これをハッキリとした三角保ち合いをみなすかどうかはチャートを見る人の感覚にもよるので何とも言えませんが、
私としてはこれは下向きの三角保ち合いとみています。
一方でフィボナッチの76.4%レベルの107円代は下抜けしませんでしたので、
次に上から降りてきているレジスタンスラインと交差するところでどうなるかを注目しています。
レジスタンスが下を向いている分、値動きが横ばいでもいずれ交差してきます。遅くとも今年年末ですね。
これを上に抜けてくれれば三角保ち合いの形成がなされた170-135=35円幅の上昇が期待できますから、
115円くらいで上に抜けると115+35=150円までの上昇相場となります。
ここはちょうどフィボナッチの23.6%レベルと一致します。
前回35円上昇するのに2005年から2008年まで3年かかりましたから、
2011に上昇スタートすると2014年に150円までの上昇が期待できるわけです。



イメージ 1