こんな時代だからグローバル投資は必須 ひたすらオフショアファンド!規制や英語にめげずに海外投資、不動産、FX 調査と経験の全記録

gemini-logo-x1ロンドンの独立系専門店ファンドMansard Capital Managementその中でも、金融マーケットに幅広く分散投資するPrincipal Asset Allocation (PAA) FundはGemCap Investment Funds (Ireland) plcの組成で運用されています。方が、果たしてどのようなパフォーマンスになるのかわからないわけですから、今日はこちらを優先して取り上げようと思います。


Screenshot at 2019-12-11 22-05-06
とにかく、どんなマーケットに投資しているのか上の円グラフを見てみましょう。ポートフォリオ理論を使ってての、まさに理論通り、学問通りのアセット・アロケーションです。

顧客層がイギリス人なので、イギリス株と債券だけはハッキリ区別がなされています(自国のウエイトを表示することで他の投資と被ってないかをチェックするため)が、それ以外は、どの国の投資家でもソツなく長期的な視野からのメイン投資として利用できるようになっています。


Screenshot at 2019-12-11 22-04-32


Screenshot at 2019-12-11 22-05-56ただし、分散投資したからって、必ず最高の投資成果が得られるとは限りません。いや、むしろ、安パイ取る分(麻雀の安パイなら捨てると表現するのが正確なのでしょうけど)、高望みはできません。

金融商品にはハイリターンを期待するにはハイリスクを取る必要があります。

ワンストップ型の分散投資完結ファンドはリスクをそれほど高くは取っていないわけですから、それほど高いリターンを期待してもいけないのです。








Screenshot at 2019-12-11 22-06-18今年もこのファンドやワンストップ型のファンドに対しては投資方針を変えることなく、じっくりと育ていくことにしましょう。USD10k相当額から直接投資もできると思います。ハンサードなど各ラップ口座経由でも購入できます。




















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

ポンドドルの1日での上昇幅は史上11番目の上げ幅

220px-First_Abu_Dhabi_Bank_logo.svgFirst Abu Dhabi Bankは、UAEの中でも最大手クラスの銀行で、その名のとおりAbu Dhabiアブダビに本店を置きます。

そして、いくつかのファンドも運用しているのですが、今日はその中でもど真ん中の直球MENAファンドとして、MENA Dividend Leader Fund を選びました。

このファンドは、中近東、北アフリカにまたがる、株式や転換社債、それにAmerican Depositary Receipts (ADRs) and Global Depositary Receipts (GDRs) といった分野にまでに投資します。 あ、ついで言っては失礼ですが、トルコとインドにも投資しています。
Screenshot at 2019-12-09 22-19-11


Screenshot at 2019-12-09 22-18-46
ファンドは2013年3月のスタートで、アイルランド籍のオフショアファンドです。

ボラティリティは10%ちょっとで株式ファンドとしてはおとなしめになっています。

とにかく、特徴は、高い配当がでること。基本的には10月と4月の年に2回2.5%から3%という配当がでます。これだけで、年率換算5.5%ということになりますよね。














Screenshot at 2019-12-09 22-19-35


最低投資額はUSD100からオッケーですから、ラップ口座を使えばどこからでも投資てきると思います。




















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

バイクで脚が冷えてたまりませんわ〜

logo-rothschild-coRothschild & Co Asset Management Europeは、1810年創業のロンドンとパリのダブル本部としている上場会社、Rothschild & Coの運用部門子会社です。

InRIS CFM Trends Class I Euro hedgedは、2016年末にローンチした、  Systematic で Globalにfinancial derivative instrumentsのみに投資するアイルランド籍のオフショアファンドです。米ドル建てがメイン通貨ですが、ユーロへの通貨ヘッジしたクラスもあり、ファンドサイズはUSD252Mとマグロ級、モーニング・スター格付けもLipper Leader Scorecardも持っていないようです。

Screenshot at 2019-12-09 21-28-34

パフォーマンスですが、2017年、2018年ともに、long term trend following strategyのマネージドフューチャーズでありながら、どれだけリスクを取ってくれているのかが見えないような、なんだかパッとしない成績でした。

Screenshot at 2019-12-09 21-28-52

Screenshot at 2019-12-09 21-29-25ところが、Long Term Trend Following programも、今年になってえらく動きが活発になってきています。

左図の通り、基本はロングポジション保有となっており、ショートのサイドは、ある程度のところで、リミットがかけられているのでではないかと想像できます。

一方、投資先はマルチマネージャーでマーケットは分散されており、ボラティリティは約14%。MANのAHLよりは少し高く、チューリップよりは低いというイメージですね。


とりあえず、機関投資家向けクラスIの最低投資額はEUR2Mです。ちょっと、いや全く手が出ませんけど、ご安心を。個人投資家向けクラスCはEUR5kで変えます。





















イメージ 5ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

リナックスミントに戻ってから作業効率があがりました。

このページのトップヘ