル建て、ユーロ建てのものもだいたい同じパフォーマンスです。

イメージ 2
2015年初のピークはまだブレイクしていませんが、勢いを感じるチャートで、ここでNAVの最高値を更新すれば、ますます上を狙っていける状況になっています。

ところで、ファクトシートのデザインに話を戻しましょう。というのも、情報量がかなり増えている(イーバー時代からの投資家にしたら、丁寧さが復活している)のです。

このファンドは、分散投資を完結させるよう、ポートフォリオ理論を用いた、資産アロケーションを完成させるよう最適な組み合わせをファンドから選んできます。

要するに、ファンドオブファンズってことです。ですから、これまでどんなファンドに入れているかというより、全体として出来上がったポートフォリオがいかに完璧に分散投資されているか、という点にこだわりを持って、個々に投資しているファンド名は全くと言ってよいほど、気にしてきませんでした。

イメージ 3

しかし、ファクトシートが変わってから、Portfolio highlightsというコーナーが登場し、直近一ヶ月で買ったファンド、売ったファンドを3つ4つ具体的に明示するようになったのです。しかもどんな状況なのか、簡単に数行コメントも載るようになりました。

もちろんトップ10投資銘柄も表示されるようになり、これまでよりぐっと親しみが増す(戻ってくる)ようになったのです。

直接投資はGBP10k相当額から。ラップ口座経由は生保系ならどこからでも行けます。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

アルジャジーラはISのことをISILと表記しています。気になって調べてみたら、The Islamic State of Iraq and the Levantの略で、レバントとは最後がSのシリアを含めて、レバノンやトルコあたりまで含めてもうちょっと広い範囲のことを言うそうです。しょせんは英語翻訳表記なので、ISISかISILかどっちが正しいってこともないのでしょうけど。