イメージ 1

Retail banking in Sub-Saharan Africa is  projected to grow by 15% per annum by 2020”

イメージ 4
African Development Bankは言っていますが、あながち盛った数字ではないと直感できますよね。イギリスやフランスが宗主国であるため私権が確立されており、また民族、教育、治安といった問題も多く抱えていますから、一時期のチャイナのようにはいかないものの、伸びしろは十分にあるということについて議論するまでもないでしょう。

ただ、2012年に23%、2013年に13%としっかり稼いでくれたFMG Africa Fundですが、下表の通り、ここ最近は一服感が漂っています。
イメージ 3

今年に入って、インドなどに目が向かっているせいか、ナイジェリアだけでなくサブサハラ・アフリカ全体で株価は伸び悩んでいます。まぁ、そんなに一本調子で上昇しまくられても不気味ですから、程々に調整局面を交えながら進むのが株式市場の本来あるべき姿です。超長期投資でみた場合、はやり冒頭のようなGDP成長率に比例して株価は上昇する。すなわち、当面は年率15%程度の上昇を狙えればいいな、くらいの感覚で、じっくりと付き合うのがいいですね。

イメージ 2

渡航不要の投資家紹介でUSD10kから直接投資できますし、上図のように各社ラップ口座経由からの選択肢もどんどん増えているようです。

オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。 ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリストなどについてはbyh00122@yahoo.co.jpまでメールで(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。

親類に不幸があったためこれから新幹線で京都です。今日と明日はメールの送受信遅れますがご容赦ください。