http://www.aberdeen-asset.com/aam.nsf/image/AAMrebrandlogo/$File/AAMnewlogo.png今日は冒頭に書いておきましょう。アバディーンは日本にも進出してきていて、すでに十数個のファンドを日本の銀行や証券会社で窓販している大手の運用会社(もちろんロンドン株式市場上場会社)ですから、オフショアのファンドは直接投資ができません。すべてラップ口座経由になるという前提で記事にしますね。

Aberdeen Asset Managementはグローバルに拠点を展開していますが、中でも私達のようなオフショアで資産運用をしようとしている日本人にとって、大事な行き先はアバディーンの場合はルクセンブルクです。気になる人は、公式サイトをみてみてください。日本のサイトで扱っているファンド数の違いがわかります。もっと言うと、ざっくりわかるだけで、数えてみようという気が起こらなくなるくらい違います。でもすべてラップ口座経由でしか購入できないわけですから、読者のみなさん各人が保有しているオフショアファンドラップ口座で買えるかどうかに依存してくるわけです。正直、アバディーンクラスになると、フレンズプロビデントやRL360、ハンサード、ロイアルスカンディアあたりでは全部買えると言い切っても乱暴にはならないでしょう。手数料は前払い方式なのでネッドバングでも大抵買えます。しかし、世界で一番?敷居が低いファンドラップ口座のモーメンタムはリストがあるので、その中から買うしかありません。

ではそのリストをみてみましょう。でもリストにあるということは他国の投資家がよく買うファンド、ということですから、モーメンタム投資家以外の方も十分に参考になると思います。
  • Aberdeen Global Asia Pacific Equity Fund A2
  • Aberdeen Global Asian Smaller Companies Fund A2
  • Aberdeen Global Australasian Equity Fund A2
  • Aberdeen Global Chinese Equity Fund A2
  • Aberdeen Global Emerging Markets Equity Fund A2
  • Aberdeen Global Emerging Markets Smaller Companies Fund A2
  • Aberdeen Global European Opportunities (ex UK) Fund Acc Class D
  • Aberdeen Global Indian Equity Fund A2
  • Aberdeen Global Japanese Smaller Companies Fund Accum Class D
  • Aberdeen Global North American Equity Fund A2
  • Aberdeen Global Select Emerging Markets Bond Fund A2
  • Aberdeen Global UK Equity Fund A2
  • Aberdeen Global UK Equity Fund Income Class D
  • Aberdeen Global World Equity Fund Sterling Class D Accum
  • Aberdeen Global World Equity Fund USD Accumulating

さすが、万遍なくラインナップされてますね。ラップ口座を開設する投資家の本望である分散投資ニーズをしっかり満たせるようになってます。で、今日、気になったのはAberdeen Global Japanese Smaller Companies Fundです。日本の窓販でも実質同じのものが円建てで売っています。ですが、これはイギリス・ポンド建てなんですよね。というだけで、興味をひいた方、凄いです。

イメージ 1

このファンドも日本で買える日本小型株ファンドもファンドの枠組みはオンとオフで違いますが、個人投資家の観点からは実は中身は同じだと思って間違いありません。というか誤差範囲です。ではなぜ、わざわざ他の通貨で、わざわざオフショアから買うのでしょうか?

このブログは自分の資産形成にために調査したことを、同じ志をもつ投資家仲間の方にも共有しておきましょう。というのが主旨なので、とりあえず私の考え方や発想をみなさんにぶつけてみて、ご自身なりの相場観や戦略を吟味してもらいたいと思ってます。でもブログだけだと一方通行だし、言葉足らずもあるし、わざと伏せておきたい大事な情報もあるので、個別相談や電話はもちろん、特に勉強会に力をいれているわけです。

ポンドで日本株を買うというのは、日本の財政問題やオリンピック後の反動に巻き込まれたくないけど、ニッポンの技術はまだまだいけまっせという発想のもと、超長期投資で臨むものだと考えればいいでしょう。ってよくわからない?ですよね。これってなかなか書きづらいんですよ。ブログは公の媒体ですから。

直接投資ではUSD1,000相当額から購入できることになってますので、実質的な最低投資額はラップ口座の条件に依存します。販売手数料4.25%はラップ口座ならもちろん全免です。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはbyh00122@yahoo.co.jpまでメールで(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

都内は賃貸マンションが活況ですね。東横線沿いに保有しているワンルームマンション、退去連絡があって肩を落としたのもつかのま、最終日を前に、もう入りたいという入居者候補のかたが続々と。内見もまだなのにです。しかも家賃は3千円アップ!収益物件ならやっぱり値段が高くても立地がよくて新築がいいですね。