以前、当ブログを通じてお知り合いになった方に、紹介したHSBC中国の口座についてご質問をいただきました。

操作方法は基本的に日本のHSBCプレミアとほぼ同じです。
日本で口座を開設した方ならだいたいのイメージはつかめるはずです。

https://www.hsbc.com.cn/1/2/home

に行きます。
ここで初めての方はResisterをクリックします。
二回目からはLogonです、ただしワンタイムパスワード生成機(英語ではTOKENといいます)が送付されてきてからでないと使えません。
日本のはインディゴのプレミア仕様でカッコいいのですが、中国のは一般口座と同じ黒いゴキブリが送られてきます。


イメージ 1

ちなみに中国のコールセンターへ電話する時は、ワンタームパスワードジェネレーター等と直訳しても通じません。
単純にトークンまたはコックローチで通じます。中国語ならアンチェンミーマーチーです。
特に暗証番号(英語でピン)は中国語でミーマーと言い、覚えやすく旅行用語としても便利です。
銀聯カードを使用するときは必ず6桁のミーマーを聞かれます。といっても口で言わないでくださいね。テンキーに打ち込むだけです。

次に別便で郵送されてきた、テレフォンバンキング用の番号(口座番号とは違います)をいれて、
6桁の暗証番号を入力します。

イメージ 2

自分がもう利用中の顧客になってしまってますので、この先の画面コピーはとれませんが、
確かログインネームを決めないといけなかったと思います。
これは英数字でなんでもいいのですが、日本でインターネットバンキングを利用しているときは同じログインネームは使えません。
ネットバンキングのサーバが共通なので、同じユーザネームは既使用としてはじかれます。

こちらもクリックしてみて下さい、有象無象がいっぱいです。
[https://stock.blogmura.com/offshore/ にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ(文字をクリック)]